「横浜トリエンナーレ2008」のレポート その2 - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜トリエンナーレ2008」のレポート その2

これまた、すっかり忘れていたトリエンナーレレポ。

前回はこちら

気がつけば、あと一ヶ月ほどで終わってしまうので、
魅惑の食イベントなどと抱き合わせでどうぞ!
その方が楽しく感じるはず!?

080927 084

第二会場の赤レンガ倉庫。
やはり平日のお客さんはパッラパラですね~

080925 012

2、3階が展示スペースなのですが、
ほとんどがロクでもない映像作品なので萎えますな。

この手の作品て鑑賞者を無駄に縛り付けるので嫌いです。
初めから見れるわけでもなく、またいつ終わるかも分からず、
しかも、長々見ていても、さしたるオチもなかったり・・・くだらん。

080925 018

建築学部生の卒業制作のような作品。
これにおおっと思ってしまうところが、
今回の層の薄さを如実に示しています。

080925 016

そして、この会場で唯一、面白かったのがこの作品!
狭っくるしい通路に突き出したメッセージを読みつつ、
デンプシーロールさながらに進んでいきます。

080925 017

ちなみ反対側から入ると英語の表記になってます。
テキスト自体ははいかにもありがちなモンですが、
身体を動かす鑑賞は探検的な楽しさがありますよ!

080927 088

第三会場の日本郵船海岸通倉庫。
今回はむしろこの会場がメインなのかも知れませんね。
比較的エッジのきいてそうな作品が展示されてます。

なお、この会場では、1階に展示されているガラス片を使った光の作品が
とっても幻想的でシャープで危険でインパクト大です!オススメです。

その中で舞踏があったりしたらしく、すごく興味もわきましたが、
一回こっきりやられても観にいけねーから!

080927 089

ただ、玄関入ってすぐの作品がいきなり内臓引きずり出しのグロってどうなの!
その他、3つくらいは15禁の安易なエログロで、何なの~って感じです。

080925 035

ここは昔の倉庫をそのまま使っているらしく、
会場自体に味があって、いい感じですね。

080925 027

素朴な疑問。
こういうのって、別会場でも同じように再現できるんですかね?

080925 034

片隅に置かれているのは・・なんだっけか?
こういう風景を前に勝手にいろんな意味を想像してしまう人間て、
とってもおちゃめな生き物です。前衛芸術家もウハウハ。

080925 040

どことなくアジアンで、スタイリッシュな作品。
床には小さな砂山と鉄の玉が転がっています。

080925 036

建物の作りが重厚なので、こういう光の作品は良い味が出ます。

080927 085

会場の外にはこんなほったて小屋も。
もっと遠くから見るとおっと思いますよ。遠くから撮れよ!

080927 086

小屋の中では舞踏家の場踊りの映像が流れていたりします。

ちなみにこの会場の前の海は魚がビチビチ跳ねていてすごいの!
サバとか?5秒に一度くらい水面が光ります。自然のアート!

080927 095

Bank ARTのカフェもあって、なんと「80*80」や「ピー」が出店してるの。
週末はアーティストがカレーやらを作ったりする企画もあるみたい。
なかなかかっこいいスペースで、ちょっと気になるよね~ 
ちなみにこのカフェだけなら、入場券は必要なし。


これでメイン会場は全てまわったことになりますが、
やはり、イマイチ感は払拭できませんでしたね。

そもそもテーマの「タイム・クレヴァス」ってのが良くわからねぇわ。
こうして見返しても、タイムの成分がだいぶ足りないように思えるんだけど、
あれか?常時観られない限定イベントばっかってとこが忠実なのか?

まぁ、そんな感じで第二回も終わりです。

あとは三渓園に行けば完結なんですが、実はまだ行てません。

・・・だって遠いんだもん!どのバス乗ればいいかも分からん!

スポンサーリンク

-8 Comments

黒ポメ さんのコメント...
休日は日ノ出町の先まで水上TAXI(クルーザー)なるものが出ていますよ。
2008.10.21 | #- [edit]
ゴン太チチ さんのコメント...
いつも的確なレポートをありがとうございます。
業者なので招待券があるんですが本間さんの
レポートを見ると段々、見る気が失せてきます。
前回も見終わって、、、タイプじゃないなと思いましたので。
でも本間さんは前衛的なアートがお好きみたいですね。
前向きで羨ましいです。
2008.10.21 | #- [edit]
macarongirl さんのコメント...
いつも的確な情報ありがとうございます♪
かゆいところに手の届いている本間さんのブログ大好きです!

前回のトリエンナーレは疑問が残るところもありましたが
今回は全然行く気になれない内容ですね・・・

どうしちゃったんでしょうかね。

ただ唯一興味があるのは
黄金町付近。

町自体に味があるからなんとなく楽しそう♪
2008.10.21 | #- [edit]
みっちゃん さんのコメント...
なんだか、いまいち感が漂ってる様子。
よくわからんテーマのせいでしょうか?
まっ よくわかる現代アートなんてものも
ありそうにないですし、難しいところ。

話しのネタに物見遊山気分で、見てきます。

>魚がビチビチ跳ねていてすごいの!
 ボラのような気がします。

2008.10.22 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>黒ポメさん
いらっしゃい!
水上タクシー、一回乗ってみたいんですよね。
大岡川の川下り、興味があります。

>ゴン太チチさん
ご覧になってないのに的確かは分かりませんよ!
タダ券あるなら、話の種にどうぞ!
ちなみに私はこういうの好きじゃないんですよ。
ルノワールとかリュベンスとか万人に分かるのが良いんです。

>macarongirlさん
次がどうなるか分かりませんが、あまり国際性や、先進性、格式にとらわれず、お祭りで皆が楽しむって事を大事にしてほしいです。
黄金町は少なくともアーティストの顔が見え、作品が近いという観点で、比較的マシな催しなのかもしれないなぁ。
三渓園が良いらしいのでちょっと期待しています。

>みっちゃんさん
ボラか!川にもいっぱいいますもんね~
どんなクズでも見方によってはアートになりますから、前衛は難解、意味は自分で見つける、みたいな解釈で作者のヤツらはずいぶん楽をしていると思いますよ。
2008.10.22 | #- [edit]
たkaし さんのコメント...
今年は・・・・・・感が強かったトリエンナーレ。本間さんのおかげで再度現地入りせずに十分堪能できたと思います。どうもありがとうございます。現物よりも本間さんの被写体へのアングルのほうが芸術的だったりして?!
2008.10.22 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.10.22 | # [edit]
管理人 さんのコメント...
>たkaしさん
今回は撮影自由だったので、素人ブロガーとしては大助かりですね。
誰が撮っても写真がそれっぽく見えるのは、
やっぱ被写体が芸術してるからなんだと思います。

>秘密のお方
自転車・・・ かなり気合が入らないとキツいんですよ・・・
ちなみに今回はデブ男が隠密行動できそうなイベントでは無いので、遠くから成功をお祈りするにとどめたいと思います。たぶん、参加者で苦労されることは無いと思うのよ。

2008.10.23 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。