そして誰もいなくなった・・・ 【10周年⑦】 - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

そして誰もいなくなった・・・ 【10周年⑦】

記事はテーマを絞って書くのがセオリーと聞きます。

確かに情報を検索する側にとってみれば、
飲食店レポ、それも特定の狭いエリアに特化した方が使いやすいでしょう。

しかし、私の場合は、
いい歳こいて、日常の徒然を聞いてくれる連れ合いもおらず・・・

食を釣餌にして、イベントやエンタメの感想等、
ちょっと聞いてよ的なネタを雑多に詰め込んで、
皆さんに読んでもらいました。

今、思えば、逆にこれが良かったのかもね。

長期で訪れてくれるような方は特にですが、
ここに純粋な情報だけを求めているわけではないみたい。

きっと、記事の裏に浮かぶ書き手の姿もひっくるめて、
ブログの魅力となっているのでしょう。

もちろん基本的には匿名だし、赤の他人でもあるわけですが、
同じ話をするにしても、体温を感じられる言には重みが出ますもんね。

雑話の中では、特に日常や家族のアホ話が好評だったようで、
今でもたまに要望を受けることがあります。

でも、ローカルな話題を好き放題に書いている関係もあって、
あまりネタにし過ぎると実生活に影響が出ちゃうのが困りものです。

さもしい身の上を哀れんでか、、
自宅に贈り物まで届くようになっちゃったので、
さすがに恐縮して、ある程度の距離感を保てるよう自戒しました。


ブロガーにモチベーションの源泉を尋ねると、
多くの人は反響の嬉しさを挙げるのではないでしょうか?

前回も書きましたが、
これだ!という評価軸が存在しないため、、
直接寄せられる細かなフィードバックを燃料にしながら、
頑張って更新を続けるのです。

ブロガーを喜ばすのは、とても簡単なことです。

日に何百と声が届く芸能人は別かもしれませんが、
うかつに声掛けしづらいような高名ブロガーですら、
皆さんからの声をとても楽しみにしていると思います。

当初の感動がとうに擦り切れた私でさえ、
コメント欄に届く1通にすごく元気づけられていますよ。

実生活ではまず接点のない様々な方と交流もありました。
その中で喜んだり、へぇと感心したり、エッヘンと思ったり。

私が知り得ない多くの情報もいただき、
サイトにとって欠くことのできない財産にもなっています。

普段、喧嘩上等で、キツイことも書いてる割に、
クレーム案件が殆どなかったことも助かりました。

まぁ、炎上する知名度に育てられたわけでもなく、
歯牙にも欠けられなかったというのが実情かもしれませんが。

でも、コミニティの管理や盛り上げは難しいですよね。
自分でもこの能力は乏しいなぁと思っています。

受信が多くなるほど、対応には時間を食いますし、
これがマナーやルールのようになってしまうと、もう息苦しい。

また、一言二言の書き込みだけでは、
相手を想像することが難しく、型通りの返答か、
聞かれてもない自分語りで隙間を埋めるやっつけもしばしです。

実際問題、よほど特徴的なHMでもなければ覚えていられないし!

「お久しぶりです」とか言われる度に、
こっそりコメント検索かけちゃう!この機能があって本当に助かったよ!

自分宛てのコメントをただ読むだけなら、最高なんですけどね。

うれしいし、大事にしたい反面、
対応は当初よりも腰引け気味に落ち着いた感じです。


食ブロガーとの交流も良い刺激になりましたね。

ブロガー同士の”慣れ合い”は外から見るとロクでもないものですが、
そういうものが生まれる必然性があるのだと思います。

我々の記事は広く一般に向けて書かれるものですが、
決まったURLに居を構える相手というのは、
カウンターの数字や、きまぐれ出現のコメンテーターよりも、
読み手として、確かな輪郭を感じられたのでしょう。

趣味志向や生活環境を共有している場合は、
情報ソースとしても貴重な存在ですし、
記事を通じて、相手方の多くの情報を得ているため、
より身近に感じて、距離を縮めやすいのだと思います。

不特定多数に向けた発信が、
次第に特定の仲間に向けたものに変わっていく過程ですが、
やはり、これも反響が嬉しいということに起因するのだと思います。

私はオフ不参加のルールを続けていますが、
途中、幾度も挫けかけたほど、宴会なんかも楽しそうでしたね。

同好の士として、発信者として、集団で動くことができれば、
さらに色々面白くなりそうだなぁという手応えもありましたが、
まぁ、それも昔の話になりました。

しかし、リアルな交友に発展した後って
その関係は維持されるものなのかしら?
年齢や職業などの多様性を乗り越えていけてるのかは、
皆のオフレポがあんまり長続きしないので謎に終わっています。


今回は外部との交流について書いてみましたが、

開設当初から繁くコメントしてくれたあの人もこの人も、
ほんの、ほんの一握りを残して、みんな去って行きました。

この寂しさたるや!

