緑色のトラウマ - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

緑色のトラウマ

ロハスな皆さんの中には
家庭菜園などに憧れる方もいらっしゃるかもしれません。

太陽や土と語らいながら、
季節の野菜を育て、採れたての旬をいただく。

ああ、なんたる贅沢。
なんたるマクロビオティック。
体内がみるみるデトックスされて・・・

・・・甘いわっ!

今夜はそんなオリーブ臭過剰なエコ幻想をたたっ壊したいと思います!


うちの両親が暇つぶしに小さな菜園を借りて幾年月・・・

横浜が世界に誇る「サカタのタネ」のすばらしきバイオ技術と、
基礎の土を作ってくれた地主さん、「やさいの時間」のデヴ講師おかげで、
何の素養も無い都市生活者でも、沢山の野菜を作ることが出来ました。

たしかに鮮度が良い野菜はおいしい!

でも、決して良いことばかりじゃない!
むしろ厄介の方が多いから!


まずね、採れた野菜は猛烈に泥だらけ!

真冬のしばれる冷水に手を浸しながら、
たわしでゴシゴシと落ちない泥を洗うだけでも一仕事なんだよ!

おしんじゃあるまいし!ヤオハンだって潰れるわ!

ああ、チンゲンサイの丸っこい根元に入りこんだ土がとれねぇ!
台所の床がいっつもジャリジャリしてる!

土と語らうってのはな、実のところ、こういう事なんだよ!
「ふざけんなっ」ってのが、語りかける台詞!


そして、旬のお野菜ね・・・
確かに旬の野菜が食えるでしょうよ・・・

・・・嫌というほどな!

白菜が一度に20玉とかできるのを
核家族がどうやって処理すればいいんだ!なす術もねぇ!

熟れてきたプチトマトを優雅につまみながら、
夏野菜にハサミを・・・なんて甘い甘い!

バケツレベルで採れるトマトを来る日も来る日も食べ続け、
その上、トマトソースにして、ドライトマトにして、ピクルスに漬ける、
トマトソースにして、ドライトマトにして・・・

太ってはいても、私はイタリアのマンマじゃねーんだぞ!
きゅうりやナスばっかかじって、鈴虫じゃねーんだぞ!

セロリとかもさ、例の茎が一株にどのくらいついてると思うよ?
そもそもセロリってさ、役名がつかないくらいの端役者だろ・・・
一本でいいんだよ!それも毎週見たくないくらい!

なんだか漬物ばっかし漬けてる気がするし!


そんなわけで大量に採れた野菜達を、
冷蔵庫でギュウギュウにストックしながら、
古いものから順に処理していくと、

もう・・・新鮮でも何でもなくなってくる罠!

また、ちょっとでも収穫時期が遅れると
繊細な水菜なんかはやけにごん太に育って・・・
私はこれを鬼水菜と呼んでいるのですが、
これまた非常にたくましく口に触るのよ!

出来がイマイチでも、決して捨てられない!
自分ちで作ったもんだから!捨てられない!

楽しみというか、むしろ苦行の日々なのよ。


無農薬だと、虫も多いんだぜ・・・
はっぱに虫食いがあるとかそういう話じゃねーの。
野菜の泥落としや保存処理をするときに、
太いブニュッとした何か(見たくない!)をつかんでしまうことも多々。
大根の中にダンゴ虫の巣があったりな!もう、どうよ!

細かいウニョウニョは
どんなにか洗ってもレタスやらのヒダに隠れていたり・・・
あえて深く考えないようにしているのだが
良質なタンパク源として、否応なく口に入ってしまっているだろう!


労力は抜きにしても、金銭的にも決して安くはないと思う。
タネからならまだしも、苗を買うものはほぼ市価とトントン。
第一、奴らってば、高速乗って耕しに行くんだぜ!


今ね、しみじみと思うのよ。
必要な野菜を必要なときに必要な分だけ買うすばらしさを!

スーパー、バンザイ!流通網バンザイ!
綺麗に下処理された野菜バンザイ!
ちょうど一食分くらいの小分け売りバンザイ!

常に合格点以上の野菜を作ってくれる
プロのお百姓さん、ほんとにありがとう!!

逆に現代社会のありがたさを痛感するようになったわ。


ちなみにどこの素人畑でも過剰に収穫された野菜を、
他の誰かに配りたくてたまらないご様子。

気を抜くと畑内で押し付け合いになるから、
気配を感じたら、皆サッと視線を逃がすらしい。

近くを散歩した際は是非彼らに話しかけて、
遠慮なく野菜をもらってあげて欲しい!

