「シン・ゴジラ」はスゴかった!! - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シン・ゴジラ」はスゴかった!!

楽しみにしていた「シン・ゴジラ」がついに公開されました!

観てビックリ!予想を遥かに上回る出来の良さです!

好きな人は二度三度と観たくなるでしょうから、
とにかく早めに劇場へ駆けつけてください!!

354182_001.jpg

公開に先立ち、Huluで過去作の配信をしていたので、懐かしく観返していましたが、まぁ安っぽい。ゴジラ映画は28作も続いた人気シリーズですが、後世に気恥ずかしさしか残さない安直な作品も多かったですね。

でも、第1作目の「ゴジラ」は、60年以上前に撮られた白黒作品ながら、今観ても何ら不足も感じないほどの観応えがあり、レジェンドとして、決して名前だけでない傑作だなと感じました。逆に、60年の間、日本映画はいかほどの進化を遂げたのかという切なさも漂います。

「シン・ゴジラ」は、てっきりこの初代の焼き直しで、オマージュバリバリの内容になるのだろうなと予想しておりましたが、いやぁ、見事に外れちゃいました。

354182_002.jpg

男子胸熱なメーサー戦車や秘密兵器も出てきません。

謎の巨大生物が突如首都を襲ったらどうなるのよという空想の根幹部分に沿って、ゴジラの存在以外は極力リアルに描かれており、ゴジラ対日本政府という、いわば災害対策ムービーといった内容になっています。

354182_003.jpg

VSものが定番となって、ゴジラは必ずしも敵役ではなくなりました。
時に少女と心が通ったり、人類に教訓を授けたりする神のような存在に描かれています。

初代には破壊に伴う人死の描写も多くありましたが、近代の作品では避難する人々も半笑いで、壊される街や兵器に人間の気配はありません。破壊はあくまでセットの中の出来事で、おらが街のランドマーク破壊への喝采もお約束となりましたね。

しかし、今回のゴジラはマヂ怖ぇから!ちびるから!

東京や神奈川を舞台に、まさに生きる災害、災厄といった無慈悲な蹂躙を繰り広げます。観客が感情移入できるような対象ではありませんし、とにかくゴジラが無敵すぎて、人類はもうどうやっても勝てないんじゃないかという絶望感をビシバシ感じますよ。

全般的に3.11の影響を色濃く感じます。
ゴジラの恐ろしさが、我々が実際に経験した恐ろしさとリンクしています。

354182_008.jpg

それでもくじけない面々が心強い!

映画は半ば会議室やプロジェクトルームの中で展開します。

実態の掴めない巨大生物、どんどん拡大する被害、数百万人にも及ぶ避難、憲法や核の問題、法や手続き、外交関係にてんやわんやという状況下で、政治家と官僚と軍人、それぞれが前向きに頑張るという部分がファンタジーであり希望だなと感じます。 

出演者も山ほどで、エンドロールで流れて、初めて、こんな人も出てたんだって気付くくらい。再度、観なおして確認していくのも楽しそうです。

354182_009.jpg

群像劇として描いているので、個々のドラマはあまり掘り下げられません。これに関してはもうちょいあってもいいかなと思います。主役の長谷川と竹野内の役割対比がいまいち弱いですし、現場の想いみたいなもんをもっと拾っても高まるような気がしますよ。

また、この大人数の中で、印象を残せる役者はやっぱり大したもんで、対策室の面々は個性があって良かったですが、特に市川実日子。官僚では防衛大臣役の余貴美子がかっこ良かったです。

354182_007.jpg

また、役所用語や学術用語など早口でワーワーやることで、錯綜する緊迫感みたいなもんを演出しているのでしょうが、観客に理解させる気がないにしても、役者の滑舌が悪くて聞き取れないとこが多いのは、ややストレスです。声優に吹き替えてもらいたいくらい。

イマイチの筆頭としては石原さとみタンの役で、やはりセリフ回しに難があるのにルー大柴的な英語交じりの会話をするもんだから、ちょっと陳腐な印象です。

このキャラが出てくると、ただもう、プルプルの唇を見つめるしかなくなってしまうのは、私がエロ親父だからではありませんよ!仕方ないのです!
なお、ちょっと谷間も拝めます。

354182_004.jpg

そして、こんなに自衛隊がかっこよく描かれた作品があったでしょうか!
陸海空総力を上げての迎撃戦が、すばらしいです。

ミリ属性の方も十二分に喜んでいただけるでしょうし、鉄属性の方はクライマックスに滂沱の涙が、重機属性の方は拳を痛いほど握ることと思われます。

ラストのヤシオリ作戦もミラクル頼みでなく、人々の知恵と力でゴジラに打ち勝つという、穴のないしっかりとした脚本になっているのがよろしいです。終盤、出演者がただ棒立ちになって眺めているだけといったいつもの情けない光景ではありません。

特撮や映像に関しても、これまでのゴジラ映画、日本映画のクオリティとは比べ物になりません。このままハリウッドに出してもなんも恥ずかしくなく仕上がっていて、ビックリいたしました。

我々世代の青春は庵野やシンジ君には裏切られることばかりでありましたが、今回ばかりはバッチリガッチリ結果を残してくれて、本当に心から有難うを言いたいです!

