花澤さんがちょっとおかしいです - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花澤さんがちょっとおかしいです

この世に唐揚げが嫌いな男子なんていないんじゃなかろうか?

唐揚げ・・・旨いよね!

カリッとして、ジュワっとして!

しかし、”唐揚げを食うならこの店”的な、
特定のお店が思い浮かばなかったりもするんです。

特別な個性や突出がない代わり、
どのお店で食べてもハズレは無しという、
大衆にやさしいお料理なのかもしれませんね。

120701 008

そんな唐揚げでもこんなに盛られてしまっては!

もう、うれしいやら!恐ろしいやら!

大振りな塊が10個以上!
まさに山を崩すような作業で食べ進んでいきます。

おいしいんだけど、半泣きです。

おっと、忘れてはいけません。
カレーなんですよ!この一皿は!

胃が!胃が!

ちなみにこれってチャレンジ系ではなく、
通常メニューの普通盛りだからね・・・

男子諸君!唐揚げを浴びるほど食べたくなったら花澤がオススメです。
スポンサーリンク

-23 Comments

ふ゛り さんのコメント...
えぇと、これがノーマルカレーなんですか?
いやぁ、カツカレーの画が見たかった。
2012.08.25 | #qbIq4rIg [edit]
MO さんのコメント...
旧店名が肉を食らえのとこですな

画像だけで胃がもたれますね・・・

2012.08.25 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>ぶりさん
見たかったと言われても・・・

>MOさん
うわぁ、中年の弱りきった胃袋じゃないですか。
私も最近はとんと・・・
2012.08.25 | #- [edit]
てつあん さんのコメント...
うーむ、恐ろしや~ v-11
から揚げをカレーの海に落とさないように食べるのが、ちょっと大変そうです。

あれ~、ごはんの姿が見えないですね。v-7
2012.08.26 | #vfUJLHNQ [edit]
管理人 さんのコメント...
>てつあんさん
ほとんど唐揚げを食べているような印象でした。
カレーライスは付け合せ的な存在??
2012.08.28 | #- [edit]
大崎太郎 さんのコメント...
井土ヶ谷、チャイナ飯店(だっけな)の唐揚げチャーハン級ですか。
2012.08.29 | #- [edit]
メタ坊主 さんのコメント...
はじめまして。失礼かとは存じますが、ブログのタイトルから仲間意識をもってしまいました。また、遊びにまいりますので、よろしくお願いします。
2012.08.31 | #mxEwxSdY [edit]
長者町の豚 さんのコメント...
ナニコレ珍百景でお目にかかりそうな・・ 

トンカツにカレーがかかってるカツカレーはおいしいのに、から揚げにカレーだと「台無し」ですな。
2012.08.31 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>大崎太郎さん
唐揚げ数ではこっちのほうが圧倒的ですな。
カレーもご飯が増量できるので、匹敵するレベルにも達するかと。

>メタ坊主さん
よろしく!
お互いデブ仲間からは早く脱却したいものですが・・・

>長者町の豚さん
台無しかなぁ?
トッピングとしては別に悪くないと思いますよ。
私はむしろカツカレーの方が、双方を調整しないとあわないような気がしてます。
2012.09.01 | #- [edit]
大口餃子 さんのコメント...
「カツカレー」の吟味は、確かにバランスのチェックから常に始まりますよね。
たとえばぺらっぺらの衣カツがカレーの中に半ば沈みつつコンニチハ、も切ないですが、
分厚いチキンカツ(胸肉)がライス部分も侵食しつつ皿を覆わんばかりなのも、
食べ応えはともあれ、カレーライスとして味わいにくくなるというか、
カレー部分の使用方法を配慮しながら食べざるを得ない手間によって、何か微妙に厄介な感じが・・・

