恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東横系トルコライスの謎

先日、武蔵小杉に立ち寄った時のお話。

駅前に林のごとく建ったタワーマンション群は、
地べたにこびりついて暮らす私にとっては、あまりに眩しく、

時は来た!許されざる者達の頭上に星砕け降り注げ! 

と、メテオの詠唱が口元からこぼれてしまいましたが、
隕石どころか、デブを焦がす紫外線しか降ってきませんでした。

150714 009

さて、お目当ては「かどや」の名物、トルコライスであります。

我々昭和世代にとっては、
中華屋洋食もまた魅力的なもので、
これはとても旨くいただきました。

shoku3371.jpg

トルコライスというと長崎発祥と言われるB級グルメのスター。

これは「ツル茶ん」のそれでありますが、
ドミカツ、ピラフ、スパゲティ、サラダと男子が好むものすべてが乗った、
洋食メニューの遊園地であるわけです。

食べたいっ!!!

そう思っても、横浜で食わす店は少ないですよね。

shoku0685_20150729155413a21.jpg

まず、思い浮かぶとしたら老舗「ミツワグリル」のそれ。

ただ、内容はだいぶシンプルなもので、
やっぱスパとか、面倒なもんは省いちゃうよなぁ~なんつって思ったの。

でも、よく考えてみるとおかしいよね。

ミツワは洋食屋なので、付け合せのケチャスパなぞは常備されてるし、
長崎スタイルに似せることはいともたやすいはず。

もしや、長崎とは源流を異とするケチャライス+カツの
トルコライスがこのエリアにあったんじゃなかろうか?

そういえば、今は亡き岡野の「ポパイ」にもありましたし、
名前が違いますが鶴見「バーグ」のトマトカツライス
「リオ」のシシカバライス
もそれっぽいじゃん。

早速、検索してみると、wikipedeiaにこんな記載がありました。

神奈川県川崎市のトルコライスは大阪風に近い。
チキンライスに刻んだ豚カツを混ぜてあったり、チキンライスの下にドミグラスソースのかかった豚カツが隠されていたりする。



川崎トルコライス、キタッ!

というワクワクですが、大阪のそれとは似てないし、
エリアに点在する文化というより「かどや」単店の名物であって、
川崎系の冠を載せるにはだいぶ弱い気がします。

少なくとも私の宿題欄では
他に小島新田「ムラカミ」くらいしか見つかりません。

刻んだカツのお店ってどこなんだろ?

100204_009.jpg

一方で本牧の「さし田」のトルコライスはすごく近いです。

なんといっても特徴的なのが、カツをライスでサンドするスタイル。

関西方面のまむし丼を彷彿させますが、
カツの場合は揚げたての衣がシンナリなって、良いことなしじゃん!

でも、この不合理こそが歴史の鍵となるような気がしています。

カツ隠しといえば、大船「ミカサ」のカツメシも思い浮かびますね。

撮影スタッフがかっこみやすいよう、またカツが冷めないよう、
ピラフでサンドしたという、なんとなく納得出来ない理由で伝わっています。

ここで冒頭の「かどや」に戻ると、HPにこう書いてありました。

当店のトルコライスは、昭和28頃に先代が通った、当時渋谷にあった「渋谷食堂」を模範にして、30年程前からメニューに登場致しました。
渋谷食堂スタイルのトルコライスは、東急東横線沿線や武蔵小杉のレストラン等でポピュラーなメニューでしたが、いつの間にか希少な存在となった様です。



トルコライスが「渋谷食堂」のオリジナルなのか、
それともの東京の洋食シーンでよく見られるものだったのか。

「渋谷食堂」の資料にも当たらなかったので、ちょっと分かりませんが
今日の限定的伝播の痕跡から考えるとそれほどメジャーではなかったのかも。

ただ、オンザライスが哲学になっている国でありますから、
洋食屋でケチャップライスにカツを乗せろというオーダーは至極自然な流れです。

例によって戦争や震災でもって人や資料が途切れたパターンで、
ナポリタンのごとく東京でいち早く供されていたものが、
各地に伝わってローカル化した経緯に頷けます。

近年ではトルコライス=長崎のイメージが定着した関係で、
構成要素の乏しい東横トルコライスの存在が霞んでいますが、

長崎では解けない”トルコ人、豚食わねぇのに!”的な
語源の謎も含め、源流は東京に埋まってそうな気がします。
まぁ、ピラフ=トルコってことなんでしょうけど。

東京や神奈川で長崎スタイルじゃない
トルコライスの情報があったら、ぜひ教えてください!
スポンサーサイト

中華街の外れにマレーシア料理あらわる

山下町の元「サローネ」だった場所が、
マレーシア料理店になりましたよ!

「マレーアジアンクイジーン」というお店で、
渋谷に本店があるそうです。

150715 003

ナシレマを食べました。
カレーも付いた豪華版であります。

これが旨い!

エスニックの良さを伝えつつ、
お料理として、ちゃんと整っている感じ。

夜の値段も手頃だし、メニューも面白いので、
みんなで食べに行っても良さそうなお店ですよ。

熱中症に注意しましょうね!

ザンザン降り続いた雨が上がり、
とたんに暑くなってきましたね!!

こんな風に気候が急に変わったタイミングは、
熱中症のリスクが特に高まります。

まだ夏の暑さに耐えうる身体の準備ができていないということですね。

特にデブ諸氏はご注意下さいよ。

我々はほんの少し動くだけでカロリー燃えまくりですし、
断熱材をしこたま身体に巻きつけてるので、
熱がこもってヤバイみたいです。

適度に体を冷やし、水分補給を心がけて下さい。

150714 031

日中、ちょっと歩くだけでもヤバイ。

ほんとうにヤバイ。

こまめに休まないと命がヤバイかも。

そんな経緯で、今年度の初氷は
新丸子「昭和堂」の氷おしるこになりました。

うん、緊急処置なので、これは仕方ないこと。

中華街の外れにバインミーあらわる

私の周りにもベトナムサンドイッチの魅力にハマる人が、
じわじわ増えているような、勝手な手応えを感じている今日このごろ。

石川町にも新たなバインミースポットが生まれました!

150710 009

「T.G.T Kitchen」というお店。

母体はベトナム関連の人材斡旋や輸出入を行っている会社らしく、
階下にある「ミントンハウス」を間借りして、営業を始めました。

150710 012

自家製焼豚を具にしたバインミーです。
具だくさんで、ちょっとオサレじゃね?

さらにセットにすると食べごたえのあるスープと、
お代り自由なベトナムコーヒーがついてお得ですよ。

ただ、平日のランチだけなので注意な!

横浜5位のオムライス

山下町の好立地に建つ海員会館は、
観光にも穴場なホテルですよね。

2Fにはフレンチレストラン「パッサージュドール」があって、
ランチは外部にも開放されています。

150510 001

メニューは洋食寄りで、
推しはオムライスみたい。

食べログのオムライス部門で、
市内5位になったというちょい微妙な勲章を掲げています。

150510 007

流行りの華やかさはないのですが、
誠実に調理されており、おいしさがじんわり染みる感じ。

奥さんの対応も優しく、
我々、枯れたオッサン世代には居心地がいいお店です。

ランチといえば中華街なのですが、
あの人混みにゲンナリする時にはこっちに逃げてくるといいよ!
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。