ナポリタンはマヂで横浜発祥なのか?? - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

ナポリタンはマヂで横浜発祥なのか??

 ナポネタの続きはこちらの記事へどうぞ~



ナポリタンである。

日本人なら誰もが知っている喫茶軽食や町洋食の定番品。

気がつけば、いつもそばに居る存在。
でも、決してあなたの一番にはなれない地味なヤツ・・・

誰が作っても、ソコソコに仕上がるとっつきやすさ。
すんごく旨くもないんだけれど、なぜか時折食べたくなり、
ケチャップのベタで優しいお味は我々の心を癒してくれるのだ。

私が住む、街の灯りがとても綺麗なブルーライトヨコハマ市では、
なんと、このナポリタンをご当地食として売り出そうという動きがある!

shoku2170.jpg
(日本大通「喫茶室いちょう」のナポリタン)

つい先日も「市民創発」というのまやかしの下、
完全失敗した地域SNSの言い訳実績作りとして、
よくわからないナポリタンイベントが仕込まれたわけであるが!
そういうハンパ企画はなるべく自重して欲しいところだが!

・・・さておき、カサカサに乾ききったハマの飲食界隈が、
これを機に若干でも活性することは大いに歓迎なのである!

ナポリタン!いいじゃないか!乗るよ!その流れ!

shoku3175.jpg
(ホテルニューグランド「ザ・カフェ」のナポリタン)


「ナポリタンの元祖は横浜のホテル・ニューグランド」

これが横浜ナポリタンキャンペーンの錦きらめく旗印なのである。

この歴史あるホテルは日本西洋料理界の父といわれるS・ワイル料理長を擁し、
フランス料理、ドリア、プリンアラモードなんかの元祖でもあったという。

もっとも、これらはしたり顔のオヤヂがオネーちゃんを連れ込む時に使う程度で、
全国はもとより、市民にすらほとんど知られてないトリビアじゃねーかと思う。

そうなのだ・・・
文明開化の横浜はそもそも「発祥」が掃いて捨てるほど転がってる街なのだ!
だから、この手の元祖論はあんまり有難くもね~話なんだわ。
どれもこれも初めだけで、ロクに定着していないしなッ!


さておき、始祖であるニューグランドのナポリタンのお話である。

ここの元祖ナポリタン。
食べた人々は、皆、一様にこういった感想を述べる。

「これ・・・ナポリタンじゃねーし・・・」

そう!ぶっちゃけ、あれはどう考えてもトマトパスタ!

当時の材料、製法を忠実に守っているというこの一品は、
我々の知るナポリタンとは明らかにその姿を異にするものなのだ!

shoku2512.jpg
(山下町「バンビ」のナポリタン)

いったいなぜ、こんなことが・・・

ニューグランドの元祖ナポリタンと我々の知るナポナリンの間には、
なにか重大な進化過程がごっそり抜け落ちているんじゃなかろーか?

そもそも、ニューグランド始祖説は本当に正しいのだろうか?

この壮大なミステリーを解くまで、我々横浜市民や企画屋は、
ナポを軽々しくご当地食とすべきではないのではないか?!

昔思えば、苫屋の煙!ちらりほらりと立てりし所!

shoku0956.jpg
(馬車道「ポニー」のナポハン)

そもそも、ニューグランドによると
元祖ナポの起源はアメリカ軍の糧食であったそうな。

塩やケチャップで合えただけだったという素スパがあまりに貧相だからと、
当時の料理長が気を利かせてトマトソースや具を加えたものらしい。

しかし、これが本当にナポリタンの原型なのだろうか?
むしろ糧食のそれの方がよっぽどナポらしくないだろうか?
元祖ナポの工夫って、昭和ナポとは真逆のベクトルに進んでないか?

shoku2708.jpg
(弘明寺「タンポポ食堂」のナポリタン)

ちなみに冒頭から、ちょこちょこと挟んでいる画像は、
横浜にある飲食店のナポリタンである。

過去のストックを掘り起こしてみたんだが・・・少ねぇ!
だって、洋食屋でナポ頼むと損した気分なんだもん!
私はハンバーグが好きなんだもん!フライとか!

そもそも、横浜に濃厚なナポリタン文化が根付いてるかというと、
・・・まぁ・・・そうでもなく・・・東京と変わらん程度だったりする。
これは本当に当地から全国に広がった食文化なんだろうかね・・・

まぁ、さておき、ここで話を戻して、
これらナポ画像を、改めて元祖と見比べてみて欲しい。

決定的な相違があると思うの。

それは・・・ピーマンなのだ!!

shoku2441.jpg
(南太田「喫茶&ぱーらー泉」のポラタ)

ピーマン・・・

皆がイメージするナポリタンには必ずその姿を確認できる必須具材。
ケチャップの軟弱な甘さを引き締めるほろ苦い味や風味がだけでなく、
色彩の面からもナポリタンには不可欠な存在といえよう。

しかし、元祖ナポにはなぜかピーマンが入っていないのだ!

ピーマンはいったい誰が入れたものなのだろうか?

