ただいまー! - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

ただいまー!

とある北の地での支援活動を一段落させて、
この度、無事に横浜へ帰着いたしました。

熱中症をバリバリ量産する強火の日差しにローストされ、
こんがりと焼豚になって帰ってきましたが・・・

なぜか脂身は落ちていません!

どんな過酷な生活環境におかれていても、
デブとしてのアイデンティティをかたくなに守り続ける
自分の身体が恨めしいわ!もはや生命の神秘じゃん!?

皆さんには突然のサイト休止でご心配をおかけしましたね。

今回はネット環境も確保できていたので、
ストック分を流しながら、こっそり両立させるつもりでしたが、
先方の広報やらも含め担当していたので、全く余裕がありませんでした。

ネット巡回も全く出来ておらず、すっかり浦島太郎っす。
後で横浜B級グルメの最新情報を教えてくれぃ!

DSCF3226.jpg

冒頭で活動が一段落と書きましたが、
どの被災地域でも、大規模な支援活動にはある程度の目処がつき、
徐々に参加者の受け入れを制限し始めているところです。

ただ、それは我々素人でも手伝える支援が
だいぶ落ち着いてきたというだけのこと。

震災から四ヶ月が過ぎた今でも、瓦礫は撤去されておらず、
電気や水道のライフラインが復旧していない地域もあります。

暑くて狭い避難所や、ヘドロの残る自宅の二階で暮らされている方は、
皆さんが想像しているよりも遥かに多く存在するのです。

復旧というよりは、ひどい生活にも慣れてしまったような状況。

被災地では今後も先の見えない泥沼の暮らしが続いていきます・・・

DSCF3217.jpg

ぶっちゃけ、被災者に必要なのは”お金”の一択。

もちろん、失われた人や家はもう二度と戻ってきませんが、
ゼロやマイナスからでも新しい生活を歩み出していくため、
まずは職と収入が確保されなければなりません。

しかし、自治体の緊急雇用ですら、
十万にも届かない給与しかもらえない現実があります。

震災後、全国で”祈り”や”願い””想い”が量産されましたが、
そんなものはちっとも現地に届きませんし、飯の種にはなりません。

もっともっと現実的な施策や支援が必要なのです。

DSCF2907.jpg

現地では神奈川県から派遣された隊のお世話もしましたが、
とりあえず、奴らのせいでどんだけ頭を下げたことか!

もちろん、参加者の皆さんは頑張り過ぎるほど頑張ってくれて、
被災地を助ける大きな力になってくださいました。

むしろ派遣元がグダグダなんだと思います。
現場からの要請を無視したり、被災地でニーズを拾うことしない団体が、
今さら「かながわから、私たちにできることを考える」とか、片腹痛いわな!

すでに2桁回数もボラバスを送ってるのに、現地とのパイプが無いとか、
ただでさえ他団体より練度が低いのに、なかなか経験を蓄積していかないとか・・・

このまま一週間説教をしても足りないくらいですが、それはまた別の機会に。

ただ、三浦半島も地震ヤバい認定を受けたというタイミングに、
県下レベルですら、まともな災害支援コーディネーターが居ないという、
恐ろしい状況を目の当たりにしたわけです。

これは我々の身近な危機だと思います。

DSCF2859.jpg

もう少しで夏休みも始まり、
何らかの支援活動に参加したい方も多いのではないでしょうか?

