恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱプロにはかないません 【10周年⑤】

元々活字を読むのが好きだったこともあって、
業界へのリスペクトがありました。

でも、一方で不満も感じてたのです。
情報誌を開いて、なんでこんなショボい店しか載ってないのかと。

観光地や繁華街であっても
取材対象は手垢つきの定番にとどまり、
ガイドブック等は何年も内容が変わらない状況でしたよね。

お前ら、ちゃんと仕事しろよなと!

イケイケの頃は「いまさらこのネタの後追いかよ、フフフん」ってな感じで、
商業誌に先行していると感じていたブロガーも多かったんじゃないかな。

しがらみに縛られない正直な感想を書けること。
商業ベースに乗らないニッチな対象もケアできること。
紙面のスペースを気にせず、必要な情報を詰め込めること。
365日、24時間、好きなタイミングでリリースできるスピード感。
その他、”好き”に由来する、割にあわない熱意や
発信者の裾野の広さを活かしたフットワーク等が、
ブロガーの利点と言われ、その価値が喧伝されました。

確かにこれらの要素が上手く機能すれば、
既存のメディアの価値を上回ることは確実です。

しかし、ブームがしぼんだ今、改めて見まわしてみると、
そういう理想的なブログがいくつあったのでしょうか。
ほとんどがゴミのまま消えたように思えます。


一方でプロの刊行物の安定感ですよ。
10年続けてみて、やっぱり敵わないなという身の程を噛み締めています。

私もちょこっとだけ舞台裏に触れましたが、
実際のところは、筆力や企画構成力はもとより、
情報のアンテナもこちらよりよほど優れていました。

良店が載らない”大人の事情”というのも、
金を出した店しか宣伝しないようなゲスではなく、
これ以上混むと困るから等という理由で、
先方に取材拒否されている場合が多いみたいですね。

知らなかったのではなく、載せられなかったのです。

もちろん、一部のTVにはダメ対応も目立ちましたし、
会社や人にもよるとは思いますが、
現場では我々趣味の輩と比較にならぬほど、
しっかり努力されているのだなという印象です。


プロが仕事として書くことは、
確かにいろいろな縛りも生みますが、
同時に責任やクオリティの確たる裏付けにもなります。

ここはものすごく大事なポイントで、
市井からの発信が、どうしてもハンパに終わってしまうのは、
やはり、まともにマネタイズされなかったからなのでしょう。

もちろん、Google様のAdSenseにより、
細かな露出に小金が生まれる素晴らしい仕組みはできています。

しかし、労力に相応する単価かというとそれは程遠く、
それも上がるのではなく、下がっている様子。

最近はブログ記事の外注も公募されていますが、
1記事まとめて100円とかのブラックな水準に驚きます。

ネットではタダ読みが基本ですし、
思ったほどお金が生まれる市場では無いのかも知れません。

もちろん、我々は好きでやっていることではありますが、
余暇時間という限られたリソースを配分する中で、
更新作業にどれほどの優先度を割り振れるのか。

ことが気軽のレベルを越え、労力が楽しみを上回り始めたあたり。
単なる手慰みを越えた価値を発揮できるようになるほんの少し前の段階で、
その先が続かなくなってしまうのは、実にもったいないことですね。

