「レジェンド・オブ・ゾロ」 バンデラス先生 - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「レジェンド・オブ・ゾロ」 バンデラス先生

アントニオ・バンデラス先生。
私が荒々しく抱かれるのを拒めないかもしれない俳優ナンバーワン。

「デスペラート」で例のひねり2丁拳銃姿を観て以来の大ファンなのよ!!!

ラテン顔で、暑苦しくて、狂犬のような力強さを持った役者さんだけど、
一転、知性すら感じさせるセクシーな紳士にも変身してしまうところが魅力だよね。

そんな先生のお正月映画の試写会に行ってきました。


wallpaper1_800.png


「マスク・オブ・ゾロ」の続編。
アメリカを狙う陰謀に立ち向かうべく、ゾロも妻も息子も大活躍って話。
なんだか半端に風呂敷広げちゃった感じで、なんとも散漫な印象だ。

何よりアントンが控えめでパッとしない役回りなのよ。
ゼタ=ジョーンズとタメくらいの戦闘力だし、息子の方が美味しい活躍。
こういうベタな題材には形式美や見得が不可欠なんだろうけど、そういうかっこよさが薄いんよなぁ。

やっぱ、ハングリーな設定の中、血と汗とほこりとギターケースあってこそのバンデラス先生だなってのが良くわかった。

先生の次回作に期待したい!

スポンサーリンク

-5 Comments

koto さんのコメント...
個人的に期待していた映画で、食事と天秤にしていたが、管理人さんの解説で食事にしようと思う。余談だが、京急川崎駅近くのダイス(東宝シネマ)の7階に「石庫門」という「ショウロンポウ」がリーズナブルな店があります。外から厨房が見えるので、恰幅の良い眼鏡をかけた女性コックが見えたなら(ハイ、ここ重要!)、食べることをお勧めします。
2005.12.08 | #- [edit]
ママ さんのコメント...
俺のおきに俳優アンソニー・ホプキンスは続編出てないの?
2005.12.08 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>kotoさん

生煎包食べたいなぁ・・・
美人女性コックなら・・・明日にでも行くのですが。

>ママ

全く出てないのよ~
結局、前作はホプさんがムチをビシバシふるって、映画の雰囲気を締めていたんですよ。
2005.12.09 | #- [edit]
ママ さんのコメント...
ふ、
2は1に劣る
の最たる映画と見た!!
2005.12.13 | #- [edit]
koto さんのコメント...
「味」に作り手の容姿は、強いても補足修正にしかならんよ(笑)
バンデラス先生も「ギターと歌が上手」でも歌手ではなく、役者であるのと同様かと。
アマチュアは一瞬においては、プロを凌ぐ場合があるが、プロはどんな状態でも、一定レベルのモノを仕上げてくる…そんな埋めれない溝があると思う。
…考えがごちゃごちゃになったので、ちょっと仕事しながら、整理するとします。ゴメンm(_ _)m
2005.12.13 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。