恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンメンて横浜ローカルフードなの?

今でこそ、ドベドベな地元店を這いずる当サイト。

当初は観光で来てくださる皆様を対象に、
有用な地元情報を発信したいという志がありました。

ここらで、原点に立ち戻って、観光ページを編集しようかなぁと
去年の春に思い立ってから全く進んでないんですけど・・・・

近うちに・・・年内には・・・いずれ完成させたいと考えております。

そのページで紹介したいのが、
意外と多彩な横浜のローカル麺

家系ラーメンやサンマーメンは確実として、

ナポリタン (お店が思い浮かばない)
ニュータンタン (本店は川崎なんだよね)
横浜淡麗系ラーメン (いまいち定義がわかってない)

・・・あたりが候補として面白いのかなと思うのです。

101201-013.jpg
(野毛「大来」)

判断を迷うのが、タンメン!

ご存知、野菜たっぷりでパワフルな塩味麺であります。

090912-0041.jpg
(本牧「天一景」)

単に野菜炒めを乗せるのではなく、
たっぷりの肉野菜を炒めたところへダシを加え、
軽く煮込んだものをスープにするんだよね。

麺は平打の太麺を使うとこが多いかな?

shoku1163.jpg
(反町「八龍」)

横浜の大衆中華店ならば、
たいていはメニューに載せているでしょうし、
こいつを主力にしたタンメン&餃子系のお店もいくつか思い浮かびます。

一応、地元発祥説もあり、
ハマの食文化に、マヂもんで定着している点ではナポリタン以上だよね。

shoku1324_20130329174127.jpg
(東神奈川「南京亭」)

タンメンて、全国で食べられるものなのだろうか?
横浜の中で暮らしていると、いまいち分からんよね。

ちなみに「お前に食わせるタンメンはねぇ!」の芸人は、
関東出てきてはじめて実物を見たなんてことを言ってましたね。

つーか、そのタンメンは”湯麺”で、つゆそばのことだろ!

121125-017.jpg
(横浜駅「崎陽軒 中華食堂」)

どうやら西日本では珍しいようなのですが、
中部、北陸、東北ではどうなんだろ?

個人的には横浜っぽいなぁと思う食べ物。
ハマっ子のソウルフードの一つだとは思うのですが、
ローカル品として扱ってしまっていいのかという問題です。

東京でも普通に食えますもんね。

shoku1518.jpg
(戸塚「三十七番」←閉店)

ひたすらモヤシをやっつけなければ、麺にたどり着かないタンメン。

野菜不足にはもってこいのメニューですが、
私はどちらかと言うと苦手だったりします。

振り返ってみても、こんなもんしか写真が残ってなかったわ。

皆さん、オススメのタンメン店はありますでしょうか?

120229-015.jpg
(野毛「三幸苑」)

「三幸苑」のは明らかに毒だよな!

さてさて、次回はもうひとつ迷っているチャーメンのお話です。

スポンサーサイト

これからの「チャーハン」の話をしよう

皆さんもチャーハンが大好きなんじゃね?!

ご飯を炒めた単純なお料理だし、
誰もが一度は作ったことがあると思いますが、
プロとの間に決定的な差ができてしまう一品でもあります。

いつも中途半端にご飯が余ってしまう我が家でも、
ジップコンテナが冷蔵庫にたまると仕方なく炒飯に。

・分量は少なめに
・フライパンをよく熱する
・冷や飯はダマを残さず、丁寧にほぐしておく
・溶き卵は炒める前にご飯にかけまわしておく

ってのがポイントでしょうか?
あと、なんかコツがあったら教えてね!

つっても、火力の差はいかんともしがたく、
やっぱお店のようなものは作れないんだけどさ。

味付けは味覇をベースに醤油は香りづけ程度。

辛い物好きには老干媽ブランドの香辣菜がオススメです!
猛烈に辛い漬物で、ちょろっと混ぜると四川な旨辛炒飯になるんだわ!

最近は辣油よりもこっちのほうがお気に入り。
あんまり売ってないので、中華街で見つけたら即ゲットだぜ!

ご飯が少ない場合は

ホットプレートの恋人こと
マルちゃんのパック焼きそばを刻んで、
そば飯にしちゃうのもお気に入りです。

ハンパに余った1パックの使い道!
水っぽくならない粉末ソースがポイントなんだけど、ジャンキーな味も大好き。
東洋水産はあの粉だけを売ってくんねーかな!

120607 017


さてさて、本題です。

井土ヶ谷にある小汚い中華店、
「福隆」 のチャーハンもシンプルで旨いですよ!

パラパラッつーか、ソフト。
口に入れるとホワっとほどける感じがイイんだわ。

横浜というおみやげ砂漠

皆さんは帰省やら、遠方の取引先を訪ねたりする時って、
どんなものをご持参されますでしょうか?

