「皇室の名宝」 ブロガープレビューに潜入す! - 恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク

「皇室の名宝」 ブロガープレビューに潜入す!

一つ前の「皇室の名宝」展の記事。
何で一般公開前に?しかも写真撮ってるし?
・・・と疑問に思われた方がいるんじゃねーかな?

この際、いなくても、いるってことにしておいてくれぃ!
実はブロガープレビューに当たってしまったのですよ!

091005__020.jpg

きっかけはマダムかんべえのとこのシカン展の記事
リンク先経由で、募集を知って、さっそくネットから申し込んだわけさ。

20人限定ってことで、狭き門だったんだけど、
あれだな・・・サイトから溢れるアートなオーラっつーの?
管理人のノーブルな人柄とともに隠せねぇもんだよな!

・・・・・・すんません。

でも、肝心な審査基準はどうなってたんだろね?

他の参加者のブログをざっと見回したところ、
当選者はほぼアートやレビュー系の方々だったみたい。
物静かな感じのオッサン、ヲバサン世代が集まっていたな。

もちろん、その道では有名そうなサイトも目に付いたのですが、
駆け出しのところも混じっていたり、なぜかうちのような異物が挟まっていたり。
アクセスを調べてたわけでも無いので、意外と門戸は広かったのかもしれません。

少なくとも、ギットギトBグルとか、G(グレートブリテン)とか、その辺の姉ちゃんへの煩悩を熱く語っているような駄ブログはうちだけなので、かなり肩身が狭いっ!ザ・味噌っカス!事前に知らないでよかったよ!

091005__011.jpg

ただ、こういうのは専門分野に限定するよりも、
あえて幅広く展開した方が面白いように思うのよ。

だってさ、その道のヤツラは自分で情報収集してるし、
耳元で「動植綵絵、一挙公開」って、ささやくだけでも自然に集まりそうじゃんか。
むしろ、通常の広報ルートがアピールできないような層に働きかけていった方が効果が上がりそうじゃん?

さておき、プレビューは公開の前日、
プレス用の内覧会と同時に行われました。

まずはキュレーターや宮内庁の方々による概要説明。
「私ども宮内庁は・・・」みたいな発言があまりにやんごとないので背筋が伸びます!

しかし、アレだな・・・
関係ないが、美術記者とか、キュレーターとか、意外と垢抜けねぇな!
普段から美に触れているわりに、ダッセェカッコなのでちょっとガッカリだよ!

091005__055.jpg

そして、今回はなんと記者と同条件で撮影もOKつーじゃないの!
事前に申請書類に記入して、腕章をつけて激写します。

2次使用を防ぐためなのか、作品単体の撮影はNG。
必ず、観客や他の作品も写るような構図で、
公開サイズも400ピクセル以下に制限されるみたい。
でも、フラッシュはOKなんだね~

やっぱ、やたら写真を撮りまくってるのはブロガーかな。
本職とかは話題の物しか狙わない感じで無駄がないかも。
ただ、プロでも頭の軽いヤツがけっこう混じっていて、係員に注意されてたわ。

私も一眼を持っていこうか悩んだのですが、
散歩したいばっかりに、いつものきみまろズームで誤魔化しました。
この場合、公式サイトもあるし、作品を魅力的に撮っても、あまり意味は無く、
むしろ全体の様子をもっと良い感じに狙っておくべきだったかなぁと反省。

091005__025.jpg

観覧時間は一時間強だったかな。
正直、これだけの名品をじっくり鑑賞するには全然足り無いのですが、
その分、お客が超少ないので、駆け足ながらも濃い鑑賞ができました。

作品を人の頭で邪魔されず鑑賞するのが、応募の目的だったのでしてやったり!
音声ガイドも無料で貸してくれたのでバッチリ勉強できたしね。

しかし、記者の人達って、意外とあっさり帰ってたけど、
目玉しか抑えないもんなんだろうかね?

091005__022.jpg

TV取材も行われていました。

時間的な制約があったのは、この後にVIP用のレセプションが控えたからみたい。
マダムはそっちに参加してやんの!さすがセレブリティ!軽食付だし!

ちなみに今回のブロガープレビューは日経さんの主催だったんだけど、
初めての試みってことで、色々模索していたみたい。

事細かに世話をやいてくれてる感じで、対応良かったわ。
案内のメールにオススメランチスポットやお土産所まで案内されてて、萌えたな~

あと、連絡ツールもかねて、ツイッターを多用してたり、カツマーっぽい!
”つぶやき”用に会場内で携帯撮影を出来るようにしてくれてたりさ。
せっかくだから、私もはじめてのモバツイにチャレンジしてみたっす。

是非、今後も同様の企画を盛り上げていって欲しいな!

