「若冲と江戸絵画展」に行ってきた - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「若冲と江戸絵画展」に行ってきた

前に紹介した私が崇め奉る伊藤若冲先生のお話。

アート志向の本上まなみ的女子へ向けたアピールだったのですが、
「今日のお夕飯は鶏にしよう」とかいうコメントしか付かず、
ここが単純な食欲ブログであることを再認識した私・・・

今回もスルーされるのが目に見えているが、
国立博物館で企画展をやっているので一応書いておこう。

20060511172337.jpg


今回の展示会は若冲を中心とした江戸絵画の数々を
「好きなデザインのシャツがあるから買っちゃおう!という感覚」で
収集したメリケン人ジョー・プライス氏のコレクション展なの。
さらにこいつは嫁まで日本人をさらいやがった!!

・・・くっそ~!私に金があれば!!
いつか奴の家にCAT’Sカードを突き刺してやるからな!

今回、タイトルロールにしたわりに若冲はそれほど多くなく、
升目で描いた「鳥獣花木図屏風」という異色の作品が目玉かな。
これに関しては真贋様々な意見があるらしいけど、なかなか面白い作品よ。

墨だけで描いた渋い小品すらビシッバシッとキマッていて、さすが若冲。
素人目で一緒に展示されている画家と比べても、格の違いは歴然だ。

また、プライス君が出品物を自慢交じりに解説していくブログを開設したり、
屏風に舞台演出のような照明を当てて展示するコーナーを作ったり、
企画にも面白い試みがあって楽しめたよ。

他に点数は少ないけど長沢芦雪って奴の絵も味があったなぁ。
よく知らないけど・・・たぶん有名な人なんだろう。

国立博物館自体もくまなく回るとたっぷり半日は楽しめるので、
夏の終わりの文化的レジャーとして、足を運ばれてはいかがだろうか?
三の丸尚蔵館の展示の方もまだやっているのでついでにどうぞ。
スポンサーリンク

-10 Comments

bookyo2 さんのコメント...
最近、若冲さんの人気は急上昇中ですよね。
私も「美の巨人たち」で何点か作品を観て「うっ」と言葉を
失うほどの衝撃をうけました。
で、よく考えたらTVでスポットあてられるより早く
こちらで紹介なさってたんですよね~さすがほんまさん♪
暑さでつい出不精になりがちなんですが
これは行く価値あり☆ってカンジ!
2006.08.16 | #F.DVtfv2 [edit]
クッキー さんのコメント...
グルメに映画に宝塚舞台に絵画鑑賞…。
ニートとは世を欺く仮の姿、しかしてその実体は…?と最近思い始めておりやす、無閑マダム・クッキーです。若沖もいらしたんですね、いいな~。私の今年の今のところの一押しは藤田嗣冶展でした。若沖も行きたいですね、頑張ってみませう。

ところで本日は笹・加工直売所にて穴子丼ランチでした。相方は新メニュー・煮穴子丼にしましたがこちらはどうやらレトルトパウチだったらしく軍配は穴子天婦羅に上がりました。
2006.08.16 | #oyD4ODho [edit]
ねこみち さんのコメント...
いいですね 以前横浜高島屋で狩野派といっしょに
展覧会をやっていたのを見ました。
デッサン力もすごいですが、デザインセンスも
ピカ一だと思いましたよ
2006.08.16 | #UXr/yv2Y [edit]
管理人 さんのコメント...
>bookyo2さん
最近、この催しにあわせた特集が多いですもんね~
むろん若冲ブームは私の初恋よりずっと前からですが、
ムラヴィンスキー先生と違い、普通に話をしても、
ああ!と分かってもらえるのでうれしいなぁ。

やっぱ実物の迫力がすごいので是非一度どうぞ。
皇居のほうはタダだし、お散歩にもいいのよ

>クッキーさん
その実体は・・・やっぱニートなんですよ。
我ながら調子こいてますよねぇ。
ついに母親からのマジ説教も始まりました。
貯金もいいかげんヤベーし、誰か雇ってくれぃ!

笹加工所、冷蔵庫になにやら自家製加工品が保管されてますもんね。
そうか、煮穴子はそっちなのか・・・

>ねこみちさん
豊富な顔料、高度な描画技術、
細部まで躍動感溢れるデッサン力や斬新な構図。
これらに裏打ちされた見た目の美も際立ってますが、
なにより絵に気高い精神を感じるんですよね。

本来、美術鑑賞は繊細な感性の持ち主の楽しみなのですが、
天才の作品は私のような鈍感素人にもすごさが伝わってくるのです。
2006.08.17 | #- [edit]
うめチョッ さんのコメント...
朝日新聞のおっちゃんに無料入場券をもらったので。
そうそう、伊藤若冲以外の絵が多くて、
あれ?まだ?と見て回っていて思いました。
意外に若冲以外の絵も良かったです。
屏風に照明を当てるコーナーとかおもしろいと思いました。
それにしても、
疲れませんか?美術鑑賞って、足疲れませんか?
飽きませんか?最後早足になりませんか?
私だけですか?もったいない回り方ですか?

虎を見た事がない当時の日本人が、
中国人が描いた虎の絵を見て描いている絵が一番おもしろかったです。
虎なんだけど、しぐさや体つきが猫っぽい・・・。
2006.08.17 | #1jhbtX.k [edit]
ゆゆ さんのコメント...
まぁ!!こんなに素晴らしいゲイジュツに向かって、
そんなコメントする人は、きっとろくでもない
くいしんぼうですね!!!(・∀・)

おそろしいことに、今日のお夕飯はウメヤのモモ肉・・・。
おいしかったです☆
2006.08.17 | #JZ2AL5Xs [edit]
管理人 さんのコメント...
またまた生真面目なご発言。

美術鑑賞ってお勉強みたいなイメージがありますからね。
全ての作品を見逃さず、理解しなきゃと、
気負って観にいっちゃうと、心も身体も疲れますよね。

私の場合、早足でザーッと見歩いてから、
再度、気に入った絵だけ眺めてパッと帰っちゃいます。

交響曲の好きな楽章だけ抜いて聞くのもありですし、
展覧会でも同様にピンとくる絵だけ見れば良いと思いますよ。

自分が観たいなぁと思うものを観にいくというのが基本。
所詮、娯楽なので、無理をするのもバカらしいですよ。

思うまま、飽きたら帰っちゃっても全然OKかと。
もっとも、ついチケット代の元を・・・と考えてしまう貧乏根性も否定できん。
2006.08.18 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
まったくねぇ~
どこの食欲蛮族ですかねぇ~??
ポートサイドあたりの鳩ポッポのことも心配だわ。
ちなみに我が家でもたまに梅やの鶏が食卓に上りますよ。
2006.08.18 | #- [edit]
尚(N@O)之 さんのコメント...
>>「今日のお夕飯は鶏にしよう」
>>今日のお夕飯はウメヤのモモ肉・・・
ドンナに美しくても、可愛くっても食欲が勝つ!
 そんな事を感じた昔の吉田町商店街を思い出した
田中鳥獣店というペットショップ左隣が鶏肉専門店
「梅や」右隣が鶏肉専門の料理屋名前は忘れた

嫌がらせの様に田中鳥獣店の軒先の鳥篭にニワトリが
 入れられてる所が凄い!


2006.08.18 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
そ~そ~!
あれはかなりのブラックギャグでしたよね。
しかし、ニワトリも売ってましたっけ??
なかなかの反骨精神を感じるなぁ。
2006.08.20 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。