JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS

月組の東京公演に行ってきました!!

瀬奈じゅんと彩乃かなみちゃんのお披露目。
それぞれルックスも良いし、技術も確かなので楽しみにしてたのさ!

まず、劇よ。
せっかくのお披露目に谷を持ってきたのは誰なんだ!!

和央さんのお披露目にも出演者皆殺しの縁起でもない作品をぶつけやがって、唖然としたが、今回も実にめちゃくちゃなストーリー。

谷の頭の中には、そりゃあいろんな構想が浮かんだんだろうが、どれも時間内に描ききれず半端で投げ出しやがった。妖精ってのは・・・必要だったのか?

恐らく、演出の面でも主役の二人はかなり恥ずかしい演技を強いられているだろう。ちょっとかわいそうだ。

外部からコーチを招いたオープニングのケルトダンスはそこだけ観れば実に良かったんだけど、ほとんど話にからまず、長すぎていつまでたっても話が始まらないのが難点。


次にショー。
中村一徳作品って、無難なんだけど、これといった場面も無いんだよね。

今回は大群舞の場面が多くて、迫力はあったと思う。
でも、相変わらず単調なのを数でごまかしたって感じ?

ロックにのせてテンポ良く進んでいくんだけど、
終演後には何にも印象が残ってないんだよなぁ。

それでも従来は西村先生のベタな主題歌が大好きで救われていたんだけど、今回のはちょっと好みじゃないし。


新コンビ二人は確かに好感が持てると思う。
瀬奈はさわやかに彩乃はしっとりと、それなりの安心感もある。

しかし、技術ではなく、輝きやオーラの面で二人とも今一歩、存在感が薄い気がするんだよ。お披露目で萎縮しちゃってるのだろうか?

劇やショーでもキリヤンやユウヒの方が美味しい気がする。
もっと前へ出て、好き放題やって欲しいなぁ。

観る前からかなり期待して盛り上がっていただけに落差激しいのかなぁ。

かなみちゃん、がんばれ!
スポンサーリンク

-0 Comments

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。