横から失礼しました。



2012.09.01 | #- [edit]
大崎太郎 さんのコメント...
最近、新しくできる店は寿命が短い気がして残念です。
花澤さんは唐揚げだけでなくサイコロステーキカレーなど凄い盛りカレーも
あるので、いつでも食べたい時に行けるよう、息の長い経営となるように
願うばかりです。
その一方、個人的には神田神保町にある共栄堂のスマトラカレーが横浜に
できることを切に願っています。
カレーミュージアムが亡き今、旨いカレー屋があちこちにある街こそ健全な
横浜だと信じてやみません。
2012.09.03 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>大口餃子さん
カツカレー道は奥が深い用に思えます。
私はとんかつよりも、薄く伸ばしたチキンのムネカツが、
カレールーとの相性もいいような気がするんだよな。

>大崎太郎さん
あんまり無茶せず、ほどほどでもいいので続いて欲しいですね。
共栄堂みたいなオンリーワンなカレーはいいですよね。
それだけのために神保町に寄りたくなるようなお店。
2012.09.04 | #- [edit]
長者町の豚 さんのコメント...
から揚げカレー台無し説―――― 

から揚げそのものについてある、少なからぬ量の香辛料や調味料の味付けが、カレーで殺されるわけじゃないですか・・・
とんかつの場合は、もともと卵とじにしたり味噌やソースかけたりを前提とした淡い味付けなので、カレーとあわせても調和するのです。
2012.09.04 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>長者町の豚さん
えーーー、じゃあ、スタミナカレー的なもんもダメってこと?
唐揚げの調味料なら、みんなカレーに親和すると思うんだけどなぁ。
いや、でも、実際はカレーを絡めること無く別々に食っている気がする・・・
豪華な盛り合わせとして楽しむのもアリなんじゃなかろうか?
2012.09.06 | #- [edit]
長者町の豚 さんのコメント...
から揚げカレー、いつか行った大阪のビジネスホテルの朝食バイキングを思い出します。

かやくごはんにチャーハンをのせて、カレーをかけて、麻婆豆腐ものせて、コロッケ・から揚げものせる家族。
「ただなんだからもっと取りなさい!」「漬物から食いいな!!」と叫ぶ母親。
なんとまあ豪華な盛り合わせの、家畜のエサです。
2012.09.07 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>長者町の豚さん

唐揚げカレー=安ホテルのバイキングではしゃぐ親子連れの皿=家畜の餌
唐揚げカレーを喜ぶ私=家畜

そういうメッセージでしたか。ニブくて、ごめんなさい。
でも、だからなんなの?つー感じではありますよ。今更じゃん?
2012.09.07 | #- [edit]
長者町の豚 さんのコメント...
>管理人さん

そうではありません。なんでもかんでも合わせて食べるのは、時にうまくないし、もったいない、ということを言いたいのです。
山盛りのから揚げにカレー。脂に脂、塩と塩。個々別々に食べればいいのに、あわせてしまうと、舌と心の逃げ場がない地獄です。

「家畜のえさ」というのは、味の良し悪しにかかわらずなんでもかんでも混ぜた食べ物の比喩です。
別に『罰ゲーム』と言い換えたほうが波風たたなかったかもしれないと反省しています。
2012.09.08 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>長者町の豚さん

私はカツカレーのカツに必ずウスターをかけます。
カレーは揚げ物のソースとしてはあまりに油重いと思うからです。

あわないと思いつつも、カレーだけでは寂しいので、
ついついカツカレーを頼んじゃいますね。

そしてソースを掛けて、楽しんで食ってます。

しょうゆやケチャップ、マヨネーズを加える人もいますよね。
力技ですが、その人なりの完全を求めての加味なのでしょう。

カレー屋のトッピングも様々です。
カツや唐揚げ、野菜だけでなく、牛煮や卵、チーズ、ニンニク、納豆など。
奇異で合わせるとカレーの根本的な味をも変えてしまうものも目立ちます。

それでも求める人が多いのならば、
メニューとしては正統なんだと思います。

普段、我々の食卓には様々なおかずが並びますよね。
でも、漬物と味噌汁が合うのか?かぼちゃの甘煮と白米が合うのか?

