恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神奈川県立図書館」の見学ツアーレポ

神奈川県立図書館の県民公開講座
「図書館ツアー&お宝紹介①」に参加してきました!

皆さんもご存知のように、神奈川には2つの県立図書館があり、
川崎は工学・産業、横浜は人文・社会科学を中心に
約100万冊以上の本を所蔵しています。

今回は人気のバックヤードツアーということで、
30人の募集に倍以上の応募があったんだそうな。

普段は入ることが出来ない書庫を巡りつつ、
図書館の秘蔵コレクションに触れる内容です。

140517 001

紅葉坂を登ってくるのもスゲー久しぶり!

野毛坂に市立の中央図書館が出来て以降、
こちらにはめっきり足を運ぶことが無くなったんだよなぁ。

まぁ、もともと図書館に通うようなタマでもないんだけどさ!

開陽亭のとこはゴッテゴテな結婚式場になってたし、
なんぞ、金持ちそうなマンションも出来て別世界の趣。

それもこれも神社本庁管轄で初の倒産をぶちかました上に、
鼻先へゴシックチャペルまでぶっ立てられた横浜総鎮守のせい。

この上、神頼みもクソも無いわな!

140517 003

さて、ツアーは奥に建つ新館からスタート。

こちらは地上4階、地下3階の古い建物なのですが、
書庫部分は全10層となった段違い構造。

階段とかは頭を剃るくらい天井が低くなってて危ないっす!

140517 008

図書館に編入される前の新館は文化資料館として、
主に県史の編纂などが行っていた施設なんだそうです。

現在でも”かながわ資料室”が設置され、
神奈川の歴史、文化、行政、自然、産業などに関する閲覧が可能。

自分とこの郷土資料の収集は図書館の代表的な役割なんだけど、
他にも1300都道府県市町村の約10500冊の資料を所蔵しているんだとか。

140517 005

かさばる新聞や雑誌の類は約7500タイトルを、
各施設で分担ししがら保管してるんだそうな。

以前はある程度たまると綺麗に製本していたらしいのですが、
最近はお金もないので、そのまま置いとくんだって。

ちなみに雑誌は、約1500タイトル分の創刊号をコレクション中。

他に図書館の資料として人気なのが、
昔の住宅地図や電話帳なんだそうですよ。

次々刷新されるもんは、普通とっておかないもんな。

「とにかく捨てるということがないので・・・」
って言葉に図書館イズムを感じちゃうよね。

140517 010

日本初の英和辞典である
ヘボン先生の「和英語林集成」の第二版だったかな?

どのくらい貴重なのかは分からないのですが、
けっこう無造作に触らせてくれちゃってドキドキです。

140517 011

文明開化を描いた”横浜絵”も収蔵。
これは桜木町から弁天橋を望む「横濱商館並二辨天橋圓」

140517 020

江戸時代に大ヒットした源氏物語の二次創作「偐紫田舎源氏」

140517 024

「解體新書」と「紅毛雑話」

隣のガサツなオッサンがベロンベロンページめくってるけど、
これってマジに大丈夫なの??

つか、よく見れば図書シールベッタリ貼ってあるし、
こういう古書も窓口で頼めば、普通に触らせてくれそうな予感も。

140517 037

蛇の皮やミノムシの箕を使った面白装丁本。

真ん中のダンス教本は開くと斜めに立って、
見ながらレッスンできる?しくみなんだそうな。

140517 018

「マレー沖海戦」の紙芝居。
戦時中に戦意高揚を目的に全国に設置された貸出文庫の一部。
県立図書館では1570冊を戦時文庫としてコレクションしてるんだって。

横浜では元々金沢文庫が運営していたんだけど、
戦後、GHQに取り上げられちゃうとこだったのを、
関係者が仏像の下の須弥壇に隠して生き延びたんだそうな。

すっげー、図書戦争じゃん!

艦これドハマり中の私としては、ちょっと興味あるな。
文学的に面白いものも混じってるんじゃなかろうか?

