「大秦帝国 PartⅠ&PartⅡ」が過酷だった・・・ - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大秦帝国 PartⅠ&PartⅡ」が過酷だった・・・

始皇帝の6代前、偏狭の弱小国に過ぎなかった秦を、
一大改革により強国に押し上げた2人の男のお話。

09052403.jpg

チャイニーズ歴史大作ということで、
例によって人民軍や馬群を大動員した合戦シーンが目玉とのこと。

もちろん、ガチゆえの迫力もあるんだけど、
ガチゆえに全てを演出しきれないという問題も出てくるの。

兵役一人一人のヌケた表情や動きが、
画面の緊張感を確実にそぐという欠点もあるんだな。

それより、むしろホウ・ヨン先生などの達者な役者たちが、
セットで熱演を戦わせている場面の方がずっと良かったなぁ。

09052402.jpg

物語は史記をベースにしてて厚みがある。
ただ、主役を飾るためにちょいちょい手を加えてあり、
その辺はやや整合性をそいでいるかもしれんね。

隣国魏の侵略により父を殺され、急遽即位することになった孝公と、
不遇により魏を出奔した天才政治家商鞅が、共に志を抱き、
がけっぷちの小国を法治国家に作り上げていく過程は熱い!
ビジネス物が好きなお父さん方も楽しめると思うよ。

妻夫木が泣き止まないどっかの大河より全然良い。

09052401.jpg

ただ、この映画、パート1、パート2の合計上映時間が、

約9時間あるんですね・・・

元は連続ドラマかなんかだったと思うのだけど、ブッつなげてあるわけですよ!

ええ、観ましたよ、ぶっつづけで・・・

自宅から円座持参だったのですが、
持病の腰は砕け、ケツから血を吹いたぜ!

そして、休憩がね、10分、30分、10分でね・・・

まともに食事も取れねぇ!
よりによって鞄には数粒ののど飴しかねぇし!

「改革は茨の道」という商鞅先生の言葉を胸に、
私もひたすら耐えたのだ!腰の痛みに!空腹に!尿意に!
おかげで終演時にはかなりのやり遂げ感を共有したよ!

もはや映画の感想でもなんでもないのだがね!

そんなボリューミィなこの作品。
観る奴は、それなりの覚悟と装備で行ってくれ!死ぬぜ!
スポンサーリンク

-6 Comments

MO さんのコメント...
約9時間(笑)
試写会か、何かのイベントで観たんですか?
2009.05.26 | #- [edit]
みっちゃん さんのコメント...
始皇帝はぞんじておりますが、浅学にて6代前の
方は存じません。だれっ!

>自宅から円座持参だった、ケツから血を吹いたぜ!
 兄弟そろって、下の病だったとは。

 神様 この兄弟をお助けください!
2009.05.26 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>MOさん
一応試写というか先行上映というか。
ちなみに普通に観ても一本4時間あるから注意して!

>みっちゃんさん
エブリデブがケツに爆弾を抱えているのですよ。
私も普段は全く大丈夫なのですが、
こういうときは爆発します。
2009.05.27 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.05.27 | # [edit]
管理人 さんのコメント...
徐々に垂れ流してテスト中です。
一応、月内には仕上たいなぁと思っているのですが、
ここでも告知しますので、乞うご期待!

更新&管理作業の省力化のためだったのに・・・
マジでそうなるのだろうか・・・

なんだか問題一つ一つをまともに解決していくと、
サグラダファミリア化しそうな見通しでヤバいっす。
2009.05.27 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.05.28 | # [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。