IMAXで「オブリビオン」を観てきたぜ! - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMAXで「オブリビオン」を観てきたぜ!

[PR by ブログタイムズ]

ということで、久々の広告記事です。

つーか、久々の映画レポでもありますな。
え!2年以上も開いちゃってるのか!!

私はカロリー中毒の他、娯楽中毒症でもあるので、
常に何らかの物語を消費していないと死んでしまう身体です。

でも、HDDレコーダーで深夜アニメが楽にストックできるようになったり、
はたまた、Huluがハイレベルな海外ドラマをぶち流してくれたりするので、
わざわざ劇場へ足を運ぶ機会が激減してしまったんだよね。

ネットに山のような暇つぶしが転がっているこの時代、
いかに差別化を図るか、付加価値をつけていくかは、
映画業界全体の課題なんだと思いますよ。

そういった意味で、どうせ映画を観るならば、
大作を、よりリッチな環境で、ってな流れになってくるかもしれません。

130604 018

やって来ました109シネマズ川崎!

大ラゾーナに入ってますので、
待ち時間にいろいろ買っちゃう、
待ち時間にいろいろ食べちゃう危険性がありますよ。

130604 025

やって来ましたIMAXデジタルシアター!

シネコンはバカスカ出来てますが、IMAX環境はまだまだ貴重な存在。
URL: http://109cinemas.net/imax/about.html

私も「アバター」以来でしょうか?

「アバターがヤバタ-」「ハードル、アガタ-」
皆さん、ちゃんと覚えてらっしゃいますか?

130604 030

どでかいスクリーン!臨場感あふれるサウンド!

やはり、家のモニターで鑑賞するのとは断然違うわな。
ちっこい劇場と違い、肌にビリビリ来るような迫力が楽しめますよ。

映画には他の観客と一緒に楽しむような鑑賞もありますが、
私は一人で作品に没頭したいタイプなので、この環境は好き。

席もゆったり、キツめの傾斜でスクリーンも観やすいのですが、
前席の頭部がかかったり、肘掛けを巡る攻防なんかは、
従来のスタイルから完全には脱却できてません。

せっかく、ここまでのもんなんだから、今少しの進化を望む次第です。

広告ここまで。

161180_1.jpg

観てきたのは「トムリビオン」もとい「オブリビオン」

トム・クルーズ主演のSFです。
IMAXにはピッタリの映画でしょう!

未来、エイリアンとの大戦にかろうじて勝利した人間は、
衛星軌道上に拠点を移し、土星圏への移住を進めています。

月を壊されガッタガタに荒廃した地球には、
エネルギー源となる水を吸い上げる巨大プラントがあるのですが、
エイリアン残党による妨害工作も発生しており、
警備&保守のため、トムリビオンが地上に残されているという設定です。

でも、実は・・・という、どんでん返しもの。

obl_subsub2_large.jpg

まぁトムさんに記憶がないという時点で、
オチもあらかた読めるパターンではありますが、
とても真面目に作られた映画で、良くできているなと思います。

シーンにも遊びがなく、それぞれの伏線がきっちりハマるような、
作り手の几帳面さを感じる仕上がりで、私の肌にはあいますね。

雲海に浮かぶトム・ハウス、トム・ジェットにドローンさん等、
メカのディテールもしっかり描けているので、良い感じよ。

344646view003.jpg

ただ、真面目な分、やや地味な印象でもあるわな。

華がないというか、バカがないというか。
その辺が、良昨でも超ヒットにつながらない理由かなと思います。

機関法を撃ちまくるキャラはさ、
「くらいやがれーーーーハッハー-!」的奇声を上げながら、
華々しく玉砕するものなのですよ!

聞いてるのか、モーガン!

女も地味だし、おっぱい見せないし、
唯一、主役トムリビオン様のスター性で、
大作の面目を保てたかなって感じです。

344646view001.jpg

ちなみに日本を舞台にした「ウルヴァリン」の予告を見ましたが・・・

久々に胸のすくようなフジヤマゲイシゃ的世界観で・・・

そっちを観るならば、こっちでしょう!とオススメしときます。

すでにご覧になった皆さんは
プール設置の非合理性とか、なんでドローンをケチるの?とか、
そもそも、お前は何しに来たんだよ?的な疑問を語り合いましょう!

スポンサーリンク

-0 Comments

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。