「ドクター・ストレンジ」を観てきたよ - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドクター・ストレンジ」を観てきたよ

貧乏性の私は映画を観る前に金券屋に寄ることが多いのですが、いざ劇場についてみたら、割引日だったり、そもそも次回がレイトショーだったりで、無駄にしてしまうこともあります。

観たい作品は何も無いんだけど、鑑賞券期限が迫っている中で、どの映画を選ぶべきか。

とりあえず歯医者にはなっておくけど、歌もやりたいなと悩むGReeeeN達をドラマチックに描いた「キセキ-あの日のソビト」なのか。私も同様の軽さで悩みましたが、今回は手堅く選んでみました。

640 (1) 
不注意事故で両手が動かなくなった天才外科医が、救いを求めてカトマンズに詣でたら、あらビックリ、魔術師になっちゃったお話です。欧米の創作者は中央アジアに夢見すぎなんだよな!

マーベル映画の基本として、人生の転落からヒーローとして立ち上がり、スタンリーのカメオ出演を横目に、実力を蓄えつつ、キチガイ相手の初戦をかろうじて制した後、次の戦いに身構えるラストで、何の間違いようもありません。

でも、イマイチでしたね。

640.jpg 
見どころは2つあって、まずはなんといっても、主演のイタチ顔。お風呂の中でした屁のような響きで知られるベネディクト・カンバーバッチ氏の魅力です。大傑作の「SHERLOCK」で、私も大ファンになりましたが、今作では壮年の凛々しさみたいな表情も垣間見えて、新鮮でかっこよかったです。

主人公は有能で勤勉だけど高慢なキャラということで、アイアン社長と丸かぶります。ただ、愛嬌という部分で劣りますし、人物描写が中途半端で、いまいち腰が座りません。役者の存在感でもって、なんとか支えてる感じです。

もう1つのポイントはめくるめく魔法シーンであるわけですが、最大のスペクタクルシーンに浮かぶのが驚きよりも、某インセプションでみたなぁという感慨だもんなぁ。そもそも世界をグルグルさせて、相手の足場が悪くなるだけって、どうなのよって思うの!多次元世界や強大なボスもLSDちっくで、洋楽ジャケばりにダサいしな。特に独創性が求められる作品でもないはずなんだけど、とにかくセンスを感じません。

お話もなぁ、単純な割にうまく整理誘導されてない感じで、順を追って積み重なっていきません。お師さんの呪縛や背景みたいなもんがよく分からんし、自己中のドクターがヒーローとして自覚を得ていく部分もはっきりしないです。一見、トンチをきかせた風なボスとの決着もアホらしくて呆れるし。敵役のレクター博士もそりゃ無念だろうな。

640 (2) 

エンドロールの中間にアベンジャーズ的なからみの予告と、最後に続編の予感を匂わせますが、次の相手がどうでもいいようなサブキャラなので、まったく盛り上がりませんね。

やはり「キセキ-あの日のソビト」を観るべきだったのかも。

そしてGReeeeNと東映に大声で叫びたい。「知るか!!!」と。
スポンサーリンク

-0 Comments

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。