「アンダーワールド エボリューション」とほしのあき - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アンダーワールド エボリューション」とほしのあき

吸血女が特殊メイクやぬいぐるみとぬるい内輪もめをするお話。

続編らしいのだけど、前作観てないとさっぱりわかんねぇ展開。
たとえわかったとしても、一つもほめるところのない駄作映画なんだな。

main.jpg


別に映画には何の興味もなかったんだけど

ほしのあきがヒロインのコスプレで登場!」

という宣伝文句に脊髄反射してしまった私・・・

幼顔&ナイスバディってば、年頃の男子にとっては永遠の憧れだよね!

観劇用の双眼鏡まで用意して、早めに並んで前列をゲットよ!


今回は他の試写会と違い、やけに気合が入っていて、
いきなり、どこぞのアクション研修生達による寸劇からスタート。

映画のワンシーンをイメージして、派手な立ち回りを演じるのだが、
終盤、袖に消えたヒロインが明らかにヨタヨタになって再登場。

・・・ほしのあきだ!

スモークの中からキメポーズで現れた彼女は・・・

生チチどころか、谷間の入り口すら露出してねぇ!


確かによくよくチラシを見直してみると、
ヒロインの衣装自体がピチパツだが露出はない。

シースルーセーラー服ではないのだ!

でも、せめて、せめて、あと5cmジッパーをおろしてくれたって!

力なく顔を伏せた私の心を、
やるせない風が吹き抜けるのだった・・・

私の純情を返せ!



スポンサーリンク

-0 Comments

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。