話題の「アバター」を川崎IMAXで観てきた! - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題の「アバター」を川崎IMAXで観てきた!

車椅子の元海兵隊員が、
ひょんなことから異星人のマッチョボディを手に入れてウッハウハ。

ジャングル惑星でィヤッホゥ!なワイルド&ラブ生活を送るうちに、
パッとしない現実世界がすごくやんなっちゃったもんだから、
やけっぱちで、異星人、地球人、双方にとっての災厄に・・・ってお話。

基本構造はケビン・ミーツ・スー族、トム・ミーツ・サムライ、
セガール・ミーツ・イヌイット、ドルフ・ミーツ・ブッシュマンと一緒で、
西洋文明様が都合の良い自己反省(いつも手遅れ)を織り交ぜつつ、
原住民のスピリチュアルを、わかったような斜め上から目線で語るようなもん。

遠い惑星も荒川静香のようなエイリアンも
我々のファイナルファンタジー的既視感を
120%ほど盛り上げた程度で、決して独創的なもんではないの。

でも・・・・
334089view004.jpg
3Dなんだよ!!!!!!

我々、キャプテンEO世代としては、3Dというと、
細かいゴミみたいなのがふわふわ浮いたり、
その中をマスコット的なものが飛び回ったり、
棒状の何かがスローに突き出されたり、
わー!つかめるぅ!きゃー!ぶつかるぅ!
みたいな安っぽいキワモノを想像しがちだよね。

しかし、この作品はちょっと違うの。
無論そういうのも無いわけではないんだけど、
飛び出すこと、遠近感をメインのウリにした作りでないんだわ。

もっとさりげない、演出演出しない使い方なんだよね。
むしろ、CGに現実感や説得力を与える的な効用で、
あくまで技術的脇役からしゃしゃり出ることはない感じ。

そうして出来上がった映像は
確かに今までのものとは全く違う世界なんだ!

334089view003.jpg
たとえば、上にUPした浮いた山の画像は
いかにもゲームっぽいありがちなもんだけど、
映画内では、これがまた実にそれっぽく見える不思議!
2Dの宣伝映像類の印象が全く当てにならないぜ。

ある意味、映画のエポックメイキング的な、
「ああ、これからは完全に3Dの時代なんだなぁ!」という感慨。

単に映画の一つというだけでなく、
最新技術エンターテイメントとしても、
これはぜひ観ておいた方が良い作品だと思うの!

334089view007.jpg
(ここに映ってる奴は皆ボンクラ)

とりあえず、技術を観に行くんだから、
3Dで観ないことには始まらないぜ!

ちなみに一言に3Dといってもいろんな方式があり、
こちらなどをよく読んでから上映館を選ぶと良いと思う。

私は川崎109のIMAX3Dをはりこんだのだが、
麻生太郎がクレー射撃でかけそうな薄いメガネだけで、
実に手軽に鑑賞できたよ。高いけど!すごく綺麗!

むろん、すでに十分視聴に足る技術レベルなのだが
3Dというと、見るというより、居るという感覚に近づいてくるんだなぁ。

どんな対象物にもピントがあっているような現実視界と比べ、
必ずしも結像しなかったり、カメラがフォーカスした場所以外は、
ピンが甘くなることがある3D映画はちょい違和感が残る。

私も体調が万全でなかったので、ちょい酔っ払ったようなキモさがあったわ。
観客の注意を意図するメインスポットへスムーズに導く演出技術が重要だね。

もう一点は、いかに大きなIMAXシアターとはいえ、
四方のスクリーン枠によるぶった斬りが3D感の邪魔になっていること。
将来的には上下左右のパノラマでくるっと囲まれるようになるんだろうなぁ。
とりあえず、なるべく前の中央の席を選んだ方が良いだろう。

あと、ただでさえ注意が振り回されるので、字幕は完全に邪魔。
午前中の1回しか無い吹き替え版が良いという意見に賛同するよ。

映画は3時間近い上映なんだけど、
終映語はスゲーっていうザワつきよりも、
疲れた~というまったりした空気・・・

技術向上の余地はまだあるかもな。
その辺は楽しみでもあるわ。

334089view010.jpg

土人どもに文明の力を教えてやる!といった感じの。
ベタ悪役な大佐&パワーローダーがえらくカッコイイ!
そういうストーリーからするとどうでも良いところへのこだわりよ・・・

粉糖のような薄甘いドラマで表面を飾りつつ、
一方で阿鼻叫喚のスペクタクル場面こそ、
執拗に、マニアックに、嬉々として描いてしまう、
キャメ公の本領を発揮した映画なのである!