あと、ご近所が配るちょっとイマイチな自家製野菜も
我慢してもらってあげて欲しい!


最後に「やさいの時間」のテーマソングの冒頭で、
「や~さいに気持ちを聞いてみよ♪」というフレーズがあるのですが、

答えは多分「食べられたくない、ほっといてくれ」だと思う。
スポンサーリンク

30 Comments

りえころん さんのコメント...
いいないいな♪

白菜も大根も大好きだーo(^o^)o
まぁでも20把はスッゴい量ですね(^^;)
野菜は冷凍できないしねぇ~でも一人暮らしで野菜不足がちな自分としては羨ましい!
いつでも余りは頂戴しますよ♪
2010.01.13 | #- [edit]
ふ゛り さんのコメント...
ほんまさんの流行語の使い方、良い向きのヒネリが効いていて大好きです(笑。

来年は皆泥付きのままのを取りに来いよ、という指令でしょうか。
読者に近所さんは多いですし、市価位は出すでしょ。

完熟トマトは火を入れる料理に使うなら冷凍すると良いらしいです。
塩やら何やら下ごしらえ不要だし、良いと思うのですが。

2010.01.13 | #qbIq4rIg [edit]
のりたま さんのコメント...
ぎゃーほしい!!
浅漬け、ぬかづけ、キムチ、ミルフィーユ、白菜鍋~。。

もーもーいっぱいおもいつくでし!

茄子はリーさんが紹介していたオイル漬けがよかったわ~
たぷたぷくっきんぐも、今年は見れるのかしら?
楽しみ、ふふ。

*年末はありがとうございました。
ほんまさんの一言で頭がぐちゃぐちゃだったのが、
すっきりしましたわ。
2010.01.13 | #- [edit]
maruto082 さんのコメント...
最初の播種、苗植えの・・量と生育時期との調整で・・
その・・解決しませんか?w


そして・・・やさい先生! 
ほんとは 野菜よりも肉が大好きだって白状してほしい!
さもないと、野菜は健康!ダイエットによいって言う神話の崩壊の端緒になりかねん!!
2010.01.13 | #dNm2mw72 [edit]
BDR529船長 さんのコメント...
フリーマーケット?なんていかがでしょうか?
2010.01.13 | #SFo5/nok [edit]
アリーマ さんのコメント...
そうか、読者の反応は「だったらクレ」OR「安く売れ」か・・・ご本尊の教えが信者にこのように浸透しているのだな。
ぐはは。さすが(ナニが?)

たぷたぷ教団の新資金源として、是非やってください「ほんま市」。リアカー引いたりしてさ。
若者がリアカーで高くてフツーの豆腐を売り歩く、どうにもインチキくせえ商売が儲かってるらしいし。
すごいぞ、売りモノは「ほんまのやさい」。

ところで自宅でちょこまか野菜作ったりしたことがあるけど、プランタに庭先なんてミニチュアなやり方だと、こっちはこっちでできる量がたかがしれてて、初期投資にまるっきり見合わなかったり。

結局は、作ったり育てたりする過程を楽しむもんであって、エコでもなんでもありゃしねえという部分、同感です。
まあ趣味道楽の世界の話だ。
家にあると、野菜の花なんかが思いがけず可愛くて、目の保養になるけどね。
便利に使えるハーブをプランタや庭先にちまっと植えとくくらいにして、いい野菜は生協だのラディッシュだのの宅配で買い、安い野菜は近所で買う・・・というのが、都会人としては正解だと思います。
残念だけど。
2010.01.13 | #- [edit]
いぬわん改めグヤトーン さんのコメント...
肉のときの糞くらえにも大笑いしましたが
これまたエコへの壮大な鎮魂歌、ホンマさん、ほんとにすばらしいです!
2010.01.13 | #wDJkNCt. [edit]
erima さんのコメント...
確かに。
虫については、「食っちまっても蛋白源!」ぐらいに思ってないとやってらんないかもしれませんね。

私など春先から夏場は、始終鋭い視線を畑の外へ這わせてます。
「これはなんですか?」などと、通行人に聞かれたが最後。
いろいろ押しつけます。
ベリー類はみんな興味深々らしく、人を引き寄せる効果大です(笑)

