「君の名は」を観てきたよ - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

「君の名は」を観てきたよ

2016年は邦画、特にアニメの当たり年のようで、ヒット作が多く排出されていますよね。

特にこの作品はお茶の間にも派手に露出しつつ、めっちゃくちゃ売れているようなので、ラブストーリーや青春の甘酸っぱい話が苦手な私もすげー気になっておりました。

355058_004.jpg 

「これってもしかして、俺たち(私たち)入れ替わってるー!?」

ということで、田舎に住む女子高生と都会の男子高校生の意識が入れ替わって、うんぬんうんぬんというお話です。

印象に残ったのは美麗な作画。キャラ絵も良いですが、特に力が入ってるのは丹念に描かれた背景だよね。二人の部屋、建物、大都会や湖畔の町のみずみずしい風景、雲海や流星のスペクタクル。まさに劇場大作を観たなぁという豪勢な仕上がりでした。

大ヒット作の弊害として、ネタバレを読まないように気をつけていたのに、いつの間にかストーリーを知ってしまうんだよ!そんなわけで、オチを薄々分かって観ましたが、ツッコミどころもあるよね。

あえて曖昧にもしてるんだろうけど、自分の意識を持ったまま入れ替わって、先方での記憶は蓄積するけど、こちらに戻る際は、おぼろげな記憶以外はほぼ持ち帰れないって状況でしょ。だから相手が誰か分からない。君の名はってお話。

でも、叙述トリックじゃないんだから、ニュース見て、授業受けて、友人等と話して、スマホ触って、さすがに気づく年数じゃん!また、入れ替わり中に本当の自分に向かってコンタクトもできるわけでしょ。

また、運命といわれればそれまでだけど、相手への想いはどこで育まれていたのか?入れ替わりを通して、互いを知り、惹かれる過程がもっと描かれても良かったような気がするし、一方で事後はもっとコンパクトにまとめられたんじゃなかろうか。

瀧くんは山に登ってばっかだし、動かす町民は多すぎるし、最後なんで説得できたのかも良く分からない。

もちろん、私もまっさきに揉むし、毎回揉むし、使い道なくても組紐買いそうだし、口噛み酒には萬金を払っても惜しくはなく、面白くは観ました。ただ、美術以外で社会現象になるような輝きがあったかというと、そこまでは響かなかったかなぁ。
355058_011.jpg
しかし、夏休みのデートムービーという、ファミリー向けでもオタク向けでもないアニメ映画の新たな市場を開いた感はあります。この成功を受けて、従来のアニメ視聴層よりももっと裾野を広げてターゲットした作品が増えていくのでしょう。

思えば、数年後に誰も覚えてないけど、コンスタントに制作されて、それなりに売り上げてしまう系の邦画がありますよね。三池や堤でやっつけるテレビ漫画発の作品だったり、福士蒼汰キュンと旬の若手女優が起用されて、イチャイチャしつつ、難病や奇跡で安易に泣かせにかかるようなベタなやつ。女子に誘われなきゃ絶対観に行かないようなヤツ!そういう市場は食っていけるから!

もはや今の若い世代はアニメに対する侮りや抵抗が無いし、役者なり予算なりの関係でどうしても情けなくなってしまう実写よりむしろ浮世の柵から外れた二次元のイマジネーションでもって、丸っこく体裁よく表現するのは全然アリでしょう。その際、万人向けに、変なクセは出さないほうが良いのかも。

あと、某鈴木Pの商才のせいで、劇場アニメの主演にはネームバリューのある俳優を使うパティーンも定着しちゃってるよね。それはそれで新鮮な味になって、うまくいったりしてるので、ちょい複雑でもあります。

今作の神木くんや上白石萌音ちゃんが達者ってこともあるんだろうけどね。エロい先輩役の長澤まさみすら違和感なかったわ。
355058_001.jpg
スポンサーリンク

5 Comments

アリーマ さんのコメント...
ワタシが行ったときには、両脇とも制服のカップルで、ポップコーンなんかを挟んで青春してました。
もう周囲一面が十代リア充の海!
ポツポツいるオッサンオバハンたちが、もう悲惨なほど浮いておりましたよな。

大学生なんかは、ワタシがヒアリングした限りじゃ二人に一人は見ている感じ。
最近ではアナ雪並み。
しかも見てるのはどっちかというと男子!
女子の支持が圧倒的だったアナ雪とはちょっと違う感触かも。

「見てきたぜ」というと、目を潤ませてこちらの顔を覗き込むように「・・・どうだった・・・?」とかおずおず聞くもんで、さすがのワタシも「奥歯にしみる甘酸っぱさだったぜ」などとは言えぬ感じで・・・。

古代進と森雪の恋に胸をときめかせた、あのころのワタシが見たらじんわりきたのかもー?
そういえば、十代~二十代初めくらいのコたちがどっぷり浸れるタイプの映画って、最近はありそうで意外となかったのかもしれないですね。

そんな若人らに、ワタシは「どうでもいいからシンゴジラを観ろー!」とむなしく叫んでは無視されておりましたとさ。
2016.12.05 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.12.06 | # [edit]
管理人 さんのコメント...
>アリーマさん
感動なり恋愛なりにいまいちノレなかったのは、すでに心がひび割れているからなのでしょうか・・・ シンゴジラの方がずっと傑作だよね!

>秘密さん
サンキュウ。
なんか、誤字ばっかだな。
フォーゼから観てるのに!
2016.12.07 | #- [edit]
KIZOOS さんのコメント...
 本文とコメントをお読みして、この映画がデートムービー
と位置付けられていることに若干驚きました。

 どちらかといえば、私も含めた(苦笑)独り身の男性が
都合良く青春を懐かしむ作品かなと感じましたので。
 確かに、あのヒットはカップルも参加しないと無理かも。

 (以下、映画の内容に触れています。)




 王道の話と絵と歌と音楽で、日常から強力に引き離して
くれる感覚が心地よかったです。
 「自分から努力はしたくないけど、僕にもドラマが
起きないかな」という甘い願望を見透かされたかのような。

 劇中の歌にも、「非日常を悲劇でもいいから望んだら、
ドアの外に君が全部抱えて立ってたよ」といった詞が
ありますし。

 主人公の少年も、発端の入れ替わりはもとより、先輩との
デートすら自分ではセッティングしていませんからね。
 そこから先ならば、多分俺でもやれると思う(笑)。
2016.12.14 | #qk.bgvSQ [edit]
管理人 さんのコメント...
>KIZOOSさん
ものすごいヒットになっているようですが、序盤から中盤にかけて、どんな層が盛り上げていったのかというと、秒速うんちゃらから新海作品を評価するアニメや映画のファンではではなく、もうっとライトで若い層だったのかなと思います。奴らが通常どんなシュチュエーションに映画を観るかというと、友人なり、異性なりとのレジャーなのかなと想像しつつ書きました。

実際、観てみると幅広い層でそれぞれ楽しみ方があるという作品だったのでしょうね。

物語に関しては、ほんと大して頑張ってはいないのですが、日常に退屈しながらも、受け身であった二人が、willを持って一歩踏み出せたことと、事件を通して、それぞれ未来へのビジョンが開けたことで、まぁ、いいのかなとは思います。
2016.12.15 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。