091006__001.jpg

配布された資料もプレスと同じものみたい。豪華だなぁ!

図録・・・嬉しいんだけど、重ぇぇぇぇ!
自前の美術書やらも持ってきてしまったりで、
その後の散歩は十字架を担ぐキリスト状態でした。

しっかり、その分のカロリーは摂ったけどな!

そうそう、記事に関しては画像の扱い以外ノータッチ。
いつも通り、自由に書けましたよ。

唯一「一点だけ持ち帰るとしたら?」というお題が追加されましたが
こりゃ荒木飛呂彦先生のJOJOな観方?らしいっすよ。

そんな感じで、ブロガープレビューの簡単なレポでした~

グルメ編に続く

* 館内の撮影はブロガープレビューの際、許可を得て行っております。
  (問い合わせるなよ!)
スポンサーリンク

8 Comments

ふ゛り さんのコメント...
すげ~であります。
ということで、おうちに所蔵してある名宝を眺めながらチェン・ミンの二胡を聴きつつ翠香園の金銀肉月を齧るのであります。

ウマい!!
2009.10.07 | #qbIq4rIg [edit]
かんべえ さんのコメント...
 ほんまさん

 わあ、びっくりした!
 ご紹介ありがとうございました。

 でも、配布されたグッズといい、展示室ののんびり具合といい、絶対ブロガープレビューのほうがいいです! あえてこちらのほうがよかった点をあげれば、どうも観覧時間がすこし長めだったらしい(フルなら1時間40分くらい)程度です。サンドイッチにもありつきそびれましたし・・・。

 いわゆる美術ブロガー以外にどんどん開いていったほうがいい、というのは賛成です。
「うお? なにこれ!? 見たい!」
って、恰幅ブログで新しいお客さんバリバリゲットだぜって感じです。
 
2009.10.08 | #SqoPBuKQ [edit]
ももたろう さんのコメント...
こんにちは。こちらのblogに影響されて美術づき、昨日は根津美術館に行ってきました。
ついでに虎ノ門によって港屋の冷たい肉そばを食べました。
歯に挟まったゴマが4時間くらいとれませんでした。

「一点だけ持ち帰るとしたら?」
それは興味深い質問ですね。
私なら、とりあえず花鳥十二ヶ月図とか動植綵絵とかのセットもののうちの一枚を持ち帰り、黄金町バザールで公開します。
もちろん有料です。
美術愛好家のコンプリート魂に訴える戦略が功を奏しウハウハ間違いなしです。
2009.10.08 | #GhmcTVC6 [edit]
管理人 さんのコメント...
>ふ゛りさん
おうちに名宝があるのですか??
なんか優雅なお茶してますねぇ~
中国茶も美味しいやつだったり?

>かんべえさん
そうかそうか、やっぱこちらの方が人が少なかったのですね。
プレビューに関しては、とにかくブロガーの選定が難点ですね。
影響力に関する指標って、厳密にはないですし、管理人からしてわかって無いんだから。
ともあれ、また、こういう機会に当たるといいなぁ~

>ももたろうさん
今度は「港屋」ですか、B麺道まっしぐらですね!
美術と大衆食文化がももたろうさんの中で融合するアートですね!?
動植綵絵、黄金町で待ってます!





2009.10.08 | #- [edit]
みっちゃん さんのコメント...
阿修羅展は、まさに人の頭を拝み
に行ったようなものでした。
この展示で、この人の少なさ!
夢のようじゃ。

あなたは、三国いちの幸せ者じゃよ。
2009.10.08 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
奈良で見るとスカスカなんですけどね。
あっちのヤツら、超絶仏教美術を見慣れすぎ!

しかし、これで三国一の幸せかぁ・・・
ただでさえいいこと無いのに、打ち止めかぁ・・・
2009.10.09 | #- [edit]
アリーマ さんのコメント...
芸術の秋だけに、アート音痴のワタシにはこういう記事は嬉しいです。
な~るほど、観にいこっかなあ・・・とふと思ったりする。
2009.10.10 | #- [edit]
管理人 さんのコメント...
日本画なんて退屈で・・・と思ってる人は、
若冲から入っていくと印象が覆されると思いますよ。
まぁ、人生に不可欠なものではありませんが。
2009.10.10 | #- [edit]

コメントを送る



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。