「十三人の刺客」は後半グダる - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「十三人の刺客」は後半グダる

次期老中の稲垣メンバーあまりに好き放題やってくれる子なので、
我ら十三人でお命頂戴つかまつる!ってお話。

昭和38年の豪華キャスト東映作品のリメイクなんだって。

002_20100924140021.jpg

冒頭はかつて熱かった時代の東映時代劇を思わせる重厚な作り。
・・・東宝作品だけどな!

稲垣メンバーのショッキングな蛮行シーンと、
役所広司、平幹二朗、松本幸四郎、市村正親等の、
ビック俳優による芝居がなかなか魅せる。

008.jpg

しかし、暗殺のご下命以降がぐっとダレるんだよな。
仲間集めに3つ、4つしかドラマがないし、
ライバルとの攻防戦もイマイチ分かりづらい。

そして売りのクライマックス。

敵勢53人が300人へ、斬り合いが30分が50分へ、
調子にのって大幅増量キャンペーンをしてしまったがために、
リアリティが削がれ、作品としてのバランスもグッダグダ。

確かに大掛かりなセットを組み、人数も動員したんだから、
派手に花火を上げたい気持ちもよくわかるのが、
あえて切ることも大事だなと思う。

その分、13人の個別描写に使っていれば、
彼らの死に際も引き立つのになぁと。

ヴェネチアでは拍手が鳴り止まなかったなんていうけど、
試写会はなんだか疲れたような乾いた空気だったぞ!

006_20100924140021.jpg

三池監督を担いで、あからさまに海外受けを狙った企画なんだろうが、
むしろぱっとしなかった「ジャンゴ」の方がよっぽど”らしい”よな。

今回は随所に見える先人監督の面影をぬぐってしまうと、
エログロ、ゆるギャグにグダグダというロクでも無い特徴しか残らねぇ。

どんなオファーも65点ぐらいで撮れるのはプロとして素晴らしいが、
いいかげん本当に撮りたいものをやったほうがいいんじゃねーかって思うわ。

久々に弘樹兄ィの金さん殺陣が見れたので良かったけどな。
スポンサーリンク

-3 Comments

さんのコメント...
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.09.24 | # [edit]
げん さんのコメント...
65点の映画ばかり…
おっしゃるとおりですねぇ。
笑えました。
2010.09.25 | #b/C0vNXk [edit]
管理人 さんのコメント...
>秘密のお方
私も刑事モノ時代劇で育ったようなものよ。
萬錦とか、千葉ちゃんとか、必殺とか。
最近は新作のTV放映もパッタリだけど、
その分、映画では時代物が流行ってますね。
山田洋次くらいしかまともに撮ってないけどね。

>げんさん
どんな作品でもオファーは原則断らないと聞きます。
映画撮影が好きで、組下を食わせるっちゅー面ではすごく立派ですが、もっと低予算のB級映画でこそ、制約なく個性が出せてのかと思います。
2010.09.25 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。