「特撮博物館 -ミニチュアで見る昭和平成の技-」行ってきた! - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

「特撮博物館 -ミニチュアで見る昭和平成の技-」行ってきた!

東京都現代美術館で7月10日から開催される
「館長庵野秀明 特撮博物館 -ミニチュアで見る昭和平成の技-」

プレオープンにお呼ばれしてきました!
しかし、1万人て規模の招待会って、すげーよな。

120706 033

我々の少年時代を、空想と科学の未来色に彩ってくれた特撮!

残念ながら、CG等、デジタル技術の発達に伴って、
徐々に失われゆく技術となっていますよね。

撮影に使われた貴重な小道具類も破損、散逸してしまっているようです。

それじゃイカンということで立ち上がったのが、我らの庵野秀明。

大高宏雄に「巨神兵より、エヴァの続編だろ」って痛いとこを突かれ、
「ちゃんとやってますよ!」と思わずマジ切れしてしまったという庵野監督です。
もう、11月17日って言っちゃったからね!

さておき、この展覧会で関心を喚起して、
いずれは本当の博物館が作れればいいねって計画らしいです。

120706 035

特撮と聞いて、心がトキめかない男子はいないでしょう!

特撮博物館!行きたいでしょ!

しかし、まぁ、ムサい。客層がムサすぎる!
場内では私と同じ、モテない匂いがプンプンしてるもんね。

女子もそれなりに来ていたのですが、ファンなのかな?
もしや、エヴァとかジブリって騙されて、連れてこられたんじゃね?

展示内容は撮影で使われたメカ、マスク、スーツの展示、
短編特撮映画の上映、特撮技術や特撮人の紹介、
美術倉庫やミニチュアの街の再現といった構成。

1万人も呼んで、しっかりクチコミさせる気なのに!
会場内は撮影禁止でちょっと残念です。

ここからは唯一撮影可能なミニチュア街の写真ともにどうぞ。

120706 041
(パネルは副館長の樋口真嗣監督)

昭和平成の技って書いてあるので、
知ってる作品も多いかなと期待していたのですが、
集められたものは70年台の作品が中心。ちょっと古いんだよね。

しかも東宝や円谷ラインに偏ってるので、
戦隊や宇宙刑事で育った東映特撮っ子な私には、
感動のスイッチが入りづらかった部分があります。

轟天号とか、観たことないんだもん!
「ゴジラ ファイナルウォーズ」でしか!(一応、観てる)

逆に言えば、いつの間にか4、50代になってしまった少年たち。
ライオン丸やマグマ大使がちっともダサくないオジサマ達にはズバリかも。

120706 049
(とにかく撮影が楽しいで、なかなか列が進まねぇから!)

特撮作品は主に子供向けとされ、
ある程度の年齢で卒業しなければならない風潮もあります。

そのため、よほどのヲタでもない限り、世代間の溝は深いもの。

私もカラオケで熱唱した「宇宙刑事ギャバン」を、
ちょっと下の後輩が誰も知らなくて、絶句したことがあるし!

どんな世代の観客が見ても分かるよう、展示物の脇にモニターでも置いて、
実際に使われた際の映像も流してくれればよかったのになって思うな。

120706 051
(この写真ですら、実写っぽさがあるもんね。すごいよね。)

ただ、ウルトラマンやゴジラ、ガメラなど、
誰でも知ってるような作品の関連物もありますので、
特撮に関心のある人ならば、まずまず楽しめるんじゃないかな。

展示品もそこそこボリュームがありましたし、
なにより、我々が何気なく見ていた一つ一つのシーンの裏に、
ものすごい手間が隠されていたことに改めて感動しますよ。

120706 054
(ビルの裏側も見えちゃいますよ!)

最大の目玉は「風の谷のナウシカ」でお馴染み。
あの巨神兵が東京を襲ったという設定で作られた新作短編映画!

「巨神兵東京に現る」

私を含め、ものすごい期待感がうずまいていたんだけど、
上映直後にワイワイ話題になる感じでは無かったわ。

都市の風景の中に差し込まれる中二なポエムと、
そのバックで綾波がボソボソしゃべる感じで始まり、

そのうち、唐突に現れた巨神兵がのそのそ動いて、
なんか、つまらねーなーと思ってたのよ。、

やがて巨神兵の歯が開き、プロトンビームを放つ段になると、
おおーっていう、特撮スペクタクルが拝めるよ。

後のコーナーで、撮影の種明かしもされているんだけど、
むしろ、それを見て、初めて真価が知れるかもね。

あのシーンは、こんなふうに撮られていたのか、
実写やCGじゃなかったのか!っていう場面も多かったなぁ。

観てる間に、ずっと感じてた微妙な違和感も、ある意味わざと。
あえて特撮技術中心で撮ったからっぽいわ。

どちらかというと、実演映像っぽい役割なので、
ナウシカ作品としては、あんまり期待値を上げない方がいいと思うよ。

120706 055
(もはや、ゴジラの視点ですな)

特撮は結局のところ、偽物です。

でも、地球の大いなるリアルに、知恵と技術で少しでも近づこうとする姿は、
まさに人間の生き様、チャレンジそのものであるように思えます。

また、ものすごく手間をかけて作っても、
最後には盛大に壊されてしまうミニチュアも多いですね。

「ガメラ3で」バリバリに壊され、
ざまーみろと東夷が喝采した京都駅舎とかね!

