「男たちの大和/YAMATO」 号泣できず! - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「男たちの大和/YAMATO」 号泣できず!


今年の観納めは角川春樹怪気炎のこの映画!

渡哲也先生が戦艦大和とともに沈んでいくお話。

main1.jpg


ものすごく期待して観にいっただけにほんと消化不良!
半分泣きに行ったようなものなのにさ!

大戦末期に散った悲劇の超巨大戦艦と深き海に沈んだ3000人の魂。
泥沼の作戦行動への苦悩、家族や祖国に対する熱き想い・・・
愛するものとの別れ、残されたものの祈り・・・
戦火に映し出される男たちの友情・・・


ラスト、奮戦むなしく、沈み行く大和の姿に

それぇ~ でんもぉ~♪ この国ををぉ~♪

と歌い上げれば、どうやっても号泣必至だろが?!!


素材が良いのだし、制作費も高額なのだから、
ごく普通にオーソドックスに撮ってくれれば、映画史に残る感動の超大作になったものを!!

余計な現代パートが長すぎる!仲代達矢が相変わらず暑苦しい!
そのくせ登場人物やエピソードが多すぎて、結局まとめきれてない!
セット自慢しすぎて、戦いの全体像がさっぱりつかめないし、
高射砲付近の同じような場面ばかりでかえって迫力を失わせている感じ?
実力派役者はほとんどカメオ出演だし、メイン役者は弱い。
寺島しのぶがハッとするほどブサイク!

もったいないぃ!!
もっとじっくり作ってくれれば。

青年兵の母役の高畑淳子と幼馴染役の蒼井優ちゃんは良かったと思う。

そして、なんといっても渡先生ですよ。
ほんの少ししか出番がないくせに、ちょこっとしゃべっただけで場面が急に本格派映画の緊張感を漂わせるんだからやばいよね。

あと、ハゲの音楽と長渕の主題歌は最高に良かったと思うよ。

ちなみに荒俣宏著「帝都物語」では角川春樹氏が宝剣を手に空へ駆け上がり、魔人加藤と日本の存亡をかけたサイキックバトルを繰り広げます。←ガチ

良い子のみんなは絶対真似しないようにね!



スポンサーリンク

-1 Comments

まさぴ さんのコメント...
ほんとに・・・全くですなアレは・・・

なんでもっと「映画」として楽しめる作りにしないのか。題材が題材だからって、あそこまで堅苦しい作りにしなくてもいいのにね~。

メイドでちゃんと癒してあげられなくてゴメンね!
2005.12.31 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。