恰幅の良い彼のblog
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヨコハマ トリエンナーレ 2011」を覗いてきました②

さて、だるだるな横浜トリエンナーレレポ。

横浜美術館会場編に続き、
今回は日本郵船海岸通倉庫会場です。

チケットは共通ですが、それぞれ日付スタンプで入場管理しているので、
2つの有料会場を必ずしも同じ日に回る必要はありません。

なんだか11月までやってるらしいので、
暇な時にのんびり見ればいいということです。

ちなみにすぐ近くには犯罪を取り締まる傍で、、
自ら犯罪発生率を押し上げている組織の活動拠点がありますが、
社会の矛盾を鋭くえぐったトリエンナーレのパフォーマンスではないようです。

毎年のことだしな・・・

110829 084

もともとガチな倉庫なので、
味のある柱なんかをどのように活かすかがポイントだよね。

荷重表記に合わせて(?)20tもの粘土で作りあげた
デワール&ジッケルも作品は、

桃か・・・

110829 086

・・・と思ったら、カバでした。

土台の部分はブーツの跡とかで模様付けられているので、
CSI:気分でメーカーを特定してみてもいいかもしれません。

いいかもしれませんとか書きましたが、
何がいいのか、自分でもさっぱりわかりません。

とりあえず、斜め立ちしたデヴィット・カルーソが、
サングラスを掛けたり外したりする姿を、
週3回も観ると、ゲップが出そうだということです。

110829 088

山下麻衣+小林直人の作品。

映像では海辺で陰気に砂鉄を集める兄貴の姿が記録されています。
砂の山のてっペんに突き刺さったスプーンはその砂鉄で作ったのだとか!

普通ならアホだなぁとしか思えない行為も、
アート作品にしてしまえば、こんなにも誇らしく飾ることができるのです。

できたスプーンをペッカペカに磨く作者の表情が目に浮かびます。

110829 089

座るとぶしゅーーーっとケムリが出てくる
イェッペ・ハインの作品。

ケムチャージに時間がかかるため、体験は予約制らしいのですが、
ぜひ、出川哲朗なみのリアクションで場を盛り上げてほしいです。

110829 094

石鹸にひらがなが書いてあって、
それを自由に並べて楽しむリヴァーネ・ノイエンシュワンダーの知育玩具?

なんか親しみやすいので大人気。
苗字とか、それっぽいアートな言葉を残していく人が多いですね。

妹は目にした人から小笑いを取らねば負けだと、
「たくわん」とか「ぽんかん」とか、必死に並べていたのですが、
兄にはそのセンスが理解できません。

そして「たくあん」です。

110829 096

同じく、新型モビルドールのような名前の人による卵。

光にかざすと、卵の中にひらがなが浮かんできます。

どうやって作ったんだろうねぇという技術論で盛り上がるでしょう。

110829 105

映像作品も幾つか出品されていますが、
私は瞬間的に善し悪しを判断できない映像アートが超苦手。

作者が勝手に設定した5分なり、10分なりの鑑賞を、観客に期待するなよな!
もっと惹きつける努力をして欲しい!

110829 115

みんな真剣に観ているけど
どうオチがつくのか、辛抱強く待っていても、
結局オチがないという、そんなヤオイばっかだよね!

あまりにもつまんないから、自分で適当に解釈を広げて納得した気になってしまう。
そういう双方の自己満足でなりたっている世界だと思います。

110829 108

閉じたような展示スペースに飾られた
ヴェルネ・ドーソンの作品。

特になんてこともないんだけど、
この会場の中にこういう絵画があると、むしろ新鮮。

110829 106

ソウ・ドン&イン・シウジェン。

この黄色と赤の置き方って、会場によって違うのか。
けっこう自由みたいだね。

110829 125

シガリット・ランダウの塩ランプは、
綺麗なので、みんな写真をとって楽しんでいますよね。

私はブログレポの都合もあるのですが、
やっぱ、撮影ができる展覧会って楽しいっす。

ちなみにこれ有刺鉄線に死海の塩を吹きつけて作ったもので、
イスラエルとヨルダンの紛争をテーマに・・・ああ、そうなの。

110829 127

ジュン・グエン=ハツシバは皆がマラソンした跡で
被災地へ向けた桜の木を描くというGPS衛星視点の作品。

白いのが走った跡らしいのですが、
道路がないところは花びらを上手く描けないため、
横浜とホーチミンの地図を重ねてうんぬんと手を加えて、
地形とのリンクがパッと見わからんものになってます。

