恰幅の良い彼のblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横須賀スキップ」に期待したい!

きっかけはペリログさんのつぶやき。

横須賀在住の女子ライター3人が作ったミニコミ誌があるんだってさ。

昨年発行の創刊号はスカパン特集。
レトロな風情ただよう横須賀パンをめぐる内容らしく、
なかなかにツボをついた小憎いセレクトじゃない!

ぜひ読んでみたいなぁと思い、さっそく買いに行ってきたよ。

私は横須賀が大好き。

海風や、港の香り、メリケンや基地関係だけでなく、
昭和の終焉がゆるやかに保存されたような独特の文化が残る街だよね。

もちろん鎌倉のような華は期待できないけど、
横須賀の地場店って、掘り下げると面白いんじゃないかと思ってたんだ。

そんな狭いマーケットをイイ感じにケアしてくれたのが、
三浦スキップ社発行の「横須賀スキップ」であります!


120419 070


出来たてホヤホヤのの第2号は「あまからおやつ劇場」がテーマ!

甘いお菓子だけでなく、
コロッケやら中華まんやらも取り混ぜて、
魅力あふれるローカル店を紹介しているぜ!

本は薄いけど、中身は濃い!

読んでいて、へぇ~と思うこともあるし、
既知のお店も、魅力新たに感じられる内容です。

買ったばかりのスキップをカフェで読んでて、
もうたまらん!ということになり、
パンやらコロッケ買いに平坂を駆け上がったもんね。

これを片手に再度、横須賀探検へ出かけたくなったよ。

ちなみに下は在庫がわずかな創刊号。
表紙に積み上がっているのは、スカの奇印、ポテチパンですよ!
このポテトチップスパンについては誕生の秘話も載ってました。

渋いよね!

横須賀スキップ、3号、4号と続いてほしいな~
売上を全部足しても、お小遣い程度にしかならないけど、
頑張れ、三浦スキップ社!

やっぱ、次の特集はカフェや喫茶とかになるんだろうか?

食堂とか、酒場とかも独特で渋いと思うんだけど、
さすがにホッピー臭さすぎるかな。

そろそろ、アレの季節です

「アレ=浜なし」です。

毎年、手遅れになるので、早めに動いたつもりだったのですが、
今年はなぜか生育が遅れているようですね。

110818 001

いつも買いに行く平戸果樹の里では、
梨は一週間後くらいかな?って言われました。

すでに予約販売で終了している農園もあるので要注意ね。

そのかわり、浜ぶどうをゲットしてきましたよ!
手前はそそそろ終わりの竜宝、奥はそろそろ始まる藤稔。

どちらも糖度が高くて美味しいです!
浜ぶどうにも要注目です!

真ん中の小ぶりな梨は汲沢あたりの新水。
甘いことは甘いのですが、早生の品種でちょっとゴリッとしていますね。

私はやっぱり豊水待ちかな!

おそらく月末あたりがピークになりそうなので、皆さんもお忘れなく!

オススメ農園情報もあったら教えてくれ!

「黄飛紅」の辛いお豆の話

イギリスのウィルがとうとう結婚するらしいですね。

彼とはイートン校の同窓で、共にボートレースに興じた仲なのですよ。
いやぁ、なつかしいなぁ!来週にはうちにも招待状が届くのかにゃ~・・・

そんな腐女子なみの妄想を浮かべながら、
またも無為に過ごしてしまった週末を締めくくりつつあるのですが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

寒いからすっかりデブ・・出不精になっててさ~

ろくに食べ歩きもしてないので、
今週は手近なとこをやっつけておこうと思います。


私は辛いものが大好き!

風味というか、刺激というか、被虐というか、
なんだか怪しい中毒性がありますよね。

きっとバカな子には分かりやすい個性が好まれるのでしょう。
もはや定期的にカプサイシンを摂取しないと死んでしまうかもしれん身体よ!

そんな私が密かにハマっているお菓子をご紹介したいと思います。

それは中華のピーナツなの!

