「We Are X」を観てきたよ - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

「We Are X」を観てきたよ

「X JAPAN」の映画を観てきました。

世の中にはいるんですね、よりによって24時から始まるレイトショーを観る人が!それも特にファンでもないバンドのドキュメンタリーを観ちゃうような、おかしな人が!そんでもって、終電無いから、クソ寒い夜中にトボトボ歩いて帰る情けなさ!

でも、漫画を読んだことも無いのに劇場版「X -エックス-」を観に行って、ホントわけわかんなくて、ただエンディングの「Forever Love」だけが良かった世代としては、一般教養としておさらいしておかなきゃ!359542_004.jpg
映画は2014年にマディソン・スクエア・ガーデンで行われたコンサートの準備風景を軸に、そこへ至るまでの平坦ではない軌跡が描かれています。

かつて、言語の壁を打ち破れずに挫折した海外進出。それを再び成し遂げるみたいなことも語っていましたが、映画は海外市場へのプロモーションを背負っているのかな。

特に日本のファンが新しく知るようなネタは描かれてなさそうなので、入門編にはwikでも読んでた方が余程良さそうです。

映画に挟み込まれる当時の報道やらの素材映像はYoshikiが個人で撮りためていたものらしく、懐かしさはありますが、正直、スクリーンに引き伸ばして耐えうるクオリティではありません。せいぜいDVDで観るくらいがちょうど良いのかもしれんよ。

むしろ、ライブ自体を振り返り上演してくれた方が、うれしかった気がするな!
359542_002.jpg
メンバーそれぞれが傷や痛みを背負う様。
周囲に死の香りを漂わせた悲劇のバンドと、その再生というテーマで描かれます。まぁ、一番分かりやすい部分に食いついた感じかな。

欧米のバンドなら、ここに宗教がからんでくるので、しっくり梱包もできるんだろうけど、果たして、このキャラ、この切り口で本当に理解、拡販がなされるのか。本来はもっと多彩な魅力もあるバンドなので、もったいない気もしますね。

また、その路線だと、平日の野毛で飲んでそうなPataさんがまったく馴染んでいかないので、映画でもほとんど出番がありませんよ!Pataさん、大好き!

なお、Heathさんはどこに出ていたのかも思い出せません。
359542_007.jpg
ドキュメント作品としては、勘所に踏み込んでないし、実像に迫ってないし、ネタの面白さや重さに対して、ちょっと薄っぺらい気がします。監督が対象へ強い関心を抱いて撮ったわけではないんだなぁということが分かります。

ただ、Toshiさんが、洗脳カルトに違和感を抱き始めたきっかけや、Yoshikiとの食事で他愛もない昔話をしたことが、自分を取り戻せる大きな契機となったことが、ちょこっと語られていたとこは、なるほどと思いました。

インタビューに関しては、何故か出てくるスタン・リー御大の他、受け答えがやたら達者な海外勢に対し、日本人のつまらなさよ!

唯一、面白かったのは、初対面のYoshikiの放つ殺気に彼の白いシャツへ血が滴たりおちているかのような幻覚を見たんだ!確かに見た!と語るソニーミュージックの担当者な。彼はファンを大切にしたhideさんの逸話を、泣いちゃうから語れないと言うのです。

そこは語れよ!インタビューなんだから!
359542_010.jpg
なんだかんだいってYoshikiさんはスゲーカリスマだなと思った。

LA在住。スポーツカーでさっそうと現れ、去っていく、その姿。
よく分からんけど、心身を削りながら打ち込んでいるような感じ。演奏後に倒れ、舞台を這うお約束!

でも、米国の医者からは言うほど深刻に扱われず、お前の演奏法は無駄が多いんだと説教食らっちゃうとことか!コートの片袖が妙に上がっていてサポーターがバッチリアピールできてるとことか。弱い弱い言われつつ、結構、達者にやってるとことか。

Toshiと昔話をする際のあまりにフツーな林佳樹の表情も新鮮だったけど、繊細で破滅的なXのYoshikiを意識的に演じているわけではなく、場に応じてナチュラルに切り替わってる感じなんだよ。やっぱ、アーティストなり、パフォーマーとしての天性があるんだろうなと感じます。

あと、楽曲やパフォーマンスは最高です!!
復帰後のToshiは歌が良くなっているし、色々落ち着いてバンドの仕上がりの状態はむしろ良くなってるんじゃないかとすら思ったわ。ファンじゃないけど、CDは欲しくちゃったもん。
359542_009.jpg
↑この柄の入場特典缶バッチが欲しかったのに、ハズレたよ!
スポンサーリンク

0 Comments

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。