「崖の上のポニョ」に受身がとれねぇ! - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「崖の上のポニョ」に受身がとれねぇ!

ポーニョ ポーニョ ポニョ メタボ腹♪

ということで観てきましたよ!

いや~、創作のパワーや疾走感、表現力はまさに巨人!
吾郎ずれがいくら背伸びをしても、到底追いつかないほどの、
圧倒的な格の差を感じましたね。パヤオ健在!

08080812.jpg

しかし、なんというか・・・
どうリアクションをしたら良いのか、全くわからん映画だ!

子供向けのほのぼのファンタジーと勘違いしている奴ら、
これって未曾有のカタストロフィが港町を襲うパニックムービーだぞ!!
主人公の宗介役はむしろトミー・リー・ジョーンズあたりが適任だから!

ポニョが魔法の力を得て、宗介の元に向かうシーン。
映像表現的にはクライマックスの場面だが、
ドキドキ胸躍るというよりは、むしろトラウマ的。

老年になると丸くなるどころか、エグミがストレートに出てくる芸術家がいるが、
パヤオさん、映画館の子供達もドン引いてるから・・・・

さらに後半の潮が引くようなあっけなさ。
もうちょっと、試練や成長やそういった部分があってもいいんじゃん!?
主人公のガキ、初めから男前過ぎるんじゃん?
・・・決して時間が足りなかったわけじゃないよな!!

そんなわけで作品の構造はいまいちだと思うんだけど、
それでも「観といた方がいいぜ」と薦めてしまうような、
なんともいえない映画です。

ポニョの妹たちの声:矢野顕子 ←ウケタ



スポンサーリンク

-16 Comments

774の探偵 さんのコメント...
ん~ん
宮崎アニメを観るのが、夏休みのラジオ体操に参加するみたいなものになってしまった気がします。
義務として観ておかなければいけない気もするんですが、
体が動かないですよね。
宮崎駿が作家主義と商業主義を両立させてる稀有の映像作家だということは分かるんですが・・・

やっぱ観にいくことにします(笑)


2008.08.13 | #- [edit]
アリーマ さんのコメント...
くったらと暑さで伸びている猫を衝動的に構うとき
ついつい
「ポ~ニョポニョポニョ」
と歌ってしまう、このサブリミナル効果はスゴイと思う!

でも、夏の間は行かないだろうな。
きっと行儀の悪いガキまみれで、映画以前に怒りが先にきそう。

オトナは涼しくなってから・・・?
2008.08.13 | #- [edit]
中 さんのコメント...
大洪水以降のシーンでは「実は町の人達は洪水で死んじゃってて、これは死後の世界を描いてるってオチだったりして・・・」などと『となりのトトロ』のデマか『ひょっこりひょうたん島』の裏設定みたいな妄想を膨らませながら観ていました。
そんな陳腐かつ鬱なオチじゃなくて良かった良かった。

個人的には「エンドロールが非常に短い」という点で非常に好印象な映画でした。
「動く絵」としてはやっぱ凄いと思うけど、「面白い話」としては何かイマイチだったかなぁ。 個人的には。

2008.08.13 | #6J7EK2B2 [edit]
投資家けーちゃん さんのコメント...
へぇ~。そういうストーリーだったんですね。
ほのぼのをイメージしてたので、意外でした。

あ、過去ブログのバットマンの画像が、
ぽにょに変わっちゃってますよ(笑) 上書きかな?
2008.08.13 | #3fP8K/.I [edit]
Danbe さんのコメント...
おお、ほんまさんも観ましたか。
私は公開間もなく観に行きましたよ。
全体的にほんまさんと同じようなショックと感動を受けましたけどね。ポニョの母さんの現れ方も美しいいんだか不気味なんだか分かりゃしませんでした。
結局はあれです。涙腺がゆるみまくってて誤魔化すのに苦労したわけですが。
2008.08.13 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>774の探偵さん
原点回帰の分かりやすいシンプルな作品て触れ込みだったんですが、ソレがこれだからなぁ・・・
ただ、いろいろ考えず、このまま撮りたいものを撮りたいように撮って行って欲しいと思いますよ。それが後々日本の財産になります。