ここにナポリタンの真のルーツを解く鍵があるのではなかろうか?

shoku2891.jpg
(戸塚「珈琲貴族」のナポリタン)

まず、本場イタリアからの伝来ではないだろう。

パスタとピーマンの組み合わせは今でも相当珍しいものだし、
そもそもピーマンはイタリア料理で頻繁に使われる素材ではないはずだ。

では、どこか日本国内の洋食屋だろうか?
いや、よくよく考えてみると、洋食屋にもピーマンを使った定番メニューはない。
もとより喫茶店なぞは言うに及ばずである。

ピーマン・・・ナポのために用意されたピーマン。

お店によるありものの食材流用ではないとすると、
どこかに料理としての原型が存在するように思えてならないのだ。

shoku1345.jpg
(根岸「横浜ピザハウス」のピザ)

ここでこの画像を観て欲しい。

そう、ピザである。
我々昭和世代が思い浮かべるピザ。
甘味の強いトマトソース、整形肉、たまねぎ、缶マッシュルーム、そしてピーマン。
昭和ピザの具は奇しくもナポリタンの体裁とかぶる、だいぶかぶるのだ。

そして、この昭和ピザも面白い。
なぜなら、やはりイタリアのピザにピーマンの影はないからだ。
つーか、最近出回っているイタ公のピザと比べりゃ全然ちげーもんだよな。

我々が喜んでむしゃぶりついていた昭和ピザの原型を作ったのは、
何を隠そう、かの食文化破壊国家、アメリカなのである。

shoku0138.jpg
(コストコフードコートのミックスピザ)

やはりナポの原型もアメリカにあると考えるのが妥当だろう。

ピーマンの原産は南米、その後アメリカで品種改良され全世界に流通する。

そもそもナポの味をガッチガチに決定付け、
誰が作っても均一の味に仕上げてしまう赤き魔法、
トマトケチャップからしてアメリカ生まれであり、
かの国の国民的調味料と言える存在である。

奴等はありとあらゆるものにケチャップを搾り出す性癖をもち、
かつてはピザソースにもケチャップを使っていたというではないか!

記録によると軍の糧食のそれは素スパだったというが、
ケチャップ+ピーマン+たまねぎ+マッシュルーム+整形肉+グダスパの、
ベッタベタに安直な組み合わせは老舗ホテルフレンチの厨房よりも、
むしろ、大アメリカそのものの匂いを色濃く感じさせるものだ。

ここで筆者はナポの原型を探すべくアメリカに・・飛べないので、
どっかにインターナショナルな読者がいたら、
かの国にナポもどきがあるかどうか教えて欲しい!

shoku0839.jpg
(「カレーハウスリオ」の半スパカレー)

おそらく名付け親はニューグランド君なんだろう。

しかし、あのパスタなレシピの先に、
我々の知っているナポリタンの姿はないような気がする。

おそらく、米国ジャンク食文化を直に受け継いだ
別ルートの存在があるんじゃなかろうかと考えるわけだ。
基地出身のコックとか?兵相手の飲み屋とか?

歴史のあるバーや洋食屋・・・ってのも意外に少ないんだが、
横浜内でその辺りの痕跡を追えれば面白いよね~

shoku0414.jpg
(関内「グリルサクライ」のナポリタンデラックス)

とりあえず、ナポリタン目当ての客に元祖ナポをぶつけるのは乱暴だと思うぜ。
だから、ニューグランド一辺倒のシナリオは好ましくねーと思うんだ。

もっと市井のお店にも脚光を当てて欲しい気持ちがある。

ただ、基本的に特徴や味の差を出しづらい料理でもあるため、
ナポ店の発掘&結集だけでは限界があるのも現実。

なんにでもあわせやすいという特製を利用して
ハマの有名店とコラボした創作ナポの方向もアリだ。。

具としてナポを乗せたナポピザ、チキンライス代わりのナポドリア、オムナポ
ライスコロッケ的ナポコロッケや、ローメンまん的ナポまん、ナポたっぷりのパン。
旨くもないが、そこそこイケるってラインであれば、いくらでも出てくるだろう。

shoku0787.jpg
(福富町「イタリーノ」のナポリタン)

最後に異風を放ちまくりな「イタリーノ」のナポリタンでサヨウナラ。

一つ上のサクライもニューグランド的なんだが
ここのスパも意外にその系譜なんじゃねーかと思うんだが・・・
スポンサーリンク

61 Comments

kan さんのコメント...
おつかれさまです。力作です。
2009.02.20 | #- [edit]
774の探偵 さんのコメント...
横浜市民ですけど、ナポリタンはお惣菜じゃん???

まあ関係ないんですけど、GMの子会社になっていたスウェーデンのサーブの乗用車部門が樹海逝きになったそうそうです。

昔はブイブイいわせてましたね。
2009.02.20 | #- [edit]
にゃんこ さんのコメント...
今晩は。

イタリーノに行きたくなっちゃった =^^=

ところで、こんなのがありました。
「ナポリタン」著者 上野玲(小学館文庫)
(もう既にご存知かも?)
2009.02.20 | #- [edit]
トムエース さんのコメント...
 おはようございます。
 いつも楽しいですが、ほんと力作です。(同感)
 ナポリタン年号が読み取れる、最高の朝刊一面記事になりました。
 
 ナポリタン…小学生の頃、休日のお昼ご飯に作っていました。
 なつかしいです。。
 ピーマンの緑色がアクセントになって、
 色の配置が定まった国旗のように、
 一環した色合いが求められる料理のような気がします。
 この記事を読んでいたら、急に食べたくなってきました☆
 
2009.02.20 | #- [edit]
本須 さんのコメント...
すばらしい力作ですね。

読みながら、実は冷凍パスタのナポリタンあたりが
ジャンキーで正しい後継者だったりするのかも、と思いました。
レストランで精妙に調整されたようなものはちょっと違う
のかもしれませんね。

