「ミー&マイガール」 踊れ!ランベスウォーク! - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミー&マイガール」 踊れ!ランベスウォーク!

私が大好きなハッピー&チャーミングなミュージカル!

下町生まれの主人公が実は大貴族のご落胤だったことから巻き起こる騒動を描いたコメディーよ。

060603.jpg


今回の主役は井上芳雄と笹本玲奈の東宝秘蔵っ子コンビ。

それぞれ技量を持っている役者だし、
フレッシュな意気込みは伝わってくるんだけど、
欲を言えば、いまいち華に欠ける部分がある。

特に前回はベテランの唐沢寿明が好演していたからなぁ。
コメディを演じること自体の難しさもあるんだろうけど、
若いキャストに合わせて手を加えても良かったんじゃねーのかとも思うよ。

まぁ、そういうことはさておき、音楽や作品の楽しさは十分。

主題歌「ミー&マイガール」をはじめ、
この作品には魅力的なナンバーが多いんだけど、
私が最も愛してやまないのは一幕ラストの「ランベスウォーク」!

公爵になる主人公のお披露目パーティーに下町の連中が押しかけてきて、最後は貴族共々陽気に踊りだすという場面。

小粋で楽しげな楽曲にあわせて、
キャストが客席まで降りてきてパフォーマンスするため、
我々もつい一緒に踊りたくなるようなハピネス感満点のシーンなのよ!

もう、これを観にいってるようなもんなんだけどね!

今回は幕前にロビーで振り付け講座があったり、
カーテンコールでは劇場総立ちで踊ったりする機会もあり、
特にランベスウォーク押しの体制が組まれているみたいだったわ。

どうやらチケット余っているみたいだから、
皆さんも踊りに行ってみてはいかがでしょうか!
スポンサーリンク

-6 Comments

チッカ さんのコメント...
こんにちは,キクヤカフェのときにコメントしたチッカです!!
わたしもミュージカル大好きです!!
といっても,最近はぜんぜん観に行ってないんですけど…
井上さんはエリザベートで見たことがあります,まっすぐな声が好きでした★
ミュージカルって夢があってステキですよね!!

2006.06.04 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...

ミュージカル好き、ウェルカムッ!

そうですよ、すさんだ世の中だからこそ、
芸術は夢や喜びを語らにゃいかんのですよ!

かくいう私も東宝は久しぶりだなぁ。
最近はクンツェ&リーヴァイばっかしで・・・

改装したての帝劇はちょびっとだけきれいになってましたよ。
2006.06.04 | #- [edit]
bookyo2 さんのコメント...
これまで宝塚ネタも密かにこっそりと楽しんでおりましたが、エリザベートの話題が出たので思わずコメントしています。
私もその舞台で井上さんを観ました。ただその時は山口祐一郎さんの放つ強烈なオーラにあっけにとられてしまった覚えが。でも爽やかでまさに貴公子!というカンジが素敵で気になっていたのです。
それに舞台と客席の一体感を感じられる作品って素晴らしい。
やっぱり舞台はいいですね☆
2006.06.05 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...

なんだぁ~、観劇してるんじゃん!
ちなみに私は内野トートのヘタレ歌も忘れられません。

今回の井上君はぶっちゃけミスキャスト。
お坊ちゃんぶりが裏目に出てしまいました。

でも、がんばってた。

そういう純で懸命なとこに、
小池先生もポッとなっちゃったんだろうな~

色の道って怖い怖い。
2006.06.05 | #- [edit]
チッカ さんのコメント...
そういえばミーマイ,天海さんが主役のをビデオで見たことがありました!!
女性なのに,なんでこんなかっこいいんだろうって不思議でした.
帝劇ちょっぴりきれいになったんですね!
内野さんと一路さんの結婚にただただびっくりしています…
2006.06.06 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...

こういうベタな作品はむしろ宝塚の方があってるような気がします。もう一度やらないかなぁ。

東宝は演出もキャストも新味が無くって一長一短。
ただ、村井国夫は毎度エロかっこいいなぁ。

帝劇は一番後ろの端の席でも舞台が良く見える、
貧乏人にも優しい劇場なので大好きです!
2006.06.07 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。