恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとお休み


更新が途切れておりますが、
このまま、少々お休みさせていただきます。

今回はすぐに復帰予定なので、
それまではコメント返し等、すみません~
スポンサーサイト

「元町フードフェア 2011」はちょい消化不良

昨日の夜は元町のフードフェアでしたね。

同行するという家族がブーブー昼寝をしていたために、
私はだいぶ出遅れてしまったのですよ。

スタートダッシュも終わり、
会場の熱気もややおとなしめって感じ?
やっぱし人出も少ないの??

今年は出店の密度も微妙に減ったような気がします。

とりあえず、一通りそぞろ歩くも、いまいち食指をそそられず、
少なめに買ったはずの食券もだいぶ余ってしまいました。

そんなわけで今日の夜も出かけなければならないのですが、
正直、渋々といった感じかな??

1110152 004

人気は「霧笛楼」「大木ハム」「エルエラ」「JPASTA」など。

これらの大行列に並ぶか、
その間に他の買いやすいお店を掃討するか、
実に悩ましい問題だと思います。

素敵な生演奏があったり、
飲食スペースもじわじわ増やしてきていて、
頑張っている部分もありますね。

1110152 028

買えた中で意外なヒットを放ったのが
「カフェ フゥ」の手作りアメリカンドック。

店頭は地味な光景で目立たないのですが、
奥から1.2本ずつ、揚げたてが運ばれてきます。

表面サクッ、生地はフワッ、ソーセージがブリッ!

アメリカンドックって、チープなイメージしか無かったのですが、
ちゃんと作れば旨いんだなってのがわかったよ!

でも、これをトップに持ってくる時点でいろいろ察してくれぃ。

1110152 008

鉄壁の「霧笛楼」では上質な牛肉のコンソメスープ。
幸運にも若干の売れ残りにありつけたのですよ。

すねっぽいお肉のダシがリッチ!
ふだん飲んでるインスタントとは全く違うぜ!

このお店はフェスの主役だけあって、
きっちり美味いものを出してきますな。

時差でアイスを提供したり、
ちゃんと工夫してるのも偉いと思います。

1110152 006

「KANDY」では若鶏のトマト煮ローマ風。

小カップ盛りだし、肉も少なめ。
触れ込み通り、柔らか~く煮こんであるとこ以外は、
特別印象に残らない感じです。どうかなぁ。

1110152 024

「天空」の赤キーマカレー。

ほんわりサラリとした食べ口で、
ソムリエダイニングだけにワインたっぷりな風味とコクがあります。

十分おいしいのですが、
容器に埋没してしまうような小盛りが実に残念です。

1110152 018

「大珍樓」のミニレバ丼。

この名物メニューはお店でちゃんと食べてみようと思いつつ・・・はや数年。

極薄の豚レバがちょろりと入った中華甘辛炒めライスなのね。

沢庵がゲテで面白いアクセントなんだなと思ったら、
これは具ではなかったのか!単に漬物が散らばってただけか!粗っぺぇ!

デブ好き系のお味というのはわかったのですが、
弁当はえらくショボいので、やはりお店で食べたほうがよさそうです。

1110152 020

「ナチュラルエッセイ」のジャージー牛乳ソフト。

普段よりもお手頃単価でいただけました。

お口直しにどうぞ。

1110152 026

「ポイント ビセンティ」のグリルソーセージ。

何のことはないのですが、無難で落ち着きます。

ほんとは元町はちみつのローケーキが気になったのですが、
私の手元に届いたのはこのソーセージでした。

1110152 022

「田邊屋」のあやめ餅。

ここのお菓子は結構おいしいと思うんだよね。
お団子も柔らかく、しっかりとした甘さの下町あんこも良い感じ。

ただ、見たとおり、雅さには欠けるんだわ!

あやめというか、バイオ兵器というか・・・

1110152 012

「カオリズ」も手堅く人気のお店。

ラザニアと言う名のペンネは・・・北欧風なのか??
甘めのトマトミートソースで満足感あり。

これは焼きあがりで運ばれてくる際にアピール力がある一品なんだよね。

1110152 016

今年も面白かったのが、フェア非参加の「フレンチーズ」
ワンコインおつまみの種類が増えてたわ。

ツナとコーンのケークサレは、
みっちり焼きで、ポン酢ジュレがかかってたよ。
サーモンのリエットもいいつまみになりそうな感じ。

あえてフェスを回らず、このお店でグダグダ飲んでいるのも正解なのかな?
一度ちゃんと食べに来たいなぁと思ってるお店。

1110152 007

商店街フードフェスのお手本的なイベントとして、
毎年楽しみに参加していたんだけどね・・・

今年はいまいち手応えがない結果に。

目玉フードをゲットできないと、
だいぶ魅力が色あせてしまうこともわかったよ。

いつも褒めてばかりだったのだけど今回は敢えて苦言を呈したい。

つーか、相場が地味に高くなってね?
高い上に盛りもケチってるってどうなんだろうか!