140517 016

この棚は洋書を中心としたACC文庫のコレクション。

民主主義やアメリカ文化の浸透を目的に、
GHQが日本各地に設立したCIE図書館てのがあって、
講和後もアメリカ文化センターと改名して運営してたんだそうな。

横浜にもあったセンターの蔵書を譲り受けた約1万冊を収蔵。
当時のアメリカを知る面白い資料なんだとか。

140517 021

16mmのフィルムでしょうかね?
県内各地の祭事や伝統芸能のタイトルが読めます。

140517 028

市区町村の施設との兼ね合いもあり、
表の書棚には並んでいませんが、実は児童書も多く所蔵。
近年は文学賞受賞作を中心に細々収集してるみたいよ。

140517 026

明治以降130年間のベストセラーを集めたコレクション。
大事に中性紙の箱に入れて保存されています。

古いものに関しては、現在のように、
取次ぎが販売順位を発表したりしてなかった時代なので、
話題となった本を収集してるということだと思います。

でも、当時どんな本が売れていたのかってすごく面白くね?
これはタイトルだけでも、デジタルライブラリ化してほしいよな!!

140517 036

こっからは本館に移動。
隣の県立音楽堂と共に前川國男先生の代表作で、
やはり新館と比べると、館内に漂う風格が全然違っている気がします。

こちらも公開部分は地上2階建てですが、
中央に配された書庫は4層になっているんだね。

140517 033

書架の柱は4層を貫き、
音楽堂の入り口と同様、黄色に塗られた階段の風景がカッコ良し!

今、見ても古臭さを感じません。

140517 039

すっかり過去の遺物となったカセットテープや、
収集基準の不明なJポップス満載のCDの他、
レコードなども多く所蔵し、貸出もしているようです。

音楽評論家野村光一から寄贈されたコレクションもあり。

140517 044

県下の各図書館とは蔵書を融通しあう関係で、
自前の便が頻繁に周回して、交流してるんだそうな。

ここはその集配室。
タイトルを見ると・・・うーーん。
わざわざ、取り寄せて読むような本かよ!ってのばっか。

知の殿堂なのか、手軽な貸本屋なのか、
正味なとこ、図書館がどんな風に利用されてるのか、興味あるな。

そんな感じで、ぐるり一周、あっという間のツアーを楽しみました。



コレクションに関してはたまに企画展示もしているみたいだけど、
私は全く知らなかったので、新鮮にお話を聞くことが出来ました。

図書館というと、読みたい本をタダで借りられる場所、
レポートの準備したり、自習したりというイメージばかりですが、
実はもうちょっと踏み込んだ調査利用もできるんだってね。

ただ、神奈川県も金欠が続いており、
県立図書館に関しては閲覧や貸し出し廃止、
川崎に関しては廃館まで取り沙汰されている状況みたい。

確かに、市の図書館とかぶってるのは事実だし、
今後、さらなる発展の絵図面は描けないかもなぁ。

そもそも知性や情報を運ぶ媒体が、
必ずしも出版物ではなくなっている今の時代、
図書館という形態は遺物になりつつあるのかもしれません。

無論、実物の情報量やそれに触れる感動は色褪せませんが、
その場で手に取ることでしかアクセスできなかった情報を、
普遍化していく価値も大きいじゃない。

本を介したサービスに留まらず、
マルチメディアな資料を収集、分類して、共有していく試みに、
公共の資金やプロフェッショナルの能力を投入していってくれると、
従来の図書館の殻も割れて、未来っぽくなるかなと思います。

県民公開講座はネットから応募可能。
他にも募集中なので、興味ある方は覗いてみてね。

そうそう、案内してくれた司書のオネーサンが、
それっぽいメガネっ子でとっても趣深かったです。
スポンサーサイト

食べきれねぇよ!