また、共に切磋琢磨していた横浜食ブロガーもほとんどが消えました。
更新が止まった後に、彼らはいったいどこに行ってしまったのか。

この寂しさたるや!

近年は老日本兵のような虚無感に苛まれつつ運営をしておりますよ。
遥か南海に向かって一人敬礼したい気持ちで。

これって、うちだけなのか?
他のブログでも起こっていることなのか?
とにかく、関係が単純に累積していかないという哀しみです。

まぁ、読む方も書く方もそれなりに時間を食いますし、
生活環境の変化に耐えられない場合も多いでしょう。

自身が閲覧サイトを最後まで看取っているかというとそんなこともなく、
平気で切るし、それ以前にコメントすらしていない場合がほとんどです。

それでも、どの記事が気に触ったのだろうとか、
この運営方針で良かったのかとか、考えてしまうこともしばし。

んでもって、悪いところがあまりに多すぎて、
特定できないというオチになります。

実生活で出会った人と関係が続いているかというと、
こちらも不義理しまくりでヤバイのですが、深刻には気にならないし、
それはどっちも努力しなかった相互作用の結果です。

考えてみれば、発信というは暗闇に向かっての一方通行が続くから、
無情感や虚しさみたいなのものを、より感じてしまうのかもしれませんね。

乞コメントということで、宜しく!
スポンサーリンク

13 Comments

Guzuppe さんのコメント...
こんにちは。
横浜のメシ情報では、いつもお世話になってます。
10年継続、すばらしいと思います。
私個人の感覚ですが、Blogの読者は一定量いつつも、コメントのようなコミュニケーションが、LineやTwitterなどのSNSツールに流れている気がしています。
私自身はBlogは情報が記録される場、SNSは情報が流れていく場と使い分けています。(検索にヒットするのはBlogの方が多いし)
とはいえ、最近は殆どSNSに情報を流してそのままにしちゃってます。本当はちゃんとBlogに残さんとならんなと反省しています。
今後もBlogやTwitterで情報発信いただけると嬉しいです。
2015.09.13 | #tPfp3ou2 [edit]
つちころり さんのコメント...
食べログやらrettyやらあるけど。
結局、古い物には古い物の良さというか。
流れはまた戻るので、ほんまさんにまた流れるかと。

その時、ほんまさんの胃袋に、空きがあるかどうか笑
2015.09.13 | #- [edit]
伊藤 さんのコメント...
ネットからリアルの交流に発展した場合、
どこまで自分のことを話していいのか、
どこまで相手のことを聞いていいのか、
迷いそうですね。
相手の素性がわからない場合には多少不安になるでしょうし
(どこかの記者が潜入取材してくるかもしれませんしw)、
オフ不参加ルールは恰幅さんには有効そうに思えました。
2015.09.13 | #LkZag.iM [edit]
アリーマ さんのコメント...
ブログ系の人間関係かあ…。

確かにごく一時的なお付き合いとなった人々もいましたが、今でも年に何度かお食事するような親しい知己も得ました。

いろいろな人と出会うことは、長く続くにせよそうでないにせよ、自分の養分になるものだと思いますから、良い経験をしたと思っています。
なにより当時、普段交流できないような人たちとガッツリ食い倒れたり飲んだくれたりした時間はかけがえのないものです。あれは楽しかったよ♪

当時いろいろあって行き場を失っていたエネルギーを、ブログ発信というスタイルが受け止めてくれたのだなあ、とも思っています。

また、単独で書き綴るだけならば、もっと早い時期にやめていたと思うんだけれど、仲間ができたことで意外に長く続いたのもまた真実。

いいんじゃないの、数年で卒業しても。
大学卒業して社会に出るようなものかも、と最近思います。あるいは、大学院出て学究への道を歩んでもいいし。
生き残って継続する人たちと、アカデミズムの世界できちんと自分の世界を構築できる人たちとは、良い意味で結構共通項があるような気が最近しています。

ともあれ、こうした形で総括してもらえると、自分の中でもいろいろ形にできなかった気持ちが整理できるのでありがたいです。
ありがとう。

つーことで、Dr.ホンマの今後のご健闘をお祈り申し上げます♪
2015.09.13 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.09.14 | # [edit]
うさこ さんのコメント...
こんにちは。端的にいうと「飽きる」とかになっちゃうのかもしれませんが、なんていうか何か書き続けるって"あふれでるリビドー!"wみたいな、外に出したい気持ちがないとなかなか続かない気がします。あとやっぱりアクセス数なりコメントなり何か返ってくるものがないと、続けるモチベーションがなくなっちゃったり。ほんまさんや他の人は違うかもしれませんが、わたしなんて異常なほど怠惰なのですぐ低きに流れちゃうんですよね・・・・・・。何かを続けるってことはやっぱり偉大ですよ、ほんと。