元町価格なのかもしれないけど、
昼間に他のイベントを食べてきただけにことさら感じるわ。

商店街活性のための年に一度のお祭りだし、
本来は各店のPRの場でもあるはずなんだけど、
サービスというよりは、通常営業以上の値付けをしているお店も多く、
参加者としてはあまりメリットを感じられなかったよ。

あと、メニューに新味が感じられないお店も多い。
定番を基幹に据えるはいいとしても、今ひとつのチャレンジが欲しいよね。

そもそも、スタートから一時間たたないうちから、
売り切れ多発っていうのはどうなのか?難民も多かった様子。

もう何年も実績があるわけだし、
各店、何らかの形で終盤まで屋台を維持する努力はして欲しいな。

まぁ、そんな感じ。

今夜はせめて「修廣樹」をゲットしたいっす。
あそこも良心的なんだよね。

111016 002

そんなわけで「修廣樹」の若鶏のポワレ、秋の茸ソース。

香ばしく焼けた鶏肉にきのこたっぷりのクリームソースがかかっています。

フレンチですね!ナンバーワンですね!

さらにマカロニでソースを無駄にさせないとこが憎い!
美味しいだけでなく、この一皿だけでも十分な食べごたえのあるオススメのフードでした。

2日目は、ものすごく混み合っていて、アホらしいくらいだったよ。
初日の報道を見て、どっと人が押し寄せたってことなのでしょうかね?

今回のラインアップではガッツも続かず、
残りのチケットは速攻で「香炉庵」の黒糖どら焼きと
「エイコモリタ」の塩プリンに換えて、戦線離脱しました。

「第19回 いいじゃんかわさき」のレポ

川崎駅周辺で行われている「いいじゃんかわさき」を覗いて来ました!

去年、初めて行ったイベントなのですが、
東口の6商店街が合同で行うお祭りというだけあって、
かなりの規模のビッグイベントなんですよ!

今日は生憎のお天気ということもあり、
開催が心配だったのですが、昼過ぎからは安定してきて、無事に楽しめました。。

ただ、出店を控えたお店もいくつかあったみたいで、
出店数や客数は昨年と比べるとだいぶおとなしい印象でした。

1110151 038

一応、”音楽の街”ということで、
そこかしこでミュージシャンの街角ライブが開かれているのも特徴。

歌い手が女子の場合、
音楽愛とは程遠いようなおっさんたちが鈴なりにかぶりついていて、
川崎民のわかりやすいパーソナリティが伺えますな!

私は例によって、フード目的。

いかにも川崎っぽい食肉系、居酒屋つまみ、アジアンエスニック、
PTA的なお祭り食等々、様々な性格の屋台が連なっていて楽しめます!

内容は昨年とほぼ変わらない感じで、
おなじみのあのお店の手堅いメニューをいただくことも出来ます。

1110151 014

昨年の牛丼に続き、
今年のナンバーワンもここ「輪倶闇市」に輝いた!

カルビ焼肉丼が実に旨いっす!
七輪で香ばしく焼かれたお肉がたっぷりで食べごたえあり!

1110151 011

同じくスジ煮も旨いです。
写真を見ただけわかるよな!

ホロホロのスジ肉、味のしみた大根、
おダシはあっさり系で飲み干せますよ。

この他のカレーもあったかな?
千円引きチケットももらったし「輪倶闇市」の屋台は無視できませんぜ。

1110151 006

「クラッシャーズ」のクラタコス。

お味ははまずまずなのですが、
ミートソースもサルサも汁ッ気が多いので食べるのが大変。

1110151 041

「くだら家」のホルモン焼き。

ぶつ切り裏がえし焼きのいわゆるシロコロスタイル。
甘くとろける脂もたっぷりで、やはり炭火で炙ってあるため香ばしいです。

もうちょっと盛ってくれると、なおうれしいかな?