でも、この時期にしか時間がとれないというのは参加者の一方的な都合です。

ボランティアの需要はすでに落ち着いていますので、
現地からの情報発信をこまめにチェックして、
おしかけにならないようにするのが大原則です。

物品に関しても、バラマキの段階はとっくに過ぎていますので、
局地的な”足りない”発信に踊らされないようご注意ください。

ちなみに人海戦術でガレキやヘドロを片付ける段階の後、
次の支援のキーワードは”コミニケーション”です。

津波で崩壊してしまった地域の再生や、
被災者が寄せ集められる仮設住宅での新たなコミニティの構築を
遠方からどのように支援していくかが課題です。

これは今までのように身体一つで飛び込めばいいものでなく、
現地との綿密な折衝や、様々な準備が必要になります。

ワールドうんたらで
そのへんの知恵を出し合うのはいいことかもしれませんね。

個人的にはできるだけ多くの人に被災現場を見て欲しい、
大災害の悲劇を自分の肌で感じて欲しいという気持ちがあります。

きっかけは観光でもかまいませんので、
一度、東北へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

変換 ~ DSCF3170

滞在中、私のチームだけでも万を越える参加者の仲介をしてきました。

たくさんの出会いと別れがありました。

皆さん、遠方より何時間も車を飛ばしてきてくれた後、
危険で汚い重労働を、嫌な顔せず手伝ってくれる方々ばかり。

本当にありがたくて、涙が出ることも多かったです。

私自身も早朝から深夜まで多忙に過ごしましたが、
そうした善意を繋ぐ仕事に負担は感じませんでした。

ただ、シビアに見れば支援活動に参加してくれるのは、
県民や国民の0.001%にも満たないのではないでしょうか?

もちろん税金等で皆が支援の負担を負うことになります。

しかし、精神的にも金銭的にも大きすぎる被害を被った人々が、
同じ国内に10万人単位で存在することを忘れないでください。

そして、機会があったら、是非、力になってあげて欲しいと思います。

スポンサーリンク

60 Comments

ふ゛り さんのコメント...
何がしかの力になれるほんまさんが帰ってきて、お疲れさまと申し上げる次第です。

あちらでは別人28号の本名の人としてご活躍されたことと思います。
こちらではまた食べる幸せをお伝えください。
2011.07.16 | #qbIq4rIg [edit]
tamtam さんのコメント...
無事にお帰りになられたようで良かったです。
blogの再開を楽しみにしています!
2011.07.16 | #CWUURYHQ [edit]
長者町の豚 さんのコメント...
被災地の支援活動に行かれてたのですね。頭が下がります。
レポートを隅々まで拝見しました。
「かながわから、私たちにできることを考える」・・・恥ずかしい。
2011.07.16 | #- [edit]
とも2 さんのコメント...
無事のご帰還!なによりデス♪
イロイロとご苦労があったと思いますが、ほんまサンの活動が被災された皆さん、そしてボランティアの皆さんに力を与えたと信じております。
さらに願わくば小役人どもも少しでも感化されてくれればよいのですが…
まずは、ゆっくり休んで栄養をつけて下さいませ。

ところで「嫁」は?
2011.07.16 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.16 | # [edit]
BDR529 さんのコメント...
おつかれサマンサフォックス!
2011.07.16 | #SFo5/nok [edit]
SIG さんのコメント...
お帰り、無事で何より。
2011.07.16 | #- [edit]
enoki124 さんのコメント...
お帰りなさい。
2011.07.16 | #TsLsW45E [edit]
ミサイル超獣 さんのコメント...
おつかれさまです。
ほんまさんが向こうでご活躍なさってる間にも、すぐには思い出せないくらいの多くのお店が畳まれ、幾許かのお店が新たに開きました。
……新たに開いたのってまたもやインド・ネパール料理屋ばかりのような気もしますが…。
2011.07.16 | #gpPih1yM [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.16 | # [edit]
玖珠 さんのコメント...
大変お疲れ様な事でした。
ゆっくり体を休めて疲れを取って下さいね。
2011.07.16 | #3fP8K/.I [edit]
ヨダレイヌ さんのコメント...
ガンガン声を上げて役所のおっさんのケツを叩いてください。
2011.07.16 | #- [edit]
nao さんのコメント...
ほんまさん帰ってきてるーーー!

突然すみません、初めましてですね。
1年ほど前からでしょうか、ちょくちょくと拝見させて頂いておりました。

ブログが更新されたのが嬉しくて思わず初コメ。
無事で帰られて何よりです。
ゆっくり体を休めてくださいね。
2011.07.16 | #5aYaEoR6 [edit]
みよ太 さんのコメント...
ほんまさんが帰ってきてウレシイ!ゆっくり休んでください。
2011.07.16 | #- [edit]
シュール・リー さんのコメント...
おかえりなさーい。
想像力の問題でしょうね。
もしもその事が自分にふりかかったら。
(だから現地に行く事が大切なのかもしれない。)

