意外な場所に異国の味 - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

意外な場所に異国の味

石川町に「かめせん」というラーメン屋さんがあるよね。

ちょっと前から、ラクサを扱うようになったって
ミサイル超獣さんとこで見て、行ってみたんだよ。

131112 004

とんこつラーメン店とシンガポール料理のミスマッチが面白いよ!

横浜というと、国際都市のイメージが先行しており、
様々な異国料理が楽しめるような気もするけど、
実際はそれほどバリエーションが無いような気がするな。

昔はどうだったんだろうか?
いろんな国から船がやってきて、船員さん向けに
飲食なり、お土産なりの商売が盛んだったこともあったのかな?

ギリシャのバーが多かったりするのは、その名残りかもしれないね。

近年は船員さんの国籍も変わってきているようだけど、
特に彼ら相手の商売が成り立っているような風景は見かけないような気がするな。
寄港先で飲みまわって派手にお金を遣うようなこともないのかも?

むしろ、横浜の異国食は、
夜の街に出稼ぎに来た中韓タイのお姉さん達と共にあると思う。
あとは謎の増殖を見せているインド・ネパール派ね。

市内の人口比で見ると、フィリピン料理店は、
もうちょっと増えてもいいような気もするんだけどな。

アドボとかも食べたいよね~
スポンサーリンク

8 Comments

ばかぼん さんのコメント...
家帝すか?w
PP料理は地味ですよね。TOCINO大好きです。
日曜の教会の帰りに食べ放題コースってのが定番なんですかね?
外食の概念がちょっと違うような気もします。
2014.01.16 | #- [edit]
うさこ さんのコメント...
私の実家は、昔船員バーやってました。北欧の船員さんが多かったな。本牧のシーメンスクラブとかその名残ですね。代替わりして、店自体は今もありますが、90年代以降はお客さんの大半が日本人でしたねー。
2014.01.17 | #- [edit]
いその爺 さんのコメント...
船員国籍を考えると、昔は北欧の人が多かったのでは?
なんて考えています。
スカンディナビア、デンマーク、ノルウェー、コペンハーゲン。
この辺りに店名由来するバーは今でも数店舗が健在です。(もっともスカンディア系列が多いですが…汗)

一階がバーと軽食。 二階がレストランも特色の一つです。もちろんカウンター内は女性がお酒を作っていました。
雰囲気が残っているのは、大桟橋スカンディアくらいかもしれません。

中華街に在った、キリスト教系船員バーは安価に飲め、ビリヤードもただで遊べたので、フィリピン系船員がよく来ていました。
2014.01.17 | #- [edit]
ミサイル超獣 さんのコメント...
最近ラクサが2種類に増えたとか聞いたんでまた言ってみなきゃ!

船員向けに始まったと思われるレストランがただのパブやバーに化けてしまったケースもあったりします、無念。

フィリピンは福富町界隈にまだレストランだと思われる店が2件あるっぽいので伺ってみようかと目論んでます。
2014.01.17 | #gpPih1yM [edit]
名もなきデブ さんのコメント...
再コメ失礼します。

横浜の異国食を考える時、大事なことは震災前後の移り変わりと、明治より伝わる事実を押さえる事だと思います。
パンやら洋菓子は前者と大きく関係しているのは間違いが無いと思います。
これは山手に住んでいた外国人を顧客としていました。震災後は残念ながら神戸へその歴史が移って行きます。

後者、横浜公園の歴史が語ってくれますよね。(笑
食文化的発想より庶民文化と政策、男の性を考える方が近道かも?(笑
これは資料館辺りでは取り上げ難い話題かもしれませんが、語らずしては本質が見えて来ないような気がします。

2014.01.17 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>ばかぼんさん
地味だけど、日本人にも馴染みやすい味付けじゃなかろうかと思うんだよね。そういえば、山手教会のバザーとかでも、フィリ食の屋台出てたりするけど、あれは米軍住宅の人なのかしら??教会帰りに集まりとかあるの?

>うさこさん
かっこいいな~!
やっぱ、北欧船員文化の名残りはバーになるんでしょうか?
国籍の他、船や港の仕組みが近代化される中で、船員の数や自由時間が減っているのかなとも思ってるのですが、90年代が境目なのかな?

>ミサイル超獣さん
ラクサ増えたの??私も気になるな!
過去に北欧だけじゃなくて、いろんな異国に触れたはずの横浜ですが、意外とそういうのが住民生活に根付かない部分もあるのかなぁんなんて思ってます。

>いその爺さん
文化断絶の最大の原因は震災と戦争だと言われてますが、では、戦後のアメリカ進駐文化が色濃く根付いているかと言われると、ろくなバーガー店一つ無いわけで・・・
異質なものを許容しつつも、容易に同化しない距離感が横浜の国際感覚なのかなと思っちゃいます
2014.01.18 | #- [edit]
とくもり さんのコメント...
横浜に進駐軍文化が根付かなかったのは、「本牧キャンプ」の存在が大きかったかもしれませんね。本牧も根岸も朝鮮戦争以降は米軍の士官クラスや関連職員がハウスの住民で、地元の飲食店や歓楽街に最もカネを落とす海兵隊や下級兵士は大方横須賀や沖縄、横田厚木に移ってしまった。で、キャンプ返還が止めを刺すと・・濃厚な食文化は風俗は根付かなかったけど、反面洋楽や文学は結構ディープなものを残してる気がします。カップス、ギンズバーグ、永ちゃん、CKB..
2014.01.22 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>とくもりさん
確かに横須賀の方が濃いような気がしますよね。なるほど、同じ米軍住宅といっても住人の違いもあったんですね。
2014.01.23 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。