冷凍パスタは4割引の頃合いにいくつか買って冷凍庫に
放り込んで置くと、とても忙しい日の糧食として便利です。
2009.02.20 | #t7YP7u6w [edit]
にっき さんのコメント...
久々の力作でとても楽しかったです。読みでがありました。でもナポリタンの影に隠れたバレンタインデーとか誕生日とかの日々が悲しい・・・。v-8

ナポリタンは日曜日のお昼ごはん!だったなぁ。焼きうどんと同一線上にある食べ物でした。外で食べるのなら、やはり楕円形の銀色のお皿で、が理想でしょうか。(思いっきり昭和生まれなもんで・・・。)

2009.02.20 | #KRV7CmPk [edit]
いゆ さんのコメント...
初めまして!!いつも楽しく拝見させていただいております。
今回、インターナショナルな読者・・・とあったので
ただいま 米国からコメント送らせていただいております~。
残念ながら(?)今まで 食べたパスタ屋さんで ナポリタン様式
(&もどき)は 見たことがありません~。うちの地域だけかな?違うお店にも 行って調査してみたいと思います♪発見しましたら 報告させていただきますね。(ちなみに出身は神奈川です。)
2009.02.20 | #- [edit]
茶色の小びん さんのコメント...
初めまして!
いつもブログの更新を楽しみにしている愛読者です。

私もかねてから「ナポリタンの発祥=ニューグランド」説には
何となく引っかかりを覚えていたのですが
今回の記事で一気に視界が開けました。

力作です!
今後の展開に期待してしまいます。
2009.02.20 | #zA2mftqY [edit]
miyabi さんのコメント...
根性入ってるというか、体重かかってますね。
やっぱりこういうどうでも良いことに向かっていくときこそ、全体重をかけていく、真骨頂かと。
好きでもないけれど、廃れゆくナポなら、救っていかねばと。
横浜市民ではないので、事情はわかりかねてますが。
2009.02.20 | #DlOlfURc [edit]
アリーマ さんのコメント...
ミートボール・スパゲッティなるトマト味のパスタがニューグランドで「和訳」されたんだ、という説・・・ミートボールだから、確かにナポにつなげるのはちょっとムリな感じもしてたなあ。
なるほど。

アメリカ人て、ホントになんにでもケチャップぶっかけて食べたがるから、確かに高級ホテル発祥説よりはストリートから、と言うほうが説得力はありますね。

しかし、チョコレートの恨みをよくぞここまで美しく消化昇華させた!
ナポリタンでここまで画像があるんなら、次作は是非ハンバーグで!
上下完結、とかね。

がんばれ!(なにを?)
2009.02.20 | #- [edit]
ガオ さんのコメント...
そうです、ピーマンです!と、思わずPCの前で、
うんうん、と頷いてしまいました。
あのピーマンが入っていると
子供の頃から慣れしたんだ味になりますよね。
ほんまさんの力作コラムを、「ザ・カフェ」さんの
シェフに読んでほしいです(笑)
ちなみに自分はピーマンの味こそしないものの
異風を放ちまくりの「イタリーノ」さんのナポリタンが
ヤバイくらい好きです。どうしよう、また食べたくなってきた。
しかし、あそこのナポリタン、持ち帰りにしてもらうと、
嬉しいくらい重いで・・す(笑)
その場で食べるのが一番かもですね。
ほんまさんがアップしてくださった数々のナポリタンの
美味しそうな写真を眺めていたら、ヨダレがとまりません。
助けてください(笑)
2009.02.20 | #tHX44QXM [edit]
ゴン太チチ さんのコメント...
そうです、そうです、ニューグランドのは絶対違うと思います。
ウマイのは間違いないんだけどナポリタンじゃないと思います。
一体どこの誰がナポリタンを創作したのかを調べるということは
魏志倭人伝の卑弥呼のナゾを探るくらい奥の深いものになるかもしれません。大体昔はスパゲッティーはナポリタンとミートソース
しか知らなかったです。
今後の進展に興味深々です。
2009.02.20 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.02.20 | # [edit]
さんぱち さんのコメント...
今、上の画像を見て、ムショーにナポリタンが食べたくなってますが、そんな衝動にかられた時に冷蔵庫にピーマンがないと買いに走っちゃいますもん。 

確かに進駐軍の影響かもしれません。沖縄ではケチャップ味の焼きソバありますもんね。

話題それます。最近イタリア料理店で「ピザ」と言うと「ピッツァですね」と言い直されます。つらいです。
2009.02.20 | #j/FnetGM [edit]
BDR529 さんのコメント...
アゴの呪縛から完全脱出ですね。
この表現力こそ真骨頂。
市民創発の連中にも読んで頂きたい。
このコダワリがディスイズヨコハマな感。
すてきです!
2009.02.20 | #SFo5/nok [edit]
ムンタン さんのコメント...
ナポリタンって「好き」だけど、中学生頃以来食べてない。
二十歳の時に原宿の「壁の穴」のナポリタン風スパ「青春の(なんとか)」を食べた時以来かなぁ?