そう思ったら何か知恵を絞れるはず。
私みたいなobachanでも。

とにかく、お疲れさまです。
しっかり栄養を摂って、身心を休めてくださいね。
2011.07.16 | #oyD4ODho [edit]
たまち さんのコメント...
お帰りなさい。
長期の復興支援のご尽力、大変お疲れさまでした。
2011.07.16 | #/0GpaHfE [edit]
八百屋のお七 さんのコメント...
ご無沙汰でございます。

ほんまさん、被災地に行かれたのですね。
言葉が出ないです…。
色々と本当にお疲れ様です。

この記事を読みながら旦那に東北へ連れてってくれないかと
話していました。
ほんまさんのおっしゃる通りに一度行ってみた方がいいな…と直感的に思いました。
2011.07.16 | #- [edit]
にゃんこ さんのコメント...
おかえりなさい~ =^^=
そして、お疲れ様です。

お土産いっぱい?
2011.07.16 | #- [edit]
コネホ さんのコメント...
おかえりなさーい!
実際に行動するとこが「アンタはエラいっ!!」

被災者の方々の生活改善や、生産物/農家の牛ちゃん達にも
まだまだ問題山積の現状はありますが、
ほんまさんにとってステキな思い出の夏になりますよーに!
お疲れサマー!
2011.07.17 | #NkOZRVVI [edit]
レモン さんのコメント...
横浜ですか。お兄さんの住所でてきました。大丈夫ですか。大変ですね。
復興支援大変だとおもいます。
またお電話おにたさんにするので、
頑張ってください。傘ありがとう
2011.07.17 | #- [edit]
baddydog さんのコメント...
恰幅さん、お帰りなさい
お疲れ様でした
自分の生活に手いっぱいで、何もできていない
自分がコメントをして良いのか?と考えてしまいましたが、恰幅さんのブログを見て書かずにいられませんでした
今後も、自分は現地に赴いて作業をする等のサポートは
出来ないかもしれませんが、恰幅さんのメッセージを
参照にして、まだまだまだ被災されている方は沢山いる
という事を肝に銘じて、出来る事をやってゆきたいと考えました。
2011.07.17 | #- [edit]
アリーマ さんのコメント...
おお!おかえりなさい♪
楽しい新婚りょこ・・・げふげふ。

冗談はさておき、現実的で実際的なご発信には頭が下がります。
お疲れさまでした。

まずは山盛りウマイモンでも食って、脂肪層を上積みしてね♪
2011.07.17 | #- [edit]
アンボーイズ さんのコメント...
お疲れさまでした。
帰ってきてまだ興奮冷めやらずというところなのでしょうが、経験した者が経験のない者に向かって文句を言うのは簡単。
大切なのは「あなたが」それをどう変えるかです。
2011.07.17 | #G1dS8Zog [edit]
浦島太郎 さんのコメント...
直接震災の被害者ではない人は感じ方が様々で、4ヶ月経った今、段々と温度差が広がっていますね。
私の職場である映像業界ではまったく話題に上らなくなりました。
支援ボランティア、お疲れさまでした。
いろいろ不満もあるでしょうが、ほんまさんの人生において貴重な経験になった事は間違いないでしょう。
何かの役に立つ時がきっと来るはずです。
2011.07.17 | #- [edit]
火星人 さんのコメント...
お疲れ様でした!!
美味しいものいっぱい食べて疲労回復して下さいね。
被災地もまだまだ大変ですが、横浜が被災したときには、ホンマさんがみんなの非常食ホンマさんの経験に学びたいと思います。
2011.07.17 | #- [edit]
かんべえ さんのコメント...
おかえりなさい!

 レポート、じっくり拝見しました。ほんとうにおつかれさまでした。
 ほんまさんほど濃密でしかも長い貢献はむずかしいのですが、8月に一度被災地に行く&東北でお金を使うつもりでおります。ほんまさんからのアドバイスも胸に刻んでいきます。 
2011.07.17 | #Z2xPojP6 [edit]
なんちゃって職人 さんのコメント...
やはり、かの地へ行かれていたのですね。
自分は被災地への金銭的な支援のみにさせていただきましたが、貴殿自ら現地に赴き支援活動に従事されたこと敬服いたします。

「かながわから~」
なに言ってんだ? ほざいてろ、ボケが!
やはり、スっとぼけた派遣元の体たらくさにも大いに問題ありですな。振り返りとしてのレポートもアップ願います。