...二人家族でキロ単位の収穫はつらいの。
2010.01.13 | #- [edit]
シュール・リー@本牧香菜婆 さんのコメント...
え?ぬゎんですって?
ちなみに高速はどこに向かって飛ばせばよろしいんでしょ♪
ええ、アテクシも飛ばしますわよ高速、
そして叫びますわよ畑に向かって、
「それはナンですかーー!!?」
だってこんなひと言でお野菜が手に入るのならちょこざいなっ(鼻息荒)。
本牧合宿所はいつでも受け入れるのにぃ、野菜。
ナンだったら米も作って下さいっ、米!
2010.01.13 | #oyD4ODho [edit]
フジ丸 さんのコメント...
v-355わかります。
私の実家が同じです。
夏になれば毎日ゴミ袋一杯のモロヘイヤ。
冬はほうれん草に小松菜。
もちろん虫君もたっぷりいます。
小松菜の味噌汁の日なんか「あれ?まだ七味を入れてないのになんでこんなに黒ゴマが・・・」って全部アブラムシで、まずお箸の先でアブラムシを取ってから食べるのが常でした。
ある日は ありえねぇ サイズの芋虫が具の一部のように丸まって浮いておりましたよ。
おかんに文句を言ったら 手でつまみ出して 返品され、仕方なくエキス満々の味噌汁を飲んだり・・・

えぇ。
私、虫君も泥野菜も変な形の野菜も慣れております。
近くに家庭菜園が得意な人はいないのかしら・・・
2010.01.13 | #- [edit]
MO さんのコメント...
野菜余りますよねぇ
実家に住んでいた時、近所に配りまくっても余って毎日ゴーヤチャンプルーという日々がありました・・・・
2010.01.13 | #- [edit]
ふ゛り さんのコメント...
ウィットを華麗に受け流す「アリーマ」さんは、「erima」さんとずっと同一人物だと思っていたスポンジ・ボブな私、、。
2010.01.13 | #qbIq4rIg [edit]
みっちゃん さんのコメント...
あけましておめでとうございます。

毎年、ゴーヤ・トマト・ナスの処分に困ってます。
お送りいたしますので、ぜひご賞味ください。

柳生博の息子バリにがんばってます。
今年は永田農法に挑戦します!
2010.01.13 | #- [edit]
たみお さんのコメント...
最近よらせていただいてます。
3代目のはまっこです。

うちも主人が屋上菜園やってます。
一昨年の夏はプチトマトの嵐!!!
ソースも作ったけど、皮むくのに手がふやけるし
去年は、起きたらピーマンになってるかと思うくらいのピーマン攻め!!!

冬は何回鍋やるのかというくらいの水菜と春菊
うちももうすぐ鬼水菜の季節

去年の冬かな?
大丈夫そうだったから気合入れて洗わなかった野菜を鍋に入れたら、
まさに虫鍋

子供たちも大ブーイング(-_-#

その上つりも趣味だから魚も山ほど

新鮮なのを食べるのはいいけど、だんだん新鮮じゃなくなるし、冷凍してもコンスタントに次のが来るから結局食べる暇なく、「これ昭和の?」みたいな古い冷凍ものになっちゃうわけですよ

確かに肉以外ほとんど自給自足だけど、

好きなときに好きな野菜を食べられる生活ってス・テ・キ
2010.01.14 | #RxqGYvOw [edit]
たまち さんのコメント...
あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願い致します。
良く分かります、結局のところ損得勘定だとスーパーで買った方が安くつきそうですものね。
ここはひとつ、南区初の「無人販売所」をやってみては・・・。
白菜にはキムチ鍋のレシピを添えて。
翌朝にはすべて強奪されてそうな気もしなくはないですが
( ´艸`)
2010.01.14 | #/0GpaHfE [edit]
たkaし さんのコメント...
残った野菜を埋めると来年は肥料に・・・は、やっぱり禁句なんですよね?!であれば、みんなでお料理会を開くってのはどうでしょう?
2010.01.14 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>りえころんさん
一人暮らしの自炊はいろんな面で大変ですよね。
私も一人ならスパや合えそばばっかし食べてると思うの。
まぁ、そちらで2玉結束の白菜を買うっかりってしまったような状態がオールシーズン続いていると思ってください。

>ふ゛りさん
トマトはモチ、ざっと煮詰めて冷凍ですよ。
でも、うちのは小さな冷凍庫で・・・もう。
そして、昭和米食家庭だと、想像以上に使わないんだな・・・

>のりたまさん
いやいや・・・そのメニュー・・・
まさに連続して食べてる状態です・・・
自宅料理は人様に自慢できるレベルじゃないので非公開で。
食器もオールニトリだしね!

