ヨコハマのチャーメン - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

ヨコハマのチャーメン

チャーメンであります。

これも横浜らしい大衆食として、
思い浮かんだメニューなんだよね。

とりあえず、町場の人気メニューであることは間違いないのです。

しかし、これがローカルフードかというと悩みどころで、
なんか日本中にありそうな気がしますよね。

少なくとも東京では食べられるしさ。

kouou.jpg
(本牧「興旺」)

チャーメン、漢字で書くと炒麺。

いわゆる”焼きそば”のことです。

考えてみれば、全国の中華屋さんで、
焼きそばの無いお店を探す方が難しいよな。

130321-003.jpg
(阪東橋「水幸楼」)

そんな、焼きそばには大きく2系統あり、
横浜でも中華街やちょっとまともな中華料理店においては、
あんかけ固焼きタイプが主流のような気がします。

焼き・・・揚げ麺じゃん!とか、
そういうツッコミは青島ビールと一緒に飲み込んでください。

ちゃんと両面を焼き付ける調理法もありますもんね。

111128-024.jpg
(野毛「萬里」)

もう一方は麺が柔らかい焼きそば。

麺を具材と一緒に炒めて調理するものです。
味付けは醤油系が多いのかな?

たしか真っ黒な上海焼きそばや、
腰のある細麺を使った香港焼きそばは炒めて作るはず。

台湾の焼きそばなんかはチャーメンにも近い気がしますね。

091020015.jpg
(井土ヶ谷「ハマラーメン」←閉店)

前回はタンメンの話をしました。

本当はチャーメンについて書きはじめて、
途中で、いやいや、まずはタンメンについて、
触れておかねばならんだろうと思い直したのですよ。

なぜなら、タンメンとチャーメンは切っても切れない仲だから。

チャーメンが名物になっているお店は、
たいていタンメンも名物で、サイドには必ず餃子が控えている3点セットなのです。

お店によっては、そこへサンマーメンも一枚絡んできたりして、
さらにレバニラでも置いとけば、ハマの中華店が一丁あがる仕組みになります。

100913-048.jpg
(伊勢佐木町「十八番」)

タンメンとチャーメンの蜜月は、
共通する具材が仲を取り持っているからなのでしょうね。

豚肉、モヤシ、キャベツ、きくらげ・・・特に麺よ!

タンメン用の幅広太麺を共有使用するお店が多いんじゃなかろうか?

同じスープを使い、ゲテな塩味に仕上げた
汁なしタンメン的な、タンメン焼きそば的なもの。

それが横浜のチャーメンぽいなと個人的には思うのです。

111120-019.jpg
(横浜「龍味」)

「=焼きそば」という広義のチャーメンではなく、
「タンメン麺を使った塩炒めそば」っていうチャーメンは、

どうなんでしょう?全国区なんでしょうか?
それとも横浜ローカルメニュー??

ぜひぜひ、ご意見を寄せていただければと思います。

ちなみに、タンメンもチャーメンも、
嫌だ嫌だと思いながら、まっさきに浮かんでしまう野毛「三幸苑」。

タンメン&餃子スタイル店の源流でもあるのでしょうかね?

shoku0555_20130407232739.jpg


個人的には細麺&醤油味のものも含めて、
チャーメンが大好きなんだよ!!

また、お気に入りのお店等も教えて下さいね。

それでは、次回は天津飯??
スポンサーリンク

11 Comments

中華街ランチ探偵団酔華 さんのコメント...
たしかに汁なしタンメンとも思えますね。
これでビーフンを使ったらどうなるのでしょうか。

チャーメンで気になるお店は、
南区と中区の区界にある「コトブキ亭」です。
2013.04.08 | #ddR3FFao [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.04.08 | # [edit]
みーさい さんのコメント...
前回ちゃんぽんのこと書きましたが、ちゃんぽんの具と皿うどん(パリパリ麺の)の具材は同じですよ~。
そして、ちゃんぽん麺でつくる「焼きそば」の具も一緒です。
なので、タンメンがおいしいところでチャーメンがおいしいのはわかります。

私は佐賀出身なのですが
ちゃんぽん=ちゃんぽん
皿うどん(パリパリ)=かた焼きそば:パリパリ麺のあんかけ
皿うどん(柔らかい)=焼きそば:ちゃんぽん麺を炒めたもの
という認識でした。
ソース焼きそばは屋台で食べるもので、関東に出てきて「焼きそば」を中華料理店で食べたときにビックリしましたよ。