今は身体を休ませて下さい。
お疲れ様でした。

2011.07.17 | #Wa8vY8KE [edit]
ガオ さんのコメント...
おかえりなさい!
頭が下がります。
本当に本当にお疲れ様でした。
2011.07.18 | #tHX44QXM [edit]
ゆうこざる さんのコメント...
震災のことばかりやっているように見える報道も、
惰性化しているように写る今日この頃。
ほんまさんのレポートは、具体的で目が覚めました。
テレビや新聞の画面や記事が、全てとつい認識しがちです。
身をもって行動したほんまさんには頭が下がります。

やはり「カネ」ですよね。
本当にそう思います。「命だけでも助かってよかった」だけでは、生活はつらい時期になっていると思います。
赤○字に集まった義捐金が早くそういう人たちの手元に届くように、早く手続きしてほしいもんです。

本当に1gも落ちなかったのですか。
超省エネ体質なんでしょうかね。
ほんまさんの貯エネルギーを本気で発散できたら
南区くらいの電力は賄えるのでは????










2011.07.18 | #- [edit]
酔華 さんのコメント...
2ヶ月間の支援活動、お疲れ様でした。
これからは旨いもん食って、休養しながら、被災地の情報を発信してください。
マスコミが報道していない、我々があまり知らない情報を。
2011.07.18 | #ddR3FFao [edit]
管理人 さんのコメント...
>ふ゛りさん
私だから力になれるのではなく、
誰でも、どこにいても力になれるものなのですよ。

>tamtamさん
ストック分や旅行記を更新してから、
新たなる食べ歩きを始めたいと思います!

>長者町の豚さん
毎度おなじみのイベント屋たちが絡むと、
どうしても的はずれな動きになってしまいますよね。

>とも2さん
すぐ隣にすばらしい動きをしてる大田区などがあるだけに、
地元の不甲斐なさが目立ちますね。
それでも神奈川はまだマシな方で、横浜などは動き出したのが震災3ヶ月半後って・・・アホかと。

>秘密のお方
目の前で何人もの命が消えた震災のショックで、
精神的にどうにもならなくなっている方が大勢居ます。
とりあえず、被災者を雇えばいいというやっつけではなく、仕事に耐えうるのかどうか、採用の際にしっかり見極めをしなくてはならないと思います。

>BDR529さん
ただ今村昌平!

>SIGさん
被災地ダイエットは果たせず!

>enoki124さん
た大丸百貨店!

>ミサイル超獣さん
飲食業界はほんとうに厳しい世界ですね。
ステキが増えていればいいのですが、
良店がなく練っていくペースのほうが速そうですね。
2011.07.18 | #- [edit]
ゴン太 さんのコメント...
 被災地からのご帰還、お疲れ様でした。

 現地にいなくては分からない事が多々ありそうですね。

 しかし、こういう場で言うのは気が引けますが、大胆な対策を執らないと福島はにっちもさっちもいかなくなる気がします。

 嫌な表現ですが、内部被爆した肉牛を出荷した件でも福島の対する対応が変化してきます。

 ともかく、放射能さえ何とかなれば復興も早いのですがね…。
2011.07.18 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>秘密のお方②
出来る限りは頑張りましたが
活動すればするほど、無力感が積もりますね。

>玖珠さん
ガンガン寝まくっています!

>ヨダレイヌさん
ケツを叩く相手は県や市の社協と、
災害ボランティアネットの爺さんたちです。
備えとやらが全く機能していません。

>naoさん
グダグダの更新でスミマセヌ。
お陰さまでメタボリックバディは維持していますので、
早期復活を目指します!

>みよ太さん
ゆっくり休みたいですが、暑すぎるぜ!横浜!!

>シュール・リーさん
いや、遠くで勝手な想像を膨らませる前に、
被災地から生の要望を拾い、それを解決すべく動くべきなのではないでしょうか?
何百人で無為な話し合いをするくらいなら、数人でも現場に派遣すればいいのにって思うな。

>たまちさん
本人はそんなに苦労していませんので、ご心配なく。

>八百屋のお七さん
観光禁止、写真禁止をうたっているところもありますが、
地元の人に聞くと出来る限り多くの皆さんにこの光景を見て欲しいという意見が多いです。
街は日々綺麗になっていますが、未だにショックを受けるような風景は残っていますよ。

>にゃんこさん
お腹まわりに、持っていった荷物がそのまま残っています。

>コネホさん
素敵な出会いは一切なかったです!!!
知り合ったのはおっさんばかり!!

