「ヨコハマメリー」を観てきましたよ - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヨコハマメリー」を観てきましたよ


かつてイセザキ界隈で異彩を放っていた全身真っ白な婆さん。
ハマっこなら知らぬ人はいないであろうメリーさんを題材にした映画。

life.jpg


おそらく今の若人なんかは知らない人の方が多いんだよなぁ。
私も昭和生まれとか言われて、ロートル扱いされる日も近いのかなぁ。

この映画は交流のあった人々へのインタビューを中心に、
メリーさんや彼女が生きた時代の横浜について描いていくという趣向。

残念ながら、主題の絞込みも掘り下げも散漫で未熟なので、
時代どころか、メリーさんの謎の部分すら見えてこない。

彼女がどんな生活をして、
どんなことを思いながら横浜の街に佇んでいたのか。
それは結局のところ、我々が想像するしかないのだろう。

ただ、ほとんどが写真映像ではあるものの、
彼女の居た風景を再び目にすることが出来るのは感慨深い。

断片的ではあるが、周囲の人物が話す彼女のエピソードを聞くと、
失われた過去のピースがはまっていくような不思議な気分になる。

きっと彼女の姿を直に経験した人が、自らの思い出と照らし合わせながら完成させていくような極ローカルな映画なのだろう。

ちなみに作中で実質主役扱いされている永登元次郎氏のシャンソンが実に味わい深かった。

是非、日の出町のお店に聴きに行きたいと思ったら、
メリーさんともどもお亡くなりになっていて実に残念。

スポンサーリンク

-13 Comments

omu さんのコメント...
私、伊勢佐木町でよく彼女を見かけましたよ。

森永ラブ(今ないけど)に行くと、片隅に静かーに座ってたり。

ご存命の時からナゾが多くて伝説の女性でしたよね~・・・

この映画、ちょっと観に行きたいなと思ってます。
2006.04.05 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
監督は私と同世代なんですが、
この映画を撮るには若すぎたかもしれません。

同時に私が知っている「横浜」も、
ほんの小さな部分に過ぎないことを知りました。

昔は混沌とした中にも活気があり、
港町らしい個性が街を彩っていたんでしょうね。

ちろっと写る五大路子の舞台の方を観たくなりました。

ちなみにomuさんに質問!
某S香の春節感謝祭の3等が当ったのですが、
どのコースがお徳でしょうか?商品券?
2006.04.06 | #- [edit]
エイサク(eighsaqu) さんのコメント...
4/15からでは?
試写会ですか?
前売りは先日ニューテアトルで買ってきたんですが。
2006.04.06 | #SFo5/nok [edit]
管理人 さんのコメント...
試写でおば様達に囲まれながら観てきました。

ちなみにラジオ日本のラジアントホールって、
はじめて入ったんですが、かなりしょぼかった。

皆さんへ注意!!

この映画、ニューテアトルと新宿で一ヶ月間しか上映しませんことよ!

私のバークコレクション展やセガール映画最新作のチケットみたいに無駄にしないように(涙)!




2006.04.06 | #- [edit]
チホゾウ さんのコメント...
はじめまして。
私は三歳の頃まで本牧に住んでいて
近所のアパートにメリーさんが暮らしていたそうです。
その頃はチビだったので覚えてないのですが、
昔からお洋服はヒラヒラのレースが大好きだったみたいですね。
2006.04.06 | #HMVMjCEY [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.04.06 | # [edit]
管理人 さんのコメント...
>チホゾウさん

そうだったのですか。

晩年はGMビルの廊下で寝てたのだとか。
ご老体にはきつかったでしょうね・・・

>Oさん

フフフ、昔は推理作家を目指していたのだよ、明智君。

ご返信、長くなりそうなので、
ここではなく、別の何かで。
2006.04.07 | #- [edit]
ハマジイ さんのコメント...
メリーさんはとても上品な人だった。
話し方も話す声もとても穏やかで優しくて、話をするととてもいい気持ちになったものです。最近の乱れた汚い言葉使いと違い、「東京物語」の時代がそのまま感じられる品のあるものでした。それだけにメリーと呼ばれるようになるまでに彼女の人生を狂わせた戦争というもののの悲惨さ、酷さを思わずにいられません。「ヨコハマメリー」を観てメリーさんが亡くなった事を知りました。ご冥福を祈ります。
2006.04.20 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
こんにちは。
コメントありがとうございます。

・・・そうですか。
ハマジイさんは実際にお話されていたんですね。

「戦争でおかしくなった」とあいまいに教えられていたので、
ガキだった私などは遠くから見るのが精一杯でしたが、
メリーさんと直に触れ合った方も多いのでしょう。

各々のエピソードやお手紙の文面など、本当に品の良いお婆様といった感じで、少しだけお人柄が垣間見えました。

ところで、映画は方は大盛況みたいですね。
行列がなんと旧ヤマハの方まで・・・・すごい!
2006.04.20 | #- [edit]
seikoMTD さんのコメント...
ニューテアトルの朝の上映で1,800円払い、ようやく観ました。4分の3くらいの入りでしたが、観終わってイセザキモールに出てみると、次回の11時半過ぎは整理券が出て結構並んでいました。
実は福の神だったメリーさんがハマから消えたことで、彼女を排斥した伊勢佐木町、馬車道、福富町の日本資本が結局は凋落してしまった、などとも感じました。
2006.05.22 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...

観に行かれましたか。
あまりの人気に上映延長が決まったみたいですね。

メリーさんもいずれ、仙台四郎や仙台幸子みたいに、
ローカル福の神になちゃうかも??

2006.05.26 | #- [edit]
kemukemu さんのコメント...
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
ときどき寄ってみてください。
ヨコハマメリーをとりあげました。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
2006.10.07 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
いらっしゃい
パフォーマーと、その周りの風景と、
味のある写真の数々ですね。
2006.10.08 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。