続編も示唆されますが、もう苦しんでエヴァを作らんでもいいから「シン・ゴジラ2」にめちゃくちゃ期待してしまいますよ!

この夏は「シン・ゴジラ」で決まりです!
スポンサーリンク

-8 Comments

ミサイル超獣 さんのコメント...
ほんまさんが書いてくれなかったら見に行ってなかったです。
怪獣好きなのに。

今回ウソのつき方変えたのが大きいですね。
官邸芝居で説得性を持たせたから後の特撮に没入できる。
もし民間の専門家が主役だったら「CGゴジラしょぼ」とか言われてたんだろうなぁ、と。

特撮好き層以外にもちゃんと熱量が伝わりそうな画は素晴らしい。
だけど利権まみれの横槍をほぼシャットして庵野樋口を萎えさせなかった東宝もエライと思います。

石原さとみの扱いは…多分僅かな横槍に対する意趣返しなんじゃないかと(笑)

これを気に邦画の作り方がもっと自由になってくれるといいなぁ。
2016.08.03 | #gpPih1yM [edit]
管理人 さんのコメント...
>ミサイル超獣さん
巨人がアレだったようなので、諸々あっても広い心で受け止める覚悟で出かけたのですが、こんな見事に仕上がっているとは思わなんだよ。

ホント、主人公がインディジョーンンズを意識した別所哲也じゃなくてよかった!東宝シンデレラが棒読みしなくてよかった!

一つの大ウソを際だたせるため、その他の部分にきっちりリアリズムを持たせる手法が成功していると思います。映画の世界と我々の現実が地続きになったからこそ、あのゴジラの存在感が迫ってくるんだろうなぁ。

邦画なんて、ハリウッドの数段落ちというイメージしか無いわけですが、いや、作りようによっては拮抗できるんじゃんという部分にも驚きましたし、今後、安易なテレビ映画だけでなく、好きが詰まった娯楽作が増えてくれると本当に嬉しいですね。
2016.08.04 | #- [edit]
kanata さんのコメント...
 自衛隊機はさりげなく、すべての攻撃を全弾命中させているんですよね。すごすぎる。

 ……そのうえで、それがまったくカケラも通じておらず、わずかなりとダメージ与えたのは米軍による超絶大雑把な飽和攻撃だけというあたり、とても切ない。
 切ないけれど、これまた悲しいリアリティというか。そして結局、米軍もゴジラは倒せてないという。
2016.08.04 | #KqigePfw [edit]
管理人 さんのコメント...
>kanataさん
全弾命中かよwって思いましたよね!

持ちうる最大限の火力を集中しても倒せないんだから、もはや核しか残って無いだろって流れに説得力がありました。

そんな中で核だけは絶対勘弁と、皆が奔走するわけですが、すでに行われた街の破壊や汚染を考えると、核とさして変わらん気もしますし、国際社会も含め、かの兵器をタブーとすることで成り立っている均衡も決して強固ではないんだなと感じました。
2016.08.04 | #- [edit]
ゆうこざる さんのコメント...
観に行ってきました!大きくも細かくも語りたくなりますね!!
大興奮ですね。本当にもう一度観たくなりますよ。
画面毎に地域を細かく示してくれたのもより入り込めた一因かもなーって思います。
泉谷しげるっていたんだ・・・。とか
F2だと三沢からすぐ来れるんだ・・・。とか
手品的武器がないから電車なんだー、注入するのは土建屋御用達のポンプ車かーとか当たり前だけどほほーって思いました。ああ、色々話したい!
最後に2つだけ。竹野内豊→堤真一のがよかったかも。
後半スーツはもっとよれてないと!

>浜なし 今年はとてもおいしかったですね。いかがでした?
>蒲田3大とんかつは多分リサーチ済みでしょうが食べログでのトップ3です。

長文&カテ違い大変失礼しました。
2016.08.25 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>ゆうこざるさん
ネタバレになってもつまらんので、感想で細かく書けないんだよおお!
でも、ゴジラ映画としても、日本映画としても傑作と言っていい作品でしたね!
竹野内の役は青っぽい理想主義と手練た現実主義の対比みたいな部分で、もうちょっと綺麗じゃないオッサンでも良かったかなという気がします。スーツやシャツは多分ヨレない新素材が開発されているのでしょう!防災服なんかは重強いのでそうそうヘタらなさそうですが。

>浜なし美味しかったです。台風が心配ですが、もう一回買いに行ってきます。
>とんかつはチェックしました!
2016.08.26 | #- [edit]
アリーマ さんのコメント...
在来線のアレに思わず快哉を叫んでしまいました。
ううむ、別に全色揃えなくても…とは思ったが、こういう洒落は好きです♪

半端なアイドル映画か、ややこしい芸術系ばっかりとなった邦画に久々希望が持てました。
素晴らしい!
2016.09.21 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>アリーマさん
無人在来線爆弾はサイコーでしたよね!
作戦の中に観客の意表を突く形で見せ場を織り交ぜてくるところが面白く、クライマックスを大いに盛り上げました。
ゴジラが初めて姿を見せるシーンでの、スカシとかも上手かったよなぁ。
2016.09.26 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。