前にたけさんとこでもやってたネタですが、
うちでもダメ押ししておこうと思う!

110220 002

まずは左の赤いパッケージですが、
「黄飛紅」というブランドの脆椒花生です。

これには辛味ピーナッツと共に、
ごまと小麦のそぼろや大ぶり唐辛子を揚げたものが入っています。

ナッツはどちらかというと箸休めの役割で、メインはクリスピーな唐辛子。
シャクシャクした食感と、油の醸すゲテなコクを楽しめますね。

唐辛子をまるごと食べる無謀なスナックですが、
予想に反して、辛さはどれほどでもないので大丈夫!
いや、カロリーはしっかり高そうだから大丈夫じゃないか?!

これはむしろもっと辛くして欲しいくらいなんだけどな。

ちなみに一番右のは「源豊行」で見つけたもの。

一見、お店のオリジナルっぽい体裁なのですが、
お味も見た目も「黄飛紅」のものとほとんど変わらないみたい。
もしかしたらどっかの詰めなおし品なのかも知れませんね。

110220 011

そして、でました!

一番のオススメは「黄飛紅」の麻辣花生!!!
真ん中の白いパッケージのものなので、よく覚えておいてね!

今回はこの麻辣花生を色々買い比べてみようと、
中華街や伊勢佐木町の各食材店を回ってみたのよ。

でも、仕入ルートはあんま変わんないらしく、
どこも「黄飛紅」のものしか置いてなかったんだわ。

東京とかに買いに行くとまた違うのかしらね?

110221 006

さっきの脆椒花生と比べ、
見た目はだいぶ地味ですが、まぁ食べてみ!

まぁ辛いから!

はじめの2、3粒はそうでもないんだけどさ。
やがて辛さが赤兎馬のように舌を駆け上がってきますよ!

でも、旨い!
つまんでると止まらなくなるんだぜ!

ポリポリやってる途中、ついもったいない気分になって、
唐辛子や山椒もつまんでしまうんだよね・・・

実はそっからが本番!

唐辛子の刺激も強烈なんだけど、
山椒のヒリついた辛味はそうそう剥がれ落ちないんだから!

口内がエマージェンシーを叫ぶその状況では、
辛いピーナッツすら癒しの存在と化すわけよ!

これがたまらん!

辛味中毒のみんな!
もし、おうちで中毒症状が出たときは、
麻辣花生かラオガンマーですみやかに対処して欲しい!

110220 009

おまけとして「栄興號」で売ってたスパイシーひまわりの種と、
韓国食材店でよく売ってる辛タンドントッポッキも。

前者は辛さの本場タイで作られている辛味菓子なんだって。
しかし、どうやって剥いているんだろうか・・・

今回はタイカレー風味のものを選びましたが、
ほんのり甘く、辛味は控えめですね。

後者はかりんとうを想わせる油菓子。
スジの入ったマカロニ状の生地がシャックリ揚がっていて、
表面は飴っぽくコーティングされているの。

真っ赤でいかにも辛そうだけど、
こちらも辛味よりはむしろ甘さのほうが目立つかな?

デブなら間違い無く気に入ると思うスナックなので、
見つけたら一回試してみて!

110216 005

やはりダントツで旨いのは「華隆餐館」で出してる噴噴香落花生かな!
まとめて作ったものが、大きなビンでズドンとストックしてあるよね。

市販品より山椒やら唐辛子やらの香ばしさが複雑で、
ほんのりゲスい旨み調味が後引きまくりの傑作おつまよみ。

もちろん辛さも容赦無しなので、
胃弱のあなたは注意してくれたまえ!!

とりあえず、これが一皿あれば、
ビール何本でも飲めちゃう気がします!

他の中華店でも出しているとこがあるのかな?
ご存知だったらぜひ教えて欲しい!

密かにブーム化を期待してるんだけどなぁ~

食べる辣油に乗っかった時みたいに、
各四川店でオリジナル辛ピーナッツを売ってくれれば面白いよね!!

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。