参加した173人でもっと別の元気づけができたのではないか。
まさに第三者が作り、第三者が見るからこその戯言。

とりあえず、皆のマラソン愛はよくわかったので
「ランナーズ」は掲載してあげてください。

110829 099

リナ・バネルジーの作品の題名は
「お前を捕まえてやるよ、おじょうちゃん!」

飛んでる頭骨が触手を出しているけど、
上のイソギンチャクっぽいのもガパっと食いそうだよね。

おじょうちゃんはどれのことなんだろ?

私が捕まえるなら逢沢りなちゃんだな!

110829 117

1F~3Fまで貫いて展示されている
ヘンリック・ホーカソンの木も存在感があります。

自転車を出すときに庭の植木を倒しちゃった状態を、
大規模にやるとこんな感じ?

作品単体というより、会場の環境をよく演出してくれていますよね。


また、撮影はできませんでしたが、なにかと評判が高い
クリスチャン・マークレーの「The Clock」もこの会場。

古今東西の映画の中から、時計や時間のわかるシーンを抜き、
つなぎあわせたものを上映会場の現実の時間と連動させるという、
キーファ・サザーランドもビックリな試み。

ちゃんと24時間分あるんだそうだよ・・・

当然、訪れる時間によって、内容は全く違ってくるの。
やっぱ始業時間とか、日付の変わる24時とかはドラマの密度が違うんだろうな。

しかし、私が訪れたのは、
世の中になんのイベントないような中途半端な午後で・・・

お茶の間のTVでも韓流しかやっていない、
間怠っこしい時間帯だったのにもかかわらず、
映画の中に分単位でこれだけの元映像があることに感心したわ。

たまに自分の知ってるシーンが出てくるとちょっと嬉しいけど、
実際の抜き出し作業を考えると、それだけでゲンナリしてしまうぜ。
感動というか、探す担当の人っを「よくやりました」って、労ってあげたい作品。

ただ、この映像は他と違って飽きること無く、ずっと見てることもできる。
映画では何気ないシーンでも入魂して撮ってあるんだなということが良くわかるわ。

110829 128

どちらも夏休みの週末に行ったからかもしれませんが、
お客さんも思った以上にいて、そんなに悪い印象はないです。

もっとも、作品が見えなかったり、
行列したりすることは、まず無いので、
自分のペースで鑑賞できますよ。

こっちの会場の方がむしろそれっぽい感じかな?

横美で観たトリエンナーレとは
また違ったテイストなので楽しめますね。

単なるサブ会場ではなく、
タメはれるくらいの印象が残りますので、
ぜひ、お忘れなく回ってみてください。

イベント全体を通して、
アートファンにとって、噛みごたえがあるかどうかはわからんけど、
私のような素人が3年に一度観に行く分には十分な値ごろ感。

驚きこそないけど、手堅くまとまっていて、
とっつきやすく、楽しみやすかったように思えるよ。

手近なところでまとめるしかない状況下で、
変なチャレンジをできかったのが、逆に良かったのかもしれないね。

前売りセット券を買ったので、
新港ピアと黄金町もぼちぼち観てこようと思います。

つづく
スポンサーサイト

綱島の普段着洋食屋さん「ポワレ」が近所に欲しい!

まっきーさんからずっと前に教えてもらったお店。

ここは要チェックです。

DSCF2295.jpg

ドライカツというメニューは
カレー、ドライカレー、カツの織りなす三位一体!

父も子も精霊も笑顔でいただける一皿よ。

決して高級感はないお店なんだけど。
一つ一つが地味に旨いの。

まさに町場の良キッチンて感じで、
私のツボにぐさりと突き刺さったわ!

