遅ればせながら「ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女」 - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら「ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女」

近頃流行ってる、原作もののファンタジー大作。

4人のいかにもなルックスのイングリッシュ兄妹が、
白い魔女の支配するナルニア国に迷い込んで、すったもんだというお話。

na.jpg


比較的地味だけど、なかなかにチャーミングなとこもある。

衣装箪笥の奥が異世界に繋がってるなんて、
まさに子供の空想に出てきそうな設定じゃんね。

4人兄妹の背景も渋く描かれているし。
個人的には、ゼリー菓子食いたさに兄妹を売り渡す昭和ベタな次男君に激しく共感した!

クライマックスの化け物同士の合戦シーンも面白かったよ。
全般的に飽きることなく観ることが出来てよかった。

ただ、他のファンタジー作品に比べて、
いまいち、すっきりしすぎる感じの印象かな。

なんというか、幻想世界の描かれ方があまりに平凡で、
ナルニアというよりニュージーランドにしか見えねぇから!

ちょっとした遊びや、描写のディティールこそが、
永遠の少年たる私をわくわくドキドキさせるのだろうね。

次作以降、美術系スタッフは気合を入れなおせ!

つーか、ビーバーにライオンねぇ・・・

今どき、串田アキラ@富士サファリパークか、
松島トモ子くらいしかしか、驚かねぇ~のでは!?
スポンサーリンク

-0 Comments

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。