今回の企画、TVKのvs企画つながりで名古屋の「イタリアン」も出てくるかと思ったけど・・・食べたことあります?
2009.02.20 | #wLMIWoss [edit]
バス さんのコメント...
ホンマさん、こんばんは。
カリフォルニアからレポート致します。

もう6年近く住んでいますが、日本のハウス食品経営のレストラン以外では、どこのどんなレストランでもナポリタンは見たことありません。
しかも驚くなかれ、パスタにケチャップをかける(からめる)という発想をアメリカ人は持っておりません!笑われます!パスタの本場・イタリア人には「面白そうな味だね」と言われました。

ちなみに、ピザにマヨネーズ、コーン、ツナ、マッシュポテトもアメリカ人にとっては驚愕の組み合わせです。

あー、今週末はナポリタンを作ろうっと。
2009.02.20 | #- [edit]
たけ さんのコメント...
もうすこし固くしたら季刊「横濱」に掲載されそうな内容で(もちろんこのままのほうが楽しく読めますヨ)興味深く拝読しました。ナポリタンの語源もきになりますね(ニューグランドのシェフがつけたのなら、もうそれがナポリタンになっちゃうんだけど;)。

たまにはこういった単一メニューのお題で例えばハンバーグ特集など過去のほんまさんのお気に入り店を紹介するなんていうのも恰幅ファンとしては期待してしまいます。
イタリーノのナポ、久しぶりに食べたくなっちゃった。
2009.02.20 | #- [edit]
火星人 さんのコメント...
ピーマンは栄養バランス気にする時代に入ってから追加されたんじゃないかなあ~
力作!(=カロリー消費)に想像力が刺激されましたよ。

そう、発祥はあくまで発祥ですよね。
2009.02.20 | #- [edit]
erima さんのコメント...
『元祖』って、言ったもん勝ちみたいなとこ、ありますよねぇ。
で、あとは、人々がどれを信じるか、みたいな。

嗚呼、人は、信じたいものを信じる生き物...

そういや以前、誰かが「昔の米国の料理本には、『パスタは20分以上しっかり茹でるのが正式』みたいなことが書いてあった」って言ってましたよ。
あのぶよぶよの麺のルーツはそこかなぁ。
今はナポリタン専用の麺がありそうだけど。
2009.02.20 | #- [edit]
MO さんのコメント...
昔はナポリタンといえば必ずソーセージ入ってましたね

そういえば、アメリカではケチャップを加熱することは無いって言いますよね
2009.02.20 | #- [edit]
ぽちえ さんのコメント...
「喫茶室いちょう」は今一番行ってみたい店です・・・

あのSNSのイベントで出したナポリタンは美味しかったんでしょーか?

自分で作るには「マ・マー」のゆでスパゲティシリーズがお気に入り。意外といけますよ!
2009.02.20 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
ちょ!どしたの?このレスの多さは・・・
いやぁ、つくづく深い題材なんだな、ナポリタンて奴は・・・
ちなみにこの記事は取材や文献調査とは無縁の妄想文なので、
今後、皆様それぞれがナポ論を熱く語る中で、
打ち消しやら肉付けをしていって欲しいと思います。
面白いナポ店発掘もよろしくね!
2009.02.20 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>kanさん
まとめりゃ、数行で終わる内容なんですが・・・
はったりのために長文・・・

>774の探偵さん
洋食の中でも一段低い位置に印象づいてますよね。
その分、我々の懐に入ってきているということでしょう。
ちなみに私は地球に優しいゴールデンペーパードライバーです。

>にゃんこさん
そうそう、その本読まなきゃね。
ナポだけで一冊の本が書けるってのはすごいと思う。

>トムエースさん
色といい、味といい、
取り合わせのバランスは意外にいいんですよね。
この形まで磨き上げていった人は偉いと思います。

>本須さん
あまり上手く作っちゃいけないような不思議な料理ですよね。
一度作って冷めちゃった奴とかが意外にイケたりして。

>にっきさん
今回は語るまいと思っていたのに!
傷口に塩を塗るような非道!くっ!!
ええ、そのうち書きますとも・・・

>いゆさん
いらっしゃい!まさかインターナショナル読者がいたとは!
アメリカの伝統的なスパってどんな感じなんでしょうかね?
イメージとしては、シーズニングをふっただけ、バターやチーズソーズを絡めただけ、ケチャ和えみたいな、一見付けあわせみたいなもんかなと想像するのですが。

>茶色の小びんさん
いらっしゃい!
市内にもニューグランドゆかりのお店があるはずなんですよ。
そこのナポがどうなってるか、興味がありますね。
石川町の「美松」なんか名前も違うし面白そう。
2009.02.20 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>miyabiさん
コラコラッ!まるでテーブルを押し潰すみたいな言い方を!
ナポリタン、地味なのにこの支持者数・・・
次の選挙に立候補しても十分イケるのでは・・・

>アリーマさん
やっぱ、鬱屈したパワーが長文記事を書かせたのか・・・
ミートボールスパ説はニューグランド説以上に無しでしょう。
同時にハンバーグとかミートソースを作ってるんだから、アレンジせずに作れるはずじゃん?
具材の組み合わせがミソだと思うんだよなぁ。

>ガオさん
ニューグランドも強がらずピーマン入れれば良いのにね!
しかし「イタリーノ」はまた別の深き謎を抱いたお店ですよね。
神奈川新聞とか、今のうちにいろんな話を取材して欲しい!