>レモンさん
多分人違いじゃなかろうか?
傘とか、さっぱりわかりません??

>baddydogさん
ひとりの人間が出来る支援は限られています。
無理をせず、できる範囲のことを行えばそれでOKです。
ただ、その限られたお金、時間をロクでもない活動に浪費しないことが大事なんじゃないかと思います。

>アリーマさん
現地でブログを観ている知人にヘラヘラ笑われましたよ!
あれ~新婚旅行じゃなかったの~とか!!!
うっさいわ!!!

>アンボーイズさん
この程度の抑えた内容で興奮しているように思えるのなら、それこそが横浜と被災地の温度差なのだと思います。
また、私が嫌味を言ってるのは未経験者を動かしている立場の方々。そして、自分で彼らを差配するために現地へ行っているのですから、ご指摘は的はずれです。

>浦島太郎さん
被災地と横浜を繋ぐ窓はマスコミしかありませんからね。
風化は仕方のないことだと思います。
我々も常に被災者の生活を背負っていくことはできませんから、忘れることも、慣れることも大事なのだと思います。
ただ、たまには思い出して、力になってあげてほしいです。
2011.07.18 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>火星人さん
非常時には自然と身を寄せ合う関係が生まれますので、
地域や防災組織がどうのこうのという部分は心配していませんが、この圧倒的な人口を養う物資と避難所のスペースの問題はいかんともしがたいのではないかと思います。
私のお肉は栄養バランスが悪いですよ!

>かんべえさん
同じ県といっても観光やおみやげの生産ができる場所は被災地域以外のことが多く、必ずしも困っているところにお金を落とすことにはならないんですよね。
ただ、風評被害も多く、大変なことは事実らしいので。ガッツリ遊んできてください!

>なんちゃって職人さん
震災を機に存在感を示したい企業や団体も多く、被災者のために何をしなければならないかではなく、自分たちが何をしたいか、何が出来るかという視点でのみ動くため、使えないハンパ企画が乱立してしまいます。
適切なコーディネートの重要性を痛感します。

>ガオさん
好きでやってることなので、負担は少ないんですよ。

>ゆうこざるさん
はじめは10kgくらい落ちたのですが・・・ザ・リバウンド!帰り道の食べ歩きで完全復活ですね。
義援金は全壊家屋へ35万円でしたっけ?それでも無いよりはましですが、必要な額を考えると桁が違いますよね。

>酔華さん
現地からは随時発信していたのですが、
帰って以降は情報もどんどん古くなるだけなので、
当ブログで被災地の話題を語るのは難しいかもしれませんね。

>ゴン太さん
津波被害は一過性のものですが、
放射能被害はこれから先ずっと続いていきますからね。
我々の守備範囲をはるかに超える深刻な問題だと思います。

2011.07.18 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.18 | # [edit]
erima さんのコメント...
おかえりなさいませ。
本当にお疲れ様でした。

現地からお帰りになる方々の話を伺うたび、
皆さんが共通しておっしゃる、
「温度差」について考えます。

ちなみに、ほんま様ご不在の間に、
うちの焼き豚は10キロ痩せ、
私のデヴ専ゴコロは行き場を失い暴走中!

まずはゆっくり休まれ、食べ歩き
新たな脂肪層をお育て下さいませ。
野毛にもまた、新しいお店がポツポツ出来ましたよ。
2011.07.18 | #JGOU/2MI [edit]
teru さんのコメント...
おかえりなさいませ~。おつかれさまでした。

食ネタもお待ちしておりますが、被災地のボランティアの状況もいろいろと教えていただけると助かります~。

(一応寄付はしておりますが)被災地に行ってボランティアすべきかどうか?実際行って役に立つのか?とか、会社勤めだと土日や長期連休が取れるときしか行けないので短期だと嫌がられないか…?、など、躊躇している人は多いはずなので。
2011.07.18 | #- [edit]
sun さんのコメント...
お帰りなさい&お疲れ様でした。

