「この世界の片隅に」を観てきたよ - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この世界の片隅に」を観てきたよ

2016年は邦画、特にアニメの当たり年のようで、ヒット作が多く排出されていますよね。

特にこの作品は派手に露出しませんが、絶賛評が多く聞こえてくるので、泣きものや、かわいそうな話に弱い私もすげー気になっておりました。
348641_001.jpg
主人公のすずさんは空想と絵を描くことが大好きな女の子。
呉にある海軍官吏の田舎家に若くして嫁に貰われてくるわけです。

第二次大戦の広島を舞台にした作品なので、展開は自ずと知れています。しかし、いわゆる戦争映画の切り口と違って、非日常や悲劇性を強く演出してきません。もちろん題材はどれも重たいのですが、ぼーっとしてちょっと抜けたとこのある女子の視点を通して、当時の生活をほのぼの描く、いわば戦時日常癒やし系。まんがタイムきららなのであります。

題名にも片隅って書いてありますが、戦争という大きなドラマ、スペクタクル、戦う男達ではなく、あまり脚光の当たらなかった市井の風景や風俗を丹念に調べて、描いており、とても味わい深いものになっていますね。広島ではなく、呉。それも街の北端という距離感が一つの肝かなとも思います。

確かに戦時においても、国内には無数の日常、毎日の生活があったわけです。そこには辛いこと厳しいことだけでなく、ささやかな幸せや笑いもあったのでしょう。

それでもやはり終盤はほのぼのタッチの器から溢れ出てしまうような出来事が続けざまに起こります。しかし、悲劇の波に飲み込まれず、明日に向かうラストであり、そういう人々の力で、今日の我々があるのだなと感じます。

現代人から見るとかなりヘビーな人生を送る当時の女性たちへのリスペクトもハンパねぇっすな。348641_006.jpg
まぁ、すずさんが愛らしいこと!

のんさんの声もバッチリハマっておりますが、絵柄や仕草など、キャラの全てが相まっての魅力だと思います。

終盤になると周囲のおっさん達がグズグズ鼻をすすりだし、エンドロールまでもが泣ける仕上がり。

ただ、ガツンと衝撃に打たれるようなストレートパンチではなく、観終わった後にじわじわ効いてくるようなボディブロウのような作品でした。

監督が貯金を切り崩しながら、6年かけてこつこつ制作した。ファンがクラウドファウンディングが支えた。業界から干されている愛され女優が主演。ろくに宣伝も打てないカツカツ予算の小規模上演から、口コミでじわじわ支持が広がってきた等々。

つい肩入れしたくなる要素も満載なのですが、それらを差し引いても、素晴らしい作品であることは間違いありません。

上演館も限られているので、鑑賞はお早めに!

DSCF4227.jpg 
スポンサーリンク

-2 Comments

老人ケイ さんのコメント...
とってもいい映画のようですね。機会があれば見たいな
ところで、「片隅で」ではなく「に」では?
よしだたくろうさんの楽曲に、似たようなものがあったけど…
などと、偉そうにいって御免!
と、これは陽水ですね…
2016.12.04 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>老人ケイさん
「に」だ!ご指摘ありがとう!
2016.12.04 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。