ぶらり九州の旅 =別府食べ歩き編= - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

ぶらり九州の旅 =別府食べ歩き編=

さて、今夜は別府の食べものです。

別府は関サバ、関アジ、城下カレイ等の海の幸系や、
冷麺、とり天なんかのBグル系等、実はそこそこ食い物がありそうなのよ。

ただ、温泉地だけに、皆、外で飯を食べないのか、
観光客の使い勝手が良さそうなお店が少ないのが痛いかなぁ。
温泉街も基本は人ッ気の薄いイメージでしたね。

今回は集団行動だったため、徘徊できなかったんだけど、
妖しげな裏道とかぶらぶら歩いてみたかったかも。

080828 262

まずは「湖月」の餃子。
また餃子か!という声も聞こえてくるようですが、
皆さん、これがまたメッチャウマなんですよ!!
極薄の皮がパリッパリに焼かれていて、ナイス食感!
別府ナンバーワンは文句なしにこの餃子でした。

080828 254

「みなみ丸 合歓」の関アジ刺し。
生簀で活かしてあるので、ブリブリの歯ごたえ。

そして、ここでやられた九州醤油!
甘ぇ、さすが関アジ!とか思ったら、醤油の味だった!
なにこれ~、甘ぇ!ここまでやるのか!

ちなみに醤油については、事前にアドバイスを頂き、
自宅からマイ醤油まで仕込んできたのに、
肝心な時にはホテルの荷物の中で・・・
関サバも不漁で売切れでした・・・

080828 259

同店のとり天。大分御当地食らしいぜ!
何てことは無ぇなと思っていたんだが、
衣に包まれた鳥が柔らかジューシィーなの!
ポン酢でいただくんだが、これは確かにイケる。
から揚げもいいが、とり天も大アリだよ!

080828 241

明礬温泉「岡本屋売店」の地獄蒸しプリンと温泉塩卵他。
別府ではそこかしこで温泉で蒸したプリンを売っていて面白い。

温泉蒸卵は中がほんのり茶色で軽くスモークされたような風味。
おでんで煮詰まったようなイメージ?これも旨いね!

餅は餅粉と芋粉の皮の風味が素朴で良いよ。

080828 323

鬼山地獄「小野商店」の地獄蒸しサツマイモ。
高温で良く蒸されており、ほっくり甘くて旨いよ。
別府の民は、この際飲茶屋台でも始めれば良い!

080828 350

湯布院「食咲 ゆふいん」のやせうま。
これって大分の郷土おやつらしいんだけど、
平たい小麦粉の麺に黄粉と砂糖をまぶしたもの。
この麺を煮込むとやはり郷土食であるだんご汁になる仕組み。
決して旨そうじゃないんだが、これが素朴でそこそこイケるのよ。

080828 366

湯布院「天井桟敷」でお茶いろいろ。
有名店だけに小生意気な店かと思っていたんだけど、
値も安く、甘味から飲み物に至るまでクオリティがすこぶる高い!
雰囲気も良いし、こりゃ行列店なのも頷けると思ったわ。


個人的には謎の名物、別府冷麺を逃したのが唯一悔やまれるぜ!

湯布院も飲食店は多く、どこもそれなりなんだろうけど、
やはり観光地的物足りなさがあり、お値段も割高に感じたわ。
中途半端に払うくらいなら、むしろ良い店を予約していった方が損がなさそうだ。

まぁそんなわけで、残りの食い物は完全版をお待ちあれ!


スポンサーリンク

19 Comments

アリーマ さんのコメント...
ああああぁぁぁ・・・だから言ったじゃんか~!
でも、思いを共有できてみんな嬉しいかも・・・嗚呼九州のクサレ甘醤油!

う、言ってしまった。
2008.09.01 | #- [edit]
小径のヌシ(^-^) さんのコメント...
アリーマさま … それは禁句よ v-399

温泉蒸プリン (〃・¬・〃) いちど食べてみたいですぅ~ v-353
2008.09.01 | #HvhRBukU [edit]
沙羅双樹 さんのコメント...
湯布院や別府はのんびり行きたいところですが、さしみ醤油はガツン来たのでは?
私ははじめてつけた時、思わず噴き出しました。(知らなかったので)
プリンのそばのお餅、中身はなにも入っていなかったのでしょうか?芋粉というのは知りませんでした。
ところ変わればいろんな知らないものがあって、楽しく読めました。ありがとう。
2008.09.01 | #- [edit]
にゃんこ さんのコメント...
餃子うまそーーーっ
1皿じゃ満足出来ないっ、2皿は喰いたいー、3皿イケソウ♪

とり天、芥子醤油も結構いけます。
私は、九州でまだ甘いお醤油に当たったことがありません。
お醤油全般が甘いんでしょうかね? それとも刺身醤油が特にこってり甘いとか? 興味津々。
2008.09.01 | #- [edit]
みっちゃん さんのコメント...

ワニ も、カバ も、食用じゃなかったんでねー
2008.09.01 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>アリーマさん
これはタレだ・・・タレだ・・・と心に言い聞かせながらいただきました。
ただ、やはり砂糖系の味が舌に残るんだよなぁ!
すだちを絞るとたちまちポン酢に変身するのは便利??

