恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸塚の豆大福

昨年、おくればせながらのスマホデビューを果たした私。

この先端モバイル機器を駆使して、
皆様へ、ノマドでユビキタスでマルチな発信を・・・

・・・するはずもなく!

ヒマがあると、ひらすらキャンディーを壊し、
クラン戦をこなし、ビーチを強襲しながらメガポリスを建築。
M3 Lee戦車をけちょんけちょんに撃破される日々です。

宿題であった自サイトのスマホ対応どころか、
アクセスすら一度もしていないことに気がつき、戦慄してるナウ!

昨年来、艦これとHuluのせいで、PC前の暇つぶし時間が圧迫され、
さらにホカホカお布団にまで持ち込めるスマホゲームで止めといったところでしょうか?

141219 037

さて、そんな訳で新年早々、ネタがないので、
謎多き戸塚ルートワン商店会シリーズ第二弾。

和菓子の「秀山庵」です。

こちらは全くの盲点でありました。

手前の大福を見ていただければ分かるのですが、
非常においしそう、いや、実際、どのお菓子もおいしいのです。

看板に支店て書いてあるけど、
その本店がどこにあるのか聞いたことがない。
本店不明なのに、大坂上に別の支店がある。

つか、よくよく見てみると「吉田屋」の支店て書いてあるじゃん!
でも、「吉田屋」よりも断然上等だったりします。

食べログ以降、町場のお店の情報も多く得られるようになりましたが、
華やかな洋菓子の世界と違って、和菓子屋さんは地味に埋没しがちで、
画像のぱっと見で価値を測れない部分があります。

まだまだ未発掘の良店や商品があるんじゃないかなと思う分野。

ただ、やっぱ、おいしいお菓子は見た目からして整っていますよ。
旨そうウェーブの発生を隠しきれない感じ!

ぜひ、こちらのお店も直にショーケースを覗いてみてください。
もうね、全部買いたくなっちゃうから!

戸塚のお土産はここで決まりっす。
スポンサーサイト

2015年 デパート福袋の中身レポ

皆様、あけましておめでとうございます!

今年も良い年になるといいですね。

年末の福引で豪華テレビをぶち当てるミラクルを起こした私は
すでに向こう10年分の運気を使い果たしちゃった気がしています。

でも、うち、テレビ、あるし!
部屋においても、全く観ないので!

乏しい運を使うにしても、本人の希望とは、
だいぶズレたところに吸われてしまうのが実に哀しいよね。

もう、結婚はないなと!
そういう人生だなと悟った年末でありました。

さて、更新しないごった煮サイト「恰幅の良い彼」の
年始は恒例の福袋の中身レポートです。

もはや、このくらいしか楽しみがないお正月ですよ!

150102 044

まずは元旦売り出しの「そごう横浜店」

いつも通り、9時前の写真ですが、
珍しく、ポルタ内の正面列に配されてしまったので、
今年の人出はちょい多めなのかもしれません。

一応、10時開店ということになっていますが、
9時15分くらいには入場が始まり、すぐに販売が始まっていたようです。

人気の服袋などはスタート5分が勝負ですが、
食品などは、上階の客が降りてきてからの混雑となり、
たいていのお店は余裕でゲットできる状況です。

ただ「新宿高野」と「ドンク」の干支もの、
「山金」のお寿司&お刺身袋はすぐに売り切れますね。

他に行列はいつもの「マリアージュ・フレール」と、
なんで列ぶのか分からん「足立音衛門」くらいかな。

お隣のベイクオーターも同じタイミングですが、
「茅乃舎」「カルディ」が大行列しているのには驚きました。

お前ら、こんな場所に列ぶ暇があったら、そごうだろ!
と叫びたくなりましたが、カルディのお菓子袋が買えなかったのは残念です。

150102 051

まずは定番の「富澤商店」から書かずにおれません。

今年の福袋は1種類。
ご家庭でのちょっとしたお菓子作りを想定した
手堅い内容になっているのはさすがなのですが・・・

グ、グラニュー糖かよ!勘弁だろっ!!!

ただでさえ今年は単騎攻で荷物運ぶのが大変なのに!

ケーキミックス粉に加えて、砂糖1kgの重さが肩に食い込み、
片腕、ビリビリしびれたわ!!

150102 054

諸国名菓のコーナーにあった青森「おきな屋」
りんごを使ったお菓子が有名みたいよ。

もうね、正直、そごうのラインナップには飽々なので、
見慣れぬ新顔が混じってると嬉しいんだよね。

さり気なく添えられた紅玉りんごシロップの存在がデカイよ!

