恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「村上隆のスーパーフラットコレクション」を観てきたよ

横浜美術館でやっている

村上隆のスーパーフラット・コレクション
     ー蕭白、魯山人からキーファーまでー


を観てきました。

2016-03-27_1051.jpg

美術に縁遠い私なぞが語るのはおこがましいですが、

オタク文化を表現している割に、
オタクからは微塵も共感されない。

ヴィトン狂の姉ちゃん達を、一瞬正気に戻しかけた。

とにかく外人の感性は理解できない。
とりあえず、サザビーズに出してみればワンチャンある等、

クソすぎる現代アート界隈について、
いろいろ考えさせる機会を提供してくれた方だと思います。

クールジャパン!

2016-03-27_1064.jpg

とにかく”うさん臭ぇ奴”というキャラが拭えないですよね。
いや、実際はすごい方なんでしょうが、下々の印象として。

そんな村上隆さんですが、アーティストの他に、
キュレーターやコレクター、画商としての活躍もあり、
実に5000品にも及ぶ美術コレクションを有しているのだとか!!

今回はその一部をごった煮状態で展示する面白い試みです。

2016-03-27_1054.jpg

内容も現代アートの諸々にとどまらず、
土器から、フィギュアから、書画、焼き物等、非常に多彩。

そもそも芸術家自身が大コレクションを持つというのも、
珍しい事なんじゃないかなと思うのです。

普段、表現者として自分が最高と思える作品を作っている訳で、
敢えて他人の作品を手元に置く必要はないわけじゃん。

特に創作のモチーフやインスピレーションとなるものでもなさそうで、
収集の背骨となるものがちょい見えづらいところです。

もちろん琴線に触れたものなのでしょうが、
自身の美学やこだわり、楽しみの体現というよりは、
もうちょっと別の使いみちをも見据えてるんじゃねぇかという気もします。

こういう風に興行したり、手放す段になっても、あんま執着しなさそう。

2016-03-27_1057.jpg

しかしまぁ、これだけのものをどこに置いてあるのか。

絵画サイズならまだしもよ、
ホールに飾ってある張洹の”ヒーローNo.1”とかさ、
個人が所有するようなもんじゃないと思うのね。

もし、うちの旦那が買い付けてきたら、
顔が同じぐらい膨れるまで殴り続けると思うな。

そして、その購入資金がどこから湧いてくるのか。

精液フィギュアの16億円がまだ残っていたのでしょうか?
そういう下世話なことがすごく気になりますね。

2016-03-27_1063.jpg

ただ、展覧会としては非常に楽しいです。
観客を選ばず、皆が楽しめるんじゃなかろうか?

ちなみに隣で横美のコレクション展も開催中で、
地続きになるようなテイストになっています。

ただ、従来のスタイルからはみ出ない美術館の展示は、
やはり、数段光彩が落ちる感じがして、なんだかんだ言いつつ、
隆展の魅力を再確認しちゃうのが悔しいです。

2016-03-27_1058.jpg

美術倉庫の中を歩いているような感覚。

作品一つ一つをじっくり鑑賞させる展示ではなく、
スケール感や多様性の中に身を委ねる感じで、妙にワクワクします。

きっと、個々のクオリティは必ずしも高いものではなくて、
だからこそ、それらを捨て石にしながら、型破りの観せ方が可能なのでしょう。

また、それらの中に核となる本物も混ぜておくことで、
全ての印象がなんとなく締まる感じにもなります。

観せ方、展示の作り方法として、非常に興味深いです。

そんでもって、美術館で展示されたこの実績をもって、
コレクションそれぞれの価値も底上がっていくようなwinwin。

実に上手くやっています。
こういう部分には天才を感じます。
スポンサーサイト

「横浜学 ~横浜と鉄道~」の感想

関東学院大学と横浜ウォーカーのコラボ講座「横浜学」

第17回目のテーマは”鉄道”です。

当日はすんごく天気が悪くってさ。
こりゃ初のバックレだな、家で海外ドラマ三昧だな!と思っていたら、
昼頃から雨もあがってきたので、チッ仕方ないぜ・・・

いざ会場についてみるとビックリな超満員!
いつもなら先生が身内の学生を引っ張ってきて、
席を埋めてるくるような回も決して珍しくないのに!

