バカ映画「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカ映画「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」

なんだよ!この「最終決戦」てのは!
・・・・さっぱりわからねぇぞ!

さておき、最っ低!逆にドキドキするくらい!
前作もヘボだったけど、今回はさらに酷かったのか!

やはり安ゲームのCGムービーような状況説明から映画は始まる。
数多の監督たちが映画の導入部にどれくらい心血を注いでいるか!
映画会社の奴に改めてガッツリ説教してやりたい気分!

そして、曹操陣内では兵士たちが激しく球を蹴りあう競技を・・・

知ってた?サッカーは古代中国の策嘉(さくか)がはじめたんだよっ!
(民明書房刊「世界のスポーツ夜話」)

090033003.jpg

絶対不利の寡兵で大軍を破る痛快&神秘な計略。
その裏で展開されている周喩vs孔明の息詰まる駆け引き。

赤壁は三国志演義でも屈指の魅せ場であるわけだが、
そのまま作っちゃ、ちょいファンタジーが強すぎるっつー話よ。

そこで、リアル方向に解釈したウー版赤壁を・・・って流れのはずが、
ウーが真性のバカだったから、演義のいいところ全て消した上に、
さらに陳腐に堕したようなお話になってるんだなぁ・・・

つーか、ウーさん、実は三国志、読んだことないだろ!
なんだかそんな気がしてきたぞ!

090033005.jpg

ツッコミどころは無数にありすぎてとても書ききれんのだが、
慣れない大作ってことで、大風呂敷広げすぎたあげく、
悪い意味でリアリティゼロって感じ。懐かしいバブルの頃の匂い!

そもそも40倍の兵力と川幅すら余裕で埋め尽くす(!)船があるのに、
曹操さんはなんで渡航しないのかが全く分からんし・・・
長細い入り江になぜか隙間なく船を詰めてるし。逗子マリーナか!

しかも船酔い対策とか言って船つないでるんだ・・・
ちなみに川沿いの曹操陣地はメチャクチャ広くてさ(Because陸戦も撮りたいから)
兵士は陸で余裕に寝泊りできるんだわ。船酔い・・・しねーし。

あと、孔明さんは無人の藁舟で矢集めもいいのですが、
これじゃ、たった一本の火矢をくらえば丸コゲになりますよ・・・

090033006.jpg

今回は最終決戦(映画撤退ちゅーこと?)てことで、
avexが社運をかけて、人員、セット、CG、火薬、全てをてんこ盛りにした訳だが、
使い方がド下手なので、もはや全てが目障りな動きでしかないのよ。
アクションもイマイチ見せ場がなくって、これは前作の方がまだ良かったわ。

ラストなんかさぁ、

孫軍に攻められて以降、なぜか思考停止して何の指示も出さない曹操。
作戦地図の前で「公孫は倒した・・・袁紹も倒した・・・なのになぜ・・・」みたいな、
死臭漂う遠い目懐古を始めちゃうんだから情けねぇ!

090033004.jpg

やがて追い詰められた本陣で剣を突きつけあう曹操と周瑜(ジョン・ウー的対峙な)、
その周りを孫権、劉備、関羽、張飛、趙雲らがずらりと囲む(炎をバックに)、
しかし、リン・チーリンが人質に!どうするトニー!みたいなバカ。

なんやかんやで妻を取り返した周瑜は言うんだわ、曹操に、

「去れ!」だってさwwww

ちなみにこの時点で80万からいた曹操軍は3人しか生存して無いわけ・・・

試写会場もさすがにドン引きよ・・・

090033007.jpg

私的に一番ドキドキしたのは周瑜さんが、
山盛りの団子を突如一気飲みするシーンな!
ここが一番命を危険にさらしたんじゃねーかと思う!

あと、曹軍の将軍たちがチラ見しただけでビビって撤退を決意しちゃう、
孫軍の周囲を盾で固めた「300」陣形な!
猛火も無問題ですって!アホー!

