恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横浜学 ~横浜とスポーツⅡ~」の感想

関東学院大学と横浜ウォーカーのコラボ講座「横浜学」

第20回目のテーマは再び”スポーツ”です。
正直、二回もやるほどのネタかと思ったのですが、前回は主に歴史のお話だったのに対し、今回はプロスポーツは大規模イベントなど現在のお話で、なかなか面白かったです。

2016-08-23_2301.jpg 
一人目はスポーツビジネスを研究している関学の先生で、テーマはベイスターズを例にとった”地域×プロスポーツ”のお話です。

98年の優勝以降、低迷していた観客動員が、DeNAによる球団買収をきっかけにグイグイ上昇して、今年は過去最高を達成。球場の外でもユニフォーム姿のファンやベイの話題に触れる機会が増え、チケットも取りづらい状況になっている。

プロスポーツクラブ経営の特徴を挙げると、基本となるのはやはり動員客数で、これを増やすことによって、グッズや飲食物の販売、放映権や広告収入等も増えていくことになる。まず、球場に来てもらうという方策。

また、収益の拡大には、観客数を増やすことの他に、球場滞在時間を増やしてビジネスチャンスをさらに増加させる方策もある。ベイにおける試合前後の各種イベントやボールパーク構想などもその一環。

その他、商品の生産と消費が同時に行われること。商品が分割できないこと。商品が他チームと共同で作られること。経営成果の不確実性などがプロスポーツ経営の特徴として挙げられる。

また、外部性や公共性が高いことも特徴。外部性というのは、球団の経済活動が、新聞などの売上や周辺地域の商業に影響をあたえることで、ベイの存在は地域に多様な利害関係を含んでいるといえる。

日本における球団経営は、鉄道利用等、本業とのシナジーを期待する初期のモデルから、80年台の広告宣伝モデル、巨人や阪神などの人気球団を軸にした放映権中心の全国展開モデルを経て、目下、地域密着モデルへ変化してきている。

ベイは92年以降、早々と地域密着を標榜していた球団だが、核となる球場経営を外部に握られていたため、なかなか上手く行かなかった。しかし、今年、横浜スタジアムのTOBが成立して、やっと体制が整ったところ。

県下すべての小学生にキャップを配布したり、横須賀球場に隣接して二軍練習場やファン施設を整備することなど、地域密着への動きは進んでいる。

ベイの書籍「次の経営」には、優勝は目的の一つであって、真に目指すものを自立できる健全な経営や、地域の応援を受け街のアイデンティティになること、職員一人一人の幸せや、野球を通じた社会貢献であると記されている。

時間の関係で、大枠のお話であったが、とても面白い題材なので、球団が行った個々の戦術事例なんかも色々聞きたかったな。

2016-08-23_2302.jpg 
二人目は横浜市のスポーツ振興部長で、世界トライアスロンシリーズを中心にした横浜における大規模スポーツイベントのお話。

振り返ると、1964年東京オリンピックではバレーボールを文化体育館で、サッカーを三ツ沢競技場で行った。2002年には日韓ワールドカップ、パンパシフィック水泳選手権。2009年には世界卓球選手権。そして2015年の横浜マラソン。

開港150週年を記念して招致されたITU世界トライアスロンシリーズは、世界9都市を連戦するオリンピックの無い年の最高峰。横浜はハンブルグに継ぐ、第2位の開催回数となっている。

招致に先立って、会場となる山下公園前の水質浄化に取り組み、現在は江ノ島の海と同程度の状態になっている。この他、イベントの発信力を利用して、エコについてのアピールを行っている。

大会を通じて、横浜の安心安全なイメージを世界に発信できる効果が大きい。都市イメージと大会内容とのマッチングも重要なポイント。

参加最高齢は男74歳、女70歳でいずれも完走している。トライアスロンはマラソンからのステップアップとして、30台前後から始める人が多い。競技コストもかかるので、裕福な層の愛好者が多いようだ。

先ごろスポーツ庁が置かれ、教育行政の枠の外でもスポーツを活用、育成できるよう試みがなされている。スポーツビジネスにも注目が集まり、横浜市でもトライアスロンの参加権と抱き合わせた旅行商品の共同開発を行って、30分で完売した。