被災地の情報も日一日と報道されなくなってきたように思います。

TVで毎日聞く「元気を与える」発言には食傷気味。

こちらで被災地のリアルな様子を伝えていただきたいです。


2011.07.19 | #- [edit]
ぺりお さんのコメント...
ひとまず、本当にお疲れさまでした。

そうですか。やっぱり「金」なんですか。
まあ、当たり前ですが。

「思い」やら「励まし」もそれはそれで必要なものだとは思いますが。

人は嫌な事は忘れたいイキモノだと思います。
「忘れたふり」だけはしたくないと思っています。

その為にも是非レポートお待ちしています。
2011.07.19 | #- [edit]
メイ さんのコメント...
おかえりなさい!
リバウンドご無事でなによりです。
ほんま家の皆様も、お元気でしょうか?

グルメ情報もとっても楽しみですが、
報道されない生の怒りの声など、もっとお聞かせください。
今後ともよろしくお願いいたします。


2011.07.19 | #QMHXpiLo [edit]
管理人 さんのコメント...
>秘密のお方③
災害支援にもいろいろな活動がありますが、
専門性がなくとも貢献できる機会はたくさんありますね。 
働き盛りの世代がもっともっと参加しやすい環境が整えば、
全体がレベルアップできるかもしれませんね。

>erimaさん
デブ専の心のオアシスとして体型維持に努めましたよ!?
温度差というのは、首都圏と被災地、県庁と被災自治体、被害地域と非被災地域、現地本部と実務担当、全ての間に存在します。
やはり被災との距離に応じて、どんどん鈍くなっていくもので、仕方のないことだとも思います。ただ、横浜でロクでもない動きをして悦に入ってる奴らを見るとげんなりするのは確かです。

>teruさん
ボランティアに関しては記事に書いた通り、
現場からの発信を注意深く追うことしかアドバイスはありません。
個人が短期で動くなら、神奈川や横浜の社協が運営するボラバスに参加するのが手っ取り早いと思います。安いし。

>sunさん
”祈り”や”願い”ほど無責任で自己満足な言葉はないと思います。
励ましや元気づけを本気で考えるなら、被災者の心にしっかり届かなくては意味がありません。中身の伴わない軽々しい言葉を発するだけでは何の効果もないと思います。

>ぺりおさん
一番必要なのは間違いなく金でしょうね。
もちろん人々の支えは大きな力ですが、
そんな支えだけでは生きていけないのも現実です。

>メイさん
生の怒りですか。
実はそんなに多くないんですよね。
基本的には皆の善意に囲まれた環境で過ごしていましたから。
あえて苦言を呈しているのはおそらく当事者が読んでいるからです。その他、改善が必要な所にはちゃんとしたルートでフィードバックします。
2011.07.19 | #- [edit]
アンボーイズ さんのコメント...
書き方が悪かったですね。気に障りましたか。ごめんなさい。
あなたの怒りが送り込んだ側に向かっていることはわかっていますよ。私もあなたと同様この地に来て今日で4か月になりますから。それに、あなたが敵地と言っている学び舎で4年間を過ごしましたから、ある程度の理解力はあるつもりです。
でも、不満があるんだったら自分で変えなきゃ何も変わらないことをこの地で学びませんでしたか。役所が悪いとか送り込んだ側が悪いと愚痴っていても何も変わらない。赤ちょうちんのサラリーマンとおなじです。いや、あなたがおっしゃる通り、この地とこのブログを見ている人の間にはとてつもない温度差がありますから、ここであなたがいくら叫んでも動いてくれる人はいないんです。それがわかっているあなたはサラリーマンよりたちが悪いかもしれませんね。
気がついた者が被災者の方々や後から来る者のために変えておかなきゃならないんです。それができなきゃ偉そうなこと言わずに黙って作業してろ!って感じています。
2011.07.19 | #G1dS8Zog [edit]
管理人 さんのコメント...

ごめんなさい。

この地とか?敵地とか?学び舎とか?
一体どこから出てきたお話なんでしょうか?
あなたの中では完結されているのかもしれませんが、
書き方以前に私にはさっぱり話が通ってません。

どなたかと勘違いされていませんか?