やはり”鉄道”というテーマの魔性なんでしょうか?
ハマの鉄ちゃんが集まってしまったのでしょうか??

2016-02-19_0154.jpg

一人目の講師は関学の小林名誉教授。
もう何回か登壇されていますが、好きな先生ですね。
横浜駅と横浜線のお話でした。

明治5年に完成する初代横浜駅は今の桜木町駅のあたり。

日本で初めて運行された東京-横浜間の鉄道は、
築地-関内の居留地同士を結ぶもので、
これに伴いメインゲートも吉田橋から弁天橋に変わりました。

当時、高島町と神奈川宿の間には入江がありましたが、
これを距離1400m幅65mの帯状に埋め立て、鉄道は幅9mを使いました。
この工事を請け負ったのが高島嘉右衛門です。

汽車はイギリスから輸送したものを使い、
敷設は鉄道の恩人と呼ばれるエドモンド・モレルの指導。
駅舎の設計はアメリカ人のR・P・ブリジェンス。
ダイヤ作成はW・F・ページ等、お雇い外国人が活躍しました。

二代目横浜駅は今の高島町のあたり。
東海道線との接続により、スイッチバックをして運行していた
初代の位置では使い勝手が悪くなったためです。

当時、東西を結ぶ鉄道に関しては、
中山道を通す計画が先行していたのですが、
難所が多く、結局、東海道線の整備に回帰していったようです。

関東大震災の崩壊した二代目に代わって作られたのが
三代目となる今の横浜駅です。

駅の位置は更に北に移され、
保土ヶ谷と東京をストレートにつなげるよう修正されました。

かつての横浜港はシルクの輸出で栄えていました。

甲信地方からの絹が集まる八王子と横浜をつなぐ横浜線は、
地元経済界の悲願でありましたが、難航したようです。

明治41年の開通となりましたが、
同17年の高崎線、22年の両毛線等、
すでに東京経由の流通路線が先行していたため、
絹の道としてはあまり稼働しなかったようです。

ちなみに京急線の仲木戸は、
横浜線を通すために高架に上げられたようです。
私鉄のほうが立場が弱かったということらしいです。

2016-02-19_0155.jpg

二人目の講師は横浜市交通局の高速鉄道本部長。
市営地下鉄のお話でした。

大正10年、経営が傾いた民間の路面電車を買い取り、
市電の運行が開始されます。もう少しで市営交通100週年だとか。

しかし、開業1年目にして、関東大震災で全てを失う不運。

戦後、自家用車の急速な普及に伴い、
道に車が溢れ、市電の運行も困難になっていため、
地下鉄敷設の計画が動き始めます。

昭和47年の市電廃止と同じくして、市営地下鉄の開業。

もっとも、市電の代替機能は主にバスが担い、
地下鉄は都市機能拡充のため、より戦略的な役割をもっていました。

当時の路線は全て横浜駅を起点に放射状に広がるものでしたが、
これらをバイパスしたり、開発途上のニュータウンを結んだり。
上大岡や戸塚、新横浜、港北など、新しい中核都市の根幹ともなりました。

車両は標準軌、三本レールを採用。
パンタグラムをなくして、低車高で運用可能です。

グリーンラインでは鉄輪式リニアモーターを採用。
車両はさらに低くコンパクトな作りになっています。

赤字が続いていた経営に関しては
ここ5年ほど黒字が続いている状況。
港北エリアの人口増や、低金利などが要因だそうです。

郊外と都心部の一体化を目指して導入した快速は、
定期外利用客が3%増、新横浜-横浜や戸塚-関内などの利用者増等、
それなりに効果をあげているようです。

今後も快速運行は増やしていきたいけど、
予算不足で追い越し路線を整備できなかったのが悔やまれるとのこと。

今後の展望としては、
目下、事業中の西谷とJR、東急日吉を結ぶ神奈川東部方面線。
検討中の新百合ヶ丘への市営地下鉄延伸や、
横浜環状鉄道、貨物支線の貨客化が挙がっていました。