実は綱島に降りたの、初めてかもしれん・・

気にあるお店もいくつかあったのでまた寄らねば。

そろそろ、アレの季節です

「アレ=浜なし」です。

毎年、手遅れになるので、早めに動いたつもりだったのですが、
今年はなぜか生育が遅れているようですね。

110818 001

いつも買いに行く平戸果樹の里では、
梨は一週間後くらいかな?って言われました。

すでに予約販売で終了している農園もあるので要注意ね。

そのかわり、浜ぶどうをゲットしてきましたよ!
手前はそそそろ終わりの竜宝、奥はそろそろ始まる藤稔。

どちらも糖度が高くて美味しいです!
浜ぶどうにも要注目です!

真ん中の小ぶりな梨は汲沢あたりの新水。
甘いことは甘いのですが、早生の品種でちょっとゴリッとしていますね。

私はやっぱり豊水待ちかな!

おそらく月末あたりがピークになりそうなので、皆さんもお忘れなく!

オススメ農園情報もあったら教えてくれ!

「ヨコハマ トリエンナーレ 2011」を覗いてきました①

皆さん、お気づきでしょうか?

「ヨコハマトリエンナーレ2011」が密やかに始まっています。

たしか3年毎の開催のはずなのに、
今年で謎の10年目を迎えてしまった不思議な催し。

投入される予算規模は変わりませんが、
回を追うごとにクオリティと入場者数を着実に減らしていますよね。

今回なぞは、ろくに話題にも登らず、
開催自体を知らない市民も多いのではないでしょうか?

実は母体が仕分けされてお金も時間もなかったとか、
震災や節電の影響で人出が・・・みたいな言い訳を、この段階からしくさる始末!

そんな負け戦が見えた地元横浜のトリエンナーレを、
美術とは無縁の素人が懲りずにレポしたいと思います。

110813 061

メイン会場は安近短な横浜美術館。

屋上に掲げられた「OUR MAGIC HOUR」の看板が、たまらなく安っぽく、
ビッグイベントへの期待感が、咲き終わりの朝顔のようにしぼんでゆきます。

110813 009

前には同じくウーゴ・ロンディノーネによるオブジェが。

顔の異なる12体がそれぞれ月を表しているんだとか。
こっちは外観ともちょうど良くマッチしてるし、いい感じ!

このままレプリカでも飾っておいて欲しいくらいよ!!

ちなみに入り口脇には”この暑さで肉が腐らなかったら奇跡”
みたいなもんが置いてあって、いかにもな現代アート臭さを漂わせています。

力なくため息をついてから入場しましょう。

110813 040

エントランスにはイン・シウジェンの作品。
グルグルがグルグルに置いてあります。

とりあえず、皆、入ったばかりなので、
まずはぐるぐる歩かなきゃ始まらないような空気。

そして、奥に見えるのは今回の目玉の一つ。
オノ・ヨーコ様本人から電話がかかってくるかもしれないというブース。

面白いとは思うのですが、自分からの電話を受けるという場所を、
こんなにも特別な空間に飾ってしまう時点で、日本庶民との隔絶を感じます。

NYC!NYC!

110813 022

壁は画鋲で作ったんだけどどうよ?という冨井大裕のキラキラ。

手前は人造ダイヤの中に一粒だけ本物が混じっているんだけどどうよ?
というウィルフレド・プリエトのキラキラ。

これはいろいろな想いを投影できますよね。

一部の作品を除き、会場は撮影OKなので、
土産話をしたくてたまらないブログ書きにはもってこいの美術展です。

110813 025

なかなか綺麗なトピアス・レーベルガーの作品。

どっか別の場所にスイッチがつながっていて、
全然関係ない人が気まぐれにオンオフするとか言ってたけど、
私が眺めている間はなんの変化もなかったぞ!