>ゴン太チチさん
ミートソースもコテコテの昭和スパですよね。
自家製というより、缶詰というか、業務用が幅を利かせているような印象があるので、こっちは調べても結構分かりやすいんじゃないかなと推測します。

>秘密のお方
とんでもない!
こちらこそ、遅れてしまって失礼いたしました。
私もそちらの記事を楽しみにしているファンの一人です!
今後とも宜しく!
2009.02.20 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>さんぱちさん
ケチャップ焼きそばってのは近いですね!
ナポってパスタというより、焼きそばっぽいですもんね。
これはいかにも東洋的な発想ですよ。

>BDR529さん
いやぁ・・・
アゴ治んないんですわ・・・
市民イベントも大好きなんですが、
テーマにストレートにぶつかって欲しいと思います。

>ムンタンさん
ちょ!何十年(←失礼)ブランクあるんすか!
鉄板スパはおいしそうですよね。まだ、食べたことないのよ。
オムライス的な取り合わせで絶対合うと思う。
ただ、味噌は入れないでしょ!

>バスさん
おお!そういえば、バスさんもアメリカでしたね!
今では残っていないということは、かつての糧食は米国の民にとっては黒歴史なのかなぁ?
一方で飢えた日本人には憧れの味として刻み込まれたってこと?
ケチャ+ピーマン+たまねぎ+マッシュルームの組み合わせはなにかありますか??

>たけさん
「横濱」は実にいいローカル雑誌ですよね~
神奈川新聞にはがんばって続けてほしい!
なんか、ハンバーグに期待している方が多いですが、
私も未だ探求中の身でして・・・逆に誰かのを読んでみたいような・・・

>火星人さん
ああ、それもありうるなぁ。
昭和の料理本とか栄養指導とか、
TVかなんかの奥様向けの洋食インフォメーション。

>erimaさん
向こうの人はあんま精密な調理をするイメージがないですよね。
まず具材を切って、ソースといためるって作業をしなさそう。
適当にゆでた麺に出来合いのソースをドブがけ!みたいな方がしっくり来る。
そういった意味ではやはり日本のアレンジ料理なんでしょう。

>MOさん
入れる肉類は何がベストマッチなんでしょうかね?
ウィンナーはいいっすよね。
加熱に関しては日本でもせいぜいナポやチキンライスだけですよね。

>ぽちえさん
いらっしゃい!
いちょうのナポは渋いですよ~、安いし。
イベントに関しては、まぁ・・・日にち忘れて、
行きそびれたんですけどね・・・
ただ、ニューグランドを呼んでおきながら、あえて素人が調理する必要はなかったと思うのよ。協賛つけてるわりに値も高かったし。
ナポに合いそうな太いパスタってなかなかないですよね。






2009.02.20 | #- [edit]
ちー さんのコメント...
ほんまさんのチカラの入ったレポートもスゴいですが、皆様のコメントもスゴい!
ナポリタンって、秘かに愛されてるんですねえv-238

とかいって、私も実は大好きなんですけど(笑)
何故かむしょーに食べたくなって自分で作ったりもするし、本須さん同様、たまに冷食で買ったりしてます。

さんぱちさんのおっしゃる「ケチャップ焼きそば」、私も、近い!と思いました!

だってね、むかーしバイトしていた喫茶店(カフェとはいわない時代(笑))では、大量に茹で上げたスバゲティ(パスタとはいわなかった!)を、ザルにあけて植物油(オリーブオイルではなく!)をまぶして、でかタッパーに入れて冷蔵庫で保存、注文がはいるごとに、フライパンで炒めて作っていたんですよ~!?

まさにケチャップ焼きそば・・・・(笑)
アルデンテってなんだ?って感じですよね(^^;)

具材はもちろん、ハム、タマネギ、ピーマン、スライスマッシュルームでした。
ああ懐かしい・・・・

miyabiさんの「根性入ってるというか、体重かかってますね。 」って・・・、ツボです(笑)
2009.02.21 | #o1tlqZaU [edit]
つちころり さんのコメント...
凄まじいストックプレーですね。さすが熟練ブロガー!!!

ニューグランドは、なんだかな、ですね。
元祖を名乗るならその当時のレシピで!と思うのですが…。

この豪華な奴をホントに進駐軍がやっつけたのでしょうか?

とりあえずお疲れ様でした。
2009.02.21 | #- [edit]
山のうえ さんのコメント...
v-16[v-16ブーブーお腹が空きました  私はスパ&ご飯【炭水化物どうし】最高です
2009.02.21 | #- [edit]
酔華 さんのコメント...
 誰がピーマンを入れたのかは分かりませんが、初めて投入した人は、おそらくイタリアの国旗をイメージしていたのではないでしょうか。
 麺(白)、ケチャップ(赤)となると、緑色のものを加えたくなりますよね。
 バジルなどはなかっただろうから、手軽なところでピーマンを入れたのだと思います。

 私が不思議に思うのは、「なぜナポリなのか」ということです。
 当時はイタリアといえば、ローマやミラノ、フィレンツェなどではなく、ナポリだったのでしょうね。
 『ナポリを見てから死ね』という諺があるくらいですから、イタリアを代表する都市だったのでしょう。
 そこで命名者はローマンとかミラノ風とか、イタリアンとかではなく、ナポリタンとしたのでしょうかね。

 次回はこの記事をさらに膨らませた壮大な「ナポリタン論」を期待しています。
2009.02.21 | #MSJvp62Y [edit]
ひとりメシ さんのコメント...
ナポリタン話に乗り遅れた~
ナポリタンが横浜発祥とは。

ぜひナポリタンパンについても調べてくださーい。
今のところ数軒見つけてますが、これも横浜での発掘が多いです。
ナポリタンブームでナポリタンパンもメジャーになるかも。
2009.02.21 | #JnO6/6b6 [edit]
teru さんのコメント...
だれも反応していないので・・・。

>昔思えば、苫屋の煙!ちらりほらりと立てりし所!