視点をミクロにしてしまうと、
オーソドックスな食事もなにかおかしな取り合わせに思えますね。

同じ皿の上のものでも混ぜ合わせる必要はないんじゃないかな。

もちろん、フレンチのように皿の上の調和を意図する料理もありますが、
単に合盛りという提供形態な場合もあるからです。

おそらく、合う、合わないの議論に結論は出ません。

味のこだわりというのはごく個人的なものであり、
必ずしも一般化されるわけではないからです。

自分の好みと他人の好みは同じくらいの重さ。

傍から見て、バカだなぁと思い、異論をぶつけても、
相手を自分色に塗り替えるのは難しいと思います。
2012.09.08 | #- [edit]
さっくん さんのコメント...
初めまして!横浜に住むさっくんと申します。
もうず~~っと何年も前から貴殿のブログは拝見させていただいておりました。
コメントもせず、失礼いたしました。大変お世話になっておりました。
そして、私がブログを始めたのはつい3か月前のこと。
ようやく貴殿にコメをしても良いかなと、自分で判断した次第でございます。
口調も貴殿に似ているなあと、自分でも思ってしまう部分があるくらい、よく拝見させていただいておりました(笑)

今後ともよろしくお願いいたします<m(__)m>
2012.09.10 | #- [edit]
大崎太郎 さんのコメント...
確かに食べ物というのは、組合わせの妙というか、同じ揚げ物であればチキンカツでも
カキフライでも人によればかき揚げでもドンピシャなんでしょう。
組み合わせの妙を、改めて文字に起こすと難しいね。
好みと好みで言い合う先に、横浜の豊かな繁華街が見えれば嬉しいけど。
今、伊勢佐木町モールを歩くと、暗澹たる気持ちになる。
吉野町にある関西出身者の焼き鳥経営者曰く、横浜は大いなる、大きな不毛な街だと
言います。そのこころは、どこの街にもあるチェーン店ばかりで、或いは無難な味の店
ばかりで、街の色がどこにもないということのようです。
引っ張ってくる店が凡庸なものばかりなんだね。
異論があれば行って欲しい、このハマの食文化の色は何なんだ。
人口は大阪を抜いて日本第二位、面積も大きい、なのに没個性。
いい加減、この話題で紛糾して欲しいけど。



2012.09.10 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>さっくんさん
ブログ開設おめでとうございます。
あんまり気張らずマイペースに続けられればいいですよね。
今後とよろしく!!

>大崎太郎さん
私のように食べるのが好きな人間は、
どんな食べ物があるか、どんなお店があるかというところから、
その街の印象を形作ってしまうとこがあります。
横浜はどうなんでしょうね?
特徴的なのは中華街くらいで、他の分野はあるようで無いような微妙なとこでしょうか?
ただ、チェーン店がうんぬんていうのは、おそらくどの地方でも言われていることで
横浜特有の問題でもないような気がします。大阪も多いですよ。

2012.09.12 | #- [edit]
大崎太郎 さんのコメント...
チェーン店はチェーン店で必死だし、個人は個人でもがいているし。
徐々にではあるけどいい雰囲気の店も出てきたし。
これからですかね。
本間さん、色々いい店をこれからも取り上げてくださいな。


2012.09.12 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>大崎太郎さん
食べ歩いて楽しいのは地場のコテコテな個人店ですけど、
実際、大衆的レベルの飲食店て、ハズレも多かったような気がします。
チェーン店の発展は平均レベルから下の飲食レベルを安定して持ち上げた功績はあるんじゃないかと思います。
ただ、なんでもないお店が長く営業を続ける中で、とあるメニューによって大化けをするようなこともありますよね。気の長い育成という意味では随分世知辛くなっているような気がします。どこも初手から完成を求められていますもんね。
2012.09.13 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。