オンラインの人間関係は、疎遠になると復活させにくいっていうのがある気がします。素性をあまりはっきり明かさないことも多いですし。わたしはオフ会結構でたけど(夫ともオフ会で知り合いました)、数年以上続いてる付き合い(メールとかSNSで連絡とるだけも含めても)はごく少数です。
2015.09.14 | #lMBqkpAs [edit]
管理人 さんのコメント...
>Guzuppeさん
ブログは総合力が問われましたが、続々と生まれるサービスは、狭い範囲を対象に、機能も絞って、より手軽で使いやすくなっていると感じます。
それぞれの特色を活かして、使い分けられば良いのですが、複数管理の手間は、細分化の利点を打ち消すので、結局は易きに流れ、ツイッターだけでいいやってとこに落ち着きますよね。私もちょろちょろ呟くだけで更新意欲が流れちゃうこと多いです。

>つちころりさん
おそらく戻ってはこないでしょう。
パソコン通信や個人HPにもそれなりの良さがありましたが、そこへ回帰する動きはありません。
むしろ、私が時流にあった新媒体にチャレンジしていけるかが問われるんじゃないかな。でも、このままブログ段階で終わってしまうかも。

>伊藤さん
地域なり職場なり、様々な接点や共通背景をぶっ飛ばした出会いになりますから。そこが面白いのだとも思いますが、一方で色々と弊害があるかもしれませんね。
私はもともと付き合いが薄い方なので、しっかり距離をとった方が落ち着くのかもしれません。

>アリーマさん
私の場合、実際に顔を合わせず、ネットだけの接点しか無いから、ある日フッと痕跡が消えてしまうことへの寂しさを感じるのかなぁ。 最近はコメントもらっても、やっぱすぐサヨナラなんだろうなと思いつつ対応してます。
楽しい時期がもっと続いてもいいのにね。時は刻々とうつりゆくのですな。

>秘密さん
読者との交流が楽しみと書きましたが、それならばブログ記事などを介さず、直接つながっちゃえばいいじゃんという流れだと思います。
もちろんそれで親和欲求は満たされますが、副産物であったブログの発信文化は失われることになります。
味覚を直接刺激すれば、お料理いらないじゃん的な寂しさも感じますよ。

>うさこさん
まさか、二人続いてのオフ会婚が!!ラノベの話じゃないのかよ!夢を描いても良いのだろうか??実はずっと前に出会っていた(娘が私に惚れてた)的な再開ラブストーリーを!
さておき、努力も大事ですが、続けることが苦になるのならば、やはり才能は無いのだと思います。私もかろうじて継続してきましたが、モチベーションは何年も前にそこが見えた状態での延命です。がんばったけど、この上はないなと感じます。
2015.09.14 | #- [edit]
うさこ さんのコメント...
何度も失礼します。
なんでも最初の頃が盛り上がりますからねえ。それに、年とってくるとw量も食べられなくなるし油っこいものとか無理になってきたりもしますしね! 前ほんまさんが書いてた「いつでもうどんくらいなら入る隙間がある」ってわたしもずっと思ってましたが、最近厳しくなってきました。あと新規開拓し続けるっていうのも難しいし。でも我が家はほんまさん好きなので、細々になってもずっと見ますよ!
2015.09.15 | #lMBqkpAs [edit]
管理人 さんのコメント...
>うさこさん
食べたい意欲はあるけど、身体はついてこなくなったなぁ!!
なかなか行かない土地を散歩する際、つい飯+麺とかの2連食を計画しちゃうけど、結局、飯食ってゲプっとなっちゃうのよね。
2015.09.15 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.09.16 | # [edit]
管理人 さんのコメント...
>秘密2さん
おお!超懐かしいお名前!
ご健在のようでなによりです。
2015.09.17 | #- [edit]
たkaし さんのコメント...
こんばんは。私は大食いではないですが、楽しく沢山食べるひとのコメントを読むのは大好きです。自由に情報を発信し続けられるのは現代社会の特権ですし、そんななか読者が入れ替わっても読みつづけられているというのは、もう、ひとつの文化とよべるのではないでしょうか。食レポにしても、開高さんや壇さんの時代は活字にしてなんぼ、活字にできてなんぼ、でしたが、ネット全盛の昨今、ネット記事だって淘汰されて当たり前かと思います。芥川・直木賞受賞作だってあんまり古いと絶版です。固定でなくともファンがいる、これが大事なのではないかと。で、私は楽しく読ませていただいております(笑
2015.09.20 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>たkaしさん
食べ物ネタは、誰でも語れるし、広く楽しめるコンテンツだと思います。特に個人発信が流行って以降は身の回りの食情報が充実して、とても楽しめました。ただ、ブログが廃れて以降、何が取って代わるのかと考えると、食べログ??テレビなり書籍なりへの回帰も見られるのですが、この先さらに良くなっていくような未来の形が見えないんだよなぁ。
2015.09.24 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。