ここで背を押し、先を引っ張る何かがあれば、
読み応えのある、そして、ちゃんと更新されるブログが、
もっとたくさん生まれていたのかもしれません。


執筆環境の他に、素人とプロを分けるポイントは
取材対象に話を聞くか否かという部分だと思います。

自らの印象だけを元にした食レポを何千も書いていると、
どれもこれも似たような内容になって、さすがにウンザリしますね。

感受性や表現力、創作力のどんづまりがあっという間に見えますから、
なるほど、作家さんはスペシャルなんだなと思い知ります

一方でプロの書く記事は、食材のこだわり、調理の工夫、
店主の経歴や開店の経緯等、先方発の情報で埋められることが多いです。

これだって文章のパターンはいくつもありませんが、
それでもお店ごとに異なるネタがあるので、物書きには困りませんね。

読み手にとっては、普通に食事するだけでは得られない情報の価値。
メディアの権威を背景に、そうしたネタを引き出せる点はやはり有利です。

もっとも我々が雑談で聞けない話でもないので、特権ではないですね。

例えばラーメンブロガーなどは、
こうした厨房の奥とのコミニケーションを密にして、
他の食分野よりも一歩進んだ発信の文化ができていると感じます。


逆に記者の個を立てたコラムでもなければ、
プロの記事に”私”視点が入ることはめったにありません。

もちろん編集の段階である程度の意図は乗りますが、
きっと公正を期する距離感があるのでしょう。

でもさ、記者会見などを元にした記事って、
結局、各社ほぼ横並びになるじゃない。

100人のブロガーが100通りの個性を出すには、
プロのような”公”のスタイルではなく、
”私”を中心に据えるしか無いんだと思うのよ。

この期に及んで、ブログで勝負したい人は、まずしっかり顔を晒して、
言ったもん勝ちの肩書などを猛アピールしちゃって下さい。

きっと、分かりやすいポジションやキャラクター勝負になると思うのです。

文章で個性を出すのは相当難しく、
それが普通にできるのならばむしろ作家を目指した方が良いでしょう。

それに案外、記事内容は精査されませんからね。
スポンサーサイト

戸部の氷梅干し

夏のクソ暑い日が続き、
オーブンの中の焼き豚気分を味わっていたわけですが、

一転して、寒ぃ!!

うっかり短パンとTシャツと薄掛けで寝て、凍えそうになったわ!

そんな天候下で、かき氷の紹介をするアンマッチ。

本当は「まだまだ残暑が厳しく・・・」等という話になるはずだったのに!!
めちゃくちゃ時節に合った紹介になるはずだったのに!!

DSCN8268.jpg

戸部の「良庵」のすぐ裏にある「涼み屋」は
住宅脇の駐車場にキッチンカーを置いたお店。

この季節はかき氷屋さんになるのですが、
ラインナップがちょっと変わってて面白いです。

氷梅干しなんて初めて食べますが、
甘みの中にほのしょっぱい、ほの酸っぱいこの感じは
すごく馴染みのあるお味で、何かなと思ったら、

我々が幼少の頃に啜った駄菓子のすもも漬に似てますよ。

そのまま凍らせることはしましたが、
なるほどかき氷のシロップにしても旨かったのかもな。

若干の塩分がほどよく、汗をかく暑い時に食べるのは最高。

今は寒いけど!

もしかしたら、暑さがぶり返すかもしれないので、
そん時に覚えておいて下さい。

ブログブームに踊って 【10周年④】

ネットを通じた個人発信が世の注目を集めるようになり、
いわゆるブロガーブームがまき起こります。

例によって、横浜の水準はお江戸に数歩遅れていましたので、
私なぞもその端っこに乗っかり、面白い経験をさせてもらいました。

最近は怪しげなネットメディアからしか声がかかりませんが、
当時は名のあるTVや雑誌の現場からもちょいちょいコンタクトがあり、
いくつかのお手伝いをさせていただきました。

”ご当地ブロガーが選ぶ~店”とか、その手の企画がよくありましたよね。
お店のピックアップや簡単なコメントを求められることが多かったかな。
パネラーや案内役等の顔出しの依頼もありました。

これらにさしたるリターンがあったわけではありません。
労力的を考えると持ち出しばかりでしたが、単純に嬉しかったよね。

昭和世代のミーハー心をくすぐられて
私の団子鼻も若干高くなりました。いや、ムクんだんじゃなくってさ!

でも、なんでお前なんかが選ばれたんだという疑問ですよね。
実際、先方にうちを愛読してる人なんて、いたのかな?

「横浜」なり「B級グルメ」なりでちょいと検索して、
まだロクにヒットしなかった時期ということですね。


他にも多くのブロガーが露出していましたが、
その後も安定して活動を続けている人がどれほどいるのかな?