2016-02-19_0157.jpg

三人目は神奈川臨海鉄道の常務。
貨物鉄道の今というお話です。

鉄道貨物はJR貨物が中心で、
JRの路線と港を繋ぐ独自路線、
更にそこから工場敷地へ引き込む企業専用線があります。

神奈川臨海鉄道は川崎から川崎港、
根岸から本牧ふ頭へつなぐ16.3kmを保有。
こうした会社は全国に10社あります。

輸送方法は大きく2つに別れ、
一つは石油やセメント、石炭、石灰を専用貨車ごと借りきって運ぶ、車扱。
これには車両そのものの輸送も含まれ、かつての主流でしたが、
現在はほぼ石油のみに限られ、コンテナ輸送にその役割を譲っています。

貨車に相乗りできるコンテナ輸送は、
少量多頻度の輸送に優れ、海上輸送とのアクセスもスムーズです。

1つの貨車に5本積める12f、2本?積める20f、1本の40fと
大型になると効率は悪くなるようです。

現在、世界では45fの大型コンテナも増えていますが、
トンネルに入れないとか、大口が埋まらないとかの理由で、
日本では逆に小口化しているみたいです。

鉄道貨物の国内輸送シェアは
最盛期であった1950年に26.9%であったのが、
2014年では0.9%まで落ち込んでおり、
その殆どがトラック輸送に吸収されています。

しかし、荷物量に距離をかける指標では1/10程度の落ち込みで、
500kmを越えるような遠距離に大量の荷物を送るような用途では、
鉄道輸送のメリットも活かされているようです。

もっとも、横浜港の扱いコンテナは、
7、8割が南関東への荷物で、ほとんどが短距離。
東北などへの遠距離荷物をいかに逃さないかが課題です。

ただ、トラック輸送もドライバーの減少が問題となっており、
2020年には10万人の不足が予想されています。

排出ガスもトラックの1/9というエコ要素もあり、
鉄道輸送にも可能性は残っているとのことでした。

また、鉄道輸送のデメリットの一つに、
貨物駅等での積み替えに手間取ることもあるのですが、
この辺も編成の工夫などでなるべくせずに済むよう工夫しています。

また、面白い用途としては、川崎北部からの廃棄物の輸送。
このノウハウでもって被災地からの瓦礫も運んでいたようです。

また、根岸→新潟→青森→盛岡という大回りで石油を運んだり、
震災支援でも活躍したというお話でした。

2016-02-19_0158.jpg

定番のヨコハマ事始めから、
めったに聞けない貨物のお話まで、
なかなか面白い内容だったと思います。

バックレないでよかったわ。

なお、次回のテーマは”演劇”だそうですよ。

「横浜マラソン2016」を応援してきました!

世の中には意外に奇特な人が多いものです。

ストレートに言っちまえば、キチガイであります。

わざわざ高いお金を支払ってまで、自ら苦しい思いをしたがる輩。

そんな足早なマゾ達の祭典である
「横浜マラソン2016」に行ってきました!

2016-03-14_0766.jpg

お江戸にひたすら憧れる小横浜ですので、
「東京マラソン」の成功に続けと、長年の懸案であった
市民参加型フルマラソンの開催に、こぎつけたまではよかった。

しかし、昨年の第1回大会では、
当日に186メートルの距離不足が判明して、
結局、陸連公認コースとしては認められませんでしたね。

あほーーーーー!!

今年はその不足分をしっかり追加して、
満を持して、陸連公認コースへ・・・・

・・・の申請を行っていません!!!

Q: 公認記録になりますか?
A: 公認記録とはなりません。

なんじゃーーー!!!

2016-03-14_0692.jpg

それでも、25000人もの出走者が集まるんだから、立派ですよ。

さすがに11.3倍という東京ほどの難関ではありませんが、
抽選倍率も地元枠で10.3倍、一般で3.1倍となかなかの人気だったようです。

参加費は国内最高峰の15000円だってよ!

中古でPSVita買えるじゃんか!
私なら買う。そして「艦これ改」をやる!

