「マチェーテ」は予告編が一番面白かったわ - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

「マチェーテ」は予告編が一番面白かったわ

「グラインドハウス」で流れた嘘の予告編を実際に撮っちゃった作品。

試写会どころか、公開してたことにも気がつかず、
最終日に滑り込んだクチなので、すっかり手遅れだよね。
まぁ、ツタヤで選ぶときにでも思い出してくれよ。

005.jpg

裏「エクスペンダブルズ」って感じの豪華出演陣!
ドン・ジョンソンが悪役って!!珍しいね!

私もワクワクしながら席についたんだけど、
いざ蓋を開けてみたら、大衆料理人が高級食材に舞い上がり、
いろいろ突っ込み過ぎて、訳わからない料理になっちゃったような状態。

キャラも要素も必要以上に多くて、
それぞれの魅力を十分に出しきれなかった気がするな。

011_20101205151740.jpg

映画初主演のダニー・トレホさんからしてほぼ出オチ!

むろん風貌のインパクトは十分だけど、演技もアクションもちょいニブいから、
脱線気味に盛り込まれたサブネタを、主役の縦糸でガッと縫いとめられなかったかも。

予告編の再現するため、話の流れから浮いちゃった部分もいくつかあったし、
最後まですっきりと進んでかないのは、決してチープを狙った演出ではないと思う。

むしろ、熱演のデニーロ先生(お前も仕事を選んでくれ!)を相手に、
トレホ、ラテンおっぱい、マリン叔父くらいで立ち向かうシンプルな展開の方が、
それっぽくまとまったような気がするな。

015.jpg

ただ、決戦に向かう改造車軍団が無駄に跳ねたり!
麻薬漬けのロンジー・ローハンがシスター処刑人として覚醒したり!
撃ち殺されたはずのミシェル・ロドリゲスが皮&アイパッチ姿で復活したり!
医師が応急手当てをする傍ら、セクシーナースが銃を乱射して患者を増やしてたり!

ポイントポイントのいかにもな魅力をかいつまみつつ、
ゲスっちも相変わらずだなぁという温かい目で鑑賞したい作品よ。

ファンとしては、もうちょっとハッチャケてくれるのを期待してたけど、
2度目を見返したりすれば、細かいネタを更に楽しめるのかも。

006_20101205151740.jpg

セガールを殺せるのはセガールだけってオチはツボをついてると思ったわ。
奴の存在はもはやヒーローよりも、絶対的悪役に据えたほうがしっくり来るよね!

ちなみに、今になって気がついたのだけど、
マチェーテさんのコートの内側は刃物でいっぱいってシーン、無かったな!

★★★
スポンサーリンク

2 Comments

erima さんのコメント...
よもや、トレホさんに主役を張る日がやってこようとは!

そして、セガールさんは見るたび膨れていくような気が...
(後ろ髪、切っちゃったの!?)

2010.12.21 | #JGOU/2MI [edit]
管理人 さんのコメント...
トレホさんがいとこ特権で、ゲスッちにねじ込んだんでしょうね~
刑務所仕込みのワイルドファイトもセガールさんあたりとやりあうと、だいぶ格落ちだったなぁ。

そうそう、セガール・サイズの拡大やセガール・テールの行方も気になりますが、国籍不明アジアンなセガール服も気になりませんか?いつも全然似合ってないよね!
2010.12.21 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。