宙組+轟の「黎明の風/Passion 愛の旅」 - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宙組+轟の「黎明の風/Passion 愛の旅」

実に一年ぶりの宝塚に行ってきました~

私は特定スターを追っかけるファンではないため、
代替わりに影響されず、長く観劇を続けられるはずなのですが・・・
女王花總他、めぼしいスターが退団した後を継ぐ若手が小粒に見えて、
なんとなく足が遠のいていたんだよねぇ・・・

しかし、今回は宝塚に余生をささげ、男役即身仏として専科入りした
トップ・オブ・トップこと轟理事が宙組に客演しているのよ!!!
これなら作品がどんなに悪くても、安心して観られるでしょう。

revue080509_img.jpg

お芝居は宝塚で絶対やらかすと思った白洲次郎もの。
戦前から講和条約締結に至るまでを、パラパラつまんである。

とにかく盛り込みすぎていて、マッカーサーの描写はもとより
主役の白洲に関してすら掘り下げが不足した、散漫なストーリー。
石田のミーハーが、単に一夜漬けしたエピソードを並べただけだとしか思えん!

どうせなら、欲張らず脇の話は全て切り捨てて、白洲に特化するか、
対決に焦点を当てて、むしろ配役を逆にした方が良かったのかもしれんね。

もっとも相変わらずテンポはいい演出で、退屈はしない。
びっくりしたのが、政治的、思想的な要素を極力排除している宝塚芝居にしては、
ギョッとする様な台詞が多かったこと。変な処でチャレンジャーな舞台だったわ。

役者はやはり白洲役の轟理事がダントツでメチャクチャカッコイイ!
スマート且つ力強い紳士役にぴったりで、惚れそうだ。
吉田茂役の汝鳥伶も貫禄の演技で素晴らしかった。

レビューはごくオーソドックスな作品。
どこに「情熱」があるのか、さっぱり分からんぞ!
「中詰サンバ=パッション」とか、あまりに宝塚安易な発想じゃん!
もっとも久しぶりだったので、そのベタがうれしかったけどね。

よほど予算が切り詰められていたのか、
ありがちな場面を繋げただけで、目新しさや酒井的妖美さは薄い。

とうとう宙組TOPになってしまった大和悠河。
芝居においては思っていた以上にどっしりと演じていたが、
それ以外は、轟と比べると新人公演程度の格に見えてしまう。

娘TOPの陽月華は怪我休演で、いろんな娘役が穴を埋めていたが、
正直、どの娘もパッとしないんだよなぁ。宙組は娘役氷河期みたいだ。 
スポンサーリンク

-10 Comments

みっちゃん さんのコメント...
宙組といいますと、和央ようか、花總まり
以降、よくわかりませ~ん。

>宙組は娘役氷河期みたいだ。
 そうらしいです。

>白洲次郎もの
講和条約、日本語で演説させた。
ジーンズはいた。戒名無用。
等のお話しでしょうか。
2008.05.11 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
花總様の穴を花影アリスちゃんごときに求めた私が間違っていたのです・・・
白洲ネタは全くそんな感じっす。エピソードがストーリーに溶け込んで無いので、芝居というよりレビューみたいなもんですよ。
2008.05.11 | #- [edit]
ポテト さんのコメント...
 私は 轟氏が中堅だった頃 よく宝塚見てました(こう書くと年がばれるかも?)何といっても地元だしあの頃はスターも もっともっと沢山いたように思います。やはり 5組にしたのがまずかったのかなあ 一番最近では 麻路さん 白城さん(中山 秀の奥さんですよね)の エリザベート がヒットかなあ 私の中では。。。(と言っても もうこれも10年位 昔ですが)
 でも ほんまさんの評論は 中々的を付いている感じで面白いです 私もお芝居好きなので 宝塚以外でも お芝居のお話 何かあったらまた載せてくださいね!楽しみにしてます!  
2008.05.12 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
やはり若返りのため、変な専科制度で2,3番手を追い出したあたりからガクンと弱くなりましたよ。
ヲバさんでもいいから、円熟してどっしりキャラの立った役者達の舞台を観たいよなぁ。
麻路さきの歌は・・・変な中毒性がありますよね。
2008.05.12 | #- [edit]
NON さんのコメント...
>石田のミーハーが、

過去にキムタクが「似てるっていわれるんだよね」
と言ったとか言わないとか・・・。
そういえば連ドラでレーサーの役やったとき、
役名「次郎」でしたわね。やれやれ。。。

ところで、正子女史も登場したんですか?
2008.05.13 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
キムタクとは・・・
でも、憧れちゃうのも分かりますよ。
ただ、このタイミングでなければ、単なる趣味人として世に出ない人だったかもしれませんね。
白洲正子は娘トップの役だったのですが、代役だったので、見せ場も削られていたのかもしれませんね。
2008.05.14 | #- [edit]
MOZART さんのコメント...
宙組みと言うと、以前、娘役の、萌水せりかのお母さんと知り合いだったので、公演1回と、ファンの集いとかにも参加しました。(今はもう退団してますが・・・) 
あと、宝塚OGの、大原ますみさんが出演した、「この子たちの夏」(広島・長崎の原爆関連の朗読劇)の横浜公演の総合プロデュースを担当したこともあります。
終演後の飲み会を、近所の居酒屋を貸切で開催し、盛り上がりました。
2008.05.16 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
なんだか、すさまじい人脈&ご経歴ですね~
いずれ魅惑の宝塚音楽について、その特徴と根源に関する論文を宜しくお願いいたします。
2008.05.17 | #- [edit]
MOZART さんのコメント...
管理人さん

いえいえ、メッソウも御座いません。
ただの、飲兵衛のおっさんです!
2008.05.17 | #qu4Itwtc [edit]
管理人 さんのコメント...
またまたぁ~
2008.05.18 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。