もしくは生ハムの原木を買って、夜な夜な削ぎ喰うと思うな。

2016-03-14_0691.jpg

集合会場は「パシフィコ横浜」なのですが、
とにかく、この大人数なので、トイレや着替えなどは相当混雑します。

そこでオススメなのが、朝の静寂を漂わすランドマークプラザ。

桜木町駅からの連絡通路となる3Fを上下に避ければ、
トイレもあまり混みませんし、椅子やスペースもあるので、
身支度やストレッチなどを暖かい室内で行うことが可能です。

覚えておいてね。

2016-03-14_0694.jpg

もちろん私は走りませんよ!!!

信仰するメタボロジーの教義上の理由なので、仕方ないですね。

しかし、何をトチ狂ったのか、
うちの親が走りたがって聞かないもんだから!
体育会系の脳筋に老いが陰ると、マヂに恐ろしいわ!

こちらも考えうるかぎりのサポーテックグッズを用意して、
山ほどのアミノ酸を注ぎ込みつつ、奴がポックリ逝かないよう、
日々、仏様に祈るしかないような状態でありましたよ。

なお、同行者は会場に入れないので、ここでお見送りです。

2016-03-14_0700.jpg

はじめの観戦ポイントは「ホテル横浜ガーデン」の角。

一番にやってきたのはマラソンよりも前にスタートの車いす10km部門。
スピードもスッゲー早いです、競技用の車いす。

以後の追っかけ応援のためにJR駅の近くに陣取りたかったのですが、
スタジアムの周回は全車線通行止めではなく、
1車線挟んでの観戦となりました。

閉じ込められそうなので躊躇したのですが、
そこで腰を落ち着けるのなら、横浜公園の港側の出入り口や
日本大通りの沿道の方が良かったかもしれませんね。

当日、行ってみないと状況は分からないもんです。

2016-03-14_0701.jpg

マラソンのトップを走ってきたのはワイナイナ?

いや、10kmの招待選手、ムブグル・ アイザック君のようです。

クソ早いです。

おかげで「エリーーック!」とか叫んで、
失礼する間もなく走り去って行きました。

2016-03-14_0724.jpg

しばらくして

2016-03-14_0770.jpg

あれよ

2016-03-14_0777.jpg

あれよ

2016-03-14_0788.jpg

ええええ

2016-03-14_0800.jpg

うそーん!

てくらいのランナーの波が押し寄せてきましたよ!

2016-03-14_0816.jpg

こりゃ、ビッグイベントですね!

いやぁ、2万5千人って、改めて見るとすごい規模なんだなと!
左翼の主催者発表人数とはぜんぜん違う!

もっと走らせてやればいいじゃんとか思ってましたが、
なかなか、そうもいかん状況も理解できますね。

2016-03-14_0827.jpg

このまま数時間走り続けられるってことだけでも、
お前ら、十分すごい!尊敬しちゃう!

私なんて、数分でも無理だからね!
いや、秒速で息が上がっちゃうからね!

ポートサイドで、なぜか剛力彩芽に見送られてスタート。
一旦市場の方を回ってから、MM経由でここまでやってきたらしいのですが、
仮にその距離を歩けたとしても、関内からは絶対にタクシー乗るよ!

惜しむらくはこの能力と労力を、
なにか生産的なことに使えないのかということ。
もし佐川が本当に飛脚だったら、即採用でしょう。

もしくは、ハイヤー使えず、一時間歩いただけで、
忘れまい”などと言っている神奈川新聞の記者に、
その根性を注入したいところです!

2016-03-14_0834.jpg

「ホテルニューグランド」前です。

IT技術も進歩していますね。

大会の”応援ナビ”のページで出走者名を検索すると、
対象者が今、どの辺を走っているか、地図上に表示されるのですよ!