印象的な特撮美術も、ただただフィルムのために身を捧げる運命。

むしろ、そういう破壊と爆破のシーンにこそ、
特撮映像の醍醐味があるのかもしれません。

きっと、我々の無常感やタナトスがくすぐられているのでしょう。

120706 061
(アングルこだわって撮影したら、半日は潰せるぞ!)

音声ガイドは借りなくてもいいかなって思った。

はじめの一部屋だけで20もコメントがついてて、
まともに聞いてたら、ちっとも進めないんだもの。
鑑賞を豊かにするという意味でも、あんまり役に立たない気もするよ。

ちなみにナレーションは冬月先生です。

お土産は総じて巨神兵推し。
そうね、海洋堂の限定ガチャとかかな?

120706 065

廊下に面白そうなもんがあったので、常設展にも入っておいたぜ。
これはヤノベケンジの「ロッキングマンモス」

有名なアンディ・ウォーホルの「マリリン・モンロー」
ロイ・リキテンスタインの「ヘア・リボンの少女」の他にも、
ヲタにも好まれそうな奈良美智なんかが、多く展示されてたわ。

ただ、現代美術っぽい遊びもあんまないし、
全般的に噛みごたえは薄めな印象かな。

それでも、あえて常設展から入って、
黒一色や白一色に塗られただけのキャンバスや、
罫線だけっつーありがたい作品とかを見とくべきかもしれん。

そしたら、次に見る特撮博物館が一層、色彩豊かになると思う。

これだって、すでに立派なアートじゃないかと、
職人が丹精を込めた特撮美術の価値もひとしおに感じられるでしょう。

ほんと、アキバあたりで盛大に集めて博物館作って欲しいよね。

その際は、もちろん東映作品も網羅して欲しいです!


ジャガーバルカンとか!


後楽園球場とか!

他にも色々貼りたかったのだけど、
もはや動画がUPされてないのか・・・

あと、ブラジル人歌手はすごく反省してくれ!

スポンサーリンク

8 Comments

ミサイル超獣 さんのコメント...
特撮なんてガキの見るもんだ、と嘯く大人も何故かスターウォーズやアバターは有難がって見に行くというのは日本人の不思議なメンタリティだよなと思ってます。

東映は徹底したコスト管理とマーチャンダイジングのおかげで安定した作品作りが出来ていますが、東宝や円谷の血は本気で絶滅しかかってるんですよね。
庵野監督もそんな危機感から今回の企画を立ち上げたんじゃないかと思います。

日本には歌舞伎浄瑠璃の血があるせいか、「見立て」の文化が発達してますよね。
ハリウッドの最新映像技術に比べればショボイはずのアナログ特撮にこんなにもワクワクさせられてしまうのはそういう血のなせる業なんだろうなぁと思います。
もちろん最新のアナログ技術は素晴らしいものなんですけど。

何が言いたいかというと、円谷特撮で育った身からすると
新作ウルトラマンがテレビで見てぇー!
2012.07.07 | #gpPih1yM [edit]
管理人 さんのコメント...
特撮が活躍できるジャンルはアニメに吸い取られてしまったのでしょうか?
もっと作ればいいのになぁ、大人向けの特撮映画。

日本では「特撮=子供騙し」という先入観がありますが、
ハリウッドでも特撮とCGを組み合わせた撮影が行われているように、
未だデジタルに代えがたい表現を実現できる力を持っていると思います。

アニメも長らく子供限定のものでしたが、
近年は大きなお友達の数も増え、だんだん敷居が消えてきたように思えます。

そもそも、表現技法に年齢制限はないわけで、
より自由な作品が生み出されるようになるといいな。

ちなみに私は着ぐるみものがいまいちなので、
円谷といえば、各種メカの発進シーケンスだなぁ!

ウルトラマンでいえばタロウopが激熱でしょ!
2012.07.07 | #- [edit]
Linfa さんのコメント...
ブラジル人歌手にいったい何が……。

この展覧会全然チェックしてませんでした。
昨日メタルダーを久しぶりに見てこいつぁすげぇぜと大騒ぎしてた自分にとって
やはり東映作品ないのは残念ではありますが、それでも見にいきたいなー。
2012.07.07 | #WDO4gyaU [edit]
管理人 さんのコメント...
>Linfaさん
「メタルダー」は第一話から敵の大軍団が勢揃いしてて、
いきなりクライマックスで始まりましたよね!
しかも変身したてのメタルダーがやられて終わるの。
小学生だった私もとんでもないことになったと震えたぜ!
ただ、武器は無いし、メカはマツダファミリアだし、
あのあたりで、特撮を卒業した記憶もあるなぁ。
むしろ、ボウケンジャーを見て欲しい!
2012.07.07 | #- [edit]
よだれいぬ さんのコメント...
苦手なアンノなのが気になりますが、面白そう。

ちなみに、メタルダーは幼稚園ですた。あのOPの歌は男を感じますね!
いきなり人としての生き方を問われるわけです、お子様時分に!

男だったら2、3人、ギャバンダイナミックをかましたい輩がいるもんです。
2012.07.07 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>よだれいぬさん
うそん、さすがに年下じゃないでしょ!
私だってギャバンはギリギリですよ。
むしろ、バビロスのシューティングフォーメーションで社屋ごと吹き飛ばしたい感じです。
2012.07.09 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.07.10 | # [edit]
管理人 さんのコメント...
>秘密さん
それは思ったよりも若かったってことでいいんですよね!ねっ!
レバニラはどうだろ?一応75℃で1分加熱が目安らしいですよ。
どこも薄く削いでるから、火も通りやすいはずなんだけどね。
2012.07.11 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。