やはり、多くが姿を消してしまいましたね・・・

そもそも、アルファ達が、
本当に発信の実力だけで世に出てきたかはだいぶ怪しかったのです。

特に出版関連の”ブログ発”は仕込みがあからさまで、
流行りの媒体を話題作りに利用しただけのパターンが目立ちました。

それでも、中身の伴う半プロを仕込んだ分、
消費者には良心的だったと言えるかもしれません。


食関連でも様々な有名ブロガー企画がありました。

同業の目から、嫉妬混じりで値踏みすると、
えー、こいつかよ(ぺっ)と思う参加者も多かった印象です。

つか、ガチブロガーでも堅気の職を持つ人は、
ああいう露出を好まなかったことが大きかったのでしょう。

実際”有名”の中には先日ブログ始めましたレベルの
ネイルコスメワイン女がシレッと混じっていたり。
あとで聞いてみると、身内だったり、コネだったり。

毎度、代わり映えのしない面子が集まっていたので、
どこぞが一党丸抱えで企画を売り歩いていたのかも知れません。

まぁ、率直に言うと、ショボかったということです。

本来、影響力を買われたはずが、
”有名”や”人気”が虚構だったというオチでは、
クライアントの期待に応えられたのか、大いに疑問じゃん。

とりあえずやらせてみるか以降、
継続する需要にはならなかったのだと思います。


個人的にはすんごくがっかりしましたよ。
先頭で躓きやがって、後に続く皆の可能性を潰してくれたなと。

こうしたブームにはありがちな展開ですが
成熟して、相応の盛上がりを待ってから、その価値を伝えるのではなく、
目新しさ先行でもって未熟児を押し付け、早々に食いつぶしてしまう流れ。

すぐに次の流行が仕立てられ、また使い捨てられていくわけですが、
ブログ文化はそれなりの中身を伴っていたと思うので、
もうちょっとうまく育てて欲しかったし、もったいなく感じました。

もっとも、逆の立場で考えてみると、
素性の知れない素人を、自分の仕事に組み込む怖さも良く分かるのです。
つい身内や交友を頼ってしまう流れは必然だったのかもしれません。

やがて口コミマーケティングの主流が芸能人に回帰していったのも、
ビジネスとして管理しやすいからなのでしょうね。


こうしたブームを経て、ブロガーなりスーパー素人なりが、
広告やメディアの制作現場に地位や役割を確立したかというと、
たぶんそんなことはないんじゃないかな。

単に彼らが扱うアイコンなり、リサーチソースなりが増えただけで。
その辺は旧来の体制を強固に維持しているんだなと感じます。

そもそも情報は全て公開されているのです。
それを”ネットで話題の”などと言って、かいつまめば済む話で、
いちいちブロガーを引っ張ってくる必要はありませんよね。

結局、求められたのは”ブロガー”という流行のキーワードであり、
必ずしもその能力や価値では無かったんだと思います。

山盛りの生姜が乗った・・・

高校球児の汗は爽やかに見えるのに、
私達デブの汗が不潔扱いされるのは納得いきません。

どちらも夏を頑張って生きてるんだよ!!
まぁ、後者は超不健康なんだけど!!

さて、TVkの斜向かいにある「中屋」です。

私、初めて入ったんですが、
ちょっと面白いメニューが目に入って頼んじゃいました。

DSCN8225.jpg

生姜そば!

まさか千切り生姜が山盛りだとは!!

大根やニラ、玉ねぎなんかは見たことがあるのですが、
他ではなかなかお目にかからないメニューですよね。

しかも、お蕎麦が山ほど入って、
デブ的にもすげーイイお店です。

食情報の空白がなんとな~く埋っていった話 【10周年③】

私という豚が、鼻息荒く食べ歩きを本格化させた頃、

ネットではライブドア、ロケタッチグルメの前身である
「東京グルメ」に大変お世話になっていました。

もともと米国にサイトのひな形があったのでしょうし、
掲載店や対応エリアも今日のものとは比較にならない規模でしたが、
市井のクチコミがもたらす忌憚ない情報は、とても新鮮に響いてきました。

あれをほぼ個人で運営していた中の人や、
情報を投稿して盛り上げていたレビュアーの方々はすげーなと思います。

他にも食系の個人HPはいろいろ立ち上がってはいましたが、
せいぜいヤフーカテゴリで俯瞰できる範囲の世界でしたよね。

お店の数十も掲載すれば、もう立派な部類。
4桁の店舗紹介が、なんも珍しくなくなった今からするとチンマリですが、
掲載されているのは、評価が確立しているお店が中心だったので、
読んでいて、物足りなさは感じませんでした。