>maruto082さん
理論的には可能ですが、
それも自宅脇に畑があればって話でしょう。
ただ、同じ日に植えても生育に差は出ますし、
小規模のコントロールは難しいようですよ。
量も隙間があればとりあえず何か植えちゃうって感じみたいだし・・・

>BDR529船長さん
見てくれも素晴らしくはないし、
さすがに店を開くほどは採れないなぁ。
むしろ、お返しとか気負わずに貰ってくれるお宅が欲しいところ。

>アリーマさん
老人の暇つぶしってことで、
十分元は取れているのですが、
鎌倉彫や写真と違って、出来たもんがすぐに腐ってしまうのが困りもんなんですよね。
食べ物を容易に捨てられない貧乏性が染み付いているので・・・

>グヤトーンさん
エコというよりは、やはり国産農業技術の素晴らしさでしょうね。昔のお百姓さんに張り倒されちゃうような収穫です。

>erimaさん
ほんと、お二人でどうやって消費してるのか、不思議。
ベリー系はうちでも植えてみたいなぁ。ジャムにしてお菓子を焼けるし・・・←はじめはこんな風に考えるのだけど、結局持て余すんだよなぁ。  
2010.01.14 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>シュール・リーさん
いや、誇張して言っているわけでなく、
横浜田園地区の家庭菜園エリアをぺチャクチャやりながら散歩すれば、両手一杯の野菜がゲットできるんじゃないかな?ガチで。
そうね、お米なら困らないよなぁ。

>フジ丸さん
元々、そういうもんなんでしょうね。
すばらしき現代生活に慣れてしまうと、新鮮というか、やっかいというか・・・
自家製野菜もたまに貰うくらいがちょうどいいっすよ。

>MOさん
相手の食生活がどんななのか分からない以上、
毎週配るわけにもいかないので、やっぱ余りますね。
それも出来の悪い奴が手元に残ることになるんですな・・・
ゴーヤもバカみたいに出来るんですよね・・・

>ふ゛りさん
どちらも怖いお姐さんであることは共通してると思います。

>みっちゃんさん
お返しに我が家で取れたものをナスやトマトをお送りしますね(うふっ)
うちも苅谷俊介バリにがんばっているようです。

>たみおさん
屋上菜園はあこがれるなぁ~
でも、実情はうちと全く一緒なのか・・・
プチトマトは半分切りくらいで皮ごと煮ても全然大丈夫だと思う!ピーマン・・・とか、普通あんまり使わないよね!そんなにいらないんだよってことが良くわかりますよね!
豊かなようで、なんかちょっと違うような気がしますね・・・

>たまちさん
今、ストック全てが強奪されてくれたら・・・
今晩はぐっすり寝られるような気がしますよ・・・
なんか、この冬の野菜はオヤジの横着のせいで、
出来がイマイチなので、自家消費しかない状況です。

>たkaしさん
大量発生する外葉とか、茎やらで肥やしの材料は十分だったり・・・
ああ、おうちが広ければ、みんなを呼んで強制的に詰め込めますね・・・微妙なお土産つきで。
2010.01.14 | #- [edit]
たけ さんのコメント...
ワタシも家庭菜園者で、かれこれ3~4年お気軽な体験農園に参加していますが、全くこのテキストの通りの気持ちであります。
そしてあざといのでスーパーに行ったら野菜買わないのに野菜の値段ばっかり気にしてます。
「現代社会のありがたさを痛感する」ことは正に体験者が実感できる二次的な効果で、現状を無下に批判することなんて到底できません。
全くこのような気持ちでありながら、
手に負えないんだけど可愛い子供って感じもするので、
やっぱり最後の閉めは
but I like it!
にしちゃうかな~
2010.01.16 | #AkT6zNNU [edit]
にっき さんのコメント...
うちのマンションの大家さんは、もとはちゃんとした農家さんだったお宅。だからお友達と連を組んでやっている菜園では本格的な野菜がとれてしまいます。
そんなわけで野菜が取れすぎた場合、うちのマンションでは強制的に野菜の配給があります。
朝起きるとドアノブに大量の野菜がかかっているの。

ほんまさんもこの手を使ってください。早起きしてよそのお宅のドアノブに野菜をいっぱい詰めた袋をかけてまわるのよ。グリーンサンタなんちゃって!
(もしくはマンション経営かアパート経営をおすすめするわ)
2010.01.16 | #KRV7CmPk [edit]
フロ梅 さんのコメント...
おたぷたぷさま~!
お野菜は体にいいんですぞ~(笑)
ただしそればっかりじゃ確かに飽きますワイなぁ。