横浜らしいお土産って・・・

市民なら誰もが一度は悩む問題ではないかと思うのです。

370万メガシティを誇る我が横浜ですが、
もも船、ももち船以外、これといった名物がありません。

クソろくでもないハー○ーとか
水分なしには食い切れない横浜○瓦とか
今はもう見る影もないレーズン○ンドとか
何故かおいしくなくなるシ○マイパックとか

エース級(?)を挙げるだけで、なんかすごく物悲しく、
全国の文化都市に向かって、頭を下げたくなる気分なのであります。

神奈川くくりと自分に言い聞かせながら、
こっそり鳩サブレを買っちゃうよな!

121214 026

やはり先方に面白く感じてもらえるのは、
中華菓子なんでしょうかね?

ただ、どちらかというと観光消費が多く、
横浜市民のお茶の間風景に広く浸透しているような、
そういう手応えはあまり感じないんだよな。

皆さんちはどうよ?

個人的には「翠香園」のお菓子が好き!

箱詰めしても、手頃な値段で収まるし、
実はなかなか使えると思うのです。

他にもなんか良いもんあったら、ぜひ教えて下され。

京都、ひとり・・・

皆様、風吹きまくり、花粉飛びまくりな今日このごろ、
いかがお過ごしでしょうか?

京都への短い旅から帰って来ましたので、ご報告です。

130227 209

今回は出発前に余裕がなくてさ、
満足なリサーチが出来なかったんだよ。

いつものように掲示板でも聞いてみたのだけど、
答えてくれたのは、めめさん、ただ一人きりでさ・・・

めめさん、ありがと!めめさん、大好き!

涙でぼやける車窓から新富士の製紙工場を眺めつつ、
うちのサイトももう終わりだなと、たそがれていたところです。

自分の身体がもはや普通車の座席幅からはみ出しつつあるショックと共に・・・

130227 210

さておき、この時期の京都旅行が安いのは、

めぼしい見どころが何にもないからだよな!

観光スポットはどこも空いてて、
表をほっつき歩いているのも関西圏の修学旅行生くらいっす。
奴ら、オフシーズンに体よく詰め込まれてるんだろうな。

つーか、今振り返って、ゾッとしたのが、
メモリーに観光の写真がほとんどないこと。

飲食店と食べ物と・・・旅人の文化レベルが知れるわな。

130227 060

唯一のビッグイベントであった北野天満宮の梅花祭。

・・・咲いてないし!

祭るべき梅は、やっとほころびはじめたくらいだし!

気候は暖かな春の予感どころか、
ソッコーで雪までチラつきやがってさ。
いろんな神様を恨みたくなるような極寒でしたよ!

薄着の私には灰雪が舞う風情を楽しむ余裕は無いから!

もう散策なんか適当に止めちゃって、
どこぞ暖かいとこでウダウダしていたいゲージがMAXハートです。

130227 161

「たまこまーけっと」の聖地巡礼もレポるつもりでしたが、
なんかすでに立派なもんができていたので、謹んで割愛します。

ただ、枡形商店街さんよ!
この時期、BGMにヘビロテすんのは
当然「ドラマチックマーケットライド」だろ!

そこは角松敏生じゃね-んだよ!
俺ら、WAになって踊らないよ!ってとこだけ注意してくれな!

今、すがるべくは加茂川マコトより、京アニ様の演出力やで!

130227 124

そんな訳で、

って、どんな訳だか全くわかりませんが、
食の成果もあんまりないのですよ。

もうね、すっかりポンコツジジィになってしまったようでね。
以前のように食べ続け、歩き続けることが出来ねぇんだ!

二日目昼の時点で、ふくらはぎが若狭サバのようになってしまって、
もとい、聖護院大根のようにパツンパツンになってしまって、
ソッコーでホテル帰って、風呂入って、寝たわ・・・

例によって、本記事はいつまとまるかわからないので、
まずはダイジェスト版をチラリとお楽しみください。

130227 147

憧れの「高安」へ!

「恵文社」も相変わらずの文化濃度で楽しかったな~

130227 201

「梅香堂」で豪快に糖分摂取!

130227 016

「マドラグ」の玉子サンドは「コロナ」の爺さん直伝だそうですよ!

130301 046

「亀末廣」の季節菓子を、
すっかり行き遅れた妹へお土産に。

まぁ、このデリケートな問題に関しては、
年長の私の方が傷深いんですけどね!



最後に今回持参したバイブルをぜひご紹介しておきたい。

佐藤紅さんの「京都おみやげ大全」

掲載は食べ物中心ですが、すごくよくまとまってますので、
るるぶまっぷるを卒業したい向きは要チェックやで!

また、残りの諸々はサイトでぼちぼちUPしていきますのでお楽しみに~
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。