恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それはつまり旨さ控えめのこと

自作の経験がある方はご存知かと思いますが、
魅惑のスィーツにはゾッとする量の糖と油が使われています。

お菓子は身体に悪い。
でも、お菓子は食べたい。

そんな葛藤を経て到達したのが、
甘さ、カロリー控えめという妥協点。

やたらボディラインを気にするわりに、
自分にご褒美あげまくりの女子どもにとって、
ほんの僅かな節制が、都合の良い免罪符として機能したわけです。

いつしか「控えめ=女性が喜ぶ」という公式が定着、
お菓子界の主要な潮流となってしまいました。

ぺっ!クソ食らえ!と叫びたいね!
控えめ菓子に、旨いもん無しだよね!

そもそも、材料をどこまで減らせるのかといった、
許容下限を探る作り方は、美味しさ追求の対極じゃん。

お前ら、ハンパもんを食って、
本当に満たされてるのかよって、問いたいよ!

痩せもしねぇから!

140721 022

麦田にできた「ルシェルシュ」のサバラン。

テリテリでジュワジュワで、しっかり甘い!

そして、旨いぃぃ!

こういうお菓子を食べると、猛暑でもその後一日頑張れる気がします。
たまの楽しみですから、やはり、しっかりしたレシピのお菓子をいただきたいです。

まぁ、もっとも・・・

デブは帰宅後に即アイス食いますけど。

ガ、ガマンしないしぃ。
スポンサーサイト

CIAL桜木町を覗いてきたよ!

昨日オープンした桜木町駅の「CIAL」に寄ってきました。

旧東急桜木町駅の敷地と北側の高架下を使った
駅ビルというにはだいぶコンパクトな施設です。

140717 004

レトロ・・・というかもっさりした山側には
「重慶茶楼」などのレストランがいくつか。

140717 007

モダンな海側にはスタバや雑貨屋など。

どちらも外側からしかアクセスできず、
真ん中に改札を挟んでいるので、奥行きはありません。

140717 014

新しく出来た北口前には、
主にお菓子や惣菜を扱うミニデパ地下。

詳しくはフロアガイドをどうぞ。

140717 010

気になっていた「北野エース」は
ちょっと高級なカルディといった趣でしょうか?

他店ではあまり見かけない面白い食品もあったのですが、
お店が狭いし、ディスプレイに隙が無さすぎて、圧迫感あり。

気軽にアレコレお買い物できる環境ではないかもなぁ。

140717 005

駅のヌシ的な「川村屋」も移転して営業中。
でも、なんかやけにミソっかす的な扱いだよね!

ちなみにどのお店もオープン記念サービスをしているのですが、
こちらのそれは”あげ玉サービス” しかも先着20名様限定って!!

ヘタに浮かれず、堅実に締めていく経営が114年の歴史を繋ぐのだね。

140717 012

名物のとり肉そば。
甘辛の鶏肉がちょうどよく煮えて、お蕎麦と好相性です。

揚げ玉は・・・もらえませんでした・・・

140717 018

デザートはぜひ「横浜水信」でいただきましょう!

生のフルーツジュースがメインのようですが、
ソフトクリームや静岡からパクった生フルーツゼリー、
その場でカットしたフルーツ盛りやなんかもいただけるみたい。

オープンしたてで、多め配されたスタッフもバッタバタ。
ぶっちゃけ、このスペースのお店であれこれ欲張り過ぎだと思うんだけど、
最適化される前の今は、逆にちょっとお得な状況なのかも。

140717 015

トマトソフト、旨いな!

トマトのさわやかな風味がソフトに上手いこと馴染んで、
単にもの珍しいってだけでなく、デザートとして調和していますよ。

オリーブオイルと塩が風味と味のアクセントになり、
シャーベット状のトマトがシャリシャリして食感も面白いです。

ただ、初口以降、トマトの存在感が弱くなりがちなので、
もうちょっとトマト分を増やしてもいいかなぁと思います。

そうそう、赤いつぶつぶもトマトなのよ!

140717 009

「パレタス」はやっぱり大人気!