さすが、はまっ子ですね。

これ、はまっ子かどうかのリトマス試験紙だと思ってます、私は。

わが日の本は島国よ~♪
2009.02.21 | #- [edit]
沙羅双樹 さんのコメント...
スパゲッティ・アッラ・アマトリチャーナの日本版がナポリタンだと思ってました。
ニューグランドは。。。洋食の発祥地ですね。
2009.02.21 | #- [edit]
けんけん さんのコメント...
昔、「食彩の王国」って番組で、
戦後、厚木基地にいる駐米軍に出す料理で、ピーマンの肉詰を作るために、
座間あたりで軍のためにピーマンの栽培をやっていた、なんて事を放送してた記憶が…
もしかしたら、座間のピーマンとナポリタンになにか関係が…

ピザもそうですけど、ピザトーストにもピーマンはかかせませんね、
2009.02.21 | #- [edit]
ミサイル超獣 さんのコメント...
名古屋の喫茶「ユキ」が発祥のイタリアンスパゲッティが現在のナポリタンの原形なんじゃないかと思います(昭和30年頃)。
鉄板と溶き卵に乗っているのが特徴です。
具材は豚肉、玉葱、ピーマン、赤いウィンナー、グリーンピース等。

ただ、ナポリタンを鉄板に乗せたからイタリアンという名前になった、という説もあるので、それ以前に現在のナポリタンが成立していたのかは不明でまだ断定は出来なさそうです。

そして先週横浜でこんなイベントがあった模様です。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivfeb0902354/

勝ったのは横浜だそうだけど、庶民的には名古屋のが勝ちな気がします。
2009.02.21 | #gpPih1yM [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.02.21 | # [edit]
かおかお さんのコメント...
奥が深いぞ!  ナポリタン!!!!!

ニューグランドのはオシャレでなんか違うぅ・・・・。
ナポリタンはもっと庶民の味方なイメージなんですよね~。

個人的にはナポリタンは家庭の味が「定番」な感じします。
我が家のナポリタンにはピーマンいますよ~。母がピーマン嫌いなんですが、入れてます。

あぁ~ナポリタン食べたい!

ほんまさん家のナポにはピーマン入ってますか?
2009.02.21 | #wr.8gKW6 [edit]
管理人 さんのコメント...
>ちーさん
みょーに熱いことになってますね・・・
ちなみに茹で置きはパスタの食感がキメェという倭人向けの正式製法らしいですよ。

>つちころりさん
ニューグランドのは当時そのままの姿らしいですよ。
近代的にかっこつけたわけじゃないみたいです。

>山のうえさん
ナポリタン定食・・・あるのかな?
ちなみに銀座にはそばめしならぬスパめしってのがあります。

>酔華さん
ピーマン重要参考人説はゆずれませんぜ!
スパだからイタリア国旗というなら、中華ならま赤っかってことっすよ!さらにいえば、緑はピーマンではなく、パセリ、グリーンピーやほうれんそう、こまつなでもいいはず!

>ひとりメシさん
リトル小岩井のが食いたいなぁ~
ああいうのポンパで作ってくれないかなぁ~
2009.02.22 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>teruさん
あの暗転が物語る黒い過去を知る者のみが本当のハマッ子!

>沙羅双樹さん
そうそう、スパってトマトソース+肉+たまねぎだけでも十分完成品。そこにわざわざ缶マッシュルームやピーマンを加えてるってのが、面白いとこだと思います。

>けんけんさん
そうなのですか!座間のピーマンか~ 
わざわざ栽培するほど米っ子がピーマン食ってた事実はデカいのでは!日本のピーマン史を調べると面白そう!

>ミサイル超獣さん
おお!そこの食べてみたいと思ってた~!
ただ、時代が遅いし、玉子や鉄板が伝播の過程で消えうせるのは不自然。やっぱ後付けの工夫だと思いますよ。
ちなみに私がグダグダいってるのがそのイベントなんですよ。

>秘密のお方
おおおお!!!待ってます!!

>かおかおさん
なんでわざわざチビッコが嫌いなピーマンを選択したのか、
調理的には正解なんですが、お母さん的な発想も感じられますよね。
ちなみにさっき作ったナポリタンはピーマンの代わりに菜の花を入れました。だって、ピーマン、常備して無いもん(涙)
2009.02.22 | #- [edit]
774の探偵 さんのコメント...
ナポリタンには皆さんすごい食いつきぶりですね。
ナポリタンとピーマンの関係を発見されたのはすごいですね。

しかし、私はピーマンには忸怩たる思いがあるんですよ。
小学校(ちなみに日枝小です)時代は給食だったんですが、中学高校はそれがなくて原則弁当持参だった訳です。で、母が毎朝弁当を作ってくれるんですが、なぜかピーマンを炒めたやつが必ず入っていたんですよ。必ずですよ!それを思い出すと沸々と軽い殺意が湧き上がって来るような気がします。
大人になってからナポリタンを注文したことがないのは、弁当で毎日ピーマンを食わされたことのトラウマかもしれません。
大げさかな?
2009.02.22 | #- [edit]
にゃんこ さんのコメント...
そう言えば、
長崎のとある道の駅で「ド・ロ様そうめん」なる物があったことを思い出しました。
「ド・ロ様そうめん」それは何???
ネーミングがあまりに強烈だったので、興味津々パッケージの説明を読んでみると、確か

『昔、ここで、日本で初めてパスタを作ったド・ロ神父(確かフランス人)が・・・云々』

と書いてあった様な記憶が…
日本のパスタの発祥地って長崎だったのでしょうか?