1110151 029

「ゆいまーる」の沖縄そば。

今日は雨天割引のお得値でした。
久しぶりの沖縄そばでしたが、例の喉つまり感を堪能しました。
カツオ節のおいしいスープでさっぱり。

1110151 027

「豚様」のトッポキ。

お餅は適度な歯ごたえの楽しめる茹で上がり。
最後にチーズをかけるのが流行っているのでしょうか。
甘辛のタレがしっかり絡み、チーズの風味とコクがよくマッチしていますよ。

1110151 019

「末広庵」のからみ餅。

お餅をびよーんと伸ばしているパフォーメンスにつられてしまったぜ!

さすがに和菓子屋だけあってつき立て柔らかでおいしいです!

このお餅なら数もいけそうですが、
うっかり食べちゃうと他の食べ歩きを阻害すること甚だし!

1110151 023

「新亭」の韓国唐揚げ。

甘辛なタレに絡まってテリテリなんだもん!
そして昭和世代には抜群の吸引力を持つ憧れのチューリップ型!
買わざるをえないよな!

ちなみにチューリップは肉汁を逃がすよろしくない唐揚げスタイルなんだそうよ。
事実、お味的にはもう一つ。見た目は美味そうなんだけどな!

1110151 032

昨年は売り切れてしまっていた「高橋豆腐店」の杏仁豆腐。

豆乳を使った、まさに正統の杏仁”豆腐”なのだよ!
つーか、絹ごしのお豆腐に杏仁風味がついたようなイメージ。

微妙といえば微妙だけど、それっぽい豆腐屋スイーツではある。

実際、彼の国では豆腐をデザートにして食ってるらしいので、
レモンシロップとか効かせればもっと美味しいかも。

1110151 016

最後に面白いところで、「むさし」のシシリアンライス。

佐賀のご当地ライスだったよね!
ケンミンショーで見たことあるわ。

ご飯の上に牛スタミナ焼きとサラダが乗り、
マヨ風のドレッシングソースがかかったもの。

何のことはないんだけど、後味さっぱりしていて、地味においしいかも。
ボリュームもあったし、なかなか良かったよ。

1110151 020

今日がいまいち盛り上がらなかった分、
明日の開催に全てをかけてくる可能性が高いぜ!

地域をあげたまわりごたえのある食イベントなので、
しっかりお腹をすかせて出かけてみて欲しい!

※※ミサイル超獣さんもたっぷりレポしてくれたので注目!

「ワールドフェスタ・ヨコハマ2011」は腹八分目?

今日は山下公園で行われていた「ワールドフェスタ」です!

おなじみの各国屋台を中心に手堅く楽しめる食イベントですよね。
やっぱ、普段は縁の薄い、様々なお国の料理を楽しめるのが魅力!

お昼時の到着だったのですが、会場は大盛況。

もっとも、一部のお店を除いては長時間並ぶこともなく、
調度良いくらいの繁盛ぶりだったんじゃないでしょうかね。

今年のテーマは「世界のシーフード」ということですが、
相変わらず、ほとんど拘束力がないことがわかる出品内容で・・・

やっぱスペインのパエリアが一番人気のようでしたね。
特に今年はスペイン店が少なかったからな。

111009 012

まず、一番ヒットだったのがセネガルのバーベQマトン。
闇販売みたいな体裁で、怪しさ満点だったんだよね。

玉ねぎとかと一緒にホットプレートで山盛り調理していたんだけど、
盛ってくれたのはなぜか肉ばかり!

香味でマリネしたマトンは一切れに厚みがあり、
また容易に噛み切れないくらい硬さなもんだから、
いかにもワイルドに肉を食らってる感が味わえるのよ。

マスタード唐辛子みたいな調味料が、
臭み消しと共に塩分と酸味と辛さを加えていて良い相性。

111009 017

手違いで買ってしまったネパールのパリパリ大豆サラダ。

節分に撒くような乾燥大豆をそれっぽく和えてあるのですが、
大豆の存在感が強すぎて、調味はまるで目立たねぇ!

また、これがパスパスして、腹に溜まるからヤバイ!

111009 025

南インドの「ポンディシエリ」ではゴアフィッシュカレー。

ゴアフィッシュとはなんぞや??
って思ってたんだけど、今ネットで見る限り、
ゴア・フィッシュカレーらしい。料理名か。

揚げた白身魚の入ったココナツベースのカレーで旨いわ!

