京都・三条「篠田屋」の皿盛というメニュー - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

京都・三条「篠田屋」の皿盛というメニュー

さて、当ブログもここいらで本来のダルい姿に戻っておきましょうか。

先日、ちらっと京都に行ってきたのです。

皆様もすっかりお忘れですよね。
当事者である私からして、旅行内容をさっぱり思い出せねぇんだからサ!

最近、海馬の萎縮がパネェ域に達しているよな・・・

110307 701

いやいや、京都のお店ですよ。間違いなく。

しかも京阪の主力たる三条駅ビルのすぐお隣のお店。
目の前はオサレに再開発され(失敗し)たKYOUENですから!

残っているんですね~ 
京都にもこんなコテコテな食堂が。

110307 705

皿盛という名物メニュー。

いわゆるカツカレーなのですが、
カレールーが、お蕎麦屋さんで出てくるカレー南蛮の餡なのよ!

お出汁のきいたさっぱり後口でありながら、ピリっと刺激的。
いわゆるカレー丼とはまったくの別の京風B級グルメなの。

今、ビミョーって思ったあなた!

食ってみな!これが不思議と旨いんだから!

このお店は雰囲気も渋すぎるほど渋いし、
他にも魅力的なBメニューがいくつかあるので、オススメ。


色々とままならない旅だったので、食の収穫は少ないのですが、
2,3の観光ネタも含め、他店のレポもボチボチまとめていく予定です。

ぬるい視線で見守っていただければと思いまふ。

スポンサーリンク

11 Comments

みっちゃん さんのコメント...

 舞妓さんは登場するんですかっ!
 
 
 
2011.03.26 | #- [edit]
ふ゛り さんのコメント...
と言っても、眺める私たちのメがナマってしまったからであります。
さてさて、街へでましょうかね。
2011.03.26 | #qbIq4rIg [edit]
ともえ さんのコメント...
こんばんは。
なかなか興味をそそられる姿ですね。気になる。

そういえば、職場の同僚が、同居の祖父母用のカレーは、ルーを使わず、出汁にカレー風味で片栗粉であんかけ状になってますと言っていたのですが、カレールーができる前の日本のカレーはこういうものだったのかしらん?
2011.03.26 | #cFI8uWU6 [edit]
kimcafe さんのコメント...
昨年のゴールデンウィークの京都行きで発見した店なんです
これは大発見とほくそ笑んでいたんですが、ご存じだったとはさすがでございますね
私も今年中にはトライしたいです(^^ゞ
2011.03.27 | #64owOXpE [edit]
佐野 次郎 さんのコメント...
こんな料理があるんですね。京都生まれの私ですが、まったく知らなかった。
鴨川沿いを走っていた京阪電車に気をとられて気が付かなかったのでしょう。
餡っていうものはそそられるものです。こんなカツカレーがあるんですね。素晴らしい。
2011.03.27 | #- [edit]
酔華 さんのコメント...
見た感じ、中華料理の甘酢餡みたいですね。
これがカレーとはビックリしました。
京都は「きつね」と「たぬき」も関東とは違うとか…
興味ある町です。
2011.03.27 | #ddR3FFao [edit]
管理人 さんのコメント...
>みっちゃんさん
ちらっと見たよ!

>ふ゛りさん
ナマってますか。
でも、鈍感になれるからこそ、
この世界の中で変わらぬ毎日を生きていけるのですよ。

>ともえさん
和風カレーというものもありますが、
突き詰めるとこんなものになるのかと思います。
その老人食は近いと思う。

>kimcafeさん
まさか散歩中に見つけたんですか??すごい嗅覚だ!
ぜひお腹を減らして、中華そばやにしん蕎麦と一緒に試してみてください!食べ逃したのが心残りで・・・

>佐野次郎さん
この店のオリジナルらしいので、京都名物というわけではないようですね。他のお蕎麦屋さんもやればいいのになぁ。

>酔華さん
改めて考えると、中華のあんかけご飯物のように、
和だしのあんかけご飯があってもいいのですよね。
雅なイメージですが、京都の大衆文化は実のところコテコテなんじゃないかと思います。次回はちゃんと調査したいなぁ。
2011.03.27 | #- [edit]
Can☆ さんのコメント...
カレーそばが好物の身としては、和風味のカレー気になります!
餡のとろみ加減がいいですなぁ~(じゅるっ)
2011.03.28 | #pOzCPZHc [edit]
ばかぼん さんのコメント...
旨そう、、
とんかつにはこの餡のほうが合う気がします。
普通のカレールーってとんかつには濃すぎですよね。
いや、、それでもお店に、カレーとカツカレーがあるとカツカレー頼んじゃうんですがね。
2011.03.29 | #9qBN96OM [edit]
雅 さんのコメント...
篠田屋さんだけでなく、渋いお店はまだまだ営まれてます。
三条通りを蹴上に向かう間にも見つける事ができますし、
京都駅七条口にあるふく井さんも結構な佇まいです。
勿論、木屋町や寺町、六角でも営業されてます。
平安の頃より、京都は新旧が歪に存在するグロテスクな町ですね。
2011.03.29 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>Can☆さん
こっちのカレー南蛮のバランスともちょっと違うのよ。
おダシ寄りのあっさり仕上げ。

>ばかぼんさん
私もカレーにかつでも乗せときゃカツカレーだろって流れには断固異議を唱えたい派なんです。合うルーと合わないルーがあるよね。これは合います!

>雅さん
京都にはハレのお店がたくさんあるので、それだけでもとても追いきれないですが、我々の目には入りにくい普段使いのお店も奥深いんだろうなぁと思っています。数日歩くくらいではとてもフォローできないのですが、いつかゆっくり回ってみたいですね。
2011.03.29 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。