「横浜学 ~横浜と写真~」の感想 - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜学 ~横浜と写真~」の感想

関東学院大学と横浜ウォーカーのコラボ講座「横浜学」。

第14回目のテーマは写真です。

実際の写真を見ながらのお話が多かったので、
文章でどこまでレポれるか、分かんねぇっす。

DSCN7996.jpg

1人目の講師は開港資料館の元研究員の方。
開港直後の横浜と写真の関わり、下岡蓮杖についてのお話です。

古いのは1859年、英国総領事とともにやってきたスイス人のP・J・ロシエ。
世界中の未知の風景を撮影する
アドべンチャー・フォトグラファーと言われる類の人だったみたい。

江戸や横浜の各地を撮影して
”Views in Japan ”というステレオ写真のシリーズを残します。

1861年にはプロイセン使節団とともにやってきたアメリカ人のJ・ウィルソン。
アメリカ人商人ショイヤーの商館の中にスタジオを構えます。
これが下岡蓮杖にカメラを譲った”ウンシン”さんでありました。

写真館については1860年、アメリカ人のO・E・フリーマンが、
横浜で開業し、肖像写真の撮影に応じたのが日本初。

しかし、翌年には鵜川玉川に売却してしまい、
鵜川が1861年に両国に開いた「影真堂」が日本人初の写真館と言えます。

商業写真の祖とされる下岡蓮杖は
ショイヤーの元で働いていたのですが、
1862年にウィルソンのスタジオを受け継ぎ独立。

底をついた薬剤などを自作で再現したりしながら、
野毛や弁天町にお店を開いて成功します。

蓮杖は元々下田の下役人で、絵師を志していたようなのですが、
横浜に出てくる以前から写真に興味を持って研究していたようです。

蓮型の杖をついて、各地を撮り歩いていたのが、号の由来で、
弟子を残さなかった玉川と違い、さまざまな後進に影響を与えました。

多くの作品を残しますが、
遊び心あふれる風俗写真が真骨頂だったようです。

DSCN7998.jpg

2人目は神奈川新聞のカメラマンの方。
報道写真で振り返る横浜の港という内容です。

やはり古い写真については空襲などで焼けてしまっており、
戦後も廃棄されたりで、残っているのは昭和25年以降になるみたい。

東京湾のミズーリ艦上で行われたポツダム宣言調印の瞬間。

占領軍の荷降ろし、ベトナム戦争、
港に降り立つ東京オリンピックの選手
エリザベス女王の戴冠式に向かう皇太子夫妻、
南米への移民船、氷川丸で向かった宝塚の海外公演などなど。


3人目は写真家の森日出夫さん。
まぁカッコイイよね、いかにも港とバイクが似合いそうで、憧れるよね!

やはり作品を見ながらのお話だったので、まとめづらいな。

元々、空撮を中心に活躍されていたみたいで、
米軍のゴルフ場だった頃の根岸とか、
野音のあった頃の横浜公園、開発されるMMの様子とか。

空から見て気になった場所に、後日足を運んでみるんだそうです。

雪景色の港湾倉庫街、日ノ出町の裏町、海岸団地、メリーさんなど。

DSCN8000.jpg

写真の歴史は常に技術の進歩とともにあり、
日本に入ってきた最初期は露光の関係で撮影に30分もかかって、
絵画の表現性にもかなわなかったみたい。

それが明治の頃には数秒になっており、
こわばった状態ではなく、自然な姿で映るよう、
動きのある写真も取れるようになりました。

機材や印刷の技術はさらに進歩して、
日露戦争の頃には新聞報道とも結びつくようになります。

初期の外国人カメラマンは裏町の風俗を珍しがって撮影していたので、
表町の風景も撮られるようになったのは日本人写真家が出てきて以降。

写真が特別な商売になっていた明治の頃は
お土産品にもなって、色彩豊かな作品が撮られている。

大正や昭和の初期になって以降は、
世相の関係なのかガクンと色彩を失っていくそうです。
また後者に至っては、ほとんど資料が残っていない状態。

カメラの普及によって、市井の撮影者が増えていきましたが、
貴重な資料も自宅に埋もれたまま失われてしまうことがほとんどです。

横浜港は綺麗になって、それはそれで素晴らしいけど、
かつて港の景気が良かった頃に比べると、
人いきれのようなものを感じなくなった。

カメラに関しても日々進歩して、誰でも綺麗な写真が撮れるようになったが、
その時、被写体の中の何を撮るかが重要。作品にはストーリーが必要。

そんな感じのお話でした。

次回はビールだって!!
スポンサーリンク

-2 Comments

さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.10.12 | # [edit]
管理人 さんのコメント...
>秘密さん
助かりました。
”原”がどっから混じったのか、
自分でもわかりません。
2015.10.12 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。