長崎にフランス人の神父が伝えたパスタが、
横浜でアメリカ軍と出会ってナポリタンになるまで、
そこには一体どんな物語が・・・エキゾチック横浜。
妄想モードON(爆)

2009.02.22 | #- [edit]
sociton さんのコメント...
では、ナポリタン探索にいってまいりまーす(^^♪
2009.02.22 | #NkOZRVVI [edit]
アリーマ@たぷたぷ教広報及び外務担当班 さんのコメント...
たぷたぷ教のJ祐を自称する広報外務担当ゆえ、蛇足な補足情報をちょこまか集めてだらだらまとめてみました。
よろしければご参照下さいまし・・・。

http://honyarara.livedoor.biz/archives/51289710.html
2009.02.22 | #- [edit]
桃猫 さんのコメント...
大好きなナポリタンの記事で、おもわず見入ってしまいました。食べ物のルーツというのは、所詮、言ったもん勝ち、みたいなところがあるんですよ。どこの町も、名乗りを上げるのに必至です。その傾向は、田舎に顕著です。食にバリエーションがある都会では、なかなかローカル食の強いものは、受け入れが難しいです。

さてさて、ナポリタンですが、おっしゃる通り、ヨコハマのナポリタンは、どこも異色な気がします。東京のほうが、オリジナルのナポは生息範囲が強いので、判断はむずかしいかと。

 ナポリタン単体というより、オムレツやケチャップライスとの相関性から、発生していた副産物だと個人的には思います。給食でのアレンジも見逃せません。非常に新しい食べ物であるように思えます。
2009.02.22 | #halAVcVc [edit]
バス さんのコメント...
会社にてホンマさんからの議題、「ケチャップ+ピーマン+たまねぎ+マッシュルームの組み合わせのアメリカ料理はあるか?」という質問をアメリカ人達にぶつけてみましたが、そんな料理は聞いたことが無いと全員に言われました。どなたかもおっしゃる通り、ケチャップを加熱するというのはアメリカ人には考えられないようです。
ただ一人、炒めたタマネギ・マッシュルーム・赤ピーマン・ザワークラフト、そしてチーズが乗ったグルメ(?)なホットドッグを食べたことがあるという人がいましたが、これはちょっと違うかな。

今度、義祖母(88歳)に会ったら、この組み合わせのアメリカ料理があるか(過去にあったか)聞いてみます。
2009.02.22 | #- [edit]
いぬわん さんのコメント...
うーん
ちょっと見ない間の名作披露!
たしかに、決して一番にはならない存在だな・・・
食文化破壊国家アメリカvs食文化破壊都市名古屋の対決とかに興味あります♪
(パンアメリカンのナポにはP、入ってへんがな・・・)
2009.02.22 | #wDJkNCt. [edit]
小径のヌシ(^-^) さんのコメント...
すごぃ反応だなぁ~ (いつもながらですが)
やっぱりナポ好きが多ぃんですね
給食ソフト麺世代としては本格派よりも芯なしナンデンテ系が恋シィ (笑)
2009.02.22 | #HvhRBukU [edit]
とも2 さんのコメント...
ここまで出遅れたのでコメは控えようかと思ったのですが、なんとイ先生まで登場してるではないですか…、なんか悔しいからワシも書いちゃおう(笑)

ということで、ワシのナポの原点はママーのインチキ袋スパですね。
我が家は原則としてインスタント食品は禁止で、例外的にハンバーグとかの付け合わせとして使われていたのですが、病気の時に1袋まるまる食べさせてもらったのが嬉しかったデス。
2009.02.22 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>774の探偵さん
子供の頃は味覚が鋭敏なんだそうです。
だからピーマンとかクセや苦味のある食材が苦手になるんだそうです。今、食えば意外にイケるかもしれませんよ??

>にゃんこさん
見た!長崎で見た!
ド・ロさまそうめんて、元はパスタだったんですか??
買ってくればよかった!!

>socitonさん
探索レポート待ってます!

>アリーマさん
さすが、ミセス・インターナショナル!
詳しく拝見いたします!!

>桃猫さん
異色だからこそ、一般化される前の痕跡があるといえるかもしれませんよ?
また、給食みたいな規格化されたものによる伝播も線もありえますよね。ただ、うちの学校ではナポリタン食った覚えないんだよなぁ。麺といえばソフト麺+カレーってのばかりでした。

>バスさん
ピザっすよ!ピザ!
いや、しかし、日本人による組み合わせということなのかな?
アメリカ人にも呆れられるような食い物を貪っているわが身が若干哀しくもあります!
是非、食べさせてあげてください!

>いぬわんさん
いや、この場合、入ってない方が、
やんごとない血筋なのかもしれませんよ。

>ヌシさん
ナポの場合「ナイデンテ」という素晴らしい表現があり、
これは全国の普及させなければならんと思うのです!
つーか、ソフト麺のナポリタンてありましたか?