お菓子だけではちょい弱かったんだけど、
ちょいちょい入ってお味見にはちょうどよい感じかな。

150102 065

「仁々木」は初めて買うお店。

これといった名物があるわけでなく、
どこぞで見たような気さくラインのお菓子を集めて
”京都”というはったりで売っちゃう感じなのかな。

ただ、この福袋はたっぷり入ってアタリだと思います。
お味もなかなかどうして、気さくで好感の持てるもの。

150102 063

特に買うもんが無いので、
風呂敷に包まれた「UCC」のコーヒー箱を。

各種お豆がたっぷり入っていますが
なんとCOE1位に輝くブルンジの豆も!

日々の消耗品なので、これも手堅い内容かと思います。

150102 056

同じく消耗品ということで「伊藤園」のお茶箱。

普段飲みつけてないので、
それぞれのお茶のクオリティが分からず値踏みできません。

「一保堂」が福袋を出さないので、
他は「福寿園」くらいしか選択肢がないのですが、
緑茶袋に求めるのは、まったり味わうお茶ではなく、
ザバザバ消費する日常煎茶なので、こっちでいいのかなって感じです。

結構かっちりしてるお茶箱が邪魔!
中身だけあればいいんだ!

150102 047

「桝俉」の漬物袋。

これといってサプライズはありませんが、
とかく甘濃いおせち料理のサッパリ要素を、
なますさんだけに負わせるのは酷というもの。

ちょっと、京都っぽい漬物を摘みたくなりますよね。

150102 069

「横浜梅林」の福袋も初めて見るかな。

そもそも売ってる商品が少ないお店ですが、
うなぎの他、一通りのおこわが味わえるってことなのかな。

こんなそっけない冷凍品なのに、
元々が高くて、あんまりお得感は感じませんね。

おいしかったら別だけど、どうだろ?

150102 072

追っかけてきた家族が買った「ダルマイヤー」のお茶袋。

ティーバックが欲しかったらしいのですが、
このスカスカな軽さ、そしてハーブティ。

まぁ、無しだなって感じです。

150102 081

「柿山」です。

おかき屋でそうそう失敗はおこらないのですが、
反面、福袋としての遊びやときめきは無いよな!

午後に行ってもまだ売ってそうな感じ。

150102 074

「八王子一丁庵」のお豆腐袋。

家に食べ物が腐るほど詰まっているタイミングで、
こんな足の早そうなもんを選ぶなよなって感じ!

でも、お豆腐とおからはおいしかったです。
うどんとシュウマイはいまいち。

150102 078

「加島屋」も福袋らしい福袋を売り始めましたね。

元々が高く、点数もそこそこでお得度は低いですが、
鮭や珍味は間違いようが無いのでいいんじゃないでしょうか。

ダシまでついたお茶漬けに期待しちゃいます。

150102 084

「ディーン&デルーカ」のイタリアン袋。

やはりイマイチ魅力に欠ける内容なんだよな。
私は却下したのですが、家族復活です。

まぁ、半分はトート代だと思えばいいのかもしれませんが、
店頭にはもっと面白いもんがならんでるんだし、
高くなってもいいから、もっと充実した福袋を作って欲しいな。

150102 093

さて翌2日。

例年なら「横浜高島屋」なのですが、
今年は初の東京遠征を果たします。

150102 088

早起きして、箱根駅伝のスタートを観に行ったのですが、

ザ・一瞬!

そりゃそうだよね!
考えてみれば、初手からバラけるはずもないもんね!

やはり大学関連の観客が多いみたいですが、
これだけのために、よくぞここまで人が集まるなと感心したわ。

150102 095

もっとも、観戦後は銀座や日本橋の初売りや、
皇居の一般参賀に流れるセットコースなのでしょうね。

私も福袋の激戦地である「日本橋三越」にやって来ましたよ。

特に目当てがあるわけでなく、偵察目的だったので、
喫茶で朝飯をつまみつつ時間を潰して、開店30分前の到着です。

寒さをしのげる地下には2つの入り口があり、
中央口の方から延々と列が続いてるので、
こりゃ入店にも相当時間がかかると思ったら、
すぐそこの銀座線口から入れてくれました。

開店時間は15分前倒しくらいかな。
やはり皆様、食品は後回しのようで、
ピークは30分ほど遅れてやってきます。

「ラデュレ」なんかが出してないので、
速攻売り切れた袋は「ジョアン」くらいかな?
他に目立った行列は「二幸サーモン」「二幸ミート」「小布施堂」

通路は殺気立ったババァ達でたちまちうめつくされますが、
お店が多く、お客がバラけるのと、袋の販売数が多いので、
思ってたほどの争奪戦にはなりませんでした。

落ち着いた後、各階も回ってみましたが、
さすがの三越本店、横浜田舎とは桁が違う商品がバキバキ売れてますね。

150102 134

せっかくなので「ピエール・マルコリーニ」を奮発です。

幅広の紙袋に、うっすい内容量!軽ぅ!