完全なGPSでなく、中間ポイントでチップを読み込み、
その間はだいたいのペースを予測して表示しているみたい。

初めの5kmだかを過ぎるまではピクリともせず、使えねーと思いましたが、
いざ動き出すと、このサービスは非常に役立ちましたね。

よほど奇抜なカッコをしてなければ、
何万人の波の中から一人を見つけ出すことなんて出来ないからね。
大まかな位置の目安が分かるだけでも全然違います。

もっとも、出走者にこちらを気づいてもらうためには、
予め、どこで応援しているかの打ち合わせは必要ですね。

2016-03-14_0860.jpg

根岸駅前です。

歩行者を横断させるため、道路をABCの3レーンに分け、
Aにランナーを通している間、C側からBの中洲に横断者を誘導。
今度はCにランナーを通して、Bの中洲からA側に、
そしてAからBに横断者を渡らせるオペレーション。 

なるほどなと思いましたが、
レーンが狭いため、立ち止まるような渋滞が起きてしまいます。

競技の大会とはまた違って、
運営もいろいろ大変だなと思います。

スタート時も、最後列が走り始めるまで
30分以上かかっていたのではないでしょうか?

しばらくは団子で、ちんたら歩かねばなりませんし、
やはり、1分1秒を気にする大会ではなさそうです。

2016-03-14_0877.jpg

こちらは磯子駅前の産業道路。

「横浜マラソン」と聞くと、
なんぞ汐風を受けながら、オサレな街を走るようなイメージですが、
かなりの部分がこういう味気ないルートで占められています。

タダで、もっと気持ち良い場所を、
自分の好きに走ればいいのになって思うのよ!

この先、南部市場で折り返した後、
首都高に上がっていくのがコースの目玉なのですが、
20kmを過ぎた時点で急に登りが来るもんだから、キッツいみたい。

登った後もアップダウンが多かったり、路面が傾いてたり、
応援もなければ、景色もろくに見えないということで、
実際はだいぶ走りにくく、体力も削られてしまうようですね。

高速道路部分はかなり不評みたいです。

ま、仕方ないよね!
好きでエントリーしてるんだから!

2016-03-14_0740.jpg

そんな訳で帰路は応援できないので、
また、みなとみらいに戻ってまいりました。

いかにも走りづらそうな仮装ランナーが、
電車移動の私より先に帰ってきているのが怖いっす。

まぁ、こっちも途中の「ゆで太郎」で蕎麦食ってたけどさ。
アスリート並みの気合でもって、かっこんだよ!

ちなみに当日はJRやみなとみらい線で、
横浜マラソンにあわせた応援用切符を販売していたようですね。

区域感の乗り降りがフリーだったので、
それも使っておけばよかったよ!最後に気づいたよ!

2016-03-14_0725.jpg

沿道の観客は65万人との概算ですが、
繁華街や人気観光地の前も封鎖されるので、
それなりに迷惑してた人やお店も多いんじゃなかろうか。

もっとも、今なら空いてると目論んで覗いた、
赤レンガ倉庫の「パンフェス」の会場には、
身動きできないほどのお客さんと延々続く入場待ちの行列がありました。

ここもここで、根性入った気狂いが多いなと!
目的地にはなんとしてでもたどり着くんだなと。

2016-03-14_0934.jpg

給水所等には多数のボランティアか、覆面バイトの姿が。
このウェアがもらえるならやっても良かったかも。

まぁ、そう考える時点で、
すでにボランティア精神は無いけどな!

2016-03-14_0946.jpg

チアリーダー!

元気でますよね!

私が!

サービスフードの提供もいろいろあったみたいですが、
”こんにゃく”ってのはさすがにどうなんだろ?ゼロカロリーだけど!
あと喉乾いた時に、青汁入の飲むヨーグルトとか!飲みたい?

その他、水分持ってかれるもんとか、消化悪そうなもんとか、
ランナーのサポートより自ブランドの優先で、
横浜経済界もえげつないなと感じました。

2016-03-14_0706.jpg

パシフィコに戻って、ゴールと相成ります。

大会のフルマラソン完走率94.4%という数字が信じられませんよ。

そんなに走れる人間が、胸板らへんがスリム過ぎる女子が、
地元エリアに万の単位で存在するという事実が、
我々デブの世界からは想像もつかないファンタジーだからです。

オールド世代の姿も思った以上に見られましたが、
うちの老害ランナーも無事に完走出来たようで、安心しました。

サンキュー、CW-Xとアミノバイタル!