>ヌシさん
プリンは・・・普通の手造り風カスタードプリンでした!
こういうのはまんじゅうが定番ですけど、
考えてみれば蒸し物なら何でもありなんですよね。
でも、高温の温泉が湧きまくっているのが条件か。

>沙羅双樹さん
餅の名前、忘れちゃったなぁ。
中にはアンコが入っているのですが、サツマイモのバージョンもありました。餅粉に芋粉の餅って長崎でも熊本でも見ましたから、九州では定番のおやつなのかもしれませんね。

>にゃんこさん
別府上陸の際は是非!
一口餃子であるのですが「雲龍亭」とは全くタイプが違いますよ。
お醤油は買って来ましたが、普通のものも甘いのですよ。
若妻簡単煮物のタレみたいな感じ?
郷に入っては・・・ということで、その後も持ち込みはしませんでしたが、たしかに海産物が一番つらいかも。
カルチャーショックでした!

>みっちゃんさん
何でこんなにカバに接近できたかというと、
壁際で観光客が買い与えるエサを口あけてずっと待ってるからなんですね。
食うというより、食わせてきましたよ!
2008.09.01 | #- [edit]
みっちゃん さんのコメント...
>食うというより、食わせてきましたよ!

  まっ、まいりました。
2008.09.02 | #- [edit]
アリーマ さんのコメント...
実は「一体なにが入ってるんだ・・・?!」と、買い物ついでにラベルに書いてある成分を確認したことあり。

アミノ酸系にカラメルに糖分系などなどの添加物が、どれを見ても列記されていてびっくりしたのでした。
けっこうあちこちで数はチェックしたんだけど、みんな似たり寄ったりでした。

本来は何かの理由があって甘くなったのだろうとは思うけれど(その経緯も謎だ)、今のあの醤油は舌にベッタリくるのも納得の代物です。
ちなみに熊本人のオットも「フツウのしょうゆに慣れると、もうアレは無理」と言ってます。
2008.09.02 | #- [edit]
たkaし さんのコメント...
あ、でも福岡の「ごまさば」という生のさばにしょうゆとすりごまと薬味を振りかけところによっては軽く和えてある料理があるのですが、「甘い醤油」ならではのお味だとおもいますよ。あと、鹿児島の鳥さし、ぴりっとした薬味がひきたつように思うので甘いしょうゆで食べたほうが個人的には「ぐっ」とくるような気が・・・普通のお刺身に関しては同感です。
2008.09.02 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>みっちゃんさん
ふふふん!

>アリーマさん
砂糖=豪華な時代、砂糖が豊富なことを誇るため、料理やお菓子ににぶち込みまくったんじゃないですか?それで関連素材もまた甘く・・・ありゃ、やりすぎだと思う!

>たkaしさん
分かるんですよ。
若干の甘味が良い作用をする料理もあることは。
しかし、それならしょうゆに後から適量の砂糖を混ぜればいいだけであって、初めから甘醤油に固定されちゃうとどうにも身動きが取れん!
でも、こういう異文化経験こそが旅行の醍醐味なので、そういった意味では楽しかったです。
2008.09.03 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
ああ、あと、サバ食いたかった・・・
ビチビチなヤツを生で食いたかった・・・
2008.09.03 | #- [edit]
アリーマ さんのコメント...
な~んだ、佐賀関辺りの情報も満載かと思ってたのになあ。
しょうがない、大分の鯖などはワタシが調べてきます。
2008.09.04 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
無理無理!一日もいなかったんだから!
温泉のハシゴでくったくたになりましたよ・・・
2008.09.05 | #- [edit]
いぬわん さんのコメント...
この餃子は絶対ウマいだろ?!
え?
九州いきてえー!
2008.09.15 | #wDJkNCt. [edit]
管理人 さんのコメント...
ウマイって書いてあるじゃん!
え?
老眼ですかーーーー?
2008.09.16 | #- [edit]
アリーマ さんのコメント...
イマサラですが、甘い醤油の秘密がこちらに・・・

http://www.55mama.com/naze/

「中国醤油の影響が強いから」とか、「昔みりんで醤油樽を洗って、あるとき間違えてそのまんま仕込んだら甘くて美味かった」とか、諸説あるようですが。
2008.09.16 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
私も調べた時にこのHP読みました。
でも、さすがに元祖じゃねーだろうとは思いますけどね。

このブログがさらに詳しいですよ。
http://blog.tenblo.jp/chuman/theme/378.html?page=1

甘煮というのは和食料理の定番ですし、
お手軽合わせ調味料的な意味があったのではないでしょうかね?
2008.09.17 | #- [edit]
みそらん さんのコメント...
ダンナが別府近くの出身なので、私はいつのまにかこの甘めのしょう油に慣れてしまいました。
ダンナに言わせると「砂糖は昔高級品、だからしょう油に入れて『これは高級な!』って珍重してたらしいよ」だって。

だんな実家周辺には「から揚げ屋」が点在しています。
から揚げだけの惣菜やさんです。
コレで商売が成り立ってるし、何軒もあるっていうことに驚きました。
夕飯時は行列ができてるんですよ。九州は鶏文化なんですね。
(だからケンタッキーをあっちでは見かけません。)
2008.09.21 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
甘醤油は普通の料理には全く違和感なく使えますね。
ただ、お刺身だけがマズいんです。
向こうの人は美味しい魚介ばかりに囲まれていて、味覚が麻痺してしまったのだろうか・・・
あと、からあげ屋はほんとに魅力的な文化です。
もっとこっちにも出店してくれないだろうか・・・
2008.09.23 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。