>とも2さん
読者の世代とシンクロしてしまったのでしょうか・・・
”若い”私は強いて言えば「不二家」かなぁ?
ペスカトーレ派だったので、あんま頼まなかったですけどね。
2009.02.22 | #- [edit]
アリーマ さんのコメント...
記事にリンクをありがとうございました。
便乗記事みたいなもんなのに・・・スミマセン。

しかーし、考えるほどに面白いテーマですよねー。
2009.02.24 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
いらっしゃい!
江戸並みにとは言いませんが、
なんらかの食アイデンティティが確率して欲しいなぁとは思います。ネタは何でも良いので、派手にやって欲しいところ。
2009.02.26 | #- [edit]
すぎちゃん さんのコメント...
管理人様、イベントにご注目いただき、ありがとうございます!
こんなに話題になって嬉しいです。
コメント出遅れたのがくやし~~~

ナポリタンのポテンシャルは思っていたとおりです。今後も期待できます。
当日、ニューグランドさんはビデオ取材だけでした。(いろいろありましてね・・・)
まあ、そこは別格と言うことで、ある意味神として日々拝みたいと思っています。
それより、一人ひとりの心に描くナポリタンをクローズアップして、戦後日本の発展を思い起こす食文化として再認識できたらいいな、と思っています。

ちなみにイベントを仕掛けたのはSNS運営関係者ではなく、参加者で、ボランティア運営です。
みんなオフタイム持ち出しで運営しました。
「みんなでたのしくナポリタンをつくって食おう!」という感じで
夜や休日に何度も打合せをして進めていったんですよ。

まあ、自己満足といえばそうかも知れませんが、こういうバカな遊びにまじめに取り組むボランティアスタッフがいて、そしてそれに賛同しておもしろがってくれる仲間が150人いた・・・というのがとっても嬉しい収穫でした。

もしよろしければ管理人様もぜひお仲間に!!

2009.03.01 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
いらっしゃい

事情も知らず、勝手な文句をつけている輩に、
心の広い対応をありがとうございます。

ただ、あえて言わせてください。
今回は企画内容と発表の舞台が不釣合いだったと思います。

素人お二人による調理対決にこだわる必要があったのでしょうか?
あの素材&レシピがそれぞれのスタンダードといえるものだったのでしょうか?

冗談とはいえ、両地を代表して食文化の「頂上」をうたい、
マスコミを通じて、全国アピールするのにふさわしかったのか。
きっとご苦労も多かったことでしょうが、別の冷たい目でご精査いただきたかったところです。

運営・企画者に関しては、単に解釈の違いかと思われます。
在住者なら誰でも市民ですし、業務外ならボランティアといえます。

過程を見れば「ハマっち」のアピールは不相応に多すぎますし、
様々方面の思惑が乗った時点で、それは天然ものの企画とは言えないと思います。

そもそも何のツテもない一般市民が同じことをやっても、
各所への申請の段階で弾かれるのはご存知のとおりです。


今回クローズアップされた横浜ナポリタンネタに関しては、
このロクでもない記事にも、いろんな方々が熱くコメしてくれる状況を考えれば、今後、大きく展開ができる可能性アリだと考えます。すばらしい着眼です。

どうぞ、今後も大事に育ててあげて欲しいと思います

なるべくなら、広報効果を第一に狙った打ち上げ花火ではなく、より多くの人が、より多くのナポリタンに触れられるような、そういうワクワクするイベントを楽しみにしております。

今回関わった方々にはそれを成し遂げるだけの力があると思います。

私自身は無力ゆえ、遠巻きにヤイヤイ言うことしか出来ませんが、市民の中には思わぬ才能やノウハウ、アイデアが埋もれているものです。手近なところで完結せず、そういったものも上手く刺激ししながら、広報や企画を盛り上げていって欲しいと思います。

生意気長文すみませんでした。
2009.03.01 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>アリーマさん
>dbadmin@funny blog.comさん

すんません、なんだか知らないけど、コメが消えてる!!
2009.03.01 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.03.01 | # [edit]
いその爺 さんのコメント...
今日は! ここでコメントして届くかしら?
「ほんまさ~ん 聞こえる~?」(笑

昨日アップしました記事に「米軍レシピ」を載せました。
レシピの中のパプリカにご注目下さい。
引用文献中で、パプリカがピーマンへと変換されたのではないかと推測する箇所がありました。

これを信じれば、市井の洋食店のレシピは、米軍レシピを直接的に受けていた可能性が強いですね。

この記事を拝見した頃から、一度で良いから此にコメントしてみたいと思ってました。
やっと念願がかないましたわ。(^-^)v
2012.12.18 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>いその爺さん
調査の深度が増してますね。
パプリカ粉と生ピーマンの間にはまだちょっと隔たりはありますが、
両者をつなぐ道はやはりアメリカにあるのかなと思います。
ケチャップ色をさらに赤くするためのパプリカって発想がいかにもアメ公らしくて好き。
2012.12.18 | #- [edit]
いその爺 さんのコメント...
あれぇ~  相変わらず厳しい教授・・・・・
このままでは、今回も卒業論文を受け取って貰えないかなぁ v-12

今日のレシピには“グリンピース”を入れておきました。(笑
2012.12.18 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>いその爺さん
すでに当初の目的は果たされいると思います。
でも、ご興味はそれだけにとどまらないのでは?
ゴールを設定してしまうより、ライフワークを読み続けたいと思う読者心ですよ。
2012.12.26 | #- [edit]
萌音 さんのコメント...
こんにちは。ホテルニューグランドのブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです
2014.04.13 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>萌音さん
オシャレ、オシャレ、オシャレ・・・・
ありがとうございます!誰も言ってくれないので!
2014.04.15 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。