鉄板といっても、マスコミ常連未満の良店情報は
近隣生活者のクチコミから外に出なかった時代でしたから、
地縁のない場所を歩く際にはとても役に立ちましたよ。


ただ、私が愛読していたサイトで、
今も更新を続けているとこはほぼありません。
個人サイトがやたら短命であるのは、当時から変わらないのかも。

だいぶ手軽になっていたとはいえ、
管理にそれなりの技術や手間を要した時期においては、
エンジニアや学生がHP運営の担い手になる例も多かった気がします。

まず、サイトを作ってみる意義が先行して、
そこに手近な趣味をはめ込んでいったような形で、
必ずしもコンテンツ志向、発信志向では無かったのかもしれませんね。


食レポ文化の深度がグンと増したのは、
やはりブログの登場以降だと思います。

発信者や機会の裾野が広がることで、
よりローカルでマイナーな対象までケアされるようになりました。

いざ流行りに釣られてブログを作ってみても、
ほとんどの人は語るべきコンテンツなど持っていないものです。

その点、日常をちょいと切り出すだけで、
広く共感を得やすい食ネタは実に手軽。

写真さえ貼っ付けてあれば、それなりに訴求しますし、
とりあえずのネタには最適だったのでしょう。

HP時代と異なるのは、その扱いやすさだけでなく、
付属するコメント機能によって、反応が即時に帰ってきたことです。

もちろん、それまでも掲示板等のツールはありました。
しかし、それぞれの記事に直結するコメントは、
より身近な反応として、コミニケーションを活性していきます。

趣味の成果発表という一方通行から、
ネタを肴にした双方向のやりとりへの進化がとても楽しく、
ブロガー達はどんどん調子に乗っていったのです。


市井の発信者はなにも人気スポットだけに偏在しませんから、
雑誌等には露出しない様々な場所の様々なお店が記事になりました。

それまでネットで地元のお店を検索しても、
電話帳から引き抜いた番号と住所しか出てこなかった状況を、
こうした発信がどんどん肉付けしていきましたね。

メジャー未満の街や店について、素人がつたない文章で紹介する。
こう書くとかなりイマイチで魅力薄なんですけど、
ある人にとってみると、それが万金の価値で輝く場合があります。

体裁以前に、まず情報が世に出てくるということが有益。
何事も0から1への飛躍はものすごいことなのです。

こうして、商業サイトが人を雇ってコンテンツを増やしていくのとは、
比較にならないスピードと規模でもって、この分野の情報が増加しました。

うちも当初は読者に観光客を想定していたこともあって、
近所のドベた下町店ネタにはさしたる需要が無いと思っていました。
ただ、日頃、店先を通る度に積もっていた好奇心や義務感でもって、
近所の店巡りも記録&レポするようにはしていたの。

やがて、そうしたマイナーレポの方が自分の楽しみになり、
サイトの個性を担っていくとは思いもしませんでしたよ。

世に情報が増え、拡散していく事によって、
既存の価値やその求心力がさらに増していく一方で、
身近な日陰にも注目が集まり、新たな価値や楽しみ方も生まれました。

個人ブログ等が発信した隙間情報によって、
我々の日常生活は分厚く底上げされたなと感じています。

私が面白いと思ったのは、
皆が情報の空白を埋めるべく、意義ある発信をすべく
大義を背負って、動いていたわけではなかったということです。

自分の小さな好奇心を満たしたり、
ちょっと褒められて、つい入れ込んじゃったり、
なんてことない日常発信の断片が積み重なった結果、
今日の充実が形作られちゃったというのが、凄くリアルですよね。

社会というのは誰かが旗を振って導くのではなくのではなく、
技術の革新を背景に、あるべき姿へ自然と作られていくのだなと感じました。

食の分野でも有名ブロガーの活動が目立つことがありますが、
果たして彼らが自分の足や経験だけでもって発掘&発信した情報がどの程度あるのか。

実際にすごいのは、その背後に
彼らが上澄みを掬う大海が出来上がったことなのだと思います。

うどんぜんざい・・・だと・・・

東戸塚の「きぶね」

饂飩と蕎麦をシャム双生児した”そどん”等、
オリジナリティ溢れるメニューで知られるお店です。

150807 008

今夏の新メニューは冷やしぜんざい。

大粒の小豆を使って、あっさり炊きあげた品ですが、

150807 010

うどん屋さんだからね!

ぜんざいの中にうどんが入るのも当然といえば当然だよ!

白玉感覚で、お味は意外に悪く無いです。

違和感は消せないけどね!
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。