恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪雨水害ボランティアに行かれる方へ

先週の記録的な豪雨により、
茨城や栃木などで大きな被害が出ました。

河川の決壊で家屋が流され、多くが浸水する事態は、
東日本大震災での被害と何ら変わらず、被災者に大きな支援が必要です。

すでに現地の社会福祉協議会が母体となり、
災害ボランティアの受け入れも始まっています。

皆さんの中にも参加を考える方がいらっしゃると思うので、
私もいくつかのポイントを書いてみます。

かながわ発平成27年東日本豪雨災害に関する情報交換

各地のボラセンなどはこちらで情報をまとめてくれていますね。
こういう形の遠隔支援はすごくイイな。

報道でよく目にする常総市以外にも支援を求める声があり、
マイナー被災地は埋もれがちなってしまうので、注意して行き先を選択下さい。

*参考写真は過去のものです

P6060037.jpg

言うまでもなく、復旧作業の主役はインフラなり建築関係のプロ。

ボランティアの役割は、
ズブの素人が素手で数時間で行える範囲でしかなく
たかが知れているというのが実際のところです。

ただ、今回のような水害の場合は、
重機の入れない部分の泥出しという大変な作業が存在するので、
人海戦術も大いに役立ちます。

もっとも、割り振られる作業はその時になってみなければ分からず、
必ずしも皆が泥出しを行うわけではありませんのでご注意下さい。

DSCF2571.jpg

装備に関してはこちらの水害ボラマニュアルによくまとまっています。

ただ、これはモデルケース。
すべての道具を用意する必要はありません。

実際、通気性の悪いかっぱを着て、
息苦しい粉塵マスクをつけながら、
泥出しの重労働を行うことはなかなか難しく、
現場であっという間に軽装化してしまうことが多いと思います。

要はドロの中に含まれるバイキンがヤバイので、
口に入れないよう、身体に触れないよう、気をつけようぜということなのです。

傷防止にもなる長袖に関しては、
スポーツに耐えうるインナーなどを選ぶと良いと思います。

こまめな水分補給や15分、30分毎の休憩を心がけて下さい。

処理済~DSCF2877

よく山用の高価な装備でいらっしゃる方がいますが、
こうなりますので、使いすてても悔いがない衣類の方がいいと思います。

また靴は泥濘んでいれば、長靴でもいいのですが、
足場によって底の厚いしっかりした靴の方が適しているかもしれません。

作業後の着替えはもとより、身体をふけるようなタオルや水が必要です。
目的地の近隣や道中に、日帰り入浴施設をピックアップしておくといいと思います。

メチャ汚れる運動に行くということなのです。

DSCF2731.jpg

作業現場へ自家用車で移動させるセンターもありますので、
その際、車はこんな感じで対策しておくと良いでしょう。

DSCF2751.jpg

持参する道具に関しては、角スコップが定番ですが、
床下をやる例も多いので、しっかりした小型のテミや十能などが役立ちます。

泥はものすごく重いので、ガバッといかず、
小ぶりな道具で少しずつやっつけるのが基本です。

また、技能としては土のう袋の結び方を覚えておくと便利です。

DSCF2814.jpg

通常、土のうに泥を入れる作業は、
もう一人が口を確保しなければならず、ハンパなくめんどくさいもの。

このような園芸用品を使って、口を開けておくと作業がはかどります。
下が開いてるので詰め終わったら、スッと上に抜くことが出来ます。

なお、現地センターへの差し入れは、
いくらあっても足りなくなる土のう袋が一番喜ばれると思います。

DSCF2570.jpg

今週末からはシルバーウィークが控えていますが、
あえてここは避けたほうがいいかもしれませんね。

首都圏からの距離を考えると、テレビ等に煽られ、
キャパをオーバーする人数が殺到することが予想されるからです。

同様に全国からの駆けつけ支援も、あまり無理をしないよう。
近隣の大都市のみでまかなえるような気がします。

災害ボランティアセンターが最も頭を悩ますのは、
当日に気まぐれで集まる参加者群をコントロール出来ないことです。

必要人数に合わせて、参加予約するシステムができれば楽なのですが、
毎度要望を出しても、全然出来てこないので、
未だに出たとこ勝負の運営が続いてるはず。

目前の広大な被害に対して、
やれることはいくらでもあるじゃないかと思われるでしょうが、
ボランティアというのは被災者からの依頼があって初めて動けるものですし、
また、前述のように人手作業の域を超える対象がほとんどです。

連休だからという自分たちの都合で集まりすぎるボランティアは、
最悪、作業にもありつけませんし、現地の負担にもなってしまいます。

大原則として、現地のボランティアセンターの要請や案内に従うこと。
決して押し売りで出かけないとことを心がけましょう。

また、派遣される現場だけでなく、
周辺一帯が被災圏であるということをよく覚えておかねばなりません。

トイレを貸せとか、~が無いのはけしからんとか、
つい普段通りのサービスを求めてしまうコンビニや大手店舗も、
被災者自らによって維持されている場合が多いのです。

ボランティアセンターについても同じことで、
もっと上手くやればいいのにとか思うでしょうが、
そこはすでに被災地の非日常であることをお忘れなく。

私は今回、縁がないのですが、
参加される皆さんの健闘を応援しております。

くれぐれも腰を労ってね!ギックるぜ!