横浜中華街は単なる観光地にとどまらず、
周辺で働く者を支える高CPなランチスポットとしても名高いのですが、
調子にのって中華ばっか食ってると、さすがに飽きるわけです。

でも、同僚と連れ立って行動している場合とか、
自分だけ中華行きに異を唱えられない時もあるじゃん。

そんな時、助かるのが中華カレーの存在。

ある意味、タブーな品なので、長らく日の当たらない存在でしたが、
近年では酔華さんのレポなんかも影響して、マスコミにもたまに取り上げられるようになりましたよね。

メジャーな欧風の煮込み調理と違い、
中華の技法でササっと仕上げられたカレーは独特の味わいがあり、
知る人ぞ知るまかない裏メニュー的な面白さもあいまって、
取り扱うお店もちょいちょい増えてきているようです。

「鳳林」は中華カレー特集でよく見かけるわりに、
私が馴染みのなかったお店です。

140405 002

軽い気持ちで頼んだカツカレーは・・・

卓に置かれた瞬間、絶望して、変な声がこぼれたよ。

皆様、お分かりでしょうか、
カレースプーンがなぜかティースプーンのように写っていることを。

つーかさ、宴会用の大皿にカレー盛んないでよねっ!!!

何度かえづきながら、すっげー頑張りましたが、
ついに食べきれずに、泣きながら店を出た次第です。

私的には食事を残すだけでも大事件ですが、
カツを、トンカツ様を残すなんて・・・・

デブの歴史の中で初めてのことなんじゃなかろうかと。
もう、若くはないんだなと(たそがれ)

なるほど、なるほど、中華カレー界には、
ボリューム方面で存在感を示すお店も出てきているわけですね。

だ、誰か敵をとってください。

「よこすかカレーフェスティバル2014」に行ってきたよ!

今日は横須賀のカレーフェスを覗いてきました!

横須賀市内のカレーライス及びカレー関連商品のお店、
全国各地のご当地カレーを集めたお祭りです。

例年よりも、やや混雑していたんじゃないかな?

先日の護衛艦カレー騒動から、まだ日も浅いため、
フラストレーションを溜めた層がいくらか積増しされたのかもね。

艦これカレーで話題の「横須賀海軍カレー本舗」も行列してたしな。

140510 004

毎度、クドすぎるくらい書いていますが、
カレー屋すらろくに存在しなかった横須賀が、
全国知名度の”カレーの街”として羽ばたいた
サクセスストーリーを見ているわけです。

未だにろくなカレー屋は出来て無いのですが、
こういう楽しいイベントが開催されるのは素晴らしい成果です。

アートや横文字に理解ある風でカッコつけた気になってる
横浜市は爪の垢を煎じて飲めばいいよ!

140510 025

横須賀のイベント(米軍除く)は盛大な規模で開催する割に、
すごく混むことも無く、海辺で気持よく買い食いできるのが魅力!

私は昼前についたのですが、
広い公園なので、飲食スペースも十分にあり、
比較的快適に楽しむことができました。

たぶん、状況は明日もあんま変わんないと思う。

140510 011

売り切れ前にギリギリ間に合ったぜ!

「第2回護衛艦カレーナンバー1グランプリ」で優勝した
横須賀潜水艦部隊の”濃厚味わいカレー”が出店されてたのよ。

なんと牛・豚・鶏の3種類の肉をぶち込む豪放なレシピ

濃厚という触れ込みだけど、
フルーツの風味もあり、食べくちは思ったよりも軽く、
深い海の底の重圧を忘れさせるような感じ??

今回は隊員が調理したわけではないみたいなんだけど、
護衛艦のレシピを再現する形での出店は初めてじゃないかな?