映画より山を撮りたい木村大作みたいな感じ?
スポンサーリンク

-10 Comments

ふ゛り さんのコメント...
マイケルのTHIS IS ITの予告(2D)では、別段どうとも思わなかったのですが、テクノロジーが効いているのですね。

その昔、始めてスターツアーズByTDLに乗った際には、金持ちになったらこのシミュレーションマシンを買ってやる!と思ったものですが、脳内満足の手法もどんどん多岐多様になってきていますね。

良いのかな、、それで、と思わなくも無いですが。
2010.01.17 | #qbIq4rIg [edit]
よこうち さんのコメント...
ボクは吹き替え版でみましたが、ほぼ違和感なく映画の世界に入りました、が、たまに出る字幕にはピントを合わせなきゃならず、それだけでもつかれましたわ。

ま、この映画は技術を見に行くもんですね。アトラクション。
どうせなら、飛行シーンをもっと激しくして欲しかった。どうも酔わないようにするためセーブしてる気が。

そのあたりもハリウッド的配慮なのかな?
2010.01.17 | #n08XGfOg [edit]
maruto082 さんのコメント...
水面に垂れた浮きを眺めてるだけで 酔える自分には・・・デンジャラスそうですね・・。  エチケット袋持参かな・・・。

 この写真は、どこから持ってきてるんですか?
2010.01.17 | #dNm2mw72 [edit]
ちー さんのコメント...
毎年元旦に映画を観に行くのが、夫との恒例行事なのですが、今年はコレだったんです。
監督には失礼ながら、まったく期待してなかったのに、かなり面白くてビックリ!
そう、お話というより作りの方が。
>映画より山を撮りたい木村大作みたいな感じ?
って、ほんと納得です。

地元映画館なので2Dだったので、今度は3Dも観たい!と思いました。
でも酔いそう・・・高所恐怖症気味なもので(笑)
2010.01.18 | #o1tlqZaU [edit]
管理人 さんのコメント...
>ふ゛りさん
え~、こういうのお好きかと思っていたのに!
この世の中で真っ直ぐに進み続けいるのは科学技術のみですよ。
キャメ公は莫大な予算を使って、力技で半歩先の世界を見せてくれただけでも偉い!

>よこうちさん
私は序盤、注意が散ってしまって仕方なかったです。
背景とか、エキストラとかにいつも以上の存在感が出てしまっているので、大作を上手くまとめるのが大変だなぁという気がしたなぁ。
あえての控えめってのが、意外と一番のポイントだったのかも知れませんね。

>maruto082さん
テーマパークのシュミレーターなんかよりは全然おとなしいので、普通の体調なら大丈夫だとは思いますが、酔い易い人は危ないかも。
ちなみに画像はポータルのフォトギャラリーに公開されてるものから選んで使ってます。

>ちーさん
もったいない!3Dでみなきゃ!!
でも、一度2Dを経てからの方がより楽しめるのかも。
私も途中から今まで観ていた2D映画がどんなんだったかわからなくなってきたし・・・そんぐらいなじんだ使い方をしていましたよ。
2010.01.19 | #- [edit]
ふ゛り さんのコメント...
最近、ゲージツとは99%の技術と、1%のセンスだな、と思う次第です。

あぁ、機械のように楽器が弾ける丁寧さが欲しい、、
2010.01.20 | #qbIq4rIg [edit]
管理人 さんのコメント...
ノスタルジィって奴は結局のところ、自分のルーツが上書きされていくことへの抵抗なんだと思います。
往年の巨匠も、3Dで撮れたら、作り手として喜んで楽しんで撮ってたろうなぁと思うのです。
2010.01.21 | #- [edit]
ふ゛り さんのコメント...
鳥肌が立ちました。
片岡義男も書けぬこんなキーワード。
ほんまさんのフトコロはホンとに深い、、。
2010.01.22 | #qbIq4rIg [edit]
NON さんのコメント...
おひさしぶりです。
3Dで観ました。字幕追って酔いました(@@)
これ、深海ものを秀逸なストーリー運びでひっぱっておいて、ラストに技術不足でがっくりさせてくれた『アビス』のリベンジではないかと思いました。キャメ公の(笑)
悲しいかな今回は技術優先でストーリーは幼稚でしたね。
でもさらなる可能性というのびしろをいっぱい感じさせてくれました。
そしてあいかわらず、ほんまさんの愛ある辛口映画評はやっぱ素人のイキ越えてますv-218
2010.01.23 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>ぶりさん
なぜ片岡!
ともあれ、容積がデカい男であることは確かですよ!

>NONさん
これで話やテーマまで充実してしまうと、
刺激過剰になってしまうのかも?
3ヶ月間、何の交渉もしてなかったのか、お前は!ってくらいのスキがあった方が娯楽としては気楽なのかしら・・・

2010.01.23 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。