天津飯いいですね!天津麺も好きなので楽しみにしています!
2013.04.08 | #- [edit]
桃猫 さんのコメント...
東京では、やきそば=屋台のソースやきそば、が主流なので、下町中心に飲み屋街の主流です。その流れから、中華でも、やわらかい焼きそば=ソース、硬いもの=あんかけ焼きそばみたいな2大タイプ。

しかし、これらとは別の炒麺タイプも、ごく僅かに、旧式中国人中華店に残存しています。知る限りでは、小伝馬町=皆楽(昭和24年)、有楽町=慶楽(昭和25年)、武蔵小山=自慢亭(昭和29年)、どこも古い老舗のみに残存、あとは絶えてる。だから、中華が多い横浜なら、この旧式タイプが炒麺というのではないでしょうか?基本、やきそば=蒸し麺タイプが主流になったことから東京では鉄板系やきそばがそのステージに居すわってます。

 最後の塩タンメンの汁なしは、たぶん、ちゃんぽんの変形である=皿うどんの柔らかい麺バージョンというのがあって、それ系に近いと思われ、東京でもごく一部の店にあります。これは最近発生したものでしょう。
2013.04.08 | #halAVcVc [edit]
ぽん太 さんのコメント...
チャーメン、いいですよねー。つまみにも良し、ランチとしても良しで。個人的には港南台の方の三幸苑や、伊勢佐木町の元祖十八番などがチャーメンらしいチャーメン?という感じで好きです。十八番は、何がどう元祖なのかさっぱりわかりませんが(笑)  しかし、皆さん詳しく、一家言持ってらっしゃいますね。コトブキ亭をオススメしている方もいるなんて・・・ あのお店、立地からして胡散臭すぎて敬遠していたのですが、やはり偏見はいけませんね! 近々挑戦してみようと思います!!
2013.04.09 | #X.Av9vec [edit]
大口野郎 さんのコメント...
大口あけぼの通り=寺尾屋さんのある通りに、数年前まであった製麺所の爺さんが、「うちのチャーメンはチャーメン専用に工夫してんだ~、タンメン用とはちょいと違うんだよ~蒲田大森あたりの店からも買いにくるんだよ」なんて言ってたのを思い出しました。どんな工夫かは聞きそびれましたが、店頭売りしているのを買って炒めると、こしが強くて、しかし咀嚼すると心地よくとろけて、確かに自慢するだけのことはあったです。おまけに付けてくれた業務用チャーメンの元もおいしかった。思い出話ですいません。蛇足ですが、寺尾屋さん炒め物その他メニュー大増殖中、また、ギョーザ皮の揚げたものをタイミングあえば配布してます。
2013.04.10 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>酔華さん
ビーフン使ったら、まるっきりビーフンでしょう!
「コトブキ亭」はどうかな?渋いお店ですが、チャーメン系にはややアクが弱い気がしますね。

>名無しさん
メールにて回答させていたしました。

>みーさいさん
ちゃんぽん麺の焼きそばか!
そういえば、そういうものもある!。
タンメンといいい、ちゃんぽん文化との類似が非常に面白いです。
同じ中華街を持つ街ですし、福建から直接の影響なんでしょうね。

>桃猫さん
さすがさすが!
御徒町の「珍満」とかがあるので、城南や下町エリア中心にそれなりの分布をしてるものと思ってましたが、むしろソースやきそばが主流なのか・・・毎度勉強になるぜ。

>ぽん太さん
十八番はなにが元祖なのか・・・
一番はほんとにハマ一番なのか・・・
はまれぽあたりでレポートしてほしいものです。

>大口野郎さん
新寺尾屋、行けてないなぁ!
なるほど、京急沿線はチャーメン文化がありそうな予感ですね。
業務用のタレって、醤油ベースなのかな???

2013.04.10 | #- [edit]
大口野郎 さんのコメント...
浦賀・三崎口~品川の各駅チャーメン分布図なんてあったらおもしろいですね。

業務用のたれは、色と香りは確かに醤油ベースで、
味自体は醤油味というよりはかなり塩味強めな感じでした。
2013.04.11 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>大口野郎さん
業務用タレでも全然好きになれそう。
ラーメンみたいに専門ブログが出来てくれないかなぁ!
2013.04.14 | #- [edit]
sociton さんのコメント...
チャーメン食べたくなってしまったですよ。
2013.05.05 | #NkOZRVVI [edit]
管理人 さんのコメント...
>socitonさん
食べちゃって!
2013.05.06 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。