2016-03-14_0703.jpg

会場脇にはちょっとした屋台村も出来ておりましたが、
もともと週末のみなとみらいランチは行列必至なので、
周辺施設には立ち寄らず、まっすぐ帰途につくランナーがほとんどだったようです。

みんな、クッタクタでしょうから、
その後の観光につなげるようなPRは機能しないでしょうね。

2016-03-14_0971.jpg

しかしまぁ、走る病に侵された人々の多さよ!
こんなにもマラソン愛好者がいるんだなと改めて驚きました。

やはり最大の魅力は同好の士が集まって、
大人数でワイワイ走る雰囲気というか特別感なんでしょうね。

その熱意を核に、街をあげてのお祭りとして、
応援なり、給食なり、地域ごとに勝手連で、
ドンドン設置されるくらいに盛り上がれば、
ほんとうに面白い名物イベントになるかと思います。

それと来年こそは公認コースにしろよな!

「マリン&ウォーク ヨコハマ」がシャレオツだった

赤レンガ倉庫のお隣に新しい商業施設

MARINE & WALK YOKOHAMA」がオープンしました!

ちょこっとだけ中を覗いてこれましたので、取り急ぎのご報告です。

2016-03-04_0572.jpg

位置関係はこんな感じで、
微妙にアクセスの悪い赤レンガ倉庫の更に奥。

今思えば、MM線の駅は観光施設なんかよりも、
新市役所の脇に欲しかったってことなんでしょうかね。

2016-03-04_0574.jpg

「Wホテル」進出の計画もありましたが、頓挫して、
結局、MM地区を牛耳る三菱系が手掛けることになったみたい。

2016-03-04_0590.jpg

結婚式場を中心とした、小ぶりなモールということで、
あんまり期待はしていなかったのですが、

あれ、予想以上にシャレオツじゃない!?

2016-03-04_0577.jpg

「NEIGHBORHOOD」の入店待ち列。
なんで?あんぱんでも配ってたのか?

野暮な私が知らないお店ばっかりでしたが、
付近のモールに比べると、洗練された雰囲気があって、
横浜より、東京の良さ気な街にありそうな背伸び感。

アメリカ西海岸の爽やかなテイストですが、カジュアルすぎず、
刈り上げが、春らしいジャケットに短パン&素足靴で接客するような、
近寄りがたいというか、近寄りたくないオーラもあります。

果たして、これらお店を、実はダサい横浜民が、
そして、MM線直通でガンガン輸送される埼玉民が支えきれるのかどうか。

タワマンのハイソサエティに頑張ってもらわねばなりませんね。

2016-03-04_0592.jpg

港に面した店舗環境は最高で、
ブティックなり、レストランなりに大きく据えられた窓から、
港や船を望む背景は、それだけでゴージャスな付加価値です。

海を見ながらお茶できるようなスポットが、
意外に乏しかった横浜観光エリアでは、なかなか貴重な場所になりそうです。

基地のすぐ隣なので、海猿ファンはもちろん垂涎でしょう。

2016-03-04_0598.jpg

飲食は事前に宣伝かけてたパイのお店が特に人気でしたね。

結婚式場の会社がやっているみたいですが、
ランチにはパイ食べ放題要素があるらしいので、気になります。

その他、どこも行列で、とりあえず空いてた中華に飛び込んだのですが、
お料理は全然出てこないし、出てきたと思ったらシャレオツな量だし・・・

2016-03-04_0606.jpg

シャレオツな揚げパンをかじり

2016-03-04_0601.jpg

シャレオツなパンを買い

2016-03-04_0612.jpg

シャレオツな飴をもらって撤退であります。

2016-03-04_0581.jpg

価格帯に関してはすごく高級というわけでなく、
カジュアルなラインから、頭1つ2つ飛び出た程度。
観光地であることを考えれば、許容範囲でしょう。

2016-03-04_0584.jpg

中心テナントである「フレッドシーガル」には飲食別館もあり、
ドーナツや、ドッグなどを売るフードコートもありました。

「&Swell」のパンのイートインはちゃんと釜で焼いてるピザが旨そうだったよ。

2016-03-04_0576.jpg

初日だったので、取材なり、業界背広族の姿が目立ちましたね。

この週末はとんでもないことになると思うので、
もうすこし落ち着いてからが良いと思います。

なかなか、良さそうですよ。
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。