「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を観てきたよ - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を観てきたよ

この冬一番の話題作である「ローグ・ワン」を観てきました。

「スター・ウォーズ」については自他ともに認める熱狂的なファンである私です!ちなみにどのくらいのファンかというと「ザ・ピープルVSジョージ・ルーカス」を熱心に観て「フォースの覚醒」はまんまと観そびれた程度の熱狂です。ハンが先に撃った!

star-wars-anthology-rogue-one-teaser-trailer-logo-640x383.jpg  

物語は、遠い昔、遥か彼方の銀河系で、ド兄達がデススターの設計図を強奪するお話。皆が繋いだ希望がそのままエピソード4へつながっていく構成となっていますが、私のように新シリーズ未見で、旧シリーズはほとんど忘れている人でも全然問題なく楽しめる内容です。

まぁ、なんといってもド兄ですよ!
フォースを奉じる盲目の僧兵という、もはやカッコ良さを隠そうともしないキャラ設定。棒とボウを駆使して、ド兄らしいキレのあるアクションを魅せつつ、ジェダイが出てこない作品の中で、戦力として、メンターとして、時に笑いの面からも貢献しました。ジャン・ウェンとのずっ友ぶりもグッときましたし、この際、邦題は”ドニー・イェンの宇宙盲龍”でよかったよ!

一方で主役カップルはあまり印象を残しませんな。例によって落下防止に何も気を使わない帝国建造物でアスレチックをするくらい。敵役の長官もさっぱり弱い分、例の黒メットのお方の存在感が半端なく、ラストの大きな魅せ場となりました。考えてみれば、フォレスト・ウィテカーとレクター博士のあたりもそんなに必要なかったよな。

本筋で「この情報は多くの仲間の犠牲の上に・・・」みたいに流されるセリフの裏に、実はこんなことがあったんだよという切り口で俯瞰していく分、個へフォーカスは弱まるのかな。あくまで外伝、名もなき人々のお話ということなのでしょう。

star-wars-rogue-one-04.jpg 

”泣ける”とか、”胸熱が半端ない”というような評判もずいぶん聞いていたのですが、私的にはそこまでではなかったです。確かに、ディズニーなのに死人は多いし、散り際の美学みたいな描写でアジアンの琴線に触れる感性も漂わせます。

しかし、往生演出の塩分については、まだまだ西欧マイルドだなと感じました。孫文はギリギリで守れない水準です。ただ、ハリウッドが今後、大きく狙っていくのは中国市場なんだろうなぁという熱視線は感じられました。

その他、見どころはデス・スターの超絶凶悪っぷりと、終盤に陸空宙で繰り広げられる大規模戦闘のスペクタクルで、これらは文句なしです。ファンも喜ぶのではないかと思います。

356251_004.jpg 

「スターウォース」の世界はすごいですね!
これまでに作り上げたキャラクターや音楽や造形はやはり素晴らしいし、帝国や同盟、ジェダイやフォース、様々な異星人、テクノロジーみたいな基礎設定については、すでに世界中の人々が共有する知識になっているため、くどくど説明しなくても、物語へすっと入っていけるもんね。

その世界観や設定の中で、今後、この手の外伝はいくらでも作っていけるでしょうから、ディズニー社が弾くソロバンもバッチバチなんだと思います。作品を手放したルーカスさんも、プレッシャーや呪縛から逃れられて、実はホッとしているのではないでしょうかね。

なお、映画は3D対応ではありますが、個人的には2Dの方がより美術を楽しめたかなという気がします。今回はIMAXでなくチッタの安い3Dで観てしまったからかもしれませんが、ピントが合いづらくてただただ疲れました。

R1-Character-1Sht-Chirrut-v1-Sm-432x640.jpg 


スポンサーリンク

-4 Comments

ガオ さんのコメント...
こんばんは。お久しぶりです。
素敵なド兄さんのお姿に思わずお邪魔してしまいました。
ほんとですよね、もう、いっそのこと
「ドニー・イェンの宇宙盲龍」ということにしたいです。
かっこよさを隠すどころか見せつけまくるド兄さんが
たまらなく愛しかった作品でした(笑)

来年もいい映画、美味しい食べものに出逢えますように。
よいお年を・・
2016.12.28 | #tHX44QXM [edit]
管理人 さんのコメント...
>ガオさん
ハリウッドの中ではジャッキーもジェットも微妙といえば微妙な活躍でしたが、ド兄に関しては市場の変化もあって、もっと上を狙えるんじゃないかという気がします。元々アメリカで育ってますしね。ド兄、がんばれ!!
2017.01.03 | #- [edit]
ゆうこざる さんのコメント...
ほんまさん、こんにちは。
ゆうこざると申します。ローグ・ワン観てきました!
”街の普通のショートケーキが「パティシエ ルーカル」の手にかかるとこーんなに美味しくなりました。素敵ですね。”という感想でした。
しばらく映画畑からは遠ざかっていたのでドニー・イェンを知らず「かっちょえー!!」とそこだけ大興奮です。
それだけにあの方のラストは??です。ラストが決まっているのに。あれを見せ場としているのなら残念ですね。色んな人の死に場面が余計・・な感じがしました。
有名店のケーキだから美味しかったけど・・・。というのが感想です。いや楽しかったんですよ!ほんとに。
ほんまさんのコメント通りですね。

お邪魔しました。今年はもう少し映画館に足を運ぼうと思います。
2017.01.22 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>ゆうこざるさん
その後の物語に残っていないわけだし、みんな死んじゃうラストも必然ですが、散り様こそ最大の魅せ場なので、もうちょいドラマチックに演出してほしかったですね。ただ、同時進行の戦争シーンが見応えあったので、補われていたんじゃなかろうか。
2017.01.29 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。