090033001.jpg

まぁ、ジョン・ウーって監督はチンピラ同士の小競り合いで、
銃を2個持たせて(ちょっとした贅沢)銃撃戦をしたり、
亀仙人が思わずビクッとしちゃうくらいの爆薬演出する程度が合ってるんだな。

この先、100年待ってもオリンピックの演出は頼まれないだろうなぁ・・・
スポンサーリンク

-7 Comments

erima さんのコメント...
そうそう、ここのところ思ってたんですよ。
この作品については見てないので何とも言えませんが...
PartⅠのレビューをここで拝見してから、
「ジョン・ウーってもしかして...基本、登場人物に二丁拳銃持たせないと、何をしていいのかわからなくなっちゃうのかも」と。
きっと舟にも、モーターつければいい仕事するのかも。

ウーさんて、私の中では『なにわ節な映画を作る人』ですが、大作にはなにわ節は向かないでしょうな、確かに。

何より、金城さんの肩にとまる鳩が小奇麗すぎる...
あ、羽ばたいてないシーンを見慣れてないだけか(笑)
2009.03.31 | #JGOU/2MI [edit]
アリーマ さんのコメント...
鳩のフンがないからだめなんだと思う。

まあ香港ノワールくらいなら、ストーリーの破綻がむしろいい味になったりするけど、こういう映画でやっちゃいかんですねえ。
そうそう、アレはバブルの前後でしたっけね。
日本が、ということだが。
2009.03.31 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>erimaさん
無骨なガンアクションと違って、
剣や槍の戦いって様式美でもあるので、
ウーさんとはちょっと方向性が違ったのかなぁ。
集団戦もすっかり「ウィンドトーカーズ」だし。
関羽さんはカッコイイんだけど、見せ場が少なくて。

>アリーマさん
やっぱ、向き不向きはありますね。
農村から宮廷まで、何でも描けるチャン・イーモウ先生が天才なだけなんだなぁと。
2009.04.01 | #- [edit]
NON さんのコメント...
1では「ワイヤーアクション大判振る舞いしないことにおいてのみ2を期待」みたいなプチイヤな予感がしてましたが、やはり、でしたか。。

絶世の美女妻の操は?無事だったのかしら!?
その点だけだわ、興味は。あとトニーさまね!(両目ハート)
2009.04.04 | #p6aiffM. [edit]
管理人 さんのコメント...
2もオッサン顔のヴィッキーちゃんがワイヤーで飛びますが、
あんまり上手い使い方ではないですね。

妻は戦場の風向きが変わるまで、
時間かせぎに曹操の元に行くのですが、
稼いだ時間はせいぜい30分てとこで・・・
戦況に大きく影響して無いような・・・・
曹操もそれほど妻にくいつかなかったような草食設定です。
陵辱シーン?!とか期待して損した。
2009.04.05 | #- [edit]
ガオ さんのコメント...
こんばんは。赤壁のパート1で
ある程度の予想はしていたので(笑)
いっそ、ミーハーに徹しようと観てきたものの、
予想以上にガッカリだったので、
なんだか、困ってしまいました(泣笑)
だって、曹操のキャラがかわいそうすぎます。
原作は読んでいないので、詳しいこと
わかんないのだけれど、ただの映画ファンとしても
あれではただの女ったらしのバカなので(苦笑)
戦いのカタルシスが全然ないというか、
クライマックスの意味がないというか
やはり、彼も頭がよくて戦に強い人ではないと
ドラマとしても面白くないもの。
なんか、曹操が負けるのをわかっていながら観る
戦の場面って、かなりしらけました。
それに、孔明は、ただの天気予報のお兄さんキャラだし
おまけに小喬があんな高いとこから
落っこちてもOKですかね、丈夫だ(爆)
実は、トニー・レオンさんのファンなので
『月夜の願い』の公開時のどうしようもない
薄っぺらいパンフレットでも買っていたような
ミーハーなアタシが はじめてトニーたん主演なのに
パンフレットを買わなかったです・・ (汗)

・・って、すみません、愚痴りすぎました(苦笑)
2009.04.12 | #tHX44QXM [edit]
管理人 さんのコメント...
チーリンさんなら私も全力で抱きとめるので、
2階くらいならば大丈夫なのでは??
有名なお話で結末が分かってるような場合は、
その過程のお約束や人物をいかに魅力的に描くかにかかってるのですが、今回は明らかに迷走でしたよね。
団子を流し飲むトニーさんはレアで良かったと思います。
2009.04.14 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。