今後も、こういう風にコラボしていけば面白いよね。

140510 008

佐世保のブースでは、
第1回優勝の「さわぎり」のカレーも売ってたの。

こちらはレトルト化されたものらしく、
甘め&欧風の整ったお味になってたな。

なんか不思議な風味があると思ったらイカスミなのか。

140510 016

新発田のアスパラみどりカレー。

各地の取ってつけたような町おこしカレーが並ぶ中で、
ここぞという個性を出すのはけっこう難しいよね。

たいていがトッピングやベースに、
地場の名産品を使ったレシピなんだけど、
それだけじゃ弱くて、より分かりやすいインパクトが求められるとこ。

これはルーが緑って時点で目を引くし、
アスパラどーんでインパクト十分だったわ。

お味はまろやかで、なんとも評しがたいんだけど、
まぁ普通においしくいただけたよ。

そもそもカレーに大量投入しちゃうのは、
売るほど収穫できる農家の発想で、
消費者は数本束ねたアスパラを茹でて大事に食べるんだよ!

これを市井の人がバンバン作るかというと疑問だし、
真の意味でのご当地メニューとして定着はしないんだろうけど、
新発田=アスパラのPRにはなるかもね。

140510 022

この時点ですでにカレーに飽きてしまい・・・

「ツナミ」のチリチーズドック。

見た目はすげーそれっぽいんだけど、
チリがしょぼいし、チーズソースは薄いし、
期待はずれな残念ドッグです。

ここがネイビーバーガーの代表店だと思うと・・・

ただ、ボリューム大でスゲー腹にたまるのは確実だ!

140510 028

「ヨコスカシェル」の朝漁れしらすトースト。

逗子・葉山あたりで頼めば、
すげーオサレに加工されるんでしょうが、
これはマーガリンとマヨをベッタシ塗ったジャンキーなもん。

長井産のしらすはケチらずたっぷり乗ってたよ!
ただ、繊細な風味を味わうなら、むしろ青のりはいらなかったかも。

140510 013

イベントのメインは4種のルーが選べるカレーバイキング。

安価で金券までおまけに付くお得過ぎ設定のせいもあり、
これだけは長い行列ができ、最後尾は三笠の方まで続いていましたね。

根性無しの私はソッコー回避したのですが、
このシステムはそろそろ再考の余地ありかなとも思います。

このイベント最大の問題は、
カレーばっかし、そんな食い続けられん!ってこと。
そして、皆がまずカレーバイキングを食べて、お腹が膨れちゃうこと。

おかげで地方から費用をかけて出てきた団体は、
思ってたほど、販売できてないんじゃないかな?

せっかく多彩なカレーが集まるのだから、
別枠で全国カレーのバイキングもぜひ追加して欲しいのよ。

そもそもバイキングは連食問題をクリアしつつ、
いろんな味に触れる機会を作ったいいアイデア。

調整が大変なのかもしれないけど
我々もどうせなら色々なカレーを食べてみたいし、
どうせレトルト温める程度の調理なんだから、
外部の団体にも悪くない話だと思うんだよね。

もちろん横須賀カレーが主役だけど、
今後は全国視野で盛り上げるカレーイベントを目指して欲しいなと思う。

そうそう、このバイキングにどうしても列ぶなら、
ホテル系のカレーがリッチでオススメよ。

140510 030

もう一つ残念だったのが、
今回はほぼカレーに特化した出店内容になってしまったこと。

バーガーなどのヨコスカグルメ、
野菜や魚など三浦半島の幸系の出店も楽しかったんだよね。

みんな確実にカレーに飽きるんだから、
その後の受け皿も用意して欲しいと思います。
街のお茶処や酒場、お土産処なんかにも誘導できたらいいよね。

幸い、すぐ近くにポートマーケットが出来たから、
野菜や生しらすを買って帰ったけどね。

140510 034

ちなみにマーケット内のジェラートは、
収穫期間限定品のイチゴ味がおいしかったよ!

カレーフェスティバルは明日、11日も開催していま~す。

「吉田町アート&ジャズフェスティバル」も良かったよ

さて、待ちに待ったGWということで、
皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?