ここはインド兄ちゃん達の客さばきもパキパキしてたし、
味もいいし、なかなか手馴れた良いお店じゃない。

111009 029

ペルーのとうもろこしちまき、タマーレス。
バナナの皮みたいなものに包まれて蒸されてました。

粗びきのもろこし粉はキビみたいな食感。
具には塩豚や唐辛子やオリーブなんかが入っていたわ。

後口にタコチップのようなの風味が残ってそれっぽいの。

111009 005

紅茶の「セイロンドロップ」では冷たいキリテー。

チャイみたいにスパイスの入ったミルクティーね。
綺麗な瓶で冷やして売っていたので、結構人気みたいだったわ。

111009 019

最後に定番&鉄板の「セイロンイン」でコットロティ。
卵や野菜、鶏と平麺をメッタメタに切り炒めたものだよね。

作りおきだったからか、以前の印象よりも弱かったんだけど、
スパイスの魔力で、ひょいひょい口に入っていってしまう。旨い。

111009 021

同じく野菜のカレー炒めをクレープでくるんだ
おにぎり型のゴータンバもやっぱり旨い。

生地に豆が入ったドーナツ、ウルドゥワデは、
おからドーナツみたいな風合いで玉ねぎの香ばしさがアクセント。
どことなく日本食に近いテイストで、すっと入ってくるんだよね。
やっぱし旨かったわ。

111009 007

これでも現地ではけっこう腹が膨れていたのだが・・・

こうして振り返ってみるとロクに食べてなかったな!
さらに突っ込めば、インド食ばっかじゃねーか!!!

ああ、インドバンザイ!スパイスバンザイ!

この他にもガンボとか、サバサンドとか、
ジャークチキンとかまっ黄色なカレービーフンとか、
色々気になるものがあったんだけど、行列だったりでタイミングが悪かったりで断念。

まぁ、食べ逃した分は来年に持ち越そう!!!

「第4回 かながわフードバトル inあつぎ」で食べてきたよ

10月は待ちに待った食イベントの季節!

週末ごとにいろんな催しがあるので、
どこに行くか迷っちゃうよね!

ああ、牛ばりに胃袋が4つ欲しい!
しかも、直列じゃなく、並列配置でね!

そんなわけで本日は厚木中央公園でやっている
神奈川フードバトル」を覗いてきました。

県下のご当地B級グルメを集めたこのお祭り、
前回はBー1グランプリのプレイベントでもあったため、
めっちゃめちゃ盛況だったよね。

111008 006

今回は嘘のようなガラ空き・・・

こんなことなら早起きしなきゃ良かったわ!!!!

神奈川創作Bグル達の地味で微妙なラインナップに加え、
他県からの出店が少なくなったのが原因なんだろうか・・・

もっとも、出店内容までしっかり調べてくる人も少ないだろうから、
単純にB-1グランプリの冠効果が消えたことが大きいのかもしれないな。

つーか、なんでシロコロ出ないんだよ?