大会開催にあわせ、街を飾るシティドレッシング行ったり、参加者や観戦客に観光や地域経済と連動したおもてなしを行い、振興につなげるスポーツツーリズムにも注目している。

大規模イベントの開催を通じて、スポーツ人口の拡大やボランティアの育成、街に様々なレガシーを残すことを目指している。障害者スポーツには高齢化対策のヒントもありそう。

今後は2019年のラグビーワールドカップ決勝。2020年の東京オリンピックにも絡んでいくことになる。

2016-08-23_2303.jpg 
3人目は早稲田のスポーツ科学学術院の教授で、テーマは大規模スポーツイベントと地域活性効果。

観光施設、寺社仏閣、自然の景観等、静的で持続的な集客力を持つ資源に対し、スポーツイベントはダイナミックかつ一時的に大きな集客力を持ち、都市改造や地域活性の起爆剤となりうる。

大規模イベントの開催はスポーツ施設や緑化などの社会資本を蓄積する効果、都市地名度や地域連帯感の向上、消費誘導の効果が期待される。

目下、日本各地でスポーツイベントが増加中。特にマラソンは1000~2000の大会(フル197大会)、トライアスロン290大会、トレイルランが270大会も開催されている。これらに観光、宿泊飲食を絡めたスポーツツーリズムが大いに注目されている。

観光資源の少ない埼玉はいち早くスポーツコミッションを設立して、多くの大会を誘致。3年半で233.6億円もの経済効果を上げている。他の自治体もその試みに続いている。

特に地方では人口減少や経済の空洞化が大きな問題となっているが、観光やスポーツツーリズムはその隙間を埋めるものとしても期待されている。

スポーツや身体活動を誘発する環境を整えることは、道路や緑化などの都市ハード面の向上とともに、居住者の健康促進や生活改善のきっかけともなる。

目下、東京ではスポーツクラブが3500ほど存在するが、加入率は人口の2%ほどで停滞している。今後はジムよりも、日常的にスポーツを楽しめる場所や機会の整備がポイントとなる。

実際、東京ではスポーツ参加者の70.8%が街の道路を使って活動をしている。東京マラソンを契機に、皆が街を走り出した。遊歩道や自転車道の整備や電柱地中化等の施策も進められるだろう。

また新たなる市場として、アジアの富裕層等の外国人観光客がターゲットになっている。


座談会では、横浜のスポーツ環境は恵まれていること。アクセスが良すぎて宿泊につながらない課題。4つのプロスポーツチームをいかに公共財化していくか、大規模イベントをどうやって日常のスポーツ活性につなげていくかなどの話題。

スポンサーの資金は3割がアート、7割がスポーツに投資されている。一方でビジネスの都合に左右される側面があるという指摘があった。

なお、次回は”クラッシック音楽”だそうです。
スポンサーサイト

「いちょう団地祭り」に行ってきたよ

皆さんは「いちょう団地」を御存知でしょうか?

横浜市泉区と大和市にまたがる神奈川県下最大の公営団地で、アジアな住民がワンサと住んでいるらしいのです。

また、団地の多文化を反映した秋祭りが、なんともエグいという噂をかねがね聞いており、一度覗いてみたいと思っていたのよ。

2016-10-01 002

最寄り駅は小田急の高座渋谷が一番近いのかな?
初めて降り立ちましたが、駅周辺は比較的新しい開発の気配を感じますね。

でも、まぁ何も無ぇな。

高座渋谷と聞くと「中村屋」のイメージだったんだけど、「中村屋」も海老名に行っちゃったんだもんな。

2016-10-01 006

駅から1kmちょい。
田園風景をテクテクと歩いていきますよ。

田舎とバカにしていますが、ビルの合間や住宅地を歩くより、こうして畑を横目に季節を感じながらの通勤の方がずっと豊かですよね。

まぁ引っ越す気はサラサラないけどな!

2016-10-01 009

ただ、暮らそうと思えば、快適に暮らせそうです。
なぜなら、OKストアがあるから!!