とりあえず、自分で動かなければ何も始まらないという点はおっしゃる通りだと思いますが、自分だけ動いても何も始まらないのもまた基本。周囲に広く訴え、大きく巻き込んでいく必要がありますよね。

そういった意味では、達観したていで目前の活動のみに没入する人間は偉くもなんとも無く、たとえ長期間、身体を張っても成果はたかが知れていると思います。

災害支援を行う際に社協なり自治体なりは無視することのできない組織です。彼らに強力していくのが大前提ですが、その際に内部の膿はできるだけ潰していかなくては、被災者のためにも支援者のためにもなりません。

私はすでに帰着した身ですので、当座は被災地に影響を及ぼすことはありません。ただ、次回のため、せめて自分の地元の組織だけでも何とかしたいと考えています。

そもそも現地で私が何を変え、何を変えられなかったのか、
これから先どのように動いていくのかご存知の上でのご意見なのでしょうか?

どういう素性の方か全くわかりませんが、繋がりの無い人間が、私個人のブログに来て、記事にどうこう言われても戸惑うだけですね。
2011.07.19 | #- [edit]
とっきー さんのコメント...
すごいですね、頭が下がる思いです。本当にお疲れさまでした。
2011.07.20 | #- [edit]
たkaし さんのコメント...
グルメリポートをしているほんまさんも被災地支援しているほんまさんも、両方ともほんまさんです。
私にはグルメ側の話題についていくことしかできませんが、ほんまさんらしく頑張ってくださいね
2011.07.20 | #vF6NeGQU [edit]
バス さんのコメント...
こちらアメリカ、テレビのニュースを見ても福島についての報道は全くありません。ホンマさんが実際に体験したレポートを読んで、改めていろいろと考えさせられました。

これから最も必要な「お金」、私も震災発生時に小額ながら日本赤十字に募金をしました。こちらでも在米日本人が協力しあい、様々なチャリティーイベント・義援金集めが開催されました。この後に及んで「被災地に千羽鶴を送ろう」なんてトンチンカンなものもありましたが・・・。

「ホンマさんファンクラブ」に入ったつもりでこれからも毎月、小額ながらも募金を続けようと思います。ファンクラブの特典として、ホンマさんが備蓄している脂肪でももらいましょうかね(絶対にいらないけど)。
2011.07.20 | #./Rxg09Q [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.20 | # [edit]
管理人 さんのコメント...
>とっきーさん
いや、自分で望んでやっていることなので、
ちっとも負担にはならないのですよ。
特に無理もしてませんし。

>たkaしさん
皆さんも同じでしょうが、人にはいろんな顔や表情があるのではないでしょうか。今後は私もグルメ側で頑張りたいと思いまふ。

>バスさん
ファンクラブ年会費はアメリカンギャルのキッスでも代納可能なことをまずお伝えしたいと思います。
たとえ僅かな金額でも、被災者のためになるのは確実です。立派な支援だと思いますよ。

>秘密のお方④
おっしゃるとおり。
肉眼に刻み込まれる光景、自分の身体で感じる経験は、映像や文章の比ではないと思います。機会があればぜひ。
2011.07.20 | #- [edit]
吉野 さんのコメント...
おかえり
2011.07.21 | #- [edit]
横 さんのコメント...
お疲れ様です!やっぱり写真であってもガレキとかを見るのは辛いですね~…

>個人的にはできるだけ多くの人に被災現場を見て欲しい、
>大災害の悲劇を自分の肌で感じて欲しいという気持ちがあります。

>きっかけは観光でもかまいませんので、
>一度、東北へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

迂闊に行ってしまって邪魔になっては申し訳ないと思っていたのですが…
大丈夫なんですかね…(><;)
2011.07.21 | #- [edit]
沙羅双樹 さんのコメント...
ちょっと、チェックを怠っている間に、サイトが開いているので驚きました。
そうですか、被災地に行かれていたのですね。
本当にお疲れ様でした。そして、その志に敬意を払います。
被災された方たちは失ったものも多いけど、きっと得たものもたくさんあると思うので、そんな気持ちを含めて、、
東北の美味しいお酒とか、食べ物を頂きながら、私がいる恵まれた環境に感謝しながら、ありがたく食べ物支援で行こうと思います。

文章では伝えにくい被災地の匂いと害虫が、とても大変だと岩手の友人に聞きました。
ほんまさんの目線で、感じたままをどうぞお知らせください。
これからのブログを期待しています。頑張ってね。
(長々失礼しました)
2011.07.22 | #JalddpaA [edit]
管理人 さんのコメント...
>吉野さん
ただいま~