111008 002

おそらく、すんごい人出を見込んで行列柵の設置をしたため、
店頭との距離がかなり遠くなっているの。

また誘導係の存在が入り口を塞ぐ関所のようになってしまっていて、
気軽に屋台や実際のフードを冷やかすことができないのがマズいとこ。

実際の客数にあわせて、
どちらも早々に取っ払ったほうが良かったように思えるよ。

お店の仕込み数やら売上やら、他人事ながら胃が痛くなってきたわ・・・

111008 003

さて、気をとり直して、神奈川ご当地グルメね。

まずは昨年の大和B級グルメ王となった
珍満の「大和名物 やわらかホルモン炒め」

柔らかになるまで煮込んだホルモンを
玉ねぎと一緒に炒めたもの。

顎が疲れちゃうような心配はない一方、
脂やらコクやらもだいぶマイルドになっているので、
ホルモンファンにとっては微妙かな。

ニンニクチップがアクセント。
丼にしたらいいかもね。

Y-1のハードルは低め設定だな。

111008 014

魚っ香の「湘南しらすバーガー」は
しらすと野菜のかき揚げを具にしたバーガー。

30分以内に食べて欲しいとのことで、
どんな繊細なものなんだろうか買ってみてしまった。

しらす感はあまり強くないんだけど、
甘めのソースに辛しマヨという味付けがパンとの架け橋になっていて、
異色の天ぷらバーガーでも違和感はないの。

ちなみに天ぷら+ソース味は最近、気になる食べ方。

お客がおらず、揚げ置きがいくつかあったものの、
ちゃんと揚げたてで作ってくれたのは嬉しい対応。

お土産にするとかき揚げがべっとりしてしまうので、
やはり暖かくクリスプなうちに食べなくてはならないな。

111008 016

伊勢原市商工会の「伊勢原豚ティーヤ」は
メディアでもちょいちょい目にする名前だよね。

味噌味の豚バラ炒めと生野菜を包んだもので、
これはこれで普通に食えるお味。

バーガーにせず、生地の薄い小麦粉トルティーヤを選んだことにより、
中身の具材をより際だたせる作戦は正解だと思うけど、
もう一工夫ないと心は踊らないわな。

111008 008

神奈川県豆腐協会の「神奈川コロ揚げ」は良かったわ!

クラッシュしたお豆腐やアミエビなどを団子にして揚げたもので、
お豆腐屋さん達のまかない食を元に作ったものらしいよ。

カリッとした衣の中身は片栗っくにトロミがついていて、
食感も面白いし、お味もおいしかったの。

CPも高くて今回オススメの1品だわ。

111008 020

桂台富士見通商店街浜コロの「海賊バーガーコロッケ」

横浜代表ということで買ってみた・・・
いや嘘、客引きの女子が初々しかったから買ってみたのだ!

全くブレイクしなかった件の「ガチコロ」にも参加していたらしく、
衣にいわし粉、具にタコやひじきの入った海賊コロッケをバーガーにしたもの。
ソースはホワイトとカレーの二種類選べた。

コロッケの他にカニとあさりとイカが挟んであるのだが、
これが半冷だったり、臭みがあったりで実に邪魔。

コロッケ自体のお味もイマイチ。

111008 022

レンブラントホテル厚木の「あつぎトンフライ」は一番行列になっていたとこ。

もっとも単に供給スピードが遅かっただけなんだけど、
行列が行列を呼ぶ結果になったみたいだね。

醤油系の下味をつけた豚肉に衣をつけて揚げたもので、
細切りにして、スティック状にしたのが良いところだね。
気軽にひょいひょいつまめるのが魅力。

肉と油でポテトより背徳だけど、
デブ好みでビールのお共によさそうな1品よ。

111008 025

オギノパンの「なつかしい給食あげパン」

前回のバトルにおいて、こいつが!よりによって!
神奈川県下ご当地B級グルメのNO.1に選ばれた時、

思わず、神は死んだ!と叫んだ諸氏も多かっただろう。
かく言う私も県民のKYっぷりに鼻毛を飛ばすほどの嘆息が吹き抜けたほど。

しかし、こうして食べてみると・・・イケる。

はるばる本厚木まで出張ってきて、
揚げパンが一番まともだったなんて結論に泣ける!

実のところ私は給食時代から揚げパンが好きではないのだけど、
こいつは苦手ポイントである油っぽさがないんだよ。

作りたてで暖かく、軽い食感、
パンの香りも甘くて、シンプルなお味もサイズも程よい。

投票のため、無駄に配られる箸で食べやすく串刺しにしたとこや、
客さばきをスムーズにするための工夫、価格、品質を含め、
非常に好感が持てる1品だったことを謹んでご報告したい。

横の行列に並びながら見ていたら、
複数本をお土産にしていく人が多く、人気が伺える。
それらの箸数を含めることができれば、今回もかなり支持を得そうだね。

前回2位の「てるてラーメン」とともに、
手頃で魅力的な屋台であることは確かなのかもしれん。

オリジナルでもなければ、
神奈川県を全く感じさせないけどな!

すでにバトルの目的は崩れているんだけどな!

111008 010

Tシャツ姿のスタッフの方が多いかもしれん・・・

このイベントは明日もやっているので
こんな感じで、待ちストレスの無い食フェスとして、
近場の人なら冷やかしに寄ってみてもといいかもね。

紹介とかぶらずに恐縮だけど
食的には豚漬けや鮎塩焼きとか、ハムステーキとか、さつま揚げとか、
定番のものを選択するのが賢明だと思う。

ブームに乗り、いろんなとこがB級グルメでまちおこしをしようとしてるけど、
無理やりひねり出した新名物って、微妙なものがほとんどだよね。

そういう見本市になってしまっているのが悲しいところ。

この際、ご当地オリジナルを考えず、
単純に県下のお店が味を競う屋台食祭りでもいいのかもしれないね。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。