被災したフィリピンに寄付を

お隣のフィリピンが大変なことになっています。

我々にとって”台風”は身近な言葉であるため、
状況把握も鈍ってしまいがちですが、今回は桁外れの災害です。

1383918129004-EPA-SPACE-TYPHOON-HAIYAN_201311261656581a1.jpg

まずはこちらをご覧ください。
Philippines Typhoon

フィリピンを直撃した台風30号「ハイヤン」の凄まじさ
http://matome.naver.jp/odai/2138405067721071201

飲まず食わずで死者からも略奪、フィリピン台風被災地
http://www.afpbb.com/articles/-/3003065?pid=12450137&p=1

あまりに世紀末な光景に、同情の気持ちよりも、
一歩引いたリアクションになってしまう人も多いのでしょう。

でも、それだけ事態が悪いと言うことなのです。
生きるか死ぬかの状況が、今なお、続いているのです。

976937-philippines-typhoon.jpg

我々に何が出来るのか?

国内と違って、現地で汗を流す支援は難しいですが、
万能の救援物資であるところの、お金を送ることが出来ます。

日本赤十字社」では昨日より救援金の受付が始まりました。

赤十字に関しては、無駄に豪奢なイメージもあり、
お金を送っても紀香姐さんのギャラに消えてしまうんじゃないかと、
ご心配される方も多いかと思います。

しかし、赤十字そのものの活動資金と、
こういう際の救援金は明確に区別されており、
うやむやに中抜されることは一切ありません。

ユニセフ協会等とは異なるので、安心して寄付を託して下さい。

 2013年フィリピン台風救援金
 http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00004046.html

もうちょっと草の根の活動を支援したい方には、
長らく現地での活動を続けている「ICAN」というNPOをご紹介します。

 フィリピン中部台風緊急救援にご寄附をお願いします。
 http://www.ican.or.jp/disasters2013.html

かくいう私も誠に恥ずかしい限りなのですが、
少額しか出せないことに気後れして、まぁいいかで終わりがち。

でもね、考えてみれば、誰かが値踏みしてるわけではないので、
できる範囲で、それがほんの僅かだったとしても、憚る必要はないのです。

ちなみに彼の国の平均所得は日本の10分の1ですから、
逆に言えば、あなたの募金は現地で10倍の価値に花開くかもしれません。

あなたの優しさは様々な支援を支え、
必ずや困っている人々を助けることでしょう。

民間の支援が活発化するのはまだ先の事になると思いますが、
お金を出す気持ちというのはどんどん冷めていくものなので、
熱いうちに鉄を打っておくに越したことはありません。

今こそ東日本大震災の際の返礼をしましょうよ!

こんなモン食べてました

さて、今回はグルメブログらしく食のお話。

向こうで食べていたものを記録しておくと面白いかなぁということで
食事の3分の2くらいは写真に収めることができました。

写ってないのは・・・まぁ・・・酒です。

すでにお店も開いていましたし、設備も揃っていたのですが、
ちょっとした買い物や自炊をする時間的な余裕がなくて、
ついついレトルト中心になってしまいましたね。

私の場合はだいぶ町が安定してから入ったため、
それほど悲壮感を感じないラインナップかも。

この間、避難者の方も自衛隊炊き出しや配給弁当中心の食生活でしたが、
我々はメニューを好きに選べる分、よりメタボリックな感じかな??

なお、カップ麺やレトルトなど、
備蓄食料のほとんどは心ある団体さんの差し入れです。

報道陣を引き連れ、宣伝中心の自分勝手な活動を行う企業もいれば、
現場支援を第一に考え、表には出ない地味なサポートであっても、
必要なことを着実にこなしてくれる団体さんもいらっしゃいます。

運営者や活動参加者だけでなく、様々な資材や用具などの提供も含め、
被災地での活動は報道されない多く人々の支援によって成り立っています。

団体だけでなく、我々と同じ遠隔地に住む一般素人の方々からの支援も多く、
意識次第で”遠い””知らない”は決定的な障害にはならないことがわかります。

めちゃめちゃ感謝しています。


ちなみに私の栄養を支えた中心は「ほっともっと」のお弁当な!

「ほっともっと」バンザイ!安いし!
瓦礫の真ん中でも作りたての柔らかいご飯がいただける幸せよ。

もちろん、ドラえもん弁当まで含め、全種類制覇しています。
オススメは肉野菜炒めと明太高菜とからあげ弁当な。

たしかプレナスは女子サッカーのスポンサーだったよね?

なんつーの?

”なでしこ優勝はワイが支えた”的な?

まぁ、そんな感じですな。

1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。