軽く行列もできていたし、売り切れも多くて、
夕方時点では10種類弱くらいしか残ってませんでした。

これはお土産に持ち帰ったのですが、
ちゃんと保冷バッグに入れてくれ、状態維持もバッチリです。

140717 020

お味的には、正直、それほどの高級感はなさそうな。

ただ、ジェラートの天下だった高級氷菓界において、
冷凍フルーツで彩ったアイスバーの存在は新鮮ですよね。

MMの行き帰りにちょいと齧るには面白いと思います。

そんな感じのCIAL桜木町。

これといったテナントがあるわけでもないのですが、
手頃にまとまっていて、あれこれ迷う必要がないという点において、
案外、実用的に使えるのかもしれませんね。

大口には意外に良いカフェがありますよ

神奈川区に大口という駅がありますね。

どの主要路線にも、ほんのちょっと足りない微妙な立地。
やたら長い割に、ロクなお店の残っていない商店街を擁す街です。

三菱財閥とは全く関係のない三菱鉛筆の工場と、
中で何が行われているのか、不気味過ぎるユニーの関東本社。

かつて、私がかわゆい学生だった頃は、
手書きのボウリング場によく遊びに行った記憶があります。

今回はそんな大口のお話。

決して交通費を使ってまで、散歩しに行きたい場所ではなかったのですが、
チャリンコだと軽い気持ちで立ち寄れるような距離なんですよ。

デブの生命線である甘味補給処を探して色々検索したところ、
近年、いろいろと面白いカフェができているようなのです。

定番どころだと「カチャカチャカフェ」 その二階にある「ミカンバコ
先日ご紹介した「ななしのカフェ」なんてのもあります。

正直、あんまりカフェが似合わないイメージなので意外。
むしろ、もつ焼きでもしごいてろって思っちゃうよな!

140621 027

そして、本日ご紹介したいのが「YY スィーツカフェ

繁華街からは外れまくった西寺尾の住宅街に、
このように全く目立つこと無く開店しております。

140621 032

年配のご夫婦で不定期に営業されているようですが、
自家製のお菓子も、こだわりの珈琲も絶品なんですよ!!

ここはわざわざ足を運ぶ価値ありのお店。

140621 034

”隠れ家”という言葉で安易に表現できないような立地では
もう一軒、線路脇のどん詰まりに開店している
irie+ garden&cafe」というお店もあり、こちらも後ほどサイトにて。

喫茶店は生活に不可欠な存在というものではなく、
街の文化度や余裕みたいなものを反映して、
生まれ、育まれていくように思えます。

気がつけば、こんなにカフェができている大口。
意外とイイ感じになってきているのかもね?

七夕ですね!

もはや天に祈る夢も無し・・・

虚ろな心を果糖で埋めるべく、
aokiで特売だった宮崎マンゴ-にかぶりつく今宵です。

つっても、綺麗にそいだ後の種のとこなんだけど!

これが私の精一杯の豪快さだよ!
いや、むしろ貧乏臭さが際立つ in台所です。

さてさて、恒例の平塚の七夕祭りに行ってたご報告です。

140707 013

人!

140707 014

そして、人!!

140707 048

週末ははっきりしない天気が続いたため、
ラストに集中したのでしょうかね?

昼間から、ものすごい人出でしたね!

140707 035

週末開催になって、暦によっては
7/7を迎えずに終わってしまう七夕祭。

140707 028

商店街も不景気が続き、
個々のお店が飾りを提供するシステムも、
だいぶ厳しくなっている状況です。

140707 036

祭りの華形であった「滝口かばん」や「平田人形」の飾りも姿を消し、
昔と比べ、ずいぶん寂しくなったという人が多いですね。

140707 039

ただ、普段は寂れきった平塚の地に
これほどまでの見物客を集めるコンテンツですから、
上手いこと知恵を出して、次代に繋げていってほしいなと思います。

140707 031

大きな飾りが祭りの目玉であることは確かなんだけど、
一方で、やたらに贅を競う時代でもないと思うのね。

どこぞに発注するようなピッチリしたもんでなくても、
身の丈にあった、手作りのちょっとした飾りだって、
数が集まれば十分に楽しいと思うんだ。

地元以外からも出展者を募ったりしてもいいような気がするよ。

140707 034

今年は入賞作品とかをよく見てなかったんだけど、
ベルマーレや軍師ネタがやたら目についたような・・・

あと、写ってないけど、アナ雪は本当に支持されてたんだなぁ。

140707 033

お化け屋敷も大人気!

懐かしげに目を向ける人が多い反面、
入ってみる人が少ないのが辛いとこ・・・

そういえば、お化け屋敷とか見世物小屋とかが出るお祭も、
かなり少なくなってきましたよね。

140707 017

市民センター裏の見附台広場では
平塚JCによるグルメイベント「七夕たから市」が開かれました。

地元飲食店が出店し、
七夕にちなんだご当地グルメを競うコンテスト。

初回ということで内容的にはもう一歩欲しいところでありましたが、
テキ屋とか飲み屋屋台とは違う七夕食の選択肢として、
新たな魅力を提示できそうな予感は感じました。

今後も続いていけば、面白くなりそう!

140707 037

珍しくあんまり体調が良くなくてさ。
食的な収穫は特に得られず、残念でした。

来年の開催を楽しみにしましょう!
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。