恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の天津飯はすっぱいか?

今回は天津飯のお話です。

もともと天津には存在しないという天津飯。
かに玉をご飯に乗せた日本オリジナルの中華食らしいです。

これは横浜っぽいメニューというか、
むしろ、横浜っぽくないメニューかもしれませんね。

一応、中華屋のメニューには載ってますが、
周囲であんまり頼んでいる人がいないような気がします。

天津麺なんて実物を見たこともないわ。

私はもともと玉子スキー、いや、玉子ダイスキー!なので、
玉子焼きの丼を嫌いなはずがないんだよ。

でも、今までほとんど食べたことがなかったんだ。
そんなわけで全然、写真が見つかりません。

111128-018.jpg

これは野毛「萬理」のかに玉です。

幼い折、こいつの乗った天津丼を食べ残したのがトラウマなのよ。

これさ、見るからに濃い味の餡がかかってるでしょ?
激酸っぱくて、そのままならまだしも、白飯との相性は最悪なんだわ!

でも、このお店だけでなく、関東圏の天津飯て、
ケチャップの入ったような甘酢っぱい餡がかかるのが定番だよね。

そりゃ酸っぱいおかずもおいしいけど、
白飯とタイマン張るのはちょっと厳しいと思わない?
煮物で飯は食えるけど、酢の物じゃ食えないじゃん?

メジャーな酢豚定食とかも、案外、ご飯が進まないんだ。

130312-069.jpg

そんな天津飯を見直すきっかけは、なんと「餃子の王将」

セットで付いてきたちっぽけな天津飯がとても旨かったのよ。

聞くところによると、関西圏では天津飯がすんげーメジャーなんだって!

ラーメンのお供として、半炒飯様を上回るほどの地位を得ているらしいのです。

130407 044


そして、彼の地の天津飯は酸っぱくないんだって!

たしかに横浜の中華街とかでも、ちょっと良さげなかに玉は、
スープベースの塩味やほんのり醤油味で出てきますよね。

あれが丼になれば、間違い無く旨いはず!

ちなみに王将では甘酢、塩。京風(醤油)の3種類の餡が選べ、
酸っぱいやつを回避できる仕組みになっているの!

調子に乗って、天津炒飯を頼んでみたのだが、
超しょっぱかったから注意してね!

100905-017_20130421135000.jpg

そういえば、井土ヶ谷「陳記」の天津飯は、
オイスターソース餡で酸っぱくないタイプでした。

近場でこういうのが食べられるお店は他にあるのだろうか?

もし、天津飯好きの諸氏がいたら、
横浜の酸っぱくないお店を教えて下さい!

ヨコハマのチャーメン

チャーメンであります。

これも横浜らしい大衆食として、
思い浮かんだメニューなんだよね。

とりあえず、町場の人気メニューであることは間違いないのです。

しかし、これがローカルフードかというと悩みどころで、
なんか日本中にありそうな気がしますよね。

少なくとも東京では食べられるしさ。

kouou.jpg
(本牧「興旺」)

チャーメン、漢字で書くと炒麺。

いわゆる”焼きそば”のことです。

考えてみれば、全国の中華屋さんで、
焼きそばの無いお店を探す方が難しいよな。

130321-003.jpg
(阪東橋「水幸楼」)

そんな、焼きそばには大きく2系統あり、
横浜でも中華街やちょっとまともな中華料理店においては、
あんかけ固焼きタイプが主流のような気がします。

焼き・・・揚げ麺じゃん!とか、
そういうツッコミは青島ビールと一緒に飲み込んでください。

ちゃんと両面を焼き付ける調理法もありますもんね。

111128-024.jpg
(野毛「萬里」)

もう一方は麺が柔らかい焼きそば。

麺を具材と一緒に炒めて調理するものです。
味付けは醤油系が多いのかな?

たしか真っ黒な上海焼きそばや、
腰のある細麺を使った香港焼きそばは炒めて作るはず。

台湾の焼きそばなんかはチャーメンにも近い気がしますね。

091020015.jpg
(井土ヶ谷「ハマラーメン」←閉店)

前回はタンメンの話をしました。

本当はチャーメンについて書きはじめて、
途中で、いやいや、まずはタンメンについて、
触れておかねばならんだろうと思い直したのですよ。

なぜなら、タンメンとチャーメンは切っても切れない仲だから。

チャーメンが名物になっているお店は、
たいていタンメンも名物で、サイドには必ず餃子が控えている3点セットなのです。

お店によっては、そこへサンマーメンも一枚絡んできたりして、
さらにレバニラでも置いとけば、ハマの中華店が一丁あがる仕組みになります。

100913-048.jpg
(伊勢佐木町「十八番」)

タンメンとチャーメンの蜜月は、
共通する具材が仲を取り持っているからなのでしょうね。

豚肉、モヤシ、キャベツ、きくらげ・・・特に麺よ!