先月から週末は怒涛のイベントラッシュが始まり、
私も諸氏のレポを読みながら、フランクフルトのような指をくわえおりましたよ。

でも、いざ本番になると、
特別面白い催しがあるわけでもないんだよね。

もっともMMも中華街も素で爆混みらしいし!
うっかり出かけると、とんでもなく疲れそうな気もするな。

ここはあんまり欲を出さずに、
掃除したり、洗濯したり、長波掘りでもしてる方が、
賢明な休日の過ごし方なのかもしれませんね。

ちなみに、私の机の下は
甘夏の種がボロボロ落ちてて、不潔でした。

140503 011

そうはいっても、何も無しは寂しいので、
買い物ついでに吉田町のお祭りを覗いてきました。

吉田町もかつては死にかけた街でしたが、
近年は飲食店が増えて、ちょっと面白くなってきましたよね。

やはり交通量の多くない通りを封鎖して、
たまに行うお祭りは、なかなか楽しい内容なので、
私も開催を楽しみにしているんですよ。

140503 010

ジャズの演奏を楽しみつつ、
昼間からお外で飲酒できるお祭りって時点で魅力的でしょ!

バーで売り出し中なだけあって、お酒のバリエーションも豊富だし、
おつまみも色々売っているので、下戸でも楽しめます。

屋台出店はほぼエリア内のお店で、
営業しながら、店頭販売も行ってるとこも多いですね。

その他、ちょぼいアートマーケットもあり。

私が訪れたのは夕方前だったのですが、
人出もほどほどで、席の確保も容易でしたよ。

140503 012

今回も一等賞は「スパルタ」の屋台!

ジュウジュウ焼いたスペアリブとカリカリのソーセージが旨い!!

つーか、こんなのマズイはずがない!

140503 018

下戸もたまらず、ビール発注。
「ベイブルーイングヨコハマ」の飲みごたえのあるピルスナー、旨い!

先日の「横浜ビール」もそうですが、
近くに良質な地ビール蔵があるって恵まれたことだよね。

他にアメリカンクラフトビールのお店も出てたし、
カクテルもあったし、酒飲みは楽しめるだろうなぁ~

「チキチキ&タンタン」の柔らかなスパイシーチキンと

・・・ってまた肉喰うのか!

140503 016

復活した「八十八」では五島牛のハヤシライスを。

なんだよ、うな丼じゃねーのかよって思ったのですが、
この一品を侮る無かれ!!とても旨かったのですよ。

お肉は煮込んでホロホロに溶けた状態。
ルーはコッテリ甘めの味付けで、洋というより和を感じるお味で、
これはこれで十分に一家立てられる気がします。

ハヤシというか、ハイカラライス的なネーミングで売りだして欲しいな!

140503 020

「こーちゃん」のコロッケサンド

ロールパンを使ったミニサイズで、
パンよりコロッケのほうがデカイの。

ソースの味がほの甘いコロッケによく馴染んでて、イイね。

ホントは、店から揚げたてを持て来てくれる
アジフライとかも食べたかったんだけど、
油デブがあまりに鼻息荒く見えるかと思って、自重したよ!

140503 023

そうか「レーロイ」も移ってきてたんだっけ。

見つけると買ってしまうミニサイズのベトナムサンドイッチ。
具は豚肉をカレー風味でピリ辛に焼いたもので、やっぱし旨い!

バインミーって偉大だ!
そこらのパン屋はみんな作るといいよ!

140503 025

同じく「レーロイ」の揚げ春巻きも旨いなぁ~

シャワシャワの巻き衣も心地よいし、中身の肉も旨い。
生春巻きをちょこ入れしてくれるのも気が利いてるぜ!

「Poz」のホタテ焼きとか気になるものはまだあったんだけどさ、

下戸にはカップ一杯のビールもヘビーでさ、
この時点でお腹いっぱいリタイヤいたししました。

吉田町では夏~秋にかけて、
同様のお祭りを何度か企画してるんじゃなかろうか?

皆さんも情報チェックして、
是非、遊びに行ってみてください!

私も肉と炭水化物を目当てにまた行きます。
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。