>アリーマさん
平日午後の川崎TOHOも結構混んでましたね。
ただ、チビッコ達はあまり騒がなかったなぁ・・・

>中さん
手書きの洪水描写に時間がかかりまくって、
後半端折ったんじゃなかろーかと邪推してるのですが、
どんなもんなんでしょうかね??
大半が監督の脳内ファンタジーなので、より分業化が難しいような、制作泣かせの作品だと思います。

>投資家けーちゃんさん
バットマン上書きしてました~
私もほのぼのなのかと思っていたのですが、
正直、不意打ちでビックリしました。
この後いろんな場面解説が流れてくるのを楽しみにしたいと思います。

>Danbeさん
いろんな感覚が、アニメ製作者というより、
芸術家としてのそれとして研ぎ澄まされているんでしょうね。
生のパワーを感じますよ。良し悪しは別として。

2008.08.14 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.08.14 | # [edit]
管理人 さんのコメント...
処理しときました~
って、あれ!!!なんで全部消えてるの!!!
す、すんません!!
2008.08.15 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.08.15 | # [edit]
かおかお さんのコメント...
私も観ましたよ。

ポニョの母とポニョのお父さんがどういう経緯で知り合い、結婚したのかが疑問に残りました。
しかも母にはめったに会えないってww


2008.08.15 | #wr.8gKW6 [edit]
管理人 さんのコメント...
>秘密のお方
マジすんませんでした~
ケーキ屋はパン屋やカフェも作って、そっちでジェラートを売ってましたねぇ。本店の方ではソフトクリームも。

>かおかおさん
たぶん、ビーチでナンパしたんだと思いますよ!
相手が神様ですからねぇ。苦労も多いんでしょうなぁ・・・
2008.08.15 | #- [edit]
めじろ さんのコメント...
そーとー混んでるだろうと覚悟決めて観にいったら、逆に心配になるほど空いていました。
いろんな期待や想像のどれにも当てはまらなかったけれど、おそらくこれは『楽しむ』んではなく『かんじる』映画なんだろうなーと。三年ごろしな作品ですね、私は好きです。
求めるものが違うから評価は分かれるかもしれないけれど、観る人の年齢や経験ごとにいろんな受け取り方の出来る、大人も楽しめる動く絵本でした。作中の『すき』という言葉の美しさに、なんだか自分が汚れてる…!と自覚させられつつ、泣いちゃいました。
2008.08.18 | #- [edit]
コネホ さんのコメント...
「ポーニョ ポーニョ ポニョ メタボ腹♪」

    って歌ってたら、

「♪子ぎつね悶々、腹の中♪♪」と

メロディラインがクリソツ!ですね。
2008.08.19 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>めじろさん
純なお方だ・・・
私は非芸術的なメタボ人間なので、
物語に背筋が通ってないこの手の作品は受身がとり辛いのです。
でも、ある意味すごかったですよね・・・
次作はどこまで飛んでいってしまうのだろうか・・・

>コネホさん
ぜんぜんちげーーーし!
なぜ、悶々?なぜ腹の中? ←痛恨の失敗?
2008.08.19 | #- [edit]
中 さんのコメント...
>かおかさん
なにしろ母なる海の精霊様ですから、きっと港港に男がいるのでしょう。一茂ごときにやきもきするそんじょそこらの山口智子とはスケールが違います。(決め付け)

>ほんまさん
>手書きの洪水描写に時間がかかりまくって、 後半端折ったんじゃなかろーか
おそらく「夏休み公開」というスケジュールは動かせなかったでしょうから、後半は時間切れで軽く端折ったという線はいかにもありそうですね。 上映時間内における山場の配置って観点で、明らかに前半に重みがかかり過ぎでしたし。
せっかく町をまるごと水没させたのに、水中のシーンが少なかったのはいかにも勿体無いと思いました。
2008.08.20 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
かなり金の絡んだ映画なので、なかなか難しいのでしょうが、
パヤオクラスの芸術家の作品は国家的文化財なんですから、
どんなに遅れても完全な形で残して欲しいですよね。
DVD売れるし、もう一回上映も出来るぞ!
2008.08.21 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。