中華街「杜記別館」の不思議麺は魚で出来ています! - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華街「杜記別館」の不思議麺は魚で出来ています!

また、杜記が変わったランチを出してるらしいってことで、
ぶるねこさんちで見かけて、ぜひ食べたいなぁと!

091202_003.jpg

それがこの特製高菜魚麺!

底の方から引きづり出してみたんだが、
ぶっとい麺に魚のすり身が練りこまれているらしく、
うどんのような笹かまのような不思議な感じ!

深いなぁ!中国四千年てヤツは!

またこの汁がえっらく辛くって刺激的なんだわ!
いい味出てて、寒い日には丁度いいね!
スポンサーリンク

-10 Comments

本須 さんのコメント...
汁は飲み干せました?
私はムリでした。予想以上に辛かったです。

麺は非常におもしろかったですね。緩いカマボコのような。
2009.12.09 | #t7YP7u6w [edit]
maruto082 さんのコメント...
宮崎県の日南市あたりには トビウオのすり身で作る魚(ぎょ)うどんとか 魚(うお)そうめんとかありますよ
日本も捨てたもんじゃない! 一回しか食ったこと無いけど・・汗

2009.12.09 | #dNm2mw72 [edit]
abe_m さんのコメント...
スープは私も残してしまいました。かなり「強烈」と言いたくなるような味でしたね。
それに比べると、麺の印象の方が弱かったような。
2009.12.10 | #NRSPyfuM [edit]
ふ゛り さんのコメント...
昨晩偶然杜記(別)が夢に出てきたところでした(笑。
ほんまさんが珍しく中華街のお店をお題にする予知夢だったようです。
2009.12.10 | #qbIq4rIg [edit]
管理人 さんのコメント...
>本須さん
汁はおいしかったのでかなりの量を飲みましたが、
すすったとき唐辛子が粘膜に付着して、派手にむせりましたよ!
でも、決して一般受けしないだろうこういうメニューを、しかもランチにぶつけてくるなんて、ステキなお店・・・

>maruto082さん
私も京都でちょこっとすすったことある!
でも、繊細な和ダシで魚の風味を楽しむならまだしも、
こういうパワフルな取り合わせで調理するなんて、やっぱし、深いっすよ!

>abe_mさん
確かに!麺としての歯ごたえはないし、汁先行の印象ですが、それでも面白いって感動はありました。
高菜というかブツ切りの赤唐辛子漬け?がなんとも厳しい辛さでしたね。

>ふ゛りさん
そうか、珍しいか・・・
最近は諸先輩方のマーベラスレポートを読むだけでも満足できちゃってるからなぁ・・・いかんいかん。
2009.12.10 | #- [edit]
と さんのコメント...
画像はOKでしたが、動画は見れません。
みなさんご注意ください。
2009.12.13 | #- [edit]
ぶるねこ さんのコメント...
リンク、ありがとうござぃますe-420

結構な辛さに、最後の方は”挌闘”へと化してましたが、
不思議と箸は止まりませんでした!
容赦なぃ辛さがたまりません。

どんどん中毒になってぃきます…e-455
2009.12.13 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
>とさん
つられて私も確認しちゃったじゃない!
芦名星・・・う~ん、どうかなぁ。

>ぶるねこさん
唐辛子は合法麻薬ですな。
私も辛みMみたいな部分があって、
翌日、とんでもないバックファイアになるのを知りつつ、
ラオガンマー増しをしちゃったり・・・
2009.12.14 | #- [edit]
と さんのコメント...
私も、多岐川裕美の印象が強いので、「?」ですね。
2009.12.15 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
ん??なんで多岐川裕美なのかしら??
2009.12.16 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。