被災したフィリピンに寄付を - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災したフィリピンに寄付を

お隣のフィリピンが大変なことになっています。

我々にとって”台風”は身近な言葉であるため、
状況把握も鈍ってしまいがちですが、今回は桁外れの災害です。

1383918129004-EPA-SPACE-TYPHOON-HAIYAN_201311261656581a1.jpg

まずはこちらをご覧ください。
Philippines Typhoon

フィリピンを直撃した台風30号「ハイヤン」の凄まじさ
http://matome.naver.jp/odai/2138405067721071201

飲まず食わずで死者からも略奪、フィリピン台風被災地
http://www.afpbb.com/articles/-/3003065?pid=12450137&p=1

あまりに世紀末な光景に、同情の気持ちよりも、
一歩引いたリアクションになってしまう人も多いのでしょう。

でも、それだけ事態が悪いと言うことなのです。
生きるか死ぬかの状況が、今なお、続いているのです。

976937-philippines-typhoon.jpg

我々に何が出来るのか?

国内と違って、現地で汗を流す支援は難しいですが、
万能の救援物資であるところの、お金を送ることが出来ます。

日本赤十字社」では昨日より救援金の受付が始まりました。

赤十字に関しては、無駄に豪奢なイメージもあり、
お金を送っても紀香姐さんのギャラに消えてしまうんじゃないかと、
ご心配される方も多いかと思います。

しかし、赤十字そのものの活動資金と、
こういう際の救援金は明確に区別されており、
うやむやに中抜されることは一切ありません。

ユニセフ協会等とは異なるので、安心して寄付を託して下さい。

 2013年フィリピン台風救援金
 http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00004046.html

もうちょっと草の根の活動を支援したい方には、
長らく現地での活動を続けている「ICAN」というNPOをご紹介します。

 フィリピン中部台風緊急救援にご寄附をお願いします。
 http://www.ican.or.jp/disasters2013.html

かくいう私も誠に恥ずかしい限りなのですが、
少額しか出せないことに気後れして、まぁいいかで終わりがち。

でもね、考えてみれば、誰かが値踏みしてるわけではないので、
できる範囲で、それがほんの僅かだったとしても、憚る必要はないのです。

ちなみに彼の国の平均所得は日本の10分の1ですから、
逆に言えば、あなたの募金は現地で10倍の価値に花開くかもしれません。

あなたの優しさは様々な支援を支え、
必ずや困っている人々を助けることでしょう。

民間の支援が活発化するのはまだ先の事になると思いますが、
お金を出す気持ちというのはどんどん冷めていくものなので、
熱いうちに鉄を打っておくに越したことはありません。

今こそ東日本大震災の際の返礼をしましょうよ!
スポンサーリンク

-9 Comments

ぺりお さんのコメント...
素早い対応、頭が下がります。

小額ですが日赤に寄付しました。
2013.11.12 | #6x2ZnSGE [edit]
CFP NU さんのコメント...
2013年2月にマニラで演奏会を行い、あたたかく迎えていただきました。
今、寄付の手続きをいたしました。少しでもお役にたてれば幸いです。

タイムリーな記事により、良いきっかけを作っていただき感謝いたします。
2013.11.13 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.11.13 | # [edit]
管理人 さんのコメント...
>ぺりおさん
こういう時に人の役にたてる技能、組織、資金があるといいんですけどねぇ・・・
せいぜい読者の皆さんに協力を求めるくらいしか出来ない非力です。

>CFP NUさん
恐縮です。
寄付は必ずしも手応えが返ってくる行為ではないのですが、
積もり積もることで、大きな支援になるはずです。

>秘密さん
登録や振り込みがめんどくさいとかで、簡単に萎えてしまうものですから、
最後まで意思を保ち続けただけでも十分に立派だと思います。
2013.11.13 | #- [edit]
にっき さんのコメント...
寄付ってどこまですればいいんだろう・・と額とかに悩むことがあるのだけれど、(ほら、主婦って大根1本の値段が2円違うだけでスーパー変えたりするじゃない。)東日本大震災のとき、kanさんが「自分が楽しみにつかった金額の1割(だっけ?)を寄付にまわす自分ルール」を自分に課していて、それイイナ!と思いました。

ひとまず、いらない古本をブックオフで売って、それを寄付にまわして、あとは忘年会1回行ったことにして・・・とか無理のない範囲で頑張ろう。
確かにあまりに世紀末的な状況で、「大変だぁ」と思いながら及び腰だったんだけれど、ホンマさんの記事で我に返った感あり。
サンキュー。
2013.11.14 | #KRV7CmPk [edit]
管理人 さんのコメント...
>にっきさん
「お気持ちでけっこう」と言われても、
器量を測られてるようで、困っちゃいますよね。
予め自分の中で定額やルールを作っておくのは賢いかもしれません。
2013.11.14 | #- [edit]
フジ丸 さんのコメント...
記事有難うございます。
なんか「こんな金額じゃ…」って尻込みしちゃいがちですけど、その金額の集まりが大きなものになりますもんね。
今なら年末調整の寄付控除にも使えますし、(認めてもらえると事認めてもらえないとこがあるので確認必要ですが、赤十字なら大丈夫だったはず)この機会にぜひ!ですよね!
私も郵便局へGOします!
2013.11.17 | #pHzJAjvw [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.11.17 | # [edit]
管理人 さんのコメント...
>フジ丸さん
すべてが吹き飛んでしまった絶望の中でも、
大勢の人々が頑張ることで、きっと復興してくれるはず。
日本にも大勢の人間がいますから、
少しづつでも集めれば、大きな成果になるはずです。
とりあえず、負担のない金額を、すぐ出しちゃうのが良いと思います。

>秘密さん
寄付先として、ユニセフの知名度は抜群ですが、
そもそも、こういう状況において子供に的を絞った活動が適切なのかという問題があります。
実際、先だっての震災においてもあまり存在感を示せませんでしたし、もうちょっと視野の広い支援が必要です。

では、赤十字が万能かというと、そうではなく、
活動も医療が中心なので、緊急対応以降の生活再建の支援につながるかは別の話。ただ、まずは命あっての物種ですよね。

実は日赤も同じような浪費や問題を抱えている組織だと思いますが、
救援金に関しては国内での無駄な中抜きをせず、寄付先を希望通りに指定できる点では誠実だと思います。

とりあえずの赤十字で問題無いはずです。
2013.11.18 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。