タンメン用の幅広太麺を共有使用するお店が多いんじゃなかろうか?

同じスープを使い、ゲテな塩味に仕上げた
汁なしタンメン的な、タンメン焼きそば的なもの。

それが横浜のチャーメンぽいなと個人的には思うのです。

111120-019.jpg
(横浜「龍味」)

「=焼きそば」という広義のチャーメンではなく、
「タンメン麺を使った塩炒めそば」っていうチャーメンは、

どうなんでしょう?全国区なんでしょうか?
それとも横浜ローカルメニュー??

ぜひぜひ、ご意見を寄せていただければと思います。

ちなみに、タンメンもチャーメンも、
嫌だ嫌だと思いながら、まっさきに浮かんでしまう野毛「三幸苑」。

タンメン&餃子スタイル店の源流でもあるのでしょうかね?

shoku0555_20130407232739.jpg


個人的には細麺&醤油味のものも含めて、
チャーメンが大好きなんだよ!!

また、お気に入りのお店等も教えて下さいね。

それでは、次回は天津飯??

タンメンて横浜ローカルフードなの?

今でこそ、ドベドベな地元店を這いずる当サイト。

当初は観光で来てくださる皆様を対象に、
有用な地元情報を発信したいという志がありました。

ここらで、原点に立ち戻って、観光ページを編集しようかなぁと
去年の春に思い立ってから全く進んでないんですけど・・・・

近うちに・・・年内には・・・いずれ完成させたいと考えております。

そのページで紹介したいのが、
意外と多彩な横浜のローカル麺

家系ラーメンやサンマーメンは確実として、

ナポリタン (お店が思い浮かばない)
ニュータンタン (本店は川崎なんだよね)
横浜淡麗系ラーメン (いまいち定義がわかってない)

・・・あたりが候補として面白いのかなと思うのです。

101201-013.jpg
(野毛「大来」)

判断を迷うのが、タンメン!

ご存知、野菜たっぷりでパワフルな塩味麺であります。

090912-0041.jpg
(本牧「天一景」)

単に野菜炒めを乗せるのではなく、
たっぷりの肉野菜を炒めたところへダシを加え、
軽く煮込んだものをスープにするんだよね。

麺は平打の太麺を使うとこが多いかな?

shoku1163.jpg
(反町「八龍」)

横浜の大衆中華店ならば、
たいていはメニューに載せているでしょうし、
こいつを主力にしたタンメン&餃子系のお店もいくつか思い浮かびます。

一応、地元発祥説もあり、
ハマの食文化に、マヂもんで定着している点ではナポリタン以上だよね。

shoku1324_20130329174127.jpg
(東神奈川「南京亭」)

タンメンて、全国で食べられるものなのだろうか?
横浜の中で暮らしていると、いまいち分からんよね。

ちなみに「お前に食わせるタンメンはねぇ!」の芸人は、
関東出てきてはじめて実物を見たなんてことを言ってましたね。

つーか、そのタンメンは”湯麺”で、つゆそばのことだろ!

121125-017.jpg
(横浜駅「崎陽軒 中華食堂」)

どうやら西日本では珍しいようなのですが、
中部、北陸、東北ではどうなんだろ?

個人的には横浜っぽいなぁと思う食べ物。
ハマっ子のソウルフードの一つだとは思うのですが、
ローカル品として扱ってしまっていいのかという問題です。

東京でも普通に食えますもんね。

shoku1518.jpg
(戸塚「三十七番」←閉店)

ひたすらモヤシをやっつけなければ、麺にたどり着かないタンメン。

野菜不足にはもってこいのメニューですが、
私はどちらかと言うと苦手だったりします。

振り返ってみても、こんなもんしか写真が残ってなかったわ。

皆さん、オススメのタンメン店はありますでしょうか?

120229-015.jpg
(野毛「三幸苑」)

「三幸苑」のは明らかに毒だよな!

さてさて、次回はもうひとつ迷っているチャーメンのお話です。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。