ちなみに音声ガイドを無料で貸してくれるので、
ぜひ解説を聞きながら、回りましょう。

わけわかんないので。

110813 030

トリエンナーレの作品群と美術館の収蔵品を、
一緒に並べてコラボ展示したりもしています。

ただ、こういう現代アートに交じると、
作品がネタなのかマジなのか、全く区別がつかなくなるんだよね。

高めあうというよりは、足を引っ張られてるようで、
あんまりうまくできていないような気もします。

110813 032

樫木知子の絵は、古典な大和っぽい筆致の中に
なんかヤバイもんが塗りこめられてそうで気になりました。

110813 039

「真っ白な壁も作品ですから」と案内の人に注意されました・・・

110813 038

ありますねぇ、こういう作品も。

見るものが少しでも不思議に思ってくれればとか、
日常の中にちょっとした違和感をとか、

そういうのは言ったもん勝ちだと思います。

110813 046

ミルチャ・カントルの作品。

白衣の女子たちが前人の足跡を掃き消しながら歩いている様は
人類の歴史に対するシニカルな・・・うんちゃらかんちゃら。

前回ほど、映像作品が多くなかったので良かったです。

110813 044

SFなマイク・ケリーの作品。

テイストというか、見せ方というか
各作品を連携させたような配置・構成はよくまとまっていると思います。

むしろ優等生すぎるかも。

110813 051

星雲を描く美しさの中に、
幽霊でもとり憑いてんじゃなかろうかという怪しさがある田口和奈の作品。

110813 053

湯本豪一による妖怪コレクションだそうです。

なんか、百貨店の催事のような安い作り。
意図的なんでしょうか。

110813 054

マッシモ・バルトリーニの骨組み作品。

ワァンウワンと響く音が鳴るのですが、
対面に飾ってある蝶の羽でできたステンドグラスの怪しさとマッチしています。
ほんとは羽の方を写したかったのですが撮影禁止だって。

そういえば今回は大掛かりな作品も少なかったですね。
郵船倉庫の方なのかな?

110813 058

音声ガイドで「アラーキーこと荒木は・・・」って紹介されてたけど、
ちゃんと経惟までつけてあげて!あだ名よりも名前だろ!

ちなみに横尾忠則先生は三叉路フェチズムを爆発させていました。

110813 060

全般的に言えるのは非常に観やすいということです。

前回は良く言えば、エッジの効いた、
普通に言えば、独りよがりな、悪く言えば、クソつまらない作品が多かったのですが、
今回は会場も整っているし、比較的とっつきやすいイメージなんだよね。

これなら、家族連れや現代美術は訳わかめという方々にも、
比較的、抵抗なく楽しんでいただくことができるんじゃないかと思います。

ただ、振り返ってみて、強く印象に残ってたり、
心に引っかかてくるような作品も少なく、小さくまとまった感もありますね。

今回のトリエンナーレでは、
この他にも日本郵船の倉庫が会場になっています。

また、別イベントという形になるのですが、
前回の会場になった新港ピアや黄金町バザールでもなんかやっているらしいので、
それぞれ、追ってレポしたいと思います。

ちなみに黄金町は、まだ殆ど出来上がってないのに、
なぜか幕が上がっちゃってます。

有料で観に行く人は気をつけてね!!!


六角橋「じょんならん」の長天が旨い

交差点の近くにできた讃岐うどんのお店。

香川の有名店で修行した店主が独立したお店なんだってさ。

IMG_0008.jpg

冷たいかけうどんはぶっかけよりも塩味の淡いダシ。

ちくわ天と長天のトッピングを選んだのですが、
揚げたてアツアツの細長いさつま揚げがえらく旨いっす。

もちろん、うどんもなかなかなので、
ちょっと寄ってみてはいかがでしょうか。

ここんとこ毎日、クソ暑いので、
こういうものしかのどを通らないよね

・・・って言いつつ、どんぶり飯も残さず食べてます。

横浜中央卸売市場「竹家食堂」にて飽食す

中央市場内にある食堂。

ピロシキ先輩から教えてもらったパワー店よ!

P1110597.jpg

なんと、とんかつ&唐揚げ&穴子一本揚げが!
ポテサラ、そして、ダメ押しのマヨネーズが!

イエメンの要塞都市スーラのごとくそびえる、メタボリックファンタジー!

しかし、どうしてデブはこうも油ものに惹かれてしまうのでしょうか・・・

私なぞは、もうフライヤーと結婚したいくらいですよ!

指輪はイカリングで結構ですから。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。