二階に大きく”中国物産”の文字も見え、アジアンコミニティの気配を感じます。
2016-10-01 014

「県営いちょう団地」に到着です。

つーか、ものすごくデカい団地なんだな!
境川の両岸に高層&低層の団地がずらり列んでいますよ。

今、地図で見たら84号棟なんて文字が見えますし、ざっと3600戸くらいの部屋があるみたいです。そのうち、2~3割の住民が外国人なんだってさ。

2016-10-01 052

OKJのせいで?すっかり寂れた団地商店街には、デイサービスや怪しげな床屋の他、アジア食品店なんかも入っています。

中華菓子製造販売って文字につられて覗いてみたんだけど、今は輸入食品をおいてるだけみたい?扉にはいかにも外人向けな軽作業の求人がベタベタ貼ってあったり、それっぽさが漂います。

2016-10-01 018

お祭りは団地脇の狭い通路で行われていました。

意外と普通の風景であります。

私のような遠方の好き者に名が届く一方で、高座渋谷の近隣住民がやってきてワイワイ賑わうような類のお祭りではなさそうです。そもそも、この巨大な団地の規模を考えると、居住民ですら、必ずしも這い出てくるわけではないみたいですね。

もともと団地自治会のお祭りではありますが、基本は内向きのもので、インターナショナルフードフェスとしての集客アピールは薄いです。

2016-10-01 016

ただ、月次なお祭りというには、なかなか異様な雰囲気をまとっておりますよ。

日本人といえば、テントの下で呆けている老人ばかり。
すれ違う多く、道端に佇む多くが、素性のしれぬアジア人なんだもんな!

広場には、火薬鉄砲をバッツンバッツンぶっ放す、ちびっ子ギャングが溢れて、広島抗争みたいになっているし!会場には音割れまくりの北島サブときよしが爆音ループ。

この後ほどなくじて、爺婆の超絶下手なカラオケ大会も幕が切られ、何もかもが団地に跳ね返って響くこと響くこと!

これが夜9時まで、しかも2日間に渡って繰り広げられるっつーんだから、部屋で寝てる人々にはグアンタナモの拷問のような苦痛を与えていると思います。
      2016-10-01 021

お目当ての食屋台は焼き鳥や焼きそば等、自治会系の定番が6割で、思ってたよりもずっと多く、ベトナム系が3割、カンボジア、ブラジル、中国がちょいちょいといった比率。

朝鮮、中華系が強く出てこないのがやはり珍しいですよね。

通路が狭く、広場よりも低いので、食べる場所を探すのに苦労します。
ただ、考えてみれば、自分の部屋に持って帰る人が多いんだろうな。

フードのメニューもパック品が多く、その場で食べる系は少ないかも。

2016-10-01 049

エスニック屋台はお祭りの中で最も存在感を放っていますが、お店や教会などの有志で出されているらしく、チラシの配置図を見るとフリーマーケットとして一括りでやっつけられています。

決して仲が悪いわけではないと思いますが、お祭りのメインはあくまで自治会で、その中に外国人住民は必ずしも溶け込んでいないのだなとも感じます。

2016-10-01 039

アジア屋台は全部で10軒程度でしょうかね。

横浜港湾部のフェスに比べると、規模は少ないですが、フードの質や内容、供給体制もなかなか本気で面白いです。遠くまではるばるやってきましたが、その甲斐はあったかなと思いますよ。

値段はワンコインを中心に、特別安いものではありません。

2016-10-01 026 
焼豚のせご飯。

2016-10-01 034 
バインミーはベトナム系の全店で扱っていて、ホントは全部買って食べ比べたかったくらいだよ!!

2016-10-01 036

一番旨かったのは、モツともやしが入ったおかゆ。    

2016-10-01 051

当日の土曜日は11時間のロングランで夜まで酒宴が続くようですが、翌日の日曜日は、なぜか昼間の3時間のみなので、どっちかに行けばいいやと思ってる人は注意してね。

その代わりというわけでもないのでしょうが、各国の伝統芸能の披露があるみたいです。 

2016-10-01 055 
もともと、インドシナ難民のために建てられた「大和定住促進センター」がルーツとなり、このように外国人住民が増えることになったようです。

昭和40年台の巨大団地も、かなり高齢化が進み、その隙間に働き盛りの外国人が入ってくる構図で、今やいちょう小学校は生徒の75%が外国籍とのこと。

日本社会の縮図と言えなくもありませんね。

2016-10-01 056 
高座渋谷駅は駅前にJAの野菜直売場や有名な肉屋があったり、大手ショッピングセンター等も多いので、存外暮らしやすそうですよ。

一応、最後のフォローしとくわ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。