体にいいといわれながら食べるより美味しいから食べた方がいいですもんね。

いつでもおすそ分け歓迎しまっせ。
宅急便も着払いで結構でっせv-221
2010.01.16 | #ZBvCVaVk [edit]
管理人 さんのコメント...
>たけさん
ものを育てる楽しみですよ。
しかも、食べられるんだから!
しかし、なかなか昔のような百姓生活にはなれないもんで・・・贅沢な世の中ですね。

>にっきさん
キッチンの収益でマンションを買っていただければ、
私は喜んで管理人をしてあげますよ!
配るのも、なかなか気を使うもんでして・・・
大家と店子の力関係が重要です。

>フロ梅さん
たまの外食が肉やら脂やらに偏ってしまう訳をわかっていただきたい!
野菜がウリのお店なんて、絶対行かないもん!!
2010.01.17 | #- [edit]
曙町育ち さんのコメント...
わらしべ長者のように物々交換ってのはどうですか?
読者の珍しいお取り寄せ食物とプレミアム付きのほんま特産野菜。
気持ちいいぐらいはけっまっせ、あにきぃ!
2010.01.21 | #- [edit]
トムエース さんのコメント...
 手作りムーブメントを優しく奨励する文体が多い昨今、
 一部始終を辛辣かつ真面目に考察されていて、
 これぞ本物の優しさ。勇気があります。
 かっこいいです☆

 確かに食物となると、咲き終わるお花を見届けるように、
 そのまま土の上で最後を見届けるのは心苦しいでしょうか。
 やっぱり、個々人が分野別に専門技術を磨いて、
 それを社会に還元し合うのが、
 本質の伴うエコロジーなのかもしれませんね。
 
 小泉首相時代に、大手町のビルの地下で、
 蛍光灯で野菜を作るという実験を繰り広げていましたが、
 あれもどうなったのか気になるところ。
 そもそも、脅威とされた地球温暖化が、
 間違った公理という論も急浮上していますし。
 (温暖化どころか、食物が根本的に繁殖不能になる寒冷化とのことで、
  より深刻ですが)

 私個人としては、世の手作りブームのお陰で、
 農薬だらけの作物や、口にするには危険過ぎる加工品が
 減っているのが嬉しいんです☆

 今回の記事を読んで、自分は実体を知らなかったなぁと
 考えさせられました。私は甘かった!
 ありがとうございます!! 
2010.01.21 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
篤志家の皆さんが必要以上にお返ししてくれちゃう傾向にあるので、ちょっと難しいですね。
私が作っているわけでもないし・・・ええ、今日も白菜です。


2010.01.21 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
社会の仕組みもなるべくしてなっているのだなぁと感じます。
エコもロハスも、アリだと思うのですが、
思わぬデメリットも伴なうよっつーことで、
ヘタに神格化しない方が良いですね。



2010.01.24 | #- [edit]
moi さんのコメント...
ご存じだったらスミマセン(^^;)
京浜東北沿線に最近出来た、若者就労支援が目的の
「250にこまる食堂」↓が
http://www.k2-inter.com/250blog/
食材を様々な形で寄付・協力頂ける方を
募集してるそうです↓。
(電話一本で取りに来てくれるとか)
http://www.k2-inter.com/250blog/?page_id=16

もし今も緑色のトラウマに悩まれてるようでしたら、
こちらいかがでしょう?(^v^)
2010.02.21 | #mQop/nM. [edit]
管理人 さんのコメント...
ありがとう!
まぁ個人宅では持て余すけど、
商用に足る量とクオリティがあるわけでもないんですよ。

個人的にはこの活動にも懐疑的。
きちんと給与をもらい、正価に値する食とサービスを提供できるようになってこその自立だと思いますし、対象を限定しない価格破壊は、周囲の競合を追い詰めるだけで、貧困対策にはつながらないと思うのです。
2010.02.21 | #- [edit]
名もなきデブ さんのコメント...
初めまして。
「野菜、虫、トラウマ」のキーワードでたどり着きました。

昨日レタスに小さな虫がいて、もう料理するのができないくらいだったのですが、ブログを読ませていただいて笑わせてもらって元気がでました!

小さい虫ごときで悩んでた自分がバカバカしくなりました。ありがとうございます。
いきなりすみません。
2010.05.11 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
農薬を使ってない証拠とも言えますが、
現代人の心情ではやっぱり嫌なものですよね。
ただ、しょうがない!巻の入ってる野菜は特に!
どんなに洗っても取れないし、必ずあることなので、
お百姓さんを責めないであげてね。
2010.05.11 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。