でも、しょうがない。
高級チョコなのでしょうがない!

これでも前年より内容が増えているとのことです。
早速頂きましたが、お味はまずまずおいしいです。

おいしくなかったら泣いてるよ!

150102 131

「ホテル西洋銀座」
こういう横浜に無いブランドが新鮮で!

中身は定番の焼き菓子。
お味的にも粗塩が散らされたガレットの他は、
コレといったものもなく、特段楽しい物ではないかな。

でも、新味があるってことが何よりの魅力です。

150102 124

懐かしの「ルコント」です。
こちらの甘んまいお菓子によって、
巴里への憧れの扉を開かれたのです。

どうせならフルーツケーキとかガッツリ入れてくれればいいのに!
粉コーヒー3パックもいらないよって思うのよ!苦いし!

さすがにお菓子はヘビー級でおいしいです。
もっと高い袋が売りだされても買っちゃうな。

150102 126

列んでも、もう買えないかもって言われて、
ババァ達がプリプリしていた「小布施堂」

他に買うもんも無かったので、
無視して列んだらなんとか買えましたよ。

おなじみの商品ですが、
ストックしておいて損はないでしょう。

ただ、行列はしなくてもいいような気はします。

150102 121

「松北園」のお茶も三越っぽいよね。

レギュラー玉露と煎茶で堅実な内容。
買っておいて損はないと思います。

150102 114

「二幸サーモン」は今年度の恰幅福袋大賞!

使えるものがこれだけ入って、お得すぎるお値段!

そりゃ行列も出来るよなって感じです。
内容が見えなかったので、攻めなかったのですが、
この会社ならお肉の袋も大サービスしてたんだろうなぁ。

次回行くことがあったら、忘れずに列ぼうと思います。

150102 138

パンは「リンデ」のドイツ袋を買いました。

たまにこっちのデパートにも売りに来るけど、
結構、好きなんだよね。

甘いモノばっかし買っているので、
しっかり塩の効いたプレツェルが好ましいよ。

伊8が喜びそうなシュトーレンは、
微妙に時期外れですが、ちょっとおいしそうじゃん。

150102 143

果物コーナーのいちご袋。
あまおうと、とちおとめ。

山ほどの荷物の中で、
潰さないで持って買えうのが大変だったわ。

150102 110

お向かいの「にんべん」

ショッピングバッグが丈夫で使いやすいらしく、
再びゲットしました。

ダシの関係は特にリピートしたいとは思わん内容かな。

150102 106

去年の大賞に輝いた「山本海苔店」

今年は煎茶が入っていたのですが、
やはり手巻海苔の黒缶の存在感は偉大だったので、
ちょいパワーダウンな印象を受けますね。

買うか否かを問われたら、きっちり買いますけど!

たち吉のシンプルな皿が地味にいいです。

150102 118

お向かいのコレド室町でも福袋販売していたのですが、
やはり主戦場は三越様ということで、11時を過ぎるまでは、
あまりお客も来ておらず、余っているお店が多かったですね。

ネットでお馴染み「オーダーチーズ」

デパートに入るチーズ屋の福袋って、
どこもほとんど変わらん内容なので、
あんまり食指が動かないのですが、
熟成師ものも入ったこちらの袋はちょっと面白いです。

150102 136

「kono.mi」はプラリネの専門店。

老舗豆菓子屋プロデュースとかっていって濁してるんだけど、
鹿児島の大阪屋製菓で、お江戸と全然関係ねぇじゃん!

ここはね、気になってはいたんだけど、
クソ高ぇので手が出なかったんだわ。

内容は飴がけナッツの小袋各種で、
それぞれに小さな固まりがコロンコロン。

お味も値ほどの高級感ああるわけでもなく、
やっぱり割高感しか無いわな。

まぁ定価でなく、福袋で助かったか。

150102 019

最後にネットで買った「ブルボン」直販のお菓子袋。

アイ・ラブ・ブルボン!

そんな感じで、今年ゲットした福袋の中身を駆け足紹介でした。
次回参戦する皆様の参考になれば幸いです。

サイトに関しては昨年もいい加減サボりまくりで、
訪れてくれる方には不義理をしてしまいましたが、
どうやら今年はさらに状況が悪化しそうな見通しで・・・

まぁ、ボチボチとお付き合いいただければと思います。
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。