>横さん
邪魔にならないように行って、
迂闊なことをしなければいいのだと思います。
慰霊の気持ちと節度があれば、相手にもわかりますよ。

>沙羅双樹さん
確かに失ったものもあれば、得たものもありますでしょう。しかし、後者の比率は絶望的なくらい少なくて、それでも良かったね的な結末には程遠いのが現実ですよ。
私のいたところは魚の匂いこそ少なかったですが、ヘドロの臭いやハエなどの大量発生はありました。空気も悪く、街中を走ると粘膜がヒリヒリしました。
2011.07.22 | #- [edit]
Di さんのコメント...
2ヶ月間北の地で支援活動をされていたんですね。
どうかどうか休養をしっかり取って身体に大切な
栄養をつけてください。

私は微力ですが
私に出来る事をします。

こんなときですが
私が大好きな横浜B級グルメblogの復活
めっちゃ嬉しいです。


2011.08.02 | #DCRLeAs. [edit]
管理人 さんのコメント...
ありがとうございます。
皆さんのアドバイスに従い、栄養をとった結果、
すっかりメタボリックな体型に戻っております!
ねぇ!これで本当によかったの???!
2011.08.02 | #- [edit]
さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.08.07 | # [edit]
管理人 さんのコメント...
災害ボランティアの現場では企業や団体など、
既存の組織を持ち込んだ上で活動に当たる場合もあります。

ただ、年齢、性別、経験、バックボーン、
全てがバラバラな人員がその日の朝に初めて顔を合わせ、
そのまま現場へ向かうというような状況が多いです。

当然、明確な指揮系統や上下関係はなく、
単に声の大きな人間が頭を取ることもしばしば。

そのような不安定なチームをいかに運用するか、

実のところ素晴らしいノウハウがあるわけではなく、
不備や欠点を参加者それぞれの気配りや機転で埋めながら、
かろうじて形を保っていると言ってもいいかもしれません。

それができるのは最低限、皆の中にに
「被災者の助けになろう」という共通認識があるからです。

もっとも、これは目的が一緒というほど統一されているわけではなく、大まかに目指す方角が一緒というくらいの認識が正しいのかな?

目的地も経路も手段も人によってバラバラだったりします。

チームを運用する側に関しても状況は変わらず、
1週間程度のサイクルで頻繁に入れ替わりがあり、
能力も適正も性格も様々な素人が集まります。

肩書きもなく、雇用や契約などの縛りがない状況下で、
烏合の衆相手に、いかに適切な運用を行っていくかは本当に難しく、リーダーシップを発揮するためには、強固な意志と精神力が必要かもしれません。

どちらかというと野性の群れを率いるような感覚の
なかなか面白い集団だと思いますよ。
2011.08.08 | #- [edit]
名もなきデブ さんのコメント...
東北を馬鹿にしてるなら
偉そうな事言わないでくれ
お前みたいな奴に来てほしい訳じゃない
2011.08.21 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
馬鹿にしてるとか、偉そうとか、
具体性の無いこと言われてもねぇ。
頭の中に恨み妬みが渦巻いていてどうしようもないのかもしれないけど、こんな目的のために被災者を名乗るのは最低だと思うよ。別の方法考えなよ。
2011.08.21 | #- [edit]
秘密の⑤ さんのコメント...
すごく真剣な返答有難う。数ヶ月たちますが、まだはっきりとした意見は返せません。もうここは誰も見ていないのかもしれないですが、私にとっては貴重な情報です。人々にとって色々な温度差(良くも悪くも)を実感させられました。まだまだ考えて行きたいと思っていますが、取り合えず次に書き込む時には近所のグルメ情報と言う事にします。楽しく食べる事は、何より大切ですよね。
2011.10.06 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
その後の処理も一段落して、
私自身の意識もずいぶん遠くなっていますよ。

遠い世界のこと、他者の苦しみや悲しみだけでなく、時には幸福や喜びを切り離すこと、忘れていくことによって、自分の生活を保っていられる部分もあるのではないでしょうか。

こうした活動を行うのも人格や意識の高さ以上に、偶然のめぐり合わせみたいな要素が大きく、必ずしもその